kohukuのブログ

おっきいばばの陶器づくりといろんなこと。


テーマ:


暑いですね。けどコフクママは張り切ってお仕事です。
いよいよ磁州窯手の作品づくりです。
菓子器を製作中です。
いま黒釉を搔き落として文様を彫っています。

前回の試作結果を受けて材料に小さな手直しをしました。
今度はどんな風に焼き上がるのかな。
けど、まだまだ作業工程があるので、
焼き上がりを見られるのは8月のなかば過ぎになりそうです。

うれしい結果をご報告出来たらなって、願っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
磁州窯手法ほぼ完成は、次回に延びたかな。
今回は化粧土を磁器風にしてみました。
前回の焼きが甘かったので、
還元を強めに、最高温度も高めに焼いたと、焼成係さん。

よく焼けて食器として使うには申し分ありません。
古風な質感でしっとりしています。
私は好きなのだけれど、本物はもっと柔らかな焼き上がり。
まだまだ挑戦ですね。

コフクママの仕事としては
鉄黒絵具の調整に課題が残っています。
絵具の濃度が高すぎると乾燥後剥がれてしまうのです。
もっと経験を積まねばなりませんね。

けど、やっぱり今回はお気に入りなのです。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


さて、磁州窯手、次の工程は黒釉搔き落としです。
化粧土の上に黒鉄絵具を塗って、
文様を搔き落として描き出します。

けど、ちょっぴり心配です。
前回の化粧土より白い焼き上がりにしようと、
化粧土の成分を替えてみました。
それが原因で鉄絵具が剥がれてしまうかもしれないのです。
次の工程に入らねば結果はわかりません。
昨日の朝から文様を削り続けていますが、
明日になってみないと、この作業が生きるのか無駄なのか。

陶芸は材料の相性探しが難しいんだよとは、
我が家の焼成係さんの口癖です。

             コフクママ通信でした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


前回、高台削りをご紹介した磁州窯手、次の段階です。
化粧土を掛けました。
古作の磁州窯手も化粧土を使っています。
きっと昔は今のように機械がないから、
精土するのが大変だったのでしょう。
だから、どちらかというと民衆向けの磁州窯手では、
粗土で成形して化粧土を掛ける方法を採ったのでしょう。
安上がりですものね。

現代は逆で、昔のことを再現しようとすると、
とってもお金も手間もかかります。
けど、焼き上がりが良いのですから
仕方ないですね。

               コフクママでした。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。