Fragment

ホミンを色んな仕事させながら恋愛させてます。
食べてるホミンちゃん書いてるのが趣味です。
未成年者のお客様の閲覧はご遠慮ください。


簡単な前書きと、みのこについて少々。


東方神起とSUPER JUNIORの二次BL小説を書いております。
BL表現が苦手なファンの方がもしいらしてしまいましたら、覗く前にブラウザバックお願い致します。



お取り扱いは現在

・ホミン
・ウォンキュ

他カプもお取り扱いしていましたが、更新は停止しております。
2014.11現在はこちらのふたつのみになっております。


作中に使っています画像はあくまでもイメージでして、作中の時期とまったくもって噛み合っておりません。

現在コメントは受け付けておりません。
(宣伝みたいなコメントがたくさん来て、ビビってます/笑)

当ブログのアドレスや、文章、画像を他サイト様や掲示板などに転載することだけは、ご遠慮下さい(泣)
こちらのブログみつつ公式様のサイトにお伺いするなども是非、お控えいただけると助かりますっ(泣)


アメンバー申請について

アメンバー様限定記事はお花畑要素を含むものがございます。
『デリバー!』のおまけ的なお話に五人で出ております。
苦手でなければ是非覗いてみてください(*^^*)
アメンバー申請頂くにつきまして、一言腐的にホミン大好きですコメントつけて下さると、広告や業者さんなユーザーと判別がついて助かります(*´ω`*)


別館Fragment





みのことは

三十路女。

まだまだ音源も映像も遡りきれていない、新米ペンです。
スジュに関してはまったくの一年生です。
なので稚拙な文章に加え、彼らの嗜好に反した表現がありましたら、こっそり教えてやって下さい。




カップリングに関して、どのカップリングも否定は致しません。
むしろどれも有りだとも思ってます。
それくらいトン5人のボディタッチ込みなワイワイ具合も、
スジュメンのガッチャガッチャでワッチャワッチャが大好きです。
なので、自分の趣味を人様に押し付けるようなことも致しません。
押し付けられても受け取れませんので、致しません。



お酒とキャベツを愛するいかつい乙女です。
どうぞ、仲良くしていただけると禿げるくらい喜びます。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次東方神起小説へ
にほんブログ村

NEW !
テーマ:
ライスをお代わりした。
僕も、彼も。
ハンバーグのソース一滴も残さないで、ライスで全部頂いた。

グリーンサラダもコンソメスープも、全部全部平らげて、僕達はコーヒータイムに入ることにした。

夢の話の、その続きをするために。






コーヒーも美味しかった。
お店の御主人が拘って選んで挽いた豆らしい。
食後にぴったりのあっさりしたコーヒーだった。
店のコーヒーマシンのものより、ずっとライトな味に感じる。
さらりとして、後味がよかった。

いつの間にか店内にはランチ客で一杯になっていた。
当然だろう。
物凄く美味しいかったから。

ミックスフライやナポリタン、チーズハンバーグなんかもやっているようだ。

次に来たら何を食べよう。
いや、またこのハンバーグかもしれない。
それほどに、久しぶりに食べたハンバーグが美味しかった。

『チャンミン、』
『はい、』

意識を食べ物から目の前の彼に戻す。
相変わらず、真っ直ぐに人を見つめる。
ドキッとしてしまうことに馴れないけれど、回数が多過ぎる。

『コンビニって、どんな存在だと思う?』

存在。
そうだなあ。
あまり考えたこともない。

コンビニは、コンビニ、というように。

定価。
新商品。
限定品。

そんな感じかな。
だから存在というより、パッと思いつく印象しかない。

『俺はね、誰かの毎日がささやかだけど、よくなるような、そんな存在にしたい。』

誰かの。
お客様の。

それから多分、彼自身の、ということだろう。

『コンビニでいいや、って言うんじゃなくて、コンビニだからいいって、思って貰えるようなネ、』

それこそ、飲食店にでも変えなくちゃいけないんじゃないか。
そう思ってしまう。
僕は素直に肯けなかった。

『チャンミンは、どう思う?』

この瞬間、僕は思った。
この人は今言ったことだけを考えて働いているわけじゃないって。
そこまでの考えだったら、絶対に成功なんてしないだろう。
このお人好しみたいな部分が強い人は、すぐに騙されるだけだ。

隠し持っている部分を、僕に言わせたいんじゃないのか?





多分、いや、絶対にそうだ。





どうしてくれよう。


『...、僕は、ただ、店に入って来た人が「便利だった」と思える存在だったらいいと思います。』

僕は多分卑怯な返しをしたと思う。
「便利」という言葉を、便利に使った。
いや、都合よく使った。
自分の言ったことを嘘だとも思わない。
そうあればいいとは思う。
けれど、それ以上に深く考えたこともない。

こう答えれば、彼の挙げた、彼の求めるものにも外れはしないから。

誰にでも使ってもらえる存在ってね。
損をさせないっていう。

けれど、不思議なことにそこで黙ってもいられなかった。
また口は開いていた。

『浅く求めるのであれば、僕はそう思います。』

じゃあ、深く求めるとどうなる。

深く求めたことなんてないくせに。

僕が彼だったら、どう描く?

『もっと深く、求めることがあるのなら、僕は、』

僕は?

『僕は、美味しいと思ったものだけ置きますよ、』

そういうことだ。
深く深く、自分のことだけ考えれば。

『それでも僕の舌は世の中を知っているわけでも無い、だから間をとったものを置くと思います。』

コンビニはセレクトショップではないのだ。
飲食店ではないのだ。

『誰でも、どこででも、どんな時にも、それらに通用する店を、作ろうとするかもしれません。』

なるほど。
なんて思ったものだ。
そう思っていたのか、自分は。
いや、思ってはいない。
今、この人を前にして感じたのだ。
僕一人では導けなかっただろう。

なるほど。
へえ。

なんて、自分に言ってみる。
内側で。

月並みな考えだけれど。


『作ろうとするだけ?』


ほらね。
多分、言わせたかったんでしょ。
深く考えていない僕に、店長としてそれなりのこと考えてみろってことだったんだしょう。

『さあ、わかりません。』

僕一人では、きっと何もしようとはしないだろう。

じゃあ、誰かが居たら?
するの?
彼に言ったことを、形にしようとしてみるの?

『作って見せて欲しいヨ、チャンミンが好きなものが揃った店の美味しいものを端から食べてみたい。』

夢ね。
幼稚園児のような夢だ。
目の前にある顔は真剣な顔で言ってくるけれど。

『じゃあ、』

なんですか。


『誰でも、どこででも、どんな時にも、誰かの何かになるようなお店だったら?』


足したな。


『いいものを置く、コンビニだからその瞬間手に入った、出来た、それから、払った対価に見合った何かを感じられる。そんな店にならないかな。』


そうだね、足すと、そんな感じになるだろうね。

僕が無難に考えることと、彼の大きな夢を。

足すとそう、なるかもね、


足すと。


目の前の彼が笑った。

どこから湧いてくるのかわからないけれど、自信をたっぷりと表に出して。

彼は続けた。

『コンビニで買い物をしたって、きちんと思えるような、そんな店にしたい。』


お金を払う。

つまり、それについてお客に思い出させることなる。

きっと、お金の使われ方に悲しんだことがあるから。


いつから僕はこんなに他人に対して想像豊かになったんだろう。


『チャンミンと俺を足して割ったら、...、割らなくてもいいか、はは、』

足す?
一人で喋って笑ってた。

『チャンミンみたいな冷静な人と一緒に仕事ができたらいいなって、凄く思う。』

まあ、他店の人間同士だけれど。
あ、引き抜き?
まさか、店長を引っこ抜くなんてないでしょ。

『今すぐにはできないけど、』

そうそう。

『いつか一緒にそんな店を作ることを夢だと言ってくれる人を探してる。』

いるかな。
いや、いるかもね。
彼のような人間味がとてと豊かで、若々しくて、苦い部分も知っていて。
きっと明るい雰囲気の職場環境でいるのだろうし。

彼に魅せられる人はたくさんいるだろう。

そしてそんな彼に付け入る人も、いるかもしれない。


また勝手な妄想すると――

悪い人に騙されちゃって失敗して。


そして僕と再会した時、彼はきっと笑うだろう。
「やっちゃった、」みたいな事を言って。
ちょっとだけ痛みを感じてるみたいな笑い方をするのだろう。






あれ。


僕が、痛いな。

今、痛い。

胸が、痛い。

ズキンと、痛い。


嫌だな。
そんな再会は。
自慢されてもいいから、ドヤ顔されてもいいから、もうちょっと健康的に笑ってる方がいいかも。
そっちの方が、この人には似合うんじゃないかな。


『チャンミンと今日ちょっとだけ話して、やっぱりいいなって思って、なんだか嬉しくなっちゃって。』


彼は笑った。
照れるように、笑った。
言ってから照れるなよって、ちょっとだけ言いたいけれど、
この人はこんなふうに笑ってくれてる方がまだいいかもね。

まあ、僕は何かの面接してるみたいな気分も感じた気がするけど。

いいか。

『今日で決めてって、勿論言わない。』

うん、言われてしまっても困るだけだな。

『だからもうちょっと、俺とこんなふうに、話して、話して話して話して、』

ちょっとレベルじゃないのではないか。

『俺と一緒にやってみたいって、チャンミンから思って貰えるようになりたい。』

お歳暮、クリスマス、年賀状、御節、恵方巻き。
僕達にはそういう戦場が先に待ってるんじゃないかな。

ああ、僕達に恋人はできそうにないですね。

まあ、そんなボヤキ程度の話しなら、付き合ってあげてもいいかな。

ここのハンバーグ、食べたいし。


『いいですよ。』


ハンバーグのことを考えてたら、そう言っていた。

お願いしてきたくせに、彼はちょっと驚いていた。

へんなの。


僕も言ってから、自分で内心ビックリだけど。

まあ、いいか。

今日返事するわけじゃないし。
どうせ彼女はできないし。


『ありがと、』


こうやって百万ボルトくらいのエネルギーを持った笑顔の方が、彼には絶対似合ってる。


だから僕は、自分でした返事を、


それはそれでいいことにした。



コーヒーを口に含む。

僕は笑っていた。

それは風味がとてもよかったからだ。

誰かさんのせいじゃない。

コーヒーがとても、美味しかったからなのだ。


















(*∵)言ってみるもんだのぅ(´・J ・`)はぁ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。