Fragment

ホミンを色んな仕事させながら恋愛させてます。
食べてるホミンちゃん書いてるのが趣味です。
未成年者のお客様の閲覧はご遠慮ください。


簡単な前書きと、みのこについて少々。


東方神起とSUPER JUNIORの二次BL小説を書いております。
BL表現が苦手なファンの方がもしいらしてしまいましたら、覗く前にブラウザバックお願い致します。



お取り扱いは現在

・ホミン
・ウォンキュ

他カプもお取り扱いしていましたが、更新は停止しております。
2014.11現在はこちらのふたつのみになっております。


作中に使っています画像はあくまでもイメージでして、作中の時期とまったくもって噛み合っておりません。

現在コメントは受け付けておりません。
(宣伝みたいなコメントがたくさん来て、ビビってます/笑)

当ブログのアドレスや、文章、画像を他サイト様や掲示板などに転載することだけは、ご遠慮下さい(泣)
こちらのブログみつつ公式様のサイトにお伺いするなども是非、お控えいただけると助かりますっ(泣)


アメンバー申請について

アメンバー様限定記事はお花畑要素を含むものがございます。
『デリバー!』のおまけ的なお話に五人で出ております。
苦手でなければ是非覗いてみてください(*^^*)
アメンバー申請頂くにつきまして、一言腐的にホミン大好きですコメントつけて下さると、広告や業者さんなユーザーと判別がついて助かります(*´ω`*)


別館Fragment





みのことは

三十路女。

まだまだ音源も映像も遡りきれていない、新米ペンです。
スジュに関してはまったくの一年生です。
なので稚拙な文章に加え、彼らの嗜好に反した表現がありましたら、こっそり教えてやって下さい。




カップリングに関して、どのカップリングも否定は致しません。
むしろどれも有りだとも思ってます。
それくらいトン5人のボディタッチ込みなワイワイ具合も、
スジュメンのガッチャガッチャでワッチャワッチャが大好きです。
なので、自分の趣味を人様に押し付けるようなことも致しません。
押し付けられても受け取れませんので、致しません。



お酒とキャベツを愛するいかつい乙女です。
どうぞ、仲良くしていただけると禿げるくらい喜びます。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次東方神起小説へ
にほんブログ村


テーマ:
最上階に住んでいるお隣のマダムから山の様に頂いた美味しいトウモロコシ。
なんでも親戚が送ってくれたそうなんだけど、マダムはマダムでもう海外旅行に行かなくてはいけはいから消費に困ってるんだと。
トウモロコシって冷凍したら美味しいのかよく分からないし、どれだけマダムが不在なのかも分からない。
そういうことで、まあ、有り難く頂いておいた。

子供達と皮をムキムキする午前中。




子供たちと料理をするとか、何かをするってことは、必ず汚れるということ。
僕はビニール袋を割いて広げた。
その上で、子供達にトウモロコシの皮を剥いてもらうことにした。
テミンがどこまで剥けるか分からないけど、触らせるだけでもいいでしょう。
お兄ちゃんにさせて、テミンにさせないと、やっぱりこのところ気になるみたいで拗ねるから。

ふふ。

『むけないー、』

四歳児の力でもなかなか難しい。
そうだよね。
ミンホはブチブチとおヒゲを取るけれど、上手く皮まで剥けないようだ。

『ここをこうして、』
『おお、』
『はい、どうぞ、』

途中まで剥いてやる。
黄色い艶々とした粒が見える。
そうするとミンホのやる気も上がったみたいで、もりもりと剥き始めた。
これはいい遊びになるかもしれないね。

一方テミンはというとーー

『きゅふぅ…』

なんだその甘い声は。
テミンはハイハイの格好になって、トウモロコシのおヒゲを撫で撫でしている。
その度に満足気に声を漏らして笑うのだ。
ちょっと意外だった。
怖がるかな、ともちょっと思ったから。
さわさわと触って、笑う。
やはり作業部隊にはならなかった。
まあいい。
これはこれでコンパクトに収まる過ごし方でいいではないか。

『ん、ん、』

ミンホがようやく一本剥き終わりそうなのだが、最後の茎と皮が繋がっている部分で苦戦している。

『んおー、おはよう、』

その声は。

『ぱぁ!てむてむ、ちんちん!』

こら、次男よ。
どんな意味かはわからないがその単語は常用するでない。

『うお、トウモロコシか、ちんちんはわかんねーけど、』
『ぎゃはは!』

パパまであんまりちんちん言わないで欲しい。
子供ってすぐ真似するんだから。
お願いだからちんちん剥いてるとか言わないでね。
考えるとなんだか痛い気がするから。

寝癖でボサボサ頭の夫がトウモロコシの皮剥き現場にしゃがみ込む。

『お隣のマダムに頂いたの、食べきれなかいからって。』
『ふーん、』

うちだっていっぺんには食べられないから、全部は剥けないけど。

『どれ、貸してごらん。』

ミンホからトウモロコシを受け取る。
手こずっていた最後のひと剥きを夫が大人の腕でやって遂げた。

『すごいー!』
『きゃわー!』

感心する息子ふたり。

『へへ、』

いい気分になるパパ。

『テミンは剥いてるのか?』
『ううん、おヒゲを触って遊んでるだけ。』
『はははっ、初めての感触だったか、』
『そうみたい、ふふ。』

テミンの頭を撫でて、パパがテミンをだっこした。
膝の上でテミンはトウモロコシをだっこする。
ミンホは二本目を手にして、ひとりで剥こうと頑張っていた。

『ねえ、どうやって食べようか?』
『やっぱそのままじゃない?茹でて、こう、』

夫は言いながらバリバリと食べるジェスチャーをして見せた。

『そうですね、まずは、そのままですよね、』

『ピャ、』

夫との会話の途中でテミンの声が弾けた。
嫌な予感。

『ピギャァアアアアアア』

叫びながらトウモロコシをゴロンと放した。

『うおお、なんだ、どうした、』

思わず僕達三人は耳を塞いだ。
ガラスが揺れている気がする。
テミンを覗くと怪我はしていないようだ。
何かに驚いたのか。

夫は顔をしかめながら、トウモロコシを拾い上げた。

『あ、』
『どうしたの?』
『へへ、』

夫はトウモロコシを僕の方に向けて見せた。

『あ、ああ、なるほど、』

トウモロコシの中から、小さな芋虫が出てきたのだった。
テミンは虫が苦手だ。
僕もだけど。
それでビックリして泣いてしまったようだ。

『ふふ、外に逃がしてあげましょう。』

僕はミンホを夫に任せて、テミンをだっこして屋上へ向かった。
泣き止んだテミンは真夏の屋上でキョロキョロとしている。

『まん?』

『うん、虫さんを植木鉢に乗せてあげようかなって思って。』

『うえきらち?』

『そう、ここに、こうして、』

『あー…、』

小さな緑色の芋虫。
それを屋上の日陰に置いてある植木鉢の土の上に乗せてやった。
芋虫は直ぐに植えてある朝顔の葉っぱの裏に隠れた。

『テミナ、虫さんもビックリしちゃったんだよ、わかる?』
『むしさん?』
『そう、トウモロコシのなかでおやすみしてたところに、テミンと目が合ったから、きっとビックリしたと思うよ。』
『あー…、』
『ママは、ビックリした虫さんを潰しちゃうようなテミンじゃなくてよかったなって思うの。』
『ちゅぶ?』
『うん、テミンが虫さんから逃げてくれたから、虫さんもこうしてお外に出られたんだね。』
『おー…』

分かっているのかいないのか。
ふふ。
なんでも直ぐにやっつけろって言うような子にはなって欲しくないな。
生き物にも、人にも、お友達にも。

『テムは優しい、いい子だね。 』
『テム?いこ?』
『うん、テムはとってもいい子だよ。』
『きゅきゅきゅっ』
『さ、にーにとパパのところに行こうか、』
『あい!』

虫さんにバイバイをすると、僕達は涼しい我が家に戻った。
リビングに入ってビックリ。
僕とテミンが屋上に行ってるうちに、十数本あるトウモロコシが全部皮を剥かれていたのだった。

『ちょ、全部剥いたの!?』
『うん、あれ?ダメだった?』
『皮を剥いちゃうと糖度が落ちるでしょ!?』
『とーど?ん?』

ダメだこりゃ。

ああ、もう。

仕方ない。

『ユンホ、責任もってめっちゃ食べてくださいよね、』
『えー、』
『えー、じゃない、』
『ぎゃはは!』
『こら、ミノ、笑うな、』

もう。
本当に仕方ないんだから。

僕は色々と諦めて、我が家で一番大きなお鍋でトウモロコシを茹でた。
真っ黄色に変わる。
とても甘くて美味しそうだ。
夏だなぁ。

茹で上がるとお湯を切って、ザルの上で冷ます。

『みんなー、うちわで扇いで、』

キッチンからリビングに向かって声をかける。
すると夫がうちわを三つ持って息子二人とやってきた。
キッチンのテーブルにトウモロコシが乗ったザルを置く。
うちわを持った三人がトウモロコシを扇いで冷ます。

テミンはヨレヨレとした手つきで風なんて起こせず、ミンホは面白がってテミンを扇ぐ。

ダメだこりゃ。

と、言うわけで、

『パパ、ファイティン、』
『うおお、』

パパに頑張って扇いで貰いましょう。

寝癖頭の夫だが、力こぶはモリモリしている。
カッコイイよね。
ほんと、カッコイイよね。

『ママ、おくちあいてるよ、』
『はっ、』

いけないいけない。
ヨダレとか出てなかったかしら。
夫が頑張って扇いでいてくれているおかげで、キッチンに熱風が起こる。
蒸し暑くなってきた。

『だー、無理、疲れた、終わりだ終わり!』

汗だくになった美味しそうな二の腕…、ではなく、夫がうちわを投げ出した。
トウモロコシに触ると程よい温度になったようだ。

『うん、ありがとう、丁度いいみたい。』

夫に冷たいお茶を渡して休ませる。

『もうこれ食っていいの?』

夫がうちわで扇ぎながら力の無い声で聞いてくる。

『うん、ご苦労さま、どうぞ。』
『ぼくもー、』
『テム!』

三人がテーブルの上の黄色い山に向かって身を乗り出す。

『テムはママと一緒。』

テミンをだっこして、大きなトウモロコシをひとつ手にした。
モリモリと音を立ててトウモロコシを綺麗に一列外すように取る。

『ぴゃ、』

どき。
なんだ、どうした。

『びゃああああああ、』

『うおお、なんだどうした、』

本日二度目の怪獣化にまたみんなで耳を塞ぐ。

『ぎぃやああああああ、』

テミンは泣きながら僕の胸を掴んで顔を伏せた。
なんだなんだ。
なんなんだ。

『あー、…チャンミン、それ、』
『え?』

夫が指さしたのは、僕が外したトウモロコシだった。

『あ、』
『そ、多分、』
『むしみたい。』

ミンホが言った。
なるほど。

『テム、』
『びわああああ、』

『テム、大丈夫、虫さんじゃないよ、』
『ぎええええええ、』

『テム、ほら、トウモロコシだよ、美味しいよ、』
『…ぶいいい、』

ぶいいって何よ。
可愛いんだから。

『ね?動かないでしょ?』
『……、』

外したトウモロコシの一列をじっと見るテミン。

『テムー、』

ミンホがテミンを呼ぶ。

『んー、』

ミンホは丸ごと一本のトウモロコシをかじり出した。
ボロボロと零れている。

『ほらー、おんなじだよ、それと、これ、おんなじだよ、』

まあそうなんだけど、ちょっと弾けすぎかな、君のトウモロコシは。

『トウモモコシ、…、』

テミンがトウモロコシって言った。
言えてないけど。
言った。
そして黄色い一列に手を伸ばした。
芋虫みたいに動かないことを確認すると、ゆっくりと口に運んだ。

『うあーい、』

うまーい、と言っているらしい。

そんなテミンを見たミンホは嬉しそうにまたトウモロコシにかぶりついた。

『ふう、』

やれやれだ。

『まあ、これも子供ならではの観点だよな。感覚というか、発想というか、』

モリモリと食べながら夫が言う。
まったくだ。
大人にはない瞬間的な感性だ。
素晴らしいと思う。
大人になってしまえば、絶対にトウモロコシにしか見えなくなるのだから。

『ちゃー、まん、おっと!』
『はいはい、』

僕はもう一列トウモロコシを取ってやった。
今度は泣かない。
テミンは小さな手でそのトウモロコシの列を握った。

『まぁま、おく、おく、おっと、』

今度の「おっと」とは、お外のことだろう。
お外とは、屋上のことだろうか。

『屋上に行きたいの?』
『テム!トモモコシ!』

ふむ。

『つれてってやりな、俺らも行くから。』

一本食べ終わった夫とミンホが行く気満々で僕とテミンを見ている。

『うん、』

テミンはどうしてしまったのだろう。
このトウモロコシをどうするというのだ。

僕達一家は真夏の屋上へ向かった。
日陰の植木鉢の芋虫は大丈夫だろうか。

『あ、』

なるほど。
テミンは芋虫のところに行きたいのかな。
でもどうして?
とにかく連れて行くしかない。

屋上に上がり、植木鉢のところへ向かう。
するとテミンは植木鉢に向かってトウモロコシを突き出した。

『トモモコシ、あーん、』

芋虫はどこにいるのだろうか。
テミンは植木鉢の土の上にトウモロコシを置いた。

僕は葉っぱを一枚捲ってみた。
するとさっきの小さな芋虫がくっついていた。
芋虫は葉っぱからポロリと落ちるようにトウモロコシの元へ降りた。
茹でたトウモロコシを食べ始めている。

『きゅふぅ…、』

テミンは緑色の芋虫が、黄色いトウモロコシを食べているところを見て嬉しそうに笑った。

そうか。
先にトウモロコシのところにいた芋虫をビックリさせてしまったテミンなりの「ごめんね」の気持ちの現れなのかもしれない。

『まんまんまんまん、』
『おいしいかなー?トウモコロシ。』

出た。
子供特有の言っちゃいけない言い間違え。

『んまいだろ、みんなで剥いたトウモコロシだからな。』

出た。
子供特有の言っちゃいけない言い間違えをする大きな大人。

『黄色いチョウチョになるかもね。』

トウモロコシ色の、チョウチョ。
なんてね。

『ママ、』

ミンホが僕の袖を引っ張る。

『なあに、』

ミンホの顔は芋虫に向いたままだった。

『テムはいいこだね、』
『、』

僕は夫と顔を見合わせた。

『むしさんきらいだけど、いいこだね、』

ミンホや、ママはね、そんなお兄ちゃんである君がいい子だと思うよ。
ふたりとも、やっつける前にひとつ考えられる子でいて欲しいな。
とっても怖い虫さんは、きっとパパがやっつけてくれるから。
ふふ。

僕はテミンを。
夫はミンホを。
ぎゅっと抱きしめた。

『さ、そっとしておいてあげましょう、』
『トウモコロシ食べよう、』
『ユンホ、言えてないですよ、』
『うん?』
『ふふふ、』



茹でた大量のトウモロコシは、コーンスープにしたり、パウンドケーキに入れてみたり、サラダにしたり。
暫く黄色いメニューが続きましたとさ。

夏だね。

ふた夏分くらいのトウモロコシを食べた気がするけれど。

ふふ。












終わり🌽
アンケートご協力ありがとうございました♡


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。