こんにちは。
大人の保健相談室の佐藤知恵です。



3月に入ってから
なかなか書けずにいましたが…


今日は、私よりも1世代若い皆さんへ
知って頂きたくて書きたいと思います。



私は今年で40歳になります。

結婚もしていませんし、
子どもも産んでいません。


そんな40代は嫌だなぁ〜〜滝汗あせる


そう思われた方は、
ご自分の心の声に従って

早くパートナーを見つけて、
自分の思い描く未来を築き上げて下さい。




?

まだ40歳なら、
これから頑張れば
結婚も出産もできるでしょう??ぶー汗


そう思われたとしたら、
そんな貴女にお伝えしたいと思います。



私は看護師になる勉強をしていたので、

今から15年程前
看護の授業で、女性の妊娠・出産について
こう学んでいました。


昔は、30歳を越えると
高齢出産と言われていたけれど、

今は、その年齢が高くなっていて
35歳を過ぎると◯高(まるこう)と
言われています。


高齢出産は
母胎への負担が大きく、
子どもに障害が発生する確率も
若い年代と比較して格段に上がります。


*↑これは科学的なデータに表れている事なので、感情論で読まずに、聴いて頂きたいと思います。



近頃よく耳にするようになった

「卵子の老化」

という話は聞きませんでしたが、



初産で出産するなら35歳頃まで。


私の中には
その時の知識が、今でも残っています。



今、40歳になるこの歳で、
私自身が、結婚や出産を
どう考えているかというと、


「結婚する」だけであれば、
何歳になってでもできると思っています。


けれど「出産」は、
今、自分が子どもを産めるとは
正直、あまり思っていません。


もし妊娠できて、
母子共に健康なまま発育できて、
出産することができたとしたら…


それは本当に、
奇跡に近いものだと思っています。



周りで語られる情報は
社会や年代によって変わってきていますが、

医療の進歩はあったとしても、
ベースとなる人間の身体は
急激に変わることはありません。



その事を心に留めた上で。


今、これからの貴女の未来を
真剣に考えてみてほしいと思います。



そして、
独身者を取り巻く、周りの大人の方達にも。


今は、誰でもが産める時代では
なくなってきています。


皆さんの思い描く
家庭像、夫婦像を、


どうか、
これから新しい家族を作り上げていく
若いご夫婦達へ
押し付けないで頂きたい手



結婚する/しない
出産する/しない

を、自由に選べる時代だからこそ。


ご自身の人生について、

自分に向き合って考えなければ、
前に進めない時代でもあるのだと思います。



大人の保健相談室

結婚教育相談員 佐藤知恵

こんにちは。
大人の保健相談室の佐藤知恵です。



昨日は、
書いていました。


今日は、女性について。


JEXさんのこの調査では、
女性側のセックスの目的でも
回答が多かったのは…


・愛情を表現するため  60〜66%
・ふれあい(コミュニケーション)のため  43〜50%


この2つ。

男性と違うのは、
その次に多い回答に
年代によって違いが出ていることです。


20代では、
性的な快楽のため、が35%

30代では、
子供が欲しいから、が30%

40代では、
安らぐから、が17%

60代では、
相手に求められるから、が30%でした。


40〜50代の
他の回答には、バラツキが見られるようで
顕著な差とまではいかず…


セックスの目的には、
個人差が大きくなっているのかもしれません。



ここでの結果から、

じゃあ、彼女(妻)は◯代だから、
こう思っているのか〜〜デレデレ


……なんて、
単純に読み取れるものでは、ありませんので!手


そこは、
ご自身のパートナーと
コミュニケーションをよく取って

お互いの考えや気持ちを
確認しあってくださいね!




大人の保健相談室

結婚教育相談員 佐藤知恵

こんにちは。
大人の保健相談室の佐藤知恵です。



引き続いて、JEXさんの調査から。


セックスの目的についての設問で、
男女に差が出ていたのは…


男性61〜72%
女性24〜35%
(年代によって差があり)

2倍の差の出ていた、

「性的な快楽のため」



今回のJEXさんの調査での
男性にとってのセックスの目的
上位3位は、


・性的な快楽
・愛情を表現するため
・ふれあい(コミュニケーション)のため

でした。




一般的に言われてきていたことが、
調査結果にも表れていますね。




2つ目、3つ目の目的は、
男女共に差がなく上がっていたので…



それがいいとか、悪いとか、
ではなくて手


この、
違いのある「性的な快楽」を


どう受け止めて
違いを理解して
その目的の違いを埋めていくのか…


パートナーシップを築いていく、
絆を深め続けていくには
やはり、重要なポイントですね。



大人の保健相談室

結婚教育相談員 佐藤知恵

セックスの捉え方

こんにちは。
大人の保健相談室の佐藤知恵です。



セックスに対しての男女の認識って
実際のところは、どんなものなんだろう???


そう思っていたら、
度々こちらでも書かせて頂いている
JEXさんの調査の中にありました!


セックスの目的を聞く設問で
男女共に1位に上がっていたのは、

「愛情表現」


20〜30代男性では少し下がるものの、
どの世代(20〜60代)も6割の人は

セックスをするのは
「愛情を表現するため」と答えています。


次いで
男女共に高かったのは、

「ふれあい(コミュニケーション)のため」


年代によるバラツキがあるものの、
男性は37〜42%
女性は43〜50%
でした。


他の回答は
男女差の出たものが多く、

個人差もあると思いますが、
男女で共通して認識しているところは
この2つの様です。


そうだよね〜
と、思いますか?


その他は??
と、思いますか?


明日は、
男女に差の出ていた回答を
見ていきたいと思います。


大人の保健相談室

結婚教育相談員 佐藤知恵

相手を大切に愛する

こんにちは。
大人の保健相談室の佐藤知恵です。



今日は、とある研修で

"相手視点で物事を捉える"

ということを、
ワークを通して学んできました。



こういう事って、
日常の生活の中では
なかなか意識できないもので、

日頃、どれだけ自分視点で
物事を見て、話して、聞いていて、

自分の価値判断で物事を意味付けしていたかを
新たに発見、確認した時間でした。



普段の会話、
コミュニケーションでさえ
そうなのだから…


パートナーとのセックスでも、
自分視点の気持ちよさばかり
伝え合ってしまってはいませんか??



この「大人の保健相談室」で
何度も書いているように、

性行為は
最も親密なコミュニケーション手段。



時には集中して、
相手視点でのコミュニケーションを取る日も
設けてみてはどうでしょうか。



自分やパートナーの
心も身体も傷つけない。
嫌がる事はしない。


コミュニケーションを取る上での
大前提ともなるルールを守れていれば、

自分とパートナーとの間における
セックスに、正解も不正解もありません。



二人の仲を深める
コミュニケーション手段。


二人で育み、
深めていって頂ければと思います。



大人の保健相談室

結婚教育相談員 佐藤知恵