2012-12-09 20:08:56

蝶の食樹、食草 ヤマビワ

テーマ:蝶の食樹、食草(アワブキ科)
ヤマビワ(アワブキ科)

ビワはバラ科、イヌビワはクワ科、そしてヤマビワはアワブキ科。なかなかややこしいですが、ビワがそれだけポピュラーな果物だった事を示しているのかも知れません。最近は人気が下降気味でで、収穫量が落ちている様です。本題のヤマビワは、アワブキ科の中でも知名度は低い方です。しかし、スミナガシやアオバセセリにとっては重要な食樹で、西日本では、発生を本種に依存している場所が多くあります。

みんみんちょう 
照葉樹は新芽を利用される事が多いのですが、スミナガシはこんな固くて毛の多い成葉を好むのが不思議です。早春に沖縄のスミナガシを温室で飼育して、庭のアワブキの葉が伸び切った時に移しましたが、お腹を壊してしまった事があります。固い葉を好むには生理的な理由がある様です。

みんみんちょう 
成葉は似た種が多いので見分けにくいのですが、萌芽の時は新芽が飛び出して特徴的で目立ちます。またアワブキ科の特徴で葉が下向きに新芽が伸びますので良い指標になります。常緑樹の特徴で、萌芽の時期は限られています。新芽にはアオバセセリが集中して過剰産卵になる事があります。顕著な特徴が無いせいか植物園などでもあまり見かけません。


みんみんちょう 

一般に販売される事は先ず無いと思います。

販売のページ
http://hinokiasunaro.cart.fc2.com/ca24/14/p-r24-s/


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-12-09 19:23:44

蝶の食樹、食草 ヤンバルアワブキ

テーマ:蝶の食樹、食草(アワブキ科)
ヤンバルの名前を一番有名にしたのは間違いなく、ヤンバルクイナです。ヤンバルの名前は植物や動物に結構付いているですが、ヤンバルクイナに比べればどれも知名度は低いものばかり。そのせいか、このヤンバルアワブキも、フシノハアワブキ、リュウキュウアワブキ、ヤンバルアワビワ、ヌルデアワブキ等、色々な名前があります。

みんみんちょう 
アワブキとは葉の形が全く異なりますが、芽を見ると、アワブキと同じ様な形をしています。アワブキと同様にスミナガシとアオバセセリの食樹になっています。北日本のスミナガシやアオバセセリは本種でよく育ちますし、南西諸島や台湾のスミナガシでも普通のアワブキで問題無く育ちます。見かけによらず、かなり近縁なのかも知れません。

みんみんちょう 
奄美大島や沖縄では多く見られますが、寒さには比較的強く関東地方でも問題無く育ちます。ただ、アワブキに比べて遅くまで葉が残っているので、急に寒さに当たると先端が枯れ込んでしまうので、苗の内は、多少寒さ対策をした方が良さそうです。アワブキは水揚げが大変悪く、切り枝はすぐ萎れてしまいますが、本種はそれ程悪くないので、葉を切って飼育する場合には重宝します。

一般には販売されていないので、蝶を飼育する人以外庭に植える事はないでしょうが、庭木としても面白と思います。

販売のページ
http://hinokiasunaro.cart.fc2.com/ca24/13/p-r24-s/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。