1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-03-30 17:51:32

蝶の食樹、食草 コシノカンアオイ

テーマ:蝶の食樹、食草(ウマノスズクサ科)
コシノカンアオイ(ウマノスズクサ科)
コシノは、越の、で、越後のことですが、日本酒の名前ですっかり有名になりました。このコシノを最初に知ったのは日本酒でもカンアオイでもなく、ニシキゴイでした。小学生の時に持っていた錦鯉の本に、越の秘色と名前が出ていたのですが、小学生には、の、以外が読めずに、何だか如何にも珍しそうな名前だと思っていました。エツノヒソクと分かったのは大分後です。

みんみんちょう 
カンアオイとしては大型で、葉も花も肉厚なので、大食いのギフチョウにとってはありがたい食草でしょう。山形県や新潟県中越、下越地方は海側から山地まで分布していて、ギフチョウの多産を支える大きな要素だと思ってます。新潟県西部の上越地方は旧上越市等の海に近い所は、別種のクロヒメカンアオイが分布しています。従って上越地方は全てクロヒメカンアオイだと思っていた。ところが、関川を南下して、旧新井市あたりになると、コシノカンアオイになり、どの辺りが境目かあるいは混生しているのかとても興味があります。

みんみんちょう 
コシノカンアオイの花

ネットで調べると分布が福井県までになっていて、ちょっと驚いています。上越地方の海側は勿論、富山県、石川県、福井県のギフチョウの産地を訪れても、コシノカンアオイは見当たらず、別のカンアオイでした。また、写真を検索してみても、出て来るのは新潟や山形での写真ばかりです。福井県のコシノカンアオイは是非見て見たいと思っています。

みんみんちょう 
栽培は比較的楽で繁殖も容易です。雪国の植物ですが、東京あたりの乾燥した気候でも良く育ちます。カンアオイの中では花付きが良い方ですが、ナメクジに食われ易いので、種子と採る時は、ナメクジ避けをした方が良いです。


ギフチョウ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-29 10:12:50

蝶の食樹、食草 ハマセンダン

テーマ:蝶の食樹、食草(ミカン科)
ハマセンダン(ミカン科)
センダンと言う名が付いていても、ミカン科の中では香りは少ない方でなので、双葉より香し、では無くて、形態から付いた名前の様です。暖地の海岸等に多く、関東地方では、あまり馴染みの無い木ですが、八王子市内で1本確認していて、こんなところにと驚いた経験があります。場所によっては、植栽の可能性もあるのですが、そこは、斜面の造成地が放置された場所で、カラスザンショウの小苗がいくつも生えていました。その中に、10cm程の、細い苗がありました。こんな所に、まさか、と思ったのですが、ハマセンダンでした。


みんみんちょう 

西諸島のアゲハには大変有用で、他のアゲハ類でもナガサキアゲハ以外の殆どの食樹になります。一番の特徴は根が強いこと、そのために移植に強く、キハダやカラスザンショウの様に突然枯れることが少ない種です。

みんみんちょう 

春先になると園芸店やホームセンターで草花や果樹、そして、野菜の苗等が沢山並んでいて、園芸は根強い人気があります。その中で最も人気が無いものが間違いなくバタフライガーデンです。10年程前に少し取り上げられて、本が出版されたり、雑誌、昆虫と自然で特集が組まれたりしました。我が家の近くの都立公園には蝶の里という食樹を植えたスペースもその頃出来た様です。しかし、あっという間に消えてしまいました。

みんみんちょう 
ハマセンダンの芽

生物多様性、多自然、町に虫を呼ぼうと言っても、自分の庭木や家庭菜園が芋虫に食われたら、きれいごとなど言っていられません。公園でも、毛虫が発生したと通報があれば、対処しない訳には行きません。
ですから、虫が来ない公園が管理上も良いし、利用者からも喜ばれる。これかれも変る事はないでしょう。


カラスアゲハ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-03-27 17:09:20

蝶の食樹、食草 コクサギ

テーマ:蝶の食樹、食草(ミカン科)
コクサギ(ミカン科)
山歩きをしていると、若葉の香りで木の所在を知ることがあります。コクサギは香りが強く、柑橘系の爽やかな香りなので、気づく人も多いことでしょう。良い香りは濃さも問題な様で、このコクサギもあまり沢山あると、むせる様な臭さに変り、コクサギどころか大臭木になってしまいます。


みんみんちょう 

オナガアゲハ、カラスアゲハの飼育にはとても便利な木です。葉が柔らかく、水揚げが良い事が上に、トゲが無いので袋掛けにも良いです。ナミアゲハやクロアゲハが好まないために、いざ使おうと思ったら、丸坊主になっていた、なんて事態もありません。

みんみんちょう 
コクサギの花

夏場に元気が無くなるのが難点です、元来、沢沿いや湿度の多い斜面などに多いことを考えれば、庭や鉢植えは、少し過酷な環境かも知れません。キハダの様に蒸散が多ければ、夏の暑さに強いのですが、コクサギの場合は葉水をかけたり、根元に陽を当てない等の対策をとると良いです。


オナガアゲハ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。