1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-09-20 19:23:31

蝶の食樹、食草 アオカズラ

テーマ:蝶の食樹、食草(アワブキ科)
アワブキ科の中では一番知名度がありません。しかし、学名から見ればアワブキ科はSabiaceae で直訳すれば、アオカズラ科になってしいます。カズラの名の通り蔓植物なので、からみつく上にトゲがあり扱い難い植物です。

みんみんちょう 
餌として利用される事は少ない様で、試した時は、スミナガシ、アオバセセリ共にかなり興味を持ちますが、齧り付きませんでした。ただし、食べる食べないは個体にもよりますし、植物の状態にも左右されるので、数回程度の試行では判断出来ません。台湾ではアオバセセリはヤンバルアワブキ、ニセアオバセセリはアオカズラを食して棲み分けをしている様です。

みんみんちょう 
花は目立ちませんが、実は熟すと青インクの様な色になります。最近は万年筆が希になってしまってインクのカートリッジを見る機会もめっきり減ってしまいました。

みんみんちょう 
ルリビョウタンの別名があって、盆栽にされる様です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-13 21:23:57

蝶の食樹、食草 リュウキュウウマノスズクサ

テーマ:蝶の食樹、食草(ウマノスズクサ科)
リュウキュウウマノスズクサ(ウマノスズクサ科)

オオバノウマノスズクサ群の一種。以前は花の色で区別していたのですが、最近の遺伝子の研究で、花の色が同じでも、産地が離れていると遺伝子も離れている事が分かって来た様です。逆に花の色が異なっていても、産地が近ければ遺伝子も近い様です。普通は花の色や形で種を区別しているので、話がややこしくなってしまいます。野外であれば場所は特定できますが、栽培されたものは、出所がはっきりしない限り、種の特定が出来ない事になってしまいます。虫が食べる場合は、どの種でも食べてくれれば問題無いのですが、分類となると微妙になります。

みんみんちょう 

南方系の植物を栽培する場合、耐寒性がどの程度かが問題になります。リュウキュウウマノスズクサは関東あたりでは、野外で問題無く越冬します。かなり寒くなるまで葉が付いていますので、霜が降りるとそのまま枯れ込んで、翌年の芽出しが遅くなります。鉢植えの場合は早めに室内に取り込むと良いと思います。

みんみんちょう 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-13 20:10:11

蝶の食樹、食草 ユキグニカンアオイ

テーマ:蝶の食樹、食草(ウマノスズクサ科)
ユキグニカンアオイ(ウマノスズクサ科)

新潟県と福島県に分布しています。豪雪地帯なので、雪国寒葵は良い表現だと思っています。広く分布するコシノカンアオイの辺境に分布しているので、どの辺りが境目になっているのかが気になります。





みんみんちょう 






葉はコシノカンアオイにそっくりで、花の時期でないと区別は難しいと思います。藤沢正平著、ギフチョウとカンアオイには加茂市等新潟県だけの分布が出ていて、福島県はコシノカンアオイの分布になっていますが、只見町、金山町等只見川沿いはユキグニカンアオイでした。ギフチョウ88ヶ所に出ている、オクノカンアオイも広義にはユキグニカンアオイで良いと思っています。阿賀野川沿いはコシノカンアオイでしたので、ユキグニカンアオイの分布は結構狭いのかも知れません。





みんみんちょう 




栽培は難しく無く、雪の無い地域でも問題無く育ちます。ただ繁殖力はあまり無い様で、長年栽培しても株が増えません。このあたりがコシノカンアオイに比べて分布が狭い原因かも知れません。根が張り出して株が浮き上がって来るので、少し深く植えるか、土の量を少し少なめにして、後で客土してあげると良いと思います。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。