さとこ先生の小学生相談室

小学校教員歴25年!いろいろな子どもやお母さんの相談に乗ってきました。子どもの強みを生かすヒントをお伝えしています。


テーマ:
今村愛子さん構造心理学コース1日目。
 
7つの資質の一つ「才能」です。
 
 
 
能力とは、後天的に努力と練習で習得した力のことです。
 
 
 
例えば私なら
 
 
自動車の運転
ブラインドタッチ
家事一式笑い泣き
 
などなど。
 
そこに強みはないので、なんとか頑張って習得したものばかりです。
 
 
 
 
 
そして才能とは、人より少ない努力と訓練で、人より伸びるもの
 
才能は、成果を取ることが出来ます。
また、優れて出来るという面では、強みに近いものがあります。
 
 
 
 
私の強みの一つに「日本語の言語感覚」があるようです。
 
 
説明できないけど、字面からわかる・・・というのは、本当に、子どものころからある感覚です。
国語の成績だけは、やたらと良かったのです。
 
 
 
それに近い才能と思われるのが、学生時代に成果を取ったことで・・・
 
 
 
 
こういうのが、すらすらと読めたこと。
 
普通にひらがなを読むように、何の抵抗もなく読めました。
おかげで、中古~近世文学は楽勝でした。
 
 
西鶴なんか、読みながら吹き出しましたよ。面白くて。
 
 
 
 
 
 
ところが、これは強みではないので・・・
 
 
使ってないから、今は使えなくなりましたーーー笑い泣き笑い泣き笑い泣き
 
 
 
 
これが強みと才能の差だなあ・・・と思うわけです。はい。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

嶋本佐斗子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります