奥田民生氏とサッポロ黒ラベル(日記意味なし)

33歳、人妻、仕事あり、子供なし。

そんなお気楽主婦の日記です。

OTこと奥田民生さんとお酒が大好きなので

タイトルにしてみました♪


テーマ:

昨日、トイレから戻ったら、


さっきまで
一緒におこたに入ってたこいつが




こんな格好↓をしてました。



oyabaka2



……。


はい。
すいません。
いまだに我が家のアイドル?
ていうか、ペット?
というか子供?

…まぁ、そんな位置におります

くまのプ~さん、です。


あまりのポーズに

私だけなく…





ホラ↓






oyabaka1


だんなまで、この始末…。

(ぼけてますが、携帯で写真をとる@40歳児)


親ばか?


春のせい?




けどね。
私ら夫婦はこんなポージングをしたわけでないので

この生きてるような
くつろいだ黄色い熊↓。


oyabaka2


全然怖くないけど
むしろ、見た瞬間、
プっと笑ってしまったけれど。



よく考えてみれば
ちょっとした怪奇現象ではないかと…。違う?



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちの主人は、
優しい笑顔と人当たりのソフトさとは裏腹に
とても頑固だったりする。

新婚当初は、
こんないい人、見たことない
と思っていたが、

最近は、

外面がいいのは、結局、外に対して何にも思っていないから

なんだと、思っている。

絶対に!
(こういう決め付け具合が、主人いわく、〝器が小さい〟ことらしい)


しかし。
そんな主人を、やっつける強敵が最近登場した。


それは、


それは。






プーさんだ。



マジかよ・笑。ちょっと怖い気さえするぞ。


主人はヘビースモーカー
ふっといなくなると、どっかでタバコを吸っている。

(私が気管支が弱いので、気をつかっている)

でもね。
私としては、主人の体の方が気になる。
ここ2、3年。
仕事のストレスのせいか、私が原因のストレスなのかは知らんが
疲れがたまると、

蚊にさされたような発疹が体中にできる主人。

以前は、仕事帰りに
その発疹がエレファントマンみたいに腫れあがった顔で
電車に乗ることもできず、迎えにいったりするぐらいひどかった。
(子供見たら泣くかもしれないっていうぐらいひどかった)


最近では、十分に寝たりすると、少しは回復するが
それでも、いつもどっかしら発疹が出ている始末。

だからね。体に悪いことは、なるたけやめてほしいと
私は何度も言っていた。


でも、頑固な主人が言うことをきくわけがない。

もう、私の願いなんて、あいさつ以下に意味のないものになっていた。


それが。


最近、そのセリフをプーに言わせてみた。

ベランダでタバコを吸っているとき。
換気扇の下でタバコを吸っているとき。


パペット・プーの出番。

物陰から、まず主人を見るプー。

気づいた主人が

どうしたの?

笑顔でたずねる。


すると、プーが

タバコ、吸わないで

と口をパクパク。

さらに近づいて

タバコ、臭い

と口をパクパク。



主人、笑顔をひきつらせながらも…。





撃沈。

タバコを消し始める。


やった~っつあああっ!!!

結婚後、初勝利

うれしい。


効果が高いのでしつこく繰り返していたら

じゃぁ、なるべく減らすように努力するね

だって。

すげ~。



ぬいぐるみセラピー改め、

禁煙セラピー


これからも続けてやるぞ。


まぁ、妻の立場皆無ですけど。
深くは考えず。超ポジティブシンキングっつーことで♪
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
尋常じゃない私の趣味。

それは

ぬいぐるみで遊ぶ。こと。


それを知ってか、プレゼントでぬいぐるみをよくもらう。
だから、うちにはぬいぐるみがわんさかある。

32歳なのに…。( ̄□ ̄;)


本当のぬいぐるみセラピーだと、
かわいがるぬいぐるみは一つが好ましいらしい。

でも、私の場合、プーを筆頭に

ブースカ(愛称:ぶーちか)、キティちゃんの妹?リボンが黄色だからたぶんそうだった気が…(愛称:きっきちゃん)、ダニエルくん、ゴン太くん(愛称:王様)、ピグレット(愛称:ぶーちゃん)

とファミリーが形成されている。
家族ぐるみでおつきあい、といったところだ。

当然、夜、寝るときはこのファミリーが布団を独占する。

ダニエルくんと王様、ぶーちゃんは小さいので、
ぷーたちの下にもぐりこんでいて見えないが。

写真は、ぷーがみんなを寝かしつけているうちに
自分が寝てしまった、という図(設定)。

何気なくファミリーの様子を見たら、
プーが笑顔で寝ちゃっているように見えたので
思わずパチリ。


「こいつ、生きてる…」


でも、全然怖くないのは、さすがディズニーっ子???
旧型だけど・笑。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うちのプーは、
今、ディズニーストアなんかで売られているのとは、
型が違う。

いわゆる、「型遅れ」だ。

今、お店に並んでいる型のプーに前面リニューアルをした際に、
旧型のプーが安売りになっていて、
宇都宮あたりで手に入れた。

なんだか、哀れ

そのせいか、
うちでのキャラ設定も
ディズニーランドを知らないプー
とか、
ミッキーマウスの金儲けの道具として利用されているプー
ということになっていた。
(プーのキャラクター商品は、
ミッキーマウスをしのぐ勢いで売れている模様なのに、
ディズニーランドでのプーの扱いは、スター的でないのはナゼ???
それは、著作権でもめているから~???)

そんなこともあって、
プーをディズニーランドに連れて行くこと、は
私にとって、とっても自然だった。

しかし、1歳児くらいの大きさのあるプーを
そのまま持っていくのは、
いくら32歳児の私とて、
恥ずかしい…。

だから、大きなリュックに入れ(写真参照)
プーを連れてディズニーランドへ!!

コンサートとかじゃないから、
荷物検査とかないもんね…。
プーも心なしか、なんだか楽しそう。
と思っていたら、
ゲートの前に、警備員。

物騒な世の中なので、
荷物検査をしているっ。

どうしよう…。

やっぱり車においてくるべきか?

いや、ここまできたら、連れて行こう。

私の心の中で葛藤が続いた結果。


えぇ、えぇ。
見せましたとも。警備員さんにリュックの中身を。
「荷物検査にご協力お願いしま~す」
という警備員さんに
大人らしく、
「ご苦労さまです」
と一言。

そして、
リュックのファスナーをジャーを開くと
プーの顔がばぁ~んと…。

「は、はい。結構でぇ~す」
少したじろぎながらも、仕事を遂行するその警備員さんに
私は目を合わせることができませんでした…。

そして、まさに私が超恥ずかしい気持ちになっていたそのとき、
唯一、味方だと思っていた夫は、
そのとき、私から100メートル離れていました。

気持ちはわかるけど…。ずるいぞぉ~。

まぁ。
いろんな人がいるディズニーランド。
こんな人だって、たぶん、他にもいるはず。

そう、気を取り直して、
ディズニーランドを満喫。
プーの入ったリュックと一緒に、
ハニーハントにもしっかり乗りました。

挙句、夕暮れで園内が暗くなってくるころには、
私の中の羞恥心もゼロに近づき、
プーをリュックから取り出し、
エレクトロニカルパレードを堪能する始末。

その際、
プーは、これまた一緒に持っていった
ブースカのぬいぐるみを小脇に抱え、
口をパクパクさせながら、パレード
を見学。

通り過ぎる人たちの視線にふと我にかえると、
人々は、プーに反応はしているのではなく、
プーが小脇に抱えたブースカに釘付けになっておりました。

まぁ。
ディズニーの本陣に、円谷プロはありえないからねぇ。

納得。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

〝ぬいぐるみにパンツ〟。

これを提唱するのは私ではなく、母。

プーの前に私から奪ったぬいぐるみも
最初は服など着ていなかったが、

見るたびに
「なんだか裸んぼうみたいで、恥ずかしいわぁ。何か着せなさい!」
と私に説教をしていたので、
高校のときにはいていたブルマーをはかせたら、怒られた。

そして没収。
母の手にわたり、あれよ、あれよという間に
子供服を着て、今では耳にリボンまでつけている。

プーに対しても
「上着は着てるのに、下はいてないなんておバカみたいじゃない」
とまた、ブーブー言っていたので
買ったものの、はかないでおいた新品のおぱんつを穿かせた。

さすがにおぱんつをはいたプーを見ると

「いやぁ~、なんて格好なのっ。早く、脱ぎなさいっ。」

と、異常に照れながら、怒り出す。

白いパンツ。普通の婦人モノ。
(でも、当初のサイズはもっと小さかった。
 プーがはいてるうちにデカパンになってしまった…)

たしかにエロい

でも、この笑顔

そして、どこか誇らしげ

母の怒声をよそに、

「似合うねぇ~」

とプーに言葉をかける私は、

そのとき、満足気なプーの顔を見て

確かに癒されていると実感する。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
これは、ぷーが反省しているか、いじけているときのポーズ。

あたしに文句を言われたときとか、
こうしてうなだれる。

「なんで、あたしが帰ってくる前にお洗濯ものとりこんどかないの!」

とか、

「ずっと家にいるんだから、たまにはお部屋ぐらい掃除しときなさいっ!」

とか。

………

ぬいぐるみなのにね。

てへ。ゞ( ̄∇ ̄;)

でも本当は、こうして一番落ち込んだポーズをするのは

家に甘いお菓子がないときとか
甘いもの、食べ終わっちゃったときなんだけどね。

「なくなっちゃった…」みたいな。


安田大サーカスのヒロくんみたいだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こいつは、私が今、溺愛しているぬいぐるみ。
パペット・プー。

ほんと、このクマ、私を癒してくれるのよね…。
まさにぬいぐるみセラピー

だって、口がパクパク動くんだよ ょ ょ

昔、ロンブーの深夜番組で
彼女か浮気してるかしてないか調査するやつあったじゃん。
そこで、ロンブーが調査しに行った家にあったプーと同じ種類。
敦が、プーの口をパクパクしながら
「おまえ浮気してるんだろ?」
って女の子に聞いたら、
それまで頑として「してないっ!」って言ってた女の子が
「はい…」って・笑。心開いちゃったよ。
その後も敦はプーを操り、亮にツバを吐いたりして遊んでたのも良かった。

それがものすごく私のハートをわしづかみにしたのさ。

それで、パペット・プーがずっと欲しかったんだけど、
大人だしぃ~と迷いつつ、迷いぬいた末、ようやく3年前にゲット。
だんなにもかわいがられ、今では家族の一員。怖っ。


どう?こんな32歳児…


一緒に遊ぶと、ウケル友達もいるけど、
だいたいは冷笑。または、かなり引く。
当たり前ね…。

こんな私の一人遊びは、かれこれ10年くらい続いている。
プーの前は、ユーフォーキャッチャーで捕った快獣ブースカ。
その前は、クマのぬいぐるみ。

クマのぬいぐるみは、一人暮らしをしていたころ、
当時つきあっていた彼(今のだんな)からもらって
これがまた、ものすごくかわいくて溺愛していたんだけど
結婚が近づき、一人暮らしを辞めて実家に戻ったときに
母が気に入ってしまい、
結婚するとき、奪われてしまって
実家の養熊(?)になっている…。

彼らには、それぞれキャラクター(人格?)が割り振られていて
(「たとえば、
 プーは甘いモノ、ブースカはラーメン、くまちゃんはどんぐり=お金…がそれぞれに大好物で、プーはディズニーランドから追放されているとか。ブースカはプーにかわいがられているんだけど、はた迷惑に感じているとか…)

それぞれ、毎日ドラマが展開されている。

ん??

改めて、文章にしてみると

キッついなぁ~~ (TдT)

しかし。
「だんだん、生きてるみたいになってきて、動きが自然だよねぇ~」
と、最近は友達が引くのを通り越して感心する(?)こともあったりする。
そりゃ、こちとら毎日、手のひらが筋肉痛になっても遊んでますから。

なので。
私の趣味、この「ぬいぐるみセラピー」をこのテーマで少しずつ公開しちゃおうと思う。

だって、
うちのプー、かわいいんだもんっ!


親ばか、上等。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。