海へと。

テーマ:


この前の日曜日、
久し振りに
両親とゆっくり時間を過ごした。


海にドライブして、
お互いが作ってきたお弁当を
食べたり。

海岸沿いを歩いたり。
魚市場で新鮮な魚介類を買ったり♪


母は久し振りの遠出で
すっかり有頂天になり、

一人で波打ち際まで行って、
拾った石を波で洗おうとしたり、
波のハザマに見つけた貝殻を拾おうとしたり、
波と30分くらいたわむれていた。


私たちはその姿を
高台から眺めていたのだけど。


その場にいた子供たちよりも
断然、母の方が波と遊んでた。



なんだ?あの子供…みたいな・笑。



お弁当を食べながら
父と母が会話をする。


母「これがこうで、こうなのよ~」


たわいもない会話。
それを聴いた父が


父「へぇ~!!!そうなの?
  へぇ~」


と、心底驚いたように相槌をうつ。
それを見た母が


母「そうなのよっ!!でね…」


と、いい気分で話を続ける。



父と母はわりに仲がいいよなぁと思っていたんだけど。
その理由は、全然わからなかった。
たとえ、父が母を好きでも、
母の性格なら、父はとっくに捨てられてもいいはず。

なのに、この歳で二人で会話を楽しんでるって話を
よく聞かされているので。

不思議だったのだけど。


その二人の会話する様子を見て、

「あ!!!」と思った。


父は話の相槌を打つのがものすごく上手だってこと。
話す相手が、気持ちよく話せる相槌のタイミングが
絶妙なんだ。



すげ~。



父は母と違い、
よく知らないおっちゃんやおばちゃんと
いつのまにか仲良く話しているような人なんだけど、


それは母と違い・笑、
人柄が温厚だからなんだと思ってた。

それだけじゃなかったのね~。
こんな技術的な才能もあったのねぇ。



だから、私も父と話すのが大好きだったんだ。



で。

そのような相槌を打てる人物が
私の周りにもう一人いることを知って、
驚く。



トオルだ・笑。



なるほど~、みたいな・笑。



そんなことに気づいた
海へのピクニック♪


もう少し暖かくなったら、
海シーズンが始まる前に
またぜひ行きたいな♪

AD

コメント(6)