奥田民生氏とサッポロ黒ラベル(日記意味なし)

33歳、人妻、仕事あり、子供なし。

そんなお気楽主婦の日記です。

OTこと奥田民生さんとお酒が大好きなので

タイトルにしてみました♪


テーマ:
昨日は、超久しぶりに
以前勤めていた会社の上司と
二人っきりで天狗に行った。

勤めていたころは、
週に2~3回くらいは飲みに行っていたヒトなので
すっごくなつかしかった。

上司といっても、若い。
そして、クール。
頭もいい。
皮肉屋で、毒舌。
だけど、優しい。

私が紹介した(?)ヤキモチ焼きの彼女と結婚して以来、
二人で飲みに行くことはなくなったのだけど、
昨日はひょんなことから飲みに行った。

昔はバーボンをぐいぐい飲んでた上司が
今じゃぁ、天狗オリジナルの焼酎をロックだもの。
なんだか時間の流れを感じたなぁ。
私ももちろん、それをおいしくいただいたけど♪

話は、家族のこととか、結婚生活とか、
今、自分が興味あることとか。
「お互い年とったよなぁ。」
とか言いながら。

上司
「街に子供が多いなぁと思うことが増えたんだけど
それって、自分が年とったってことだよな」

「なるほどぉ」

会話が新橋のサラリーマンみたいだったな・笑。

焼酎のボトル2本目がカラになるころ
奥さんがヤキモチをやかないように、早めに解散。

心地良く酔った。

帰ってから、酔っ払った勢いで
大好きな男友達に電話。
最近、全然連絡をくれなくなったので
失恋したとブログにも書いた男友達、その本人に。
で。
告る。

あつく想いを語る。泣きそうになる。
完全に酔っ払いだ。
今、冷静に思い出すと、ただただ迷惑な私にちょっと引く。

でも。彼は優しい。
「おまえ、それ俺にもう3、4回言ってるから。」
怒らない。優しいなぁ。酔っ払いなのに。迷惑なのに。
私も、そんなヒトだからこそ、酔っ払うとついつい告ってしまう。
「大好き~っつ!」って。

でも、昨日はずばり言われちゃった。
「でも、おまえは結婚してるし、
俺に好きだ好きだって言ったってどうするんだよ。ずるいヤツだなぁ~」

正解。
彼が言ってることはすごく正しい。

「でも。好き。どうしよ?」
今度は相談してみた。

「じゃぁな、俺が70歳になったとき、
おまえも一人だったら一緒に暮らそう。
いいじゃん。それで。俺もおまえを好きだからさ」

そのときは、
70歳じゃエッチできないじゃん!
私は君の体格も大好きなんだ!って言おうか言うまいか悩んで、

彼が
「まぁ、俺70まで生きてないと思うけど」
ってオチつけて、
「うん。そうだね」って言うのが精一杯だったけど

すっごくいい切り返しをしてくれたんだなぁ。
なんだか、一番、言ってほしいことを言ってくれた気がする。
今、思い出してきて、うれしくって泣きそう。

彼は、私にとってやっぱり必要だなぁ。
お腹すいてるときに、
バツグンのタイミングで
おいしい一口おにぎりをポイってくれる。
まるで母鳥のような…笑。
私は、いっつも巣の中で
その母鳥が運んでくるえさをピーピー鳴いて待ってるヒナ。

……ヒナはどうだろう???ま。でも、ヒナの気持ちだ。

とにかく、いい日だった。

……飲み会の話より、こっちのがウエイト大きいけど。ま、いっか。
さ。
今日は高校んときの友達と飲み会だっ!!
ソルマック買わなきゃな。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は基本的にお気楽不良主婦なんだけど。
でも、こういうタイトルの本も好き。

ナンシーさんや石丸っちの本を読むときの5/1のスピードで
ちょびちょび読んでいるのが「読売VS朝日 社説対決」。

これはずぅっと前に買った本で
前も途中まで読んで断念して
本棚にほっぽってあったんだけど
なんとなくまた最近読み始めている。

私はモノ書きのような仕事をしているのだけど
(この日記は誰にもアカを入れられないのでとっても気楽♪
だけどそのせいで誤字脱字も多いですから…残念!)
会社の尊敬する先輩たちは「新聞なら朝日」
という人たちばかりだったので朝日新聞ってすごいんだなぁと思っていた。

でも、私は小さいころから家は読売一本だったので
コボちゃんのがいいよな、日曜版のあたしんチも捨てがたいと思ってもいた。漫画ばっかりだ・笑。今はののちゃんも大好きだ。

だいたい、朝日と読売で同じ社会面の殺人事件なんかの記事を読み比べると
読売の方がとっても人情味あふれる話を取材で聞き出したりしていて
被害者の人の痛みが伝わってくる。

以前、
とってもダンディーだと思っていた違う部の偉いおじさんと話していたとき、「新聞なんかどれも同じだ~」と話しているのをきいてショックだった。

新聞は違うんですよ~。
まぁ、家で2種類の新聞を取る家なんてないからわからないだろうけど。
そんな私だからこそ選んだこの本。
「VS」というくらいだから、どっちが勝つのかわかるのかな?とか思った。
頭よさそうじゃないな・笑。

結論は、「そんなの出ない」。まぁ、そりゃそう言わないとねぇ。

でも、この本なら、読み比べの醍醐味が味わえる。
主に、北朝鮮をテーマに読売と朝日の同じテーマを掲載した社説を載せて
辺さんなどの解説をつけている。
ちょうど時期が、大韓航空機墜落後、日本が北朝鮮と国交交渉をしている時。当時、北朝鮮は拉致問題を全面否定していたり。
拉致問題の話を日本が出したら、国交交渉がストップしたり。
いやぁ、今も昔も北朝鮮はやりたい放題だなぁとしみじみする。

で、読売VS朝日。
読売は北朝鮮に対してズバっとモノを言う。
朝日はとってもやわらかにオブラートどころか
餅でくるんだような表現で逃げる。

解説者の誰かが書いていたけれど、
読売と朝日を足して2で割った考えが一番バランスがいい。
本を読むと、本当にその通りだと思う。
読売だけでも、朝日だけでもよくないのね。
お金持ちじゃないから、2紙はとれないけども。

尊敬していた会社の先輩の一人が、
「読売は今。朝日は未来」と話していた意味がよくわかった。

読売は「30年後の批判に耐える社説を」、というのがポリシー。
だから、数年後に読んでも「?」とはならない。
きっと今を見据える目にブレがないんだろうなぁ。

一方、朝日は「こうなるのが理想」というのを
社説で表現しているような気がする。
だから、何年か後に読んだとき、
それがとっても絵空ごとのような気になる。
ただ、そうした理想を掲げることも大切だとは思う。

新聞の役割が違うとも先輩は言っていた。
なるほどねぇ。そんな気もしてくるなぁ。

う~。なんだか、まとまらないけどさ。
「だから何?」って感じもするけどさ。
知らないことを知るっていうのは面白い。
たまには頭を使わないとね。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
すごい地震が起きた。

阪神神戸の1600倍。

想像がつかない。

でも、私は夢を見てるんだな。
予知夢っていうのかな?

その夢っていうのは…

《夢》
25日の朝方に大地震に見舞われた。
シチュエーションは長野方面の山の中。
私たちは全然、揺れていないんだけど
「大地震だ~っつ!!」って声が
四方八方から聞こえてきて、
あわてて山小屋みたいな家の外に出る。
でも全然、私たちの周りには被害がない。

「どうして??」
「どこが大地震なの?」
友達と一緒にその山小屋から外に逃げた私は尋ねる。

すると、また遠くの方から
「ここは遠いから、被害はない」
「大変なのは、海の方だ」
っていう声。

ちょっと安心する私。
海っていうと、静岡の方かな?なんて考えがめぐる。
すると、また遠くから
「でも、相当な大地震で被害は甚大だ」
って声。
でも全然被害の大きさがわからない。
もしかしたら、私たちだけ助かって、取り残されちゃうの?
それも逆に怖い…
なんて思っていたら
「それはない。でも、油断するな」


 …………そこで目が覚めた。
     ややパニくっていた気持ちはそのままに、目が覚めた。
     でも、その日は静岡方面で地震が起きるわけでもなく
     穏やかに過ぎていった。

 そしたら。
 昨日だもの。

 そりゃぁ、びっくり。
 でも、何も救えなかった
 まったく無意味な夢だった。
 
 無力だなぁ…。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、やっと風邪が治ってきたので
楽しい飲み会だぁ~っ!!

大好きなオンナ友達と
その息子と、
何の気兼ねもなく
ダラダラ飲む♪

最高に楽しい。
友達は、お酒大好きな娘だったんだけど
今は二人目を妊娠中なので、アルコールはちょっぴり控えつつ。
それでも
日々思ういろんなことを
わぁわぁ話すひとときは
数少ないオンナ友達との大事にしたいあったかい時間。

おつまみは私の大好物「タイカレー」と、
野菜中心の家庭料理になる見込み。
最近、ずっと一人でご飯を食べているので
みんなと食べる食事は
なんだか幸せ。

遊ぼう~、って誘ってくるチビと
お店屋さんごっこで適当に(時には本気で)相手をしつつ
コップを倒さないよう、気をつけながら飲むお酒もまたオツ。

最近、大好きな男友達から連絡がなくて
その影響ですごく元気がない私。
今日は、元気をもらいに行こう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、めっきり元気が出ない。

何をやっても、ブラック50%な気分。

大好きな人に、嫌われたみたいだ。どうも。
もしかしたら、飽きられた?
もしかしたら、見捨てられた?
もしかしたら、ものすごく傷つけた?

どうしよう…
と思っても、つらすぎて思考がそこでとまってしまう。

こんな想い、最初からなかったことにすればいい。
パソコンのデータ削除みたいに。
きれいさっぱり。

そしたら、気分だってラクになるはず。

でも、そうはならない。
人間ってめんどくさいな。

楽しかったこととか、すっごくうれしかったこととか。
それが、もう当たり前じゃなくなって、
とっても大切な時間だったんだなぁって、しんみりと。
思い出すけど、他人ごとのような距離感でやらないと
自分が壊れそうで、直視できない。
私は弱虫だ。そしてズルイ。

耐えられるかなぁ。あたし。この先。

「どんなことがあっても味方だぜ」ってセリフ。
ちょっとどうかという響きだったけど、大好きだったんだけどなぁ。
もう聞けないや。
あたしにとっての免罪符をなくしちゃったみたい。

ものすごく、悲しすぎて
涙も出ない。風邪で声も出ないし。八方ふさがり、厄年万歳。

【こんなときに聴いてる曲♪】
アジカン:ソルファ収録の全曲
現実逃避ができるのが救い。ごっちんの作る世界に逃げて、浸って
君とボクの 縁 舞い ワールド~♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は本当にヒトが苦手だ。

でも、こどもは好き。
彼らはお世辞がないからだ。
しかも、自分にもあまりお世辞がない。

つきやいやすい。

私は前世占いで
天上界の人間だったらしい。
そのため、ヒトになじめない。
いつも上からモノを見る。
そんなことを言われたこともある。

親にも水くさいっていわれたし。
友達にも、指図しないでって怒られた。
彼氏にも、不遜だって言われた。

私はまったくその気はない。
どころか、
私はとっても不器用で
その上、人付き合いも超下手。

ただ、その時に一番いいのは何かってすごく考える。
それだけだ。

私の知り合いのヒトは、この人生が人間として生きるラストだって
言われたらしい。
で、そのヒトのだんなさんはまだ人間として3回目という。
だから、足りない部分がいっぱいある。
夫婦として、そこを補って
生きていくのが、あなたの運命でもあるとその占い師(りーでぃンがー?)…。
に言われたらしい。

私は何度目かはわからない。
でも、ラストのヒトよりは少ないと思われる。

会田みつおのドラマを見たけど。
(浦和負けてるし。)
なんかいろいろ考えさせられて
号泣。
いいのかなぁ。
ぴろこの演技にやられた。のりさんもよかった。
(フロドより)

今、風邪で声が出ない。
これが一生だとしたら、凄いことだと思う。本当に出ない。
こんなの初めてだ。

いろんなことを考えた。

ひとりぽっちの夜…


なんか
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、惜しい人を亡くしたという想いが
とまらなくなっている人。
それが
ナンシー関さん。

あぁ。本当に惜しい人を亡くした。
テレビ業界というか、芸能業界。

…って。
特にいらんという人もいるかもしれないけど。

でも。
私は、ぼたんと薔薇をつっこむ
ナンシーさんの文章が読みたい。
細木和子の冠番組の異常増幅についての
ナンシーさんの論考が読みたい。

暴力シーンやHなシーンをどんどん排除していく世の中は
問題の本質を摩り替えていて
まさにくさいものに蓋状態。

蓋をして見えなくなったからって
問題は解決したわけじゃない。

心配性な私は逆に
「あれ、あのままほっといていいの?」っていう不安が募るだけ。

ナンシーさんが生きていたとしても
この現状は変わらないかもしれないけどさ。

でも、ナンシーさんのような視点でモノを見て
「おかしいよなぁ」と思う
世の流れを、書き留めておく作業って
すごく大切なことなんじゃぁ、ないか。
民俗学的にもさ。

多少の毒舌が、誰かを傷つけたとしても
絶対、世の中にいていい人だと私は思う。

誰も変わりができそうもないよなぁ。
あの視点と、観察眼と、文章力。

しかしさぁ。
ナンシーさんが動向を注視してきた
森重久弥より先に逝ってしまうなんて。
人生ってほろ苦い。

本当に悔やまれる。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。