1 汗管腫・基本

テーマ:

汗管腫

(かんかんしゅ、syringoma)

 

皮膚深くまで存在

 

表面的には凸の部分しか見えませんが、実際は皮膚(真皮)深層まで存在しています。

 

 

なぜか女性に多い、目の周りに多い

 

原因不明で、(ときどき、母親も汗管腫という方がいますが)遺伝性ははっきりしていません。

 

上下まぶたに多く、目尻、眉間、コメカミ、額、アゴ、首や体にも発症します。

 

『汗管腫・裏話』のページもご覧ください。

 

 

老化ではない

 

老化なら誰にでも発症するはずですが、そうではありません。

 

10代から発症する人や40代から発症する人もいます。

 

老化ではないので増え続けることはありません。

ある程度まで増えていって、高止まりします。

 

 

常に存在する

 

汗管腫は季節に関係なく、常に存在します。

 

汗をかくと(暑くなると)ブツブツが明らかに増えて、汗が引くと(涼しくなると)消失する場合は、エクリン汗嚢腫の可能性が高いです。

 

 

似ている疾患

 

エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)

 

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)

 

どちらも汗管腫に混在していることがあり、同様に治療できます。

詳しくは『エクリン汗嚢腫・稗粒腫』のページをご覧ください。

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

AD

2 汗管腫・治療

テーマ:

汗管腫

(かんかんしゅ、syringoma)

 

アグネス(Agnes)などでは改善しない

 

汗管腫は本体をきちんと取らないと治りません。

表面だけ治療してもダメですし、奥だけでもダメです。

 

実際にアグネス(Agnes)というレーザーを受けて改善しなかった患者さんが来られますが、1個たりとも治っていませんでした。

 

ニキビに効果的と宣伝されているアグネスで汗管腫を治せるはずがありません。

もし、それで治ったら『汗管腫ではなくニキビだった』か『白ニキビと稗粒腫を混同しているだけ』でしょう。

 

1、2回受けて全く改善せずに、断念されるようです。

1、2回で変化が見えなければ、5回受けても無理でしょう。

 

また、フラクショナルレーザーでも改善しません。

 

強いフラクショナルレーザー(カサブタになる)の場合は正常な皮膚もヤケド跡になり、グチャグチャと波打ったようになって悲惨です。

 

弱いフラクショナルレーザー(カサブタにならない)の場合は何も変わりません。

 

つまり、フラクショナルレーザーは強かろうが弱かろうが、意味がありません。

 

アグネスについては『汗管腫・裏話』のページもご覧ください。

 

 

薬は全て論外

 

アダパレン(ディフェリン)などニキビ治療薬やトレチノイン(レチノイン酸)は角質を剥離するので、汗管腫の丈が一時的に低くなったように見えますが、すぐに戻ってきます。

 

汗管腫はイボではないですし、漢方薬のヨクイニン(ハトムギエキス)は意味がありません。

 

また、汗を抑えるゴレイサンも意味がありません。

 

医療機関で処方されるものでも改善しないですから、市販薬(○○○コンプレックスなどアイクリームや美容液など)は論外です。

 

もし、これらで改善したなら、元々『汗管腫ではなかった』ということです。

 

 

液体窒素、ボトックス、ケミカルピーリングも論外

 

汗管腫はイボではないですし、液体窒素は意味がありません。

 

ボトックスは確かに一定期間は汗の分泌を抑えますが、それで汗管腫が小さくなることはありません。

 

ケミカルピーリングはニキビ治療薬などと同様に角質を剥離するので、汗管腫の丈が一時的に低くなったように見えますが、すぐに戻ってきます。

 

もし、これらで改善したなら、元々『汗管腫ではなかった』ということです。

 

 

手術(切除)もイマイチ

 

汗管腫がある部分の皮膚を切除するので、除去はできますが、直線的なキズが残るため、おすすめできません。

 

 

一般的な治療法

 

汗管腫は真皮深層まで存在するため、レーザーで深くまで治療する必要があります。

 

深く治療して、ヤケド跡になるのが怖いため、浅く治療する病院がほとんどです。

大学病院でも浅くしか治療していません。

 

レーザーの熱で一時的に縮んで小さくなったように見えているだけで、すぐに戻ってきます。

よって、『再発する可能性が高い』と必ず言われます。

 

 

当院の治療法

 

どのレーザーを使うかは治療時に判断しますが、それよりも重要なのがレーザーの設定です。

(レーザー認定医)

 

通常の設定で深く治療すると、炎症がかなり強くなり、ヤケド跡になります。

よって、レーザーの設定を調整する必要があります。

 

先日来院された患者さんは他院でレーザー治療を受けて、汗管腫の原型をとどめないくらいのヤケド跡になっていました。

 

私も10年以上前は通常の設定で治療していましたが、正直言って仕上がりは悪かったです。

数年かけて改良を重ねて、今の方法にたどり着きました。

 

当院ではレーザーの設定を独自に調整して、炎症を最小限に抑えているため、仕上がりが違います。

 

 

炎症を抑えるメリット

 

◎大きくても、連なっていても、数が多くても、問題ありません。

 

◎絆創膏やテープを貼らなくても大丈夫です。

 

◎腫れることはほとんどありません。

 

◎治療後の紫外線対策は通常通りで大丈夫です。

季節に関係なく、紫外線の強い夏場でも治療できます。

 

◎顔以外(首やデコルテなど)でも同様に治療できます。

 

◎一度に多く取ることができ、(全国から来院されるため)遠方の方は通院回数が1、2回で済むようにできます。

(通常は1〜3回)

治療間隔は同じ部位なら2ヶ月以上は開けます。

部位が違えば同日でも問題ありませんので、1日で全部位の治療を受けることができます。

 

 

エクリン汗嚢腫、稗粒腫も治療可能

 

どちらも汗管腫に混在していることがあり、同様に治療できます。

詳しくは『エクリン汗嚢腫・稗粒腫』のページをご覧ください。

 

 

他院の修正も可能

 

他院の治療で再発したり、取り残した場合でも、未治療の汗管腫と同様に治療できます。

 

また、他院の治療で瘢痕(白い凸、キズ跡)になってしまった場合は凹凸の治療をしています。

詳しくは、凹凸・専門サイトをご覧ください。

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

AD

3 汗管腫・経過

テーマ:

汗管腫

(かんかんしゅ、syringoma)

 

治療後の経過

 

レーザーの設定を調整して、炎症を最小限に抑えているため、『すり傷』と同じような経過になります。

 

◎翌日以降、カサブタの上からメイクができます。

 

◎カサブタは1週間くらい(早いと3日)で取れてきます。

 

◎絆創膏やテープを貼らなくても大丈夫です。

 

◎腫れることはほとんどありません。

 

◎カサブタが取れた後の赤みは軽度で、すぐにメイクで隠せます。

 

◎紫外線対策は通常通りで大丈夫です。

(夏場でも治療可能)

 

◎治療後の診察は必要ありません。

 

『汗管腫・質問』のページもご覧ください。

 

 

経過写真

 

翌日の写真などは受診された方のみご覧いただけます。

 

 

実際の感想

 

見た目の改善はもちろんですが、ブツブツが減ると、なだらかになるため、ファンデーションの付き(メイクのり)が良くなったと言われる方が多いです。

 

(ブツブツしているとファンデーションを塗るほど目立ってしまいます。)

 

 

色調変化

 

まぶたは茶色くくすんでいることが多いため、治療した部分が相対的に白く見えることがあります。

 

エクリン汗嚢腫の場合は逆に治療した部分が茶色く見えることがあります。

 

茶色い部分を白くすることによって、コントラストを和らげ、目立たなくする治療もしています。

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

AD

4 汗管腫・症例

テーマ:

汗管腫

(かんかんしゅ、syringoma)

 

症例

 

2回治療

連なっていても大丈夫です。

 

1回治療

大きくても大丈夫です。

 

2回治療

密集していても大丈夫です。

 

1回治療

数が多くても大丈夫です。

 

2回治療

赤みは徐々に引いてきます。

 

1回治療

孤立している方が分かりやすいです。

 

1回治療

数が多くても大丈夫です。

 

2回治療

残りを取って仕上げる予定です。

 

1回治療

数が多くても大丈夫です。

 

1回治療

まぶた以外でも大丈夫です。

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

5 汗管腫・裏話

テーマ:

裏話

 

『放ったらかし』の病気

 

日々、汗管腫(かんかんしゅ、syringoma)(エクリン汗嚢腫、稗粒腫も)を治療していますが、本当に不思議な病気だと思います。

 

なぜか女性に多く、よりによって一番目立つまぶたに多く発症します。

 

ファンデーションでも隠せないため、女性にとっては深刻だと思います。

(男性でも深刻ですが。。。)

 

なのに、近所の皮膚科に行くと『悪いものじゃないので、放っておきましょう』と流されてしまいます。

 

イボじゃないのに、液体窒素をされたり、ヨクイニンを出されたり。。。

 

たとえ、大学病院などに紹介されても、改善せずに諦めてしまう方がほとんどです。

 

それでも諦めずに探して、当院を受診するという感じです。

 

汗管腫(エクリン汗嚢腫も)は珍しい病気で(100人に1人もいないでしょう)、命に関わるわけではないため、『放ったらかし』にされているのが実情です。

 

この『放ったらかし』の病気を放っておかないで、いかに綺麗に治すか、日々取り組んでいます。

 

 

アグネス(Agnes)

 

最近、アグネス(Agnes)というレーザーで改善せずに当院を受診される方が増えています。

 

汗管腫は表面にも存在しますから、アグネスで奥だけ治療しても、改善しないのは当然です。

 

ニキビに効果的と宣伝されているアグネスで汗管腫を治せるはずがありません。

 

もし、それで治ったら『汗管腫ではなくニキビだった』か『白ニキビと稗粒腫を混同しているだけ』でしょう。

 

1、2回受けて全く改善せずに、断念されるようです。

 

1、2回で変化が見えなければ、5回受けても無理でしょう。

 

良くなった気がすると言う方がたまにいますが、お金をかけたんだから効果があるはずと思いたい心理がそう見えさせるのでしょう。

 

私が実際に見ましたが、全く治っていませんでした。

 

よくモニターをすすめられたという患者さんが来院されますが、モニターと言えば聞こえはいいですが、悪く言えば『実験台』です。

 

アグネスが治療法として確立されていない証拠です。

 

 

『講義』&『面談』

 

当院の診察は『講義』&『面談』です。

 

一般の皮膚科(形成外科)(大学病院も)や美容クリニックとは一線を画します。

 

治すことに主眼を置いていますので、私が解説して、治療に必要なこと(大切なこと)は全て私から質問します。

(『講義』)

 

話を聞いてほしい、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

(予約数の増加に伴い、診療を制限しています。(1日5名まで))

 

話を聞いてもらえると、気分的には良いかと思いますので、一般の病院や大学病院を2、3軒受診することをおすすめします。

(治るかどうかとは別問題であることがよく分かります。)

 

プライドを持って診療していますので(自分にしかできない治療をしていますので)、敬意を払わない方、礼節に欠ける方は治療をお断りしています。

(『面談』)

 

本当に困っている方のみ、ご来院ください。

 

 

『モンスターペイシェント』

 

近年、問題になっている『モンスターペイシェント』、ご存知の方も多いかと思います。

 

ほとんどの方は良識的ですが、一部に『モンスターペイシェント』は存在します。

 

特徴として、ネット(SNSなど)の書き込みが好きな人が多いと言われています。

 

現に『SNS怖いわよ、書き込むわよ!』と脅されることがあります。

 

今までは治療を引き受けていましたが、今後は一切断るつもりです。

 

当然、私の対応、態度が変わります。

(もちろん、良い人には親切です。)

 

『モンスターペイシェント』には毅然と対応していきたいと思います。

 

 

2つを専門としている理由

 

当院は、汗管腫(エクリン汗嚢腫、稗粒腫も)、凹凸(水疱瘡跡、キズ跡、ニキビ跡)を専門的に診療しています。

 

この2つの疾患は全く関係ありませんが、いかに平らに近づけるか(なだらかにするか)という目的が同じであり、どちらもレーザーの設定で仕上がりが違ってきます。
 

そのため、この2つの疾患を専門としています。
(レーザー認定医)

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは、上の『裏話』をご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

6 汗管腫・料金

テーマ:
 

汗管腫

(かんかんしゅ、syringoma)

 

診察料

 

初診料・相談料:3000円

再診料 :1000円


 

『エリアでいくら』が合理的

 

汗管腫は密集していたり、連なっていたりすることが多く、何個あるかは見る人によって違ってきますので、1個いくらですとトータルの金額が変わってきます。

(同じものを10個と見るか20個と見るかで、金額が2倍違ってきます。)

 

また、同じ個数でも分布の具合によって回数が変わってきますので、1回いくらですと同じ個数でもトータルの金額が変わってきます。

(同じ10個でも1回と2回では金額が2倍違ってきます。)

 

よって、右の下瞼でいくら、左の下瞼でいくら、右の上瞼でいくら、、というふうに『エリアでいくら』とするのが合理的です。
右の下瞼でいくらと決めたら、(1回であろうが3回であろうが)トータルの金額は固定でそれ以上かかりません。
初回の支払いで、2回目以降は再診料のみです。

(それ以上かからないという安心感があります。)

 

 

『何個でいくら』のケースも

 

以下のようなケースは『何個でいくら』で基本的に1回で終わります。

 

◎数が少なく、個数が明確である

◎数が多く、密度を減らせればよい

◎遠方でなかなか来れない

◎汗をかいたとき(暑いとき)に明らかに増える(エクリン汗嚢腫が混在している可能性)

 

 

エクリン汗嚢腫、稗粒腫の料金は『エクリン汗嚢腫・稗粒腫』のページをご覧ください。

 

 

手間が減る分、割安に

 

『エリアでいくら』では、同日に2エリア以上(右の下瞼と左の下瞼など)治療を受けられる場合、手間が減るため、2エリア目以降は本来より割安にしています。

 

『何個でいくら』では、数が多いほど手間が減るため、割安にしています。

(1個治療するのと10個治療するのとでは、10倍手間がかかるわけではありません。説明、準備、片づけなどの手間は何個でも同じです。)

 

 

料金の目安

 

あくまで目安であり、大きさ、分布の具合、密度により変わります。

 

(1個あたり)
   5個まで:10000円〜
   6個以上:9000円〜
10個以上:8000円〜
20個以上:7000円〜
30個以上:6000円〜
40個以上:5000円〜

 

 

支払い方法

 

現金かクレジットカードでお支払いできます。

 

現金は治療することになった場合にすぐ近くのコンビニATM(銀行のキャッシュカードで)に下ろしに行くこともできます。

 

クレジットカード(1回払いのみ)はVISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブが使用可能です。

 

 

目安をもう少し知りたい方

 

料金の目安をもう少し知りたい方は、以下の手順に従ってください。

多くのお問い合わせをいただき、制限しているため、手順が守られない場合や全て記入されていない場合は対応していません。

 

写真のため正確な判断ができませんので、○〜○円くらいと幅を持たせてお伝えすることになります。

正確な料金を知りたい方は受診してください。

 

1、公式サイト内(一番下の)メールフォームに『疾患名、電話希望、治療歴、居住地(都道府県)』を全て記入して、送信してください。

2、当院からメールで返信します。

3、そのメールに写真を添付して、電話で10分ほど話せる日時を返信してください。

4、確定した日時をメールで返信します。

公式サイトはこちら

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)

 

 

エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)は汗をかくと(暑くなると)ブツブツが出現して、汗が引くと(涼しくなると)消失します。

 

汗管腫と同様に、レーザーで深くまで治療する必要があります。

 

ただし、まともにすると炎症が強くなるので、レーザーの設定が重要になります。

 

汗管腫と同様の治療をしますので、詳しくは『汗管腫』の各ページをご覧ください。

 

※診察時は冷房を消しますので、いつでもご予約ください。

 

 

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)

 

 

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)は白くブツブツしていて、汗管腫と混在していることが多いです。

 

一般的には白い内容物を排出するだけですが、また角質がたまって再発を繰り返します。

 

しっかりと治療した方が、長い目で見れば、経済的にもお得です。

 

ただし、まともにすると炎症が強くなるので、レーザーの設定が重要になります。

 

汗管腫と同様の治療をしますので、詳しくは『汗管腫』の各ページをご覧ください。

 

 

手間が減る分、割安に

 

数が多いほど手間が減るため、割安にしています。

(1個治療するのと10個治療するのとでは、10倍手間がかかるわけではありません。説明、準備、片づけなどの手間は何個でも同じです。)

 

 

料金の目安

 

『何個でいくら』で基本的に1回で終わります。

 

あくまで目安であり、大きさなどにより変わります。

 

エクリン汗嚢腫

(1個あたり)

 25個:5500円〜

 50個:5000円〜

 75個:4500円〜

100個:4000円〜

 

稗粒腫

汗管腫とついでに治療する場合

(手間が減るため半額)

(1個あたり)

 5個まで:4000円〜
10個まで:3500円〜
10個以上:3000円〜

 

稗粒腫のみ治療の場合

(1個あたり)
 5個まで:8000円〜
10個まで:7000円〜
10個以上:6000円〜

 

 

支払い方法

 

現金かクレジットカードでお支払いできます。

 

現金は治療することになった場合にすぐ近くのコンビニATM(銀行のキャッシュカードで)に下ろしに行くこともできます。

 

クレジットカード(1回払いのみ)はVISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブが使用可能です。

 

 

目安をもう少し知りたい方

 

料金の目安をもう少し知りたい方は、以下の手順に従ってください。

多くのお問い合わせをいただき、制限しているため、手順が守られない場合や全て記入されていない場合は対応していません。

 

写真のため正確な判断ができませんので、○〜○円くらいと幅を持たせてお伝えすることになります。

正確な料金を知りたい方は受診してください。

 

1、公式サイト内(一番下の)メールフォームに『疾患名、電話希望、治療歴、居住地(都道府県)』を全て記入して、送信してください。

2、当院からメールで返信します。

3、そのメールに写真を添付して、電話で10分ほど話せる日時を返信してください。

4、確定した日時をメールで返信します。

公式サイトはこちら

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

8 汗管腫・質問

テーマ:

よくある質問

 

<来院前について>

 

・保険診療はしていますか?

保険診療では改善しないため、自費診療のみ(1日5名までの完全予約制)です。

特に大学病院でも改善しなかった方はお問い合わせください。

 

・当日に治療を受けることはできますか?

予約時に『治療もかも』と記入すれば、可能です。

ただし、予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、1割くらいの確率で治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

・所要時間はどれくらいですか?

診察30分、治療30〜60分くらいです。

 

・どのような支払い方法がありますか?

現金かクレジットカードでお支払いできます。

現金は治療することになった場合にすぐ近くのコンビニATM(銀行のキャッシュカードで)に下ろしに行くこともできます。

クレジットカード(1回払いのみ)はVISA、マスター、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブが使用可能です。

 

・メイクしていっても大丈夫ですか?

メイクした状態で来院されても結構です。

 

・まつげエクステやコンタクトレンズを付けたままでも大丈夫でしょうか?

付けたままでも大丈夫です。

 

・特に持っていくものはありますか?

治療を受ける(かもしれない)場合は治療部位を隠しやすいように、マスク、サングラス、眼帯、帽子など(何でも可)をご持参ください。

『下まぶたのみ』の場合はマスクかサングラス、『上まぶた(&下まぶた)』の場合はサングラス、がおすすめです。

 

・料金について知ることはできますか?

詳しくは『汗管腫・料金』のページをご覧ください。

 

 

<治療について>

 

・どのようなレーザーで治療しますか?

どのレーザーを使うかは治療時に判断しますが、それよりも重要なのがレーザーの設定です。

(レーザー認定医)

 

・他院で治療を受けてから時間が経っていなくても治療できますか?

レーザーの設定を調整して炎症を抑えているため、いつでも大丈夫です。

 

・他院の治療の修正も可能ですか?

他院の治療で再発したり、取り残した場合でも、未治療の汗管腫と同様に治療できます。

 

・顔以外でも治療できますか?

レーザーの設定を調整して炎症を抑えているため、顔以外(首やデコルテなど)でも同様に治療できます。

体の場合は治療部位を露出できる服装でご来院ください。

 

・痛みはありますか?

麻酔をするときはある程度の痛みはありますが(歯医者さんの麻酔と同じように)、麻酔が効けば無痛になります。

 

・何回くらいかかりますか?

・治療間隔はどれくらいですか?

・1日で全て治療できますか?

炎症を最小限に抑えることで一度に多く取ることができ、(全国から来院されるため)遠方の方は通院回数が1、2回で済むようにしています。(通常は1〜3回)

治療間隔は同じ部位なら2ヶ月以上は開けます。

部位が違えば同日でも問題ありませんので、1日で全部位の治療を受けることができます。

 

・ヒアルロン酸を注入していても治療できますか?

・汗管腫の治療を受けた場合、ヒアルロン酸はいつから注入できますか?

ヒアルロン酸を注入した部分と汗管腫の部分が違えば、いつでも治療できますが、部分が同じ場合はある程度ヒアルロン酸が吸収されるまで待った方が良いです。

汗管腫の治療を受けた場合、ヒアルロン酸を注入する部分と違えば、いつでも大丈夫ですが、部分が同じ場合は3、4ヶ月は待った方が良いです。

 

 

<治療後の経過について>

 

・カサブタになりますか? 

・メイクはいつからできますか? 

・赤み、腫れ、内出血は出ますか?

治療した当日のみ、その部位はメイクできません。

絆創膏やテープは貼らなくてもよいです。

レーザーの設定を調整して炎症を抑えているため、『すり傷』と同じような経過になります。

翌日以降にカサブタになって、カサブタの上からメイクをして隠します。

カサブタは1週間くらい(早いと3日)で取れてきます。

カサブタが取れた後の赤みは軽度で、すぐにメイクで隠せます。

腫れや内出血はほとんど出ません。

 

・治療を受けた後、診察は必要ですか?

レーザーの設定を調整して炎症を抑えているため、治療後の診察は必要ありません。

 

 

多くのお問い合わせをいただき、対応しきれなくなったため、専門サイトに書いてあることの質問は受け付けなくなりました。

専門サイトの全ページを読んで、書いていないことのみ、公式サイト内のメールフォームからご質問ください。

(電話での質問は一切受け付けていません。)

公式サイトはこちら

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、『アクセス』のページで確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を『休診日』のページで確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

休診日

 

2月の休診日

5、9、14、19、23、26、28日

 

3月の休診日

2、5、8、13、16、19、22、27、30日

 

※診療時間

10:00〜最終受付18:00

 

※ 後々、休診日が変更になることがありますので、予約を入れる前に必ずご確認ください。

 

※ 休診日は、前々月の下旬(25日〜末日)に公表します。

 

 

ご予約

 

<注意事項>

 

受診されると、その他の症例写真(多数)や翌日の写真などを見ながら、詳しい解説を受けられます。

 

治すことに主眼を置いていますので、ホスピタリティーなどのサービスを求める方はご遠慮ください。

予約数の増加に伴い、診療を制限していますので、診察を受けられても、治療をお断りすることがあります。

詳しくは『汗管腫・裏話』のページをご覧ください。

 

いかなる理由でも、前々日以降(または2回)のキャンセル(変更)は3ヶ月以上、1週間以内は2ヶ月以上、2週間以内は1ヶ月以上、予約をお断りしています。

(15分以上の遅刻はキャンセル扱いになります。)

また、当日連絡もなく来院されなかった場合はその後の予約を一切お断りしています。

 

道案内は受け付けていませんので、下の『アクセス』で確認してからご来院ください。

 

不定休のため、休診日を上の『休診日』で確認してからご予約ください。

 

 

<メールフォームからの予約>

 

公式サイト内(一番下の)メールフォームにご記入ください。

※1、2を記入されている方から優先的に予約を入れています。

 

1、疾患名と部位(だいたいの個数)

 

2、『診察のみ』か『治療もかも』

(時間の取り方が変わってきますので)

『診察のみ』:当日は診察のみで、治療は受けない。

『治療もかも』:納得すれば、当日に治療も受けたい。

 

3、日時を具体的に記入されると、予約を取りやすくなります。

(例:○日の○時から○時なら大丈夫です。)

 

公式サイトはこちら

 

 

<電話での予約>

 

再診の方はメールでのみ受け付けています。

 

03-3400-3206(ミニマル)

(10:00〜19:00)

 

 

アクセス

 

アクセスマップ

 

〒107−0062 

東京都港区南青山6−2−10

バックボーンハウス7F

 

東京メトロ(銀座、千代田、半蔵門線)

『表参道』駅

 

B1出口(階段のみ)かB3出口(エスカレーター、エレベーターあり)から徒歩9分

 

B1出口かB3出口を出て、青山通り沿い(左側)に1分歩いて、『MaxMara』の角(南青山5丁目交差点、骨董通りの入り口)を左に曲がって、骨董通り沿い(ずっと左側)に7分歩く。

(骨董通りに入ってからは、2分歩いて小原流会館、さらに3分歩いてスターバックス、さらに2分歩いて整骨院の隣の白いビルの7階、1階は今治タオル店、南青山6丁目交差点の3軒手前

 

※これ以外のルートは迷いやすいため、おすすめしません。