誤解を解きます。

テーマ:

Player:ERIKA KOMATU

Photo by ERIKA NAKAYAMA

 

 

こんにちは、みなさん。

お元気ですか?

 

あのですね、私の役者仲間のお友だち・こまつえりかちゃんの写真を載せていましたら、

「ご結婚なさったんですか?」

という、メッセージを頂きまして、

「ほう!」

となりました。

 

はい。

別人物です。

結婚もしていません。

はい。

 

というわけで。

みなさん今日も元気にやらかしてください!

 

 

なかやまりか

AD

『はじめの』

 

みなさん、こんにちは。

なかやまえりかです。

ご無沙汰しておりました。

すっかり暖かくなりましたね。

お元気でしたか?

 

最近は、昭和歌謡をよく聞いています。

昔のことを急に思い出したりしています。

全く忘れていたのに、どうして?なんて思いながら、

素敵な思い出も、思い出したくない心情も。

急に。

散歩の途中に流れてきたりします。

 

春、だからですか?

心がフワッとするんですか?

みなさんもそんなとき、ありますか?

 

 

 

「僕には明日のことなんて、わからないよ」彼は言いました。

 

柵の前にいます。

【ここから先には踏み込んではいけません】

芝生の柵の前。

 

私は泣いていました。

柵の前で泣いていました。

 お姉さんの言葉が私を貫きました。

「努力したんだけど、重力には逆らえなかったわ。

曲がらざるを得なかったの。」

 

私はこんなにも涙が出たことに嬉しくなりました。

私は靴を脱ぎました。靴下も脱ぎました。

若々しいミドリの芝生に足を踏み入れました。

 

くすぐったい芝生の感触に、私はさらに元気をもらいました。

芝生をぐちゃぐちゃに荒らしました。

泣いているのか笑っているのかわからなくなりました。

 

その先に彼はいました。

「阿呆だな」

彼は言いました。

 

「阿呆で、何がわるい」

私は言いました。

 

芝生をぐちゃぐちゃにしました。

私は笑っていました。

大声で笑っていました。

 

「阿呆で、何がわるい」

気が付くと、女の子が一人隣で跳ねていました。

人数はどんどん増えていきました。

 

OLさんもサラリーマンも

シドヴィシャスの崇拝者も

 

男の子が柵の外でずっと観ていました。

私はその子を抱えました。

その子と一緒に跳ねました。

 

「おろして、ぼくもじぶんのあしで」

 

私はその子の靴を脱がしました。

靴下も脱がしました。

すると、その子は洋服を全部脱ぎました。

驚きました。

手をつないで一緒に跳ねました。

 

高層ビルの54階にいた社長さんは双眼鏡でその様子を

眺めていました。

その顔はやっぱり、微笑んでいました。

 

 

うん。

ちょっとしたおはなし。

『はじめの』

 

 

なかやまえりか

 

 

 

AD