みさきのミニ盆栽遊び

           &癒しの山野草


テーマ:

本題の前に   「超ミニ盆栽鉢同好会」   の話題です


昨年末ホームページを立ち上げてから1ヶ月と少し・・・・

このたび会員さんが30名を越えました~ クラッカー


「メンバー紹介」も2ページ目に入りました

皆さんの自己紹介や「みさき’s choice」(作品)も増えております

掲示板には可愛い画像も寄せられています どうぞ改めてご覧くださいませ


同好会はちぃっちゃい盆栽や鉢好きの集まりです

どうぞお気軽にお仲間になってくださいね   見るだけの方も大歓迎です   ニコニコ


さて、今日の本題

月曜日素焼きしたので今日は釉薬掛けしました

普段の作陶は自宅ですが釉薬掛けは先生の工房でやります

作業場の写真は撮れません

なぜかって?・・・・先生はお片付けは苦手なようです



まず鉢を窯から出して、足のガタつきなどをペーパーをかけて直します

といっても、私のはシャモットという細かい粒が混ざっている粘土なので

力を入れて油断すると欠けになってしまうのでガタつきを直す程度です


その後釉薬の準備、ポリバケツに色ごとに入ってます

フタを開けると沈殿してます


みさきのミニ盆栽遊び


底にたまってるのでしっかり混ぜて溶かします

みさきのミニ盆栽遊び


少し時間かければ溶けますが、必殺技のミキサーがあります

(これ気をつけないとバケツの外に飛び散るのよね)
みさきのミニ盆栽遊び


盆栽鉢が食器などと違う点は鉢穴があることです

しっかり溶けたら、穴をふさいで鉢底すれすれまでドボン

穴をふさいでいれば中に空気があるので内側はちょうどよいところで止まります

(お風呂で洗面器ひっくり返した状態で沈めるのと一緒です)

穴をふさぐのはいろいろやり方があります

指でふさぐとか粘土でふさぐとかテープとか小さいものはふさぐのは難しいので

撥水剤を塗ってやるとかみなさん工夫されてると思います


ドボンの時間は10秒はかかってないです

釉薬の厚みが判断基準です

使う土によって生地の吸いが多少違うみたいです


ドボンのあと足には筆で塗ります
みさきのミニ盆栽遊び


すぐに乾いてくるのでピンホールになった所とか特に厚い所指でこすって塗り終わりです

これは草均釉(若草色)
みさきのミニ盆栽遊び

あとは繰り返しです 一度に何色かは使います

ここまでで 先生のご機嫌が今日は少々悪い「写真撮りながらじゃ仕事にならん」って

(早くやって帰りなさいってことよね)きっと自分の仕事に集中出来ないのでしょう


ということでさっさとやって、あとは本焼きで完成です



にほんブログ村 花ブログ 盆栽へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

みさきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。