みさきのミニ盆栽遊び

           &癒しの山野草


テーマ:

超ミニ盆栽鉢同好会(お勉強編)4



今回は 「歪み」



私の盆栽の方のN師匠が言うには

「作る時からいがんでるやつはいかんけど、焼いていがむやつは味だ」   (いがんでる=ゆがんでる)

といいます



確かに焼き物という見方をすればそうですね



でも私などはシャープな線を目指しておりますのでやはり歪みなく作る事が目標です



歪む」という一番の原因は先回お勉強編3で書いた縮むからなんですね

粘土によって1割から2割5分位ですが素焼きでこのうち50%本焼きで50%縮みます

ではどうして縮むか・・・これは当たり前ですが乾燥して水分が抜けるからです

全体が均等に縮めば歪むということはないですよね、理論的にも

でも実際は均等に乾いてくれません、だから均等に縮まず歪むことになります



ややこしくなってきましたか(笑)



あと作り方と形も歪みに関係しますね



前にも書きましたが、ろくろで作ると粘土の粒子が一定の方向にそろうので歪みにくいです

削り出しとかひもづくりは粒子がバラバラだから歪みやすいんです

粒子が粗いところやつまったとこがあるんですね

だからこの為に粘土を良く練って粒子がなるべく均一になるように粘土をしめておくんです



形も歪みに差がでますね

丸やだ円は角がないので均等に乾きやすく歪みにくい

長方、正方は直線があるし角が早く乾くので歪みやすいです

あと足の形で、雲足などより切り足など設置面が広い方が焼く時歪みにくいです



以上これまでの説明は教科書に書いてあるようなことです



実際はこれに技術的な問題がありますね~



やってみるとわかるんですが丸、だ円、もっこは正面と奥の位置が上がって

左右が下がる、いわゆる山なりの形に反ります

弓なりに反るよりいいんですが、例えば雲足であまり山なりに反ると

正面の足浮いてしまいます

長方、正方は直線が内側に反って角が上がります

こういう特性をつかめば作る時少し外側にふくらませておくとか

対策できるので失敗が減りますね



さて、えらそーにブログ書いておりますが

私の下手っぷり

長方3コ作って1コOK、1コ微妙、1コペケ位の確立ですかね


なかなか現実は甘くない・・・・ガーン    でも・・・がんばります  ニコニコ






にほんブログ村 花ブログ 盆栽へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

みさきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。