絵葉書だってば!

テーマ:

人生の師匠と崇める栃木の師匠から、絵葉書が届いた。

いつも旅先から絵葉書を送ってくださるけれど、今夏は

シベリア方面にお出ましだったらしい。

 

ブリヤート共和国というきれいなところ。

 

絵葉書の建物はオペラハウスだそうで、バレエなどが

盛んならしいとのこと。さすが、ロシアの一部。

 

こんなふうに素敵なところに行ったら、

「わぁ、絵葉書みたい~」って思うだろうなぁ…と思って、

だから、これって絵葉書じゃん?

暑さのせいか、ちょっと思考がヘンなじゅんちゃん。

いやいや暑さばかりじゃなく、実はゆうべから、

ちょっと楽しそうな案件に心をわしづかみにされているのである。

 

 

切手も素敵。

これって、シール切手だね。

今日は26日だから、10日かかっての到着。

AD

大荒れだった一昨日の台風9号から丸一日過ぎて、

今朝の公園の様子。

 

構内のあちらこちらには、強い風や雨に叩かれて落ちた枝や

葉っぱが集められている。

 

トチの実もたくさん落ちているし…、

 

コブシの実も落ちてしまった。

こちらはまだ青いコブシの実。

 

こちらは少し赤くなったもの。これがもっとボロボロに黒くなっていく。

 

ミニは雨上がり必須活動としての匂い嗅ぎ。

 

そして、おなじみのプラー遊びは延々と続き、私は朝から

疲労感てんこ盛り。

 

それでも、「まだ遊ぶぅ~」と張り切るミニである。

楽しく遊んでくれるのは誠に結構なんだけどね。

AD

ミニアジ動画

先日のミニアジ動画。
スラを抜かしたり止まらなきゃならないところを跳んでいたり、
クリーン…とは、なかなかいかないものだ。


まずは1走め。





2走目。



AD

ミニブレンダー

テーマ:

これ、ミニブレンダーっていう名前で売っていて、

いい名前だなぁ~って買ってきちゃった…わけでもないんだけどね。

ここに

これと…

これを入れて、ガーガーガー!

おいしいでござる。

 

今日は台風9号の影響で朝から晩まで大騒ぎ。

家の前の道路を、日に何度も消防車や救急車が往来する。

そんな中、ミニは美容院に行きましたとさ。

お天気が回復したら、また公園で遊びましょ…。

皆さまお住いの地域では、被害ありませんでしたか?

代車は新車

テーマ:

我が愛車が「無償修理」の対象になっていると、メーカーから

案内がきた。何もしないでいると、不具合を起こす可能性がある

ので、その前に部品を交換しますとのこと。

普段お世話になっている車やさんに連絡すると、すぐにその

部品を取り寄せてくれ、今日だけで完了するよ~よかったねっ!

…のはずが、見えないところでじわじわと不具合が起こりつつ

あったらしく、開けて見れば、もっと別の部品も必要ということが

わかったのだそうだ。

大事になる前にわかってよかったね。

 

 

そんなわけで、修理のつづきはまた来週。

我が愛車はいったん返され、半日ほどお世話になった代車には、

また来週、改めてお世話になることになった。

新車の匂いもかぐわしいア○トちゃん。

態度も顔もでかくなってきた

テーマ:

ちょっとずつマシな動きができるような気配がしてきたミニアジ教室。

待合時間のスタイルも、ミニは愛用の椅子を持参して、ここで

落ち着いて過ごせるようにした。ただし、態度でかめ…。

 

一緒に写ってくれたのは、おなじみのジェントル・エイト君と

お目にかかるのは二度目のプイネちゃん(キャバリア)。

 

レッスン後プイネちゃんのママさんの提案で、集合写真に挑戦。

左からラプターちゃん、プイネちゃん、プイネちゃんの妹ちゃん、

エイト君、ウィちゃん、ミニ。

あぁ、ミニの顔のでかいこと…ひとりだけこっち見てるし!

ミニの顔ってば、ウィちゃんの顔の3倍はありそうじゃん?

 

次回のレッスンは9月半ばの予定。

さらに、いただきもの

テーマ:

昼間、じゅんミニ宛にお荷物到着~っ。

大きないただきもの、どうもありがとうございます。

 

ミニが熱心に荷物チェック中。

 

時間をかけて、詳しく調べるのだとか?

 

この袋は特にチェックが必要だと!

 

出てきたのは、ミニのおいしいものばかり!

 

もっと調べが進むと、大好物のキャベツ発見!

お顔の上がるいとまがないじゃんか?

 

 

 

 

いただきもの、色々

テーマ:

ここ数日のうちにいただいた色々なもの。

まずは、このすてきな袋 ラブ

スヌーピー展ですってよぉ!

 

中には、縮緬の小銭入れ。かわいいなぁ。

 

 

次に、これまたかわいいでしょぉ~ ラブラブ 音譜 ラブラブ

 

うしろ姿はちゃんと帯結び風になっているのですよぉ!

中は焼き菓子やゼリーなどのおいしいもの。

 

それから、コチラ…。

おいしそうだし、カラダにもいいに違いない。

みなさま、いつもどうもありがとうございます。

 

ミニにもおいしいものをいただいたのだけど、画像はないの。

6月半ば、叔母の家のぴーちゃんが遠いところに旅立ってしまった。

13歳の黒いMIXちゃんだった。

口の辺りに腫瘍ができ、最期は食べるものも摂れなくなって

しまったとのことだった。そのぴーちゃんが元気なときに買って

もらってあったジャーキーなどのおやつを、叔母がミニにと

持ってきてくれたのだった。

ぴーちゃんの分まで元気でいられるように、ちょっと悲しい

おやつを、ありがたくちょうだいした。

 

ゴミ拾いのワケ

テーマ:

日本の反対側では、オリンピックが開幕した。

続くパラリンピックが終わるまで、目の周りがなんとなく

腫れぼったくなる1ヵ月余りの始まりでもある。

普段から、新聞の片すみに載る些細な記事やエピソード、

胸の痛む事故や事件や作り話とわかっているドラマでも、

涙腺ユルユルな私だからね。

 

さて、今日はそんなノンキな気分ではいられなく、

この情けない気持ちをどうしたものか…?という話。

 

この千葉市の指定ゴミ袋、中身は、いつもミニと行く公園で

散らかされていた、花火とバーベキューのゴミ。

 

花火は昨夜のものらしいけど、バーベキューのゴミは、実は先週から

散らかされていたものだった。この他に、空き缶、ペットボトル、

焼酎の割れたビンがあったけど、それらは分別して違う袋に入れた。

 

公園には、植栽の手入れをする業者は入るけど、清掃の業者は

入らないのだ。だから構内にゴミ箱はない。

…っていうか、当節、出先でのゴミは持ち帰るのが常識だ。

 

言いたいことは、コドモを、いったいどんな教育をしたらこんな

情けないオトナができるのか?ということ。

それは、とっても簡単なことだ。

火気禁止の公園に家族で行って花火やバーベキューを楽しんだら、

片付けしないで帰ってくればいいんだものね。

 

常識を持ち合わせないオトナに育てられてカラダだけオトナに

なったコドモに、いくら常識を説いても理解できるわけはないのだ。

そんなお●カな連中は、あとのことなんてな~んにも考えちゃいな

くて、もし考えたとしても、「誰かが片付けるサ…」ぐらいなものだ。

 

悪臭を放つゴミが散乱する公園なんかに行きたくないし、

割れたガラス瓶を、もしミニが踏みでもしたら…と考えると

ゾッとする。それで今朝はゴミ拾いをしたのだった。

まぁ、今に始まったことじゃなくて、毎年この時期になると

何度かはあるんだけどね。

 

あぁ、書いているうちに余計に腹が立ってきたっ!

この話、おしまい。