2006年04月30日(日) 17時55分59秒

【Demon】終幕日和

テーマ:◇Demonの更新人生記録◇

本日06年4月30日付けで今働いている会社を退職しました。


何も無い自分を雇ってもらい、一生懸命働いてきた会社。

期間で言えば世間から見れば短い物だろう。約2年。

でも自分にとっては生きている中で一番内容のある2年だった。辛く、耐え抜いた2年だった。


自分が東京に来てお金もなく、誰も信用できず、裏切られた事によって始まったスタート。

そんな中人を信用する事・信じる事がいかに大切かを教えられた会社だった。


この2年思い出せば辛い事ばっかりだった。

その瞬間は楽しくとも、悲惨な最期が口を開けて待っている、そんな2年だった。

裏切られると救ってくれる人が現れ、救ってくれる人が次は裏切る。


沢山の人と出会い、又旧知の仲を戻そうと努力したり、人は一人では生きていけないと思った。

でもそれは自分がどうこう出来る物ではなく、相手の自由である。

自分は望まぬ事を知った。


「隣人を愛せよ」


このキリストの言葉だけが今の自分の救いである。

裏切られようが別に良いじゃないか、黙って信じよう。

自分は最後まで信じてたんだから胸を張って生きれば良いのさ。

その辛さの分、私を成長させてくれたのだから、感謝すれば良い。

そうすればもう同じ過ちは犯さない。



いつでも自分の心は澄み切っているのだと。



そして明日は5月に入る。

もう自分の中で葛藤していた部分の整理は付いた。

もう迷う事も無い。今までの自分を脱ぎ捨て

新しく起こす自分の会社の為に奮闘する。


それを成功させ、新たな出会いを手に入れ、幸せを手に入れれば良い。

今見える物だけが全てな訳じゃ無いんだから。まだ生きてるんだから。


今日で全てが終わり、明日から全てが始まる。

止まることの無い時間。それには従うしか無いんだから。


見えない所で自分を助けてくれている人、見えない所で自分の足を引っ張ろうとする人。


人は沢山いる。それが世界なのだから。


こうやって穏やかに物事を考え、時間に従う自分が何故か時間が止まったかのように思える今。

今日が最高の終幕日和。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年04月27日(木) 02時14分46秒

【Demon】お風呂でリラックス。ι(´Д`υ)アツィー

テーマ:◇Demonの戯れ事◇

元々、私はお風呂が大っ嫌いだった。

熱いし、めんどくさいという考えが強かったからである。


でも最近、家に帰るとお風呂が楽しみになるときがある。

正確には楽しみというより癒しだろうか。


お風呂に入り、ボーっとしているといろんな事を思いだし

すごく涙もろくなっている自分に気付く。


最近、入浴剤が良い感じである。

自分が今使っているのは、薬用ソフレのラベンダー。


どんどんお風呂に癒しを求めている自分が分かる。

お風呂で散々凹み、泣き、歌い、落ち着くを繰り返している。


それもお風呂から出ると全てが洗い流されたようにさっぱり。


そういえば今週で今の会社から抜ける。

金銭面、精神面も含め、上京したてに似ているのだろう。

でも昔のように恨み辛み妬み等の、「み言葉」は無い感じ。

ただボーっとしている。夢が現実となる瞬間はこんな感じで当たり前に過ぎるんだな。


自分が望む物を手にしたとしても手にすることが出来る段階まで成長しているならば

望む物に対する思いも今とは異なるのだろうか。


何がしたいんだろう。何が欲しいんだろう。

道は決まっている。自分は過去に立てた計画表通りに死ぬまで手足を動かし続けるだけ。

後4年後 自分は自分であるのだろうか。


あーもうひとっ風呂浴びようかな。ここはやっぱりラベンダーでリラックスヾ(*T△T)ダーーー

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年04月10日(月) 01時14分01秒

【Demon】心の補修

テーマ:◇Demonの更新人生記録◇

自分は何か凹んだ場合、決まってやることが有ることに気付いた。


いや、凹んだときに限らず、心境の変化、新しい場面と向かい合う場合。


自分は髪を切るようだ。しかも結構さっぱりと。


今回も髪を切り、リラックス用のラベンダーの香りの入浴剤を購入。

洗剤も変え、部屋も大掃除。


今回の土日は思うほど自分の作業をしなかった。とりあえずいつもと違い整理をしたかった。


筋トレ再開。


鉄アレーもぶんぶん振り回す。精神の衰えは体の衰えである。


悩んでいる時、会社の人が励ましてくれた。


それが自分が東京に来た当初の状態とは異なることを感じさせてくれた。

初めは誰も全くいなかった。それが知らぬ間に自分の事を考えてくれる人も居るんだなと。


身近に居るとなかなか気付かない事である。


居なけりゃ居ないで別になんて事は無い。その程度の絆だったと思えば良い。

自分は精一杯努力したのだ。その為に何も惜しまずに。


人の気持ちは変えられない。なら自分を変える方が簡単だ。


始まり有れば終わりは来る物。それが終わったとしても世界は何も変わらず動き続け

明日は来てしまう。それは例え自分が死のうとも同じように。


そのまま思い出として残り、月日が流れさらに記憶の奥底に消えていく。


別にそれで良いじゃないか。鏡の中の自分とそう話し合う。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年04月04日(火) 02時36分25秒

あほくさっ

テーマ:◇Demonの戯れ事◇

無い物が欲しくなり、無い物を手にするとそれを手放すのが惜しくなる。

元々は何も無い癖に執着する。ほんとあほくさっ。


無い時は近くに存在するだけで喜べるのに

手にすると全てを欲しくなる。ほんとあほくさっ。


手放してしまった物はさらに惜しくなる。

自分でそうした癖にな。あほくさっ。


べつに何もいらんよオレは。

しんどいわ。あほくさっ。


何がそんなに楽しいねん。何がそんなに笑えるねん。

あほちゃうか?俺?てか誰やねん。どーでもええわ。


あぁうるせぇな…。ほっとけや…。お前にゃ関係ないやろが。


あぁー薄い薄い薄い。うすっぺれぇよ中身がねぇよ実際な。


あーぁー ふんふん そぉーそぉー で なによ?


てかおめぇは一体誰なんだよ?俺は一体誰なんだよ?


---------------------------------------------2時間後---------------------------------------------

あぁ何やってんだろうか。。。俺は。。。。


なんか不安定。ちょっとしたことが自分の中で責め立てる感じ。

不安の中、たった一人。信じた人はみな消えるだけ。

案外自分が勝手に信じてただけって現実だろな。


昔を考えると、こんな難しく考えなくとも周りには誰かいたなぁ。

支えて欲しいなんて言ったことないけど、少なからず支えられてたんだろうな。


俺って耐えられるのかなこの環境。。。


これくらい耐えないとと思っても、心が嘆く感じ。

信じれば裏切られ、結局みんな同じに思えてしまった東京の環境。

地元なら俺は又、素直に悲しさも笑い話に出来たんだろうな。


何が楽しいのか何が悲しいのか。それは分からないが楽しい事もあるし悲しいこともある。

でもなんか違うよな。


一人で戦うなんて世の中にはいっぱい実行している人はいる。

そんな人は何を信じて進むのだろうか。


自分を信じて進むのだろうか。なんか悲しいよね。不安だよね。


どうにもならんと分かっていても書くことしかできない自分。

こうやって書くことで何も変わらず、これを見る人も不愉快にしか思えないって分かってる。


ほんとトコトン自分にヘドがでるよ。何やってんだよ。俺。。。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年04月01日(土) 00時46分00秒

【Demon】06/04/01 終わり or 始まり?

テーマ:◇Demonの更新人生記録◇

今日が社長と私と同じ会社の一員である最後の日だった。


もう会えない訳ではない。そう思いながらも寂しさの風が自分の中に吹いた。


時はさかのぼる、3月7日 朝からミーティング いつものメンバー、いつもの風景。

ミーティングが一人一人が先週の反省を話す。いつもの風景。。。


最後に社長の順番。これもいつも通りの風景。


しかし社長の一言でがらっと変わる風景。


社長「今月いっぱいで俺はこの会社の社長じゃなくなるから。この会社は合併する。」


一同が静まりかえる。気の抜けたミーティングの風景が新入社員の集まりのように変化する。

みんなが社長に釘付けである。不安のまなざしである。


社長は続けて言う。


社長「みんなは別に何も変わらないよ。ただ社長が替わるのとオレが株主じゃなくなるだけだから」


社長がいうのは確かに間違っていない。合併することにより、みんなの仕事は楽になる。

みんなに損が無い合併なのである。。。。



そう話を今日に戻そう。最後になるのは私が辞めるからではない、社長が辞めるからである。

そして今日がその最終日。社長が自分の周りの荷物の片づけをしている。

社長の周りは今までの歴史が山になったかのような荷物と本だらけである。

その片づけている社長の背中が自分の胸を締め付ける。


このBlogを読んでくれている方なら分かると思う。私が社長と出会い、人生が大きく変わったこと。

社長のおかげで沢山の事を学び、たくさんの楽しみを知った。


優しさ、辛さ、厳しさ、悲しさ。。。。。血の通っていないような自分に教えてくれたのは、その社長。


思い出す。。。


入社の面接。私は面接経験など殆ど無い。素行も悪く、見た目も良いとは言えない。

入れ墨を見せようが過去の前科を話そうが、社長は私に言ってくれた


社長「個性があっていいじゃん」


忘れられないあの言葉。


入社しいきなり20日位仕事を休む自分。普通は首の所を社長は


社長「気合い入れてやれや!!お前の根性ってそんなんか!!」


本気で私に対し怒ってくれた。諦めず、今まで人としてろくに扱われなかった自分を。。。


そのおかげで今の私は起業する事まで視野に入れることができる人間となった。

ただのラリ坊が人間として見て貰える位に成れた。


そして仕事面、人間性、全ての面で尊敬し目標の社長が目の前から消える恐怖感。脱力感。

はっきり言うと社長がいない今の会社に魅力は私には無い。しかしお世話になった社長が作った会社

邪険にする事は無い。。。しかし。。。。社長。。。。


私は4月いっぱいで会社を辞める予定だった。それは今も変わらず必ず実行されることである。

しかし、社長が居なくなるのは予想外である。

会社を辞めても、今の会社から外注で仕事を貰う。というか辞めてからも会社に私は居る。


私は会社のメンテナンスを引き受けたからである。


起業しいきなり収入0はきつい。そこで私に社長が提案してくれたことである。

細かい話はやめとく。しかし自分にはとっても好条件な話なのである。


その好条件の中に社長といつでも会えるということが私の中にはあった。


それが無くなる。実際寂しさが。。。。


でもネガティブな事を社長は望んでいないだろう。私も前向きに努力する。

社長だって辞めるには意味があるはず。


きっと更に上を目指すため。きっとそうに決まっている。そういう人なのである。

常に上を見て努力を惜しまず進む人。それが社長である。


だから私も努力する事に決めた。社長が新しい事をし、挑戦するのなら

私も恐れず挑戦する。そしていつか社長と対等に仕事をできるように目指す!!


せめてもの救いが社長が今の会社の顧問を引き受けている事。

今より会う回数は確実に減るが、でも会う事はある!!貴重な機会。


寂しさの中、誓いを立て、自分の道を信じる。


私は思う。


これは終わりなのではない。今からが私の始まりなのだと!!


きつく、寂しさを感じる 一週間が終わった。そして来週から新しい私の道が始まる。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。