1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-07-31 16:57:47

いやー、面白かった

テーマ:ブログ

kabuki

久々に歌舞伎見に行きました。
七月はシェイクスピアの「十二夜 」を新作歌舞伎として上演してます。
学生の頃に授業で原典を読んだことがあって、これをどうやって歌舞伎に仕立てるのなぁと
相当おっかなびっくりだったんですけど。
原作そのまんまでも上手いこと歌舞伎になっちゃうもんですねぇ。
演出がかなり斬新でびっくりしたけどそんなに違和感なかったし。
少なくとも瀬戸内寂聴が脚本を書いた源氏物語よりは個人的に歌舞伎らしさを感じました。


菊之介丈が「男のふりをしてる女」と「男」(しかも双子って設定)の二役だったんですよ。
早替りの連続で役柄の切り替えも相当ハードだと思うけど立派にこなしてたなぁ。

あとねぇ、かなり笑いました。
十二夜はシェイクスピア作品の中では最もハッピーな王道の喜劇だと思うんですけど
これだけ笑える歌舞伎の演目って他にはないかもってくらいで。
まぁ異論もあるとは思いますが。理解不能だけどずっとイビキかいてる人もいたし・・・
再演してくれないかなー。


宇多田さんの観劇日記 に菊之介丈と友達だって書いてあって軽く驚いてます。
むむぅ、想像つかない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-29 23:10:25

二十代らしからぬ趣味ですが

テーマ:ブログ

日本に帰ってきてから時代劇ばっかり見てます。

マイノリティなのは承知ですけど好きなんですよねぇ、時代劇。

もしも江戸に生まれてたら岡っ引きか町火消しになりたかったです。性別で無理だけど。


そういえば中国でも時代劇って結構よく放送されてました。

とは言っても当然日本のじゃなくて、ラーメンマンみたいな髪型(弁髪)の人が出てくるやつ。

タイ人が言ってたけどタイでも中国の時代劇は意外と人気があってよくやってるそうです。

わたしは意味わかんなくてあんまり見てませんでした。


heizo


しかしあれですね、日本の時代劇はなんで7時台ばっかりなんでしょうかねぇ。

基本、勤め人は見れないじゃん。

確かに視聴層は年寄りばっかりかもしれないけど若い人にもどんどん門戸を開いていかないと

そのうち誰も見る人いなくなっちゃうよー!

鬼平犯科帳 はレギュラー枠ではもう復活しないのかなぁ。吉右衛門さんステキなのに。

清水の次郎長やってた頃の竹脇無我はホント格好よかったのになぁ。

でも今年の大河ドラマは個人的にはちょっと・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-27 14:49:05

相撲はとれなかった

テーマ:ブログ

上海にどうしてもお会いしたい方がいらっしゃいまして。
ベタな観光は前にしたし、今回はその目的のために上海まで行ったようなもんです。
これを終えないと日本にゃ帰れないぜ!と意気込んで参りました。
まぁ帰国のフライトが上海発だったのもあるけど。


目的地までやっとこ辿りついてついに念願の対面を果たしました。
みなさんにもご紹介します。大熊猫さんです。


panda  どーん。


この日ねぇ、日向に出ると日差し強くて脳味噌が蒸発しそうな感じだったんですけど
予想通り大熊猫さんはお休みになってらっしゃいました。
やはりお目通りのご挨拶をと思ってガラスに近づくと、なんとお休み中の大熊猫さんが
おもむろに起き上がってこちらに近寄っていらっしゃるではありませんか。
大熊猫様自らのお出まし、勿体ない!なんて恐縮してると横にいた中国人の家族連れも
色めきたって子供を並ばせて写真撮り始めたりしたわけです。


そしたらさ、喧嘩ですよ喧嘩。
パンダの檻の前でいい年した大人が目ぇ剥いて本気の喧嘩ですよ。
片方のお父さんなんて相手に殴りかかりそうで。奥さん必死に止めてたけど。
なにが発端かは知らないけどシャッターチャンスを巡って言い方が気に食わなかったとか
そんな類のことだと思います。(一切聞き取れず)
中国で言い争いしてる人はたまに遭遇したけどこの喧嘩がいちばん派手でしたねぇ。
もうみんなパンダそっちのけで見物。(笑)
面倒臭いことになったら厭なんで大熊猫さんには目礼して退散しました。
いやぁ・・・面白かった。


それにしてもやっぱ動物園って大人が一人で遊びに行くにはちょっとツライですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-24 23:26:45

ただいま

テーマ:ブログ

日本に帰ってきました。

昨日の夕方、関東で結構な規模の地震があったみたいですね。

成田に着いたの八時くらいだったけどNEXは動いてないし京成線はエラいことになってるし

リムジンバスもとんでもないことになってて相当難儀しました。

結局二時間半くらい足止め食って、なんとか最終のバスに乗れて(首都高渋滞してたけど)

途中まで友達に車で来てもらって深夜にフラフラになりつつなんとか帰宅しました。

最後の最大の難関が待ってたよ!的な。


ここんとこ飛行機運どうも芳しくないんですよねぇ。

去年は上海からの便が欠航して余計に一泊させられたこともあったし。

西安から戻る飛行機も二時間近く遅れたし。

でもまぁ、事故には遭わなかったし無事に帰ってこられたんで良しとします。


部屋を引き払って三日間ひとりで上海をうろうろしてたんですけど、中国での最後の晩に

もう寝ようかなとテレビを消そうとした時、りーほんさんのForever LoveのMVが流れまして。

これはあれですよ、りーほんさんからわたしへの別れの挨拶ですね。

このMVフルで見たの実は初めてで勝手に感動したりしつつ。いやぁ、いい曲だ。


今後もウダウダと続けるのでご愛顧のほどどうぞよろしく☆

ブログのジャンル(いま「留学・ホームステイ」)変更しなくちゃなぁ。

今日はひたすら寝てまして、名古屋場所の千秋楽をテレビにかじりつきで見てたくらい。

白鵬が休場で残念だけど相撲はいいね。面白いね。ちょっと感動したね。←大袈裟

明日はハロワ行って失業保険の給付の直訴しにいかなきゃです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-07-22 21:54:03

sayonara 中国

テーマ:ブログ

我已经退宿舍房间到了上海,在这里呆了两天,然后明天终于回国。
因为我在网吧里,不能输入日语。不好意思!
一回家了就再更新这Blog,等一下!

我现在很开心而有点儿寂寞。我没想到我感觉那样。不可思议。


P.S. 这网吧里所有电脑“找不到”Yahoo Japan。管理那么厉害呀!

(为了大家,请翻译一下)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-17 01:09:23

西安 その参

テーマ:ブログ

旅をしたらいわゆる名物だけじゃなくてそこの人たちが日常的に食べてるものを積極的に
食べてみたい派なんですけど、ひとつ大事なことを忘れてました。
わたしの周りの人たちだけかもしれないけど韓国人って食べ物(特に中華料理)に対して
妙に保守的なんですよね・・・


今ここでしか食べられないもの食べてみたいんだよぉぉ!というわたしの願いもむなしく、
「マズイかもしれない得体の知れないものは食べたくない」ってことで、旅先でケンタッキーや
大しておいしくもない日本料理屋に行く羽目になってちょっと後悔。
汚い店で変わった味のもの食べるのもいい思い出になると思うんだけどなぁ。ぶつぶつ。

fan1  fan2

とはいえ色々食べましたよ。まずは友達から薦められてた餃子屋さん。
水餃子も蒸し餃子も悪くなかったけど右側の煎餃(焼き餃子)が最強においしかったです。
日本の餃子も悪くないけど、やっぱ皮がおいしいのかなぁ。


fan3
西安はイスラム教徒も多いんで羊肉を使った料理が多いですね。
イスラム系の人が多いエリアのお店はメニューに豚肉を使ったものがなかったりもしました。
これはパオモーって料理で、スープの中に小さく切ったもっちりしたナンみたいなものと
春雨が入ってて羊肉が乗っかってます。脂っこかった・・・
わたしも完食はできなかったけど韓国の子はほんのちょっとしか食べてなかったです。


fan4

あと、よく「香辣蝦」ってお店を見かけたので入ってみました。
鍋一杯にエビがてんこもりでエビ好きとしてはたまらない感じで。
ちなみに鍋の中の赤い液体は全部辣油で、食べ終わってしばらくしても唇ビリビリしてました。
でもこれ辛いだけじゃなくてホントおいしかったんですよ。
ある程度食べたらスープいれて沸騰させて他の具を足してお鍋にしたりもするみたいです。


fan5  fan6

これもイスラム系のエリアで食べたもの。
羊肉のフライみたいなものはスパイスが独特で食べたことない味でした。
胡椒と山椒と、あとシナモンみたいな味もしたような。
羊肉はクセが強いから嫌いな人も多いかもしれないけどスパイスが合ってておいしかったです。
右側のは見た感じフツウの胡麻ダレの冷やしうどんみたいですけど、たぶん小麦だけじゃなくて
葛みたいなものも入ってるんでは。結構もちもちしてたし。
タレはちょっと辛めで酸味が効いてました。

食べてみたかったけど諦めたものも結構あったけど、とりあえず満腹・満足でした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-07-16 23:51:57

西安 その弐

テーマ:ブログ

西安は客引きがスゴイです。
近代化された都市とは違うしやっぱり貧しい人も多いし。
欧米人は勿論、日本人や韓国人も見れば一瞬で「お客さんだ」って解るみたい。

zhan
西安の駅には着いた時以外に帰りの切符を買いに行った時とやっぱり耐えられないと思って
戻しに行った時、荷物を一旦預けに行った時に何度も足を運んだんですけど。
すんごい人が多いんですよ。
自分が旅行する人ばかりじゃなくて、たぶんそこに住みついてるだろう人や物を売ってる人やら
なにをしてるんだか解んない人も沢山。
僅かでも利益が発生しそうな事柄の為になにかを待ってる人たちがいっぱい。


まぁ元々用心はしてたし一度上海でカモられた経験があるんでわたしはわかってたけど
一緒に行った子は騙されたことがなくて(or 今まで気付いてなかったのかも)強引な客引きに
丸め込まされそうになってかなりびびってました。
言葉悪いけど、みんなシブトイ。それだけ生きる為に必死なんだと思うけど。
外国から旅行に来てる人なんて所詮は歩く札束でしかないんですよ。
自分がどれだけ恵まれてるかヒシヒシ感じました。


兵馬俑に行くバスで乗り合わせたカナダ人のおじさんが「中国人はピュアだね!」って
嬉しげに言ってたけど、その通りだと思う。
日本人は裕福になって色々なものを纏いすぎてるのかも。
ちなみにそのカナダ人、韓国で英語教師をしてるらしくてわたしと一緒に行った子(韓国人)が
びっくりするくらい完璧な韓国語を操ってました。オモシロイ。


オモシロイといえば観光地のゴミ箱が結構ステキでした。
laji1  laji2

陶器製のパンダとかオウチ風とか。
あと獅子がぽかっと口をあけてるデザインのもあったけど写真撮りそびれました。
でもまぁ大多数は至ってフツウのゴミ箱でしたけど。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-16 22:53:38

西安 その壱

テーマ:ブログ

いやはや、西安はヘヴィでした。
諸事情あってかなり貧乏旅行だったんでなかなか味わえないことも多々。
行きの移動手段は列車だったんですけど車内はこんな感じ。

xian1  xian2
長距離なんで当然座席じゃなくて寝台(二種類あって安い方)にしました。
下の段(若干値段が高い)にしたけど頭上に二人も寝てると思うと落ち着かない・・・
カーテンはおろか空調もないし、常に人も通るしさ。
とか言いつつ24時間のうちほとんど寝てたけど。

xian3
見知らぬ子供に遊んでもらったりしつつ予定より遅れ気味でやっとこ西安へに到着。
この時点で疲労度MAX(笑)
宿を決めてなかったんで何軒か廻って、値段交渉して結構いいとこ見つけました。
兵馬俑、始皇帝稜、華清池、青龍寺、清真寺、鐘楼、城壁(明徳門)あたり観光したけど
まぁ観光地の話はありきたりなんで省きます。

でもね、兵馬俑はなんだかとてつもなく雄大なパワーを感じましたよ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-07-10 23:52:11

難しすぎて半笑い

テーマ:ブログ

今日HSK (漢語水平考試)って中国語の試験を受けてきました。
授業も終わったし、個人的には半年間学んだことの総決算的な位置づけで。
点数によってアナタは何級ってテストなんですが、一番下の級が「一年間留学した人が
最低限到達すべき水準」なんで級なしでしょう。わたしには難しかった・・・
そろそろ帰国に向けて準備し始めないと。
まぁそんなわけで今日の夕飯はちょっと豪勢でした。っつっても一人500円くらい。

fan

その前に明日からちょっと遠出をしようと思ってます。
汽車(中国には長距離の電車がない)の出発が午後二時、現地着も午後二時の予定。

(訂正。汽車じゃなくて日本と同じような電車でした。誰ですかわたしにウソ教えたのは)
・・・乗車時間が24時間です。
目的地に着いた時点で帰りたくなってたらどうしようと今から心配です。あわわゎ。
が、がんばるぞ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-09 00:21:55

ムヅカシイ

テーマ:ブログ

唐突ですけど。
中国では日本の過去について責任の取り方がまだまだ甘いと思ってる人が多いようです。
ちょっとそんなことを話した相手はジャニーズが大好きな南京出身の子なんですが
南京の事件とか小泉さんの靖国の件を引き合いに出されまして。


色々本音を書くとここも閲覧禁止にされかねないので(笑えん)わたしの意見は省くけど
喧嘩するのもなんだし「わたしたちの歴史認識や受けてきた教育は違うんだね」だの
「国によって歴史観が違うのは当然だよね」などとお茶を濁した訳ですが。


正直、悔しいなあーー。
悪者になってることが悔しいんじゃなくて、どういう意図の下にどういうズレがあるとか
相手の受けた教育の矛盾や、逆に日本が美化してることとか、溝を埋める道筋とか
そういう建設的な議論をするには程遠い自分の中国語力が情けない。


彼らは戦後のチベットやウイグル侵略の実態をほとんど知りません。
(かくいう我々だって自国の20世紀史、どんだけ解ってんのって言われたら返す言葉ないけど)
わたしチベタン・フリーダムコンサート参加経験ありなので、えーと、難しいです・・・

テレビでは中国抗日戦争60年なんたらかんたらいう番組もやってるしね。


こないだその南京出身の子の寮に遊びに行って、丸三時間くらいKAT-TUNの赤西仁の
バラエティやらドラマやらコンサート映像を延々と説明付きで見せられて洗脳されたらしく
軽くファンになりつつある自分に多少呆れ気味です。
しかしスゴイね、中国のネットは。
ジャニーズ関連でも写真集は全ページ詳細にスキャンアップされてるしドラマもバラエティも
字幕付きでそんなにタイムラグなく見れちゃうし。
音楽だって金払って買うものじゃなくてタダでDLするものって感じだし・・・

wahaha

関係ないけど娃哈哈(ワハハ)のりーほんさん、もっといい写真使えばいいのにと毎日思う。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。