こんにちは、ご無沙汰してしまいました。
奥村です。


さーて、いつ家を出ただろうか。
たぶん先週のいつかだったような。
酷暑で色々やられています(主に頭)。


熊本を中心に、九州を回りました。
そのことはまた後日お知らせするとして、
(北海道、東川のlessさんでのイベント関連です。)
昨日の朝、鹿児島から大阪に入りました。


大阪のdieciさんで鄭さんのリラックスウェアの展示が始まりました。
3年目です。






毎年、
大事にイベントを開いてくださり、
今回で3回目です。


毎年来られる方、
遠くから来られる方、
たまたま来られる方、
色んな方との出会いがとても楽しみな会です。






毎年、dieciさんにしか持っていかない、
webで売っていないアイテムがあります。




今年は右上の子供服。

dieciオーナーの田丸夫妻にお子さんが生まれ、
また新しい目で今年は展示会をして頂いています。



大阪も酷暑です。

暑い中、足を運んで頂くのは気が引けますが、
どんどん色んな色が無くなります。

展示のお部屋は出来るだけクーラー効かせてお待ちしております。



ご試着も自由にして頂けるこの機会、
どうぞよろしくお願い致します。



僕の在店は今日までですが、
イベント自体は、8/28までです。


どうぞ、どうぞよろしくお願い致します。



AD

新宿散歩と鼎の夜。

テーマ:


こんにちは、奥村です。

昨日は夜友人と新宿で待ち合わせがあり、
夕方からふらりふらりと新宿散歩。


新宿って町は相変わらずこっちの事情は御構い無しに
突き進んでいくような、そんな町だ。


新宿



歌舞伎町に抜ける横断歩道、
シャッターを切る外国人観光客が多いこと多いこと。

そらそうでしょうな。
実に不思議な風景がある。

「Lost in Translation」の世界は実在。




僕は西新宿から、歌舞伎町、ゴールデン街と歩く。




新宿




歌舞伎町もねっとりと絡み付くような人間臭さがあるが、
こっちはそれをもっと醗酵させてツーンとするぐらい臭う。



昔から渋谷よりは新宿が好き。

生への執着?

どうにもならないようなエネルギーが渦巻いていて。

それが不快でない。




新宿を舞台にした写真集はつい買ってしまうし。





昨日の終着点は新宿三丁目。




新宿




老いも若きも溢れる名店。


旧友と語らう時間。

熊本の酒、「香露」がありましたから、
またもたっぷり頂いてきました。



店を出て、僕は三丁目の駅に。
友は新宿駅に。



昔は総武線で新宿から船橋に帰るのが好きだったが、
最近は静かな三丁目から都営新宿線を使って帰るのがなぜか好き。


友と新宿駅まで歩くことも一瞬考えたが、
あそこで別れるのがなんだかしっくりきた。


そんな夜。


たまには新宿も良いや。





AD


こんにちは、奥村です。
夕方まで熊本に。






金土日の在店も無事終わり、
(忙しい時間にばっかりお店抜け出してごめんなさーい!)
イベント自体も昨日で終了致しました。


ご来店頂いた皆様、本当にありがとうございます。



昨年とは違い、PAVAOの店内のみでのイベントでしたので、
ドリンクの提供だけになり、
お食事をご希望のお客様にはご迷惑お掛け致しました。







県外からも(特に福岡方面)ご来店頂き、嬉しい限りです。


インスタなんかでフォローしてもらってて、
アカウントはわかるけど顔のわからない方との出会いは楽しいですね。





PAVAOのいちファンとして、
3日間もあそこにのんびり出来たのは有り難い限り。


良い音楽とゲラゲラ笑いに包まれて、楽しい時間でした。




また来年も(あれば)よろしくお願いしまーす!!




AD


こんばんは、奥村です。

熊本、PAVAOさんでのイベントは始まっていますが、
私は明日、8/5から在店です。
どうぞどうぞよろしくお願いします。


熊本入り前日の本日、
熊本から届いた小代焼ふもと窯の検品、撮影を。

小代焼ふもと窯




小代焼ふもと窯



小代焼ふもと窯



小代焼ふもと窯



今回、焼きが好みです。
とっても好みだ。

少し強めで、
登り窯の良い味が出ていると思う。


上はスリップウェアなど中心ですが、
伝統の小代焼の方もすこぶる良い。

僕は結構カンカンに焼けて青が飛んでしまいそうなくらいが
好きなので、今回はそんなのに結構多めに出会えました。


熊本へ行きつつも、こちらは準備を進めます。


楽しみにお待ち下さい。









こんばんは、奥村です。

7月の中旬に買付けした小代焼ふもと窯。
ようやく販売の準備が出来そうです。



小代焼ふもと窯



訪問のタイミングはちょうど窯出し。

気温も高く、なかなかくたびれる一日でした。




小代焼ふもと窯



窯から出た器はまだ熱く、
貫入が入るピキッピキッという音がそこかしこから。



窯元、井上尚之さんが窯の調子が良いと言う通り、
焼きの具合も良く。

とにかく窯焚きのスピードが早いのに驚く。
(窯焚きの回数の多さにも驚くけど。)



ガンガンに焼けた、好みの感じの焼物が多数あります。



伝統の小代焼も、スリップウェアも、
どちらも期待頂いて良いのではないでしょうか。


今週末か、来週明けには販売開始。
どうぞお楽しみに。