こんばんは、奥村です。

 

2016年を振り返って一番驚いたこと、

といえば熊本の地震だった。

 

 

 

 

益城に親しくさせて頂いている方がいる。

それだけでこんなにも不安になるものなのか、と。

 

 

たまらず5/5に九州に上陸し、

それから2016年は通算5回熊本を訪ねた。

 

 

 

 

 

幸い、時期は大幅に遅れたが、

PAVAOでイベントをやる事も出来たし、

 

 

 

 

 

 

町は元気を取り戻しつつあるように思う。

 

 

 

小さな商売をしていると、

思いも寄らないところでそれが脅かされる、

と今回ばかりは他人事ではないと感じさせられ、

色々と思うところがあった。

 

そのことを忘れてはいけない。

 

 

 

 

 

2017年も引き続き熊本との縁を大事にしたいし、

復興支援の品も継続していく。

 

今年も多くの友人とあの町で乾杯したい。

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

こんばんは、奥村です。

 

2016年の旅の振り返り。

昨年も色々と行きました。

お取り引きのあるところも無いところも。

 

そんな色んな作り手を巡った中で気になったもの。

 

 

 

 

 

 

数十年使われた、瀬戸本業窯の甕。

 

焼き物ではない、ある職人さんの工房にて。

 

 

素晴らしい佇まいでした。

 

 

 

 

 

使われてこそ、というお手本のようなこの甕。

 

道具冥利に尽きるでしょう。

 

 

 

 

 

予め味の出た古道具を買うのも良いですが、

自分で一から育てていった道具はまた格別です。

 

瀬戸本業窯の器では、

うちで7年かけて使っているものがようやく良い感じになってきました。

 

これもまたいずれお見せしましょう。

 

 

 

甕や壷は、

窯元の工房の外で野ざらし、雨ざらしになっているもの何かが

とても良い風合いになっているのを見かけます。

ああいうのも良いもんですね。

 

 

今年はどんな景色に出会うかな。

 

 

 

 

 

AD

 

 

こんばんは、奥村です。

今日は小鹿田焼坂本浩二窯と黒木富雄窯の撮影、

ならびに販売の準備でした。

(販売自体は週明けかな?)

 

 

 

 

そろそろ旅の振り返りを再開しましょう。

2016年、予期せず訪れた場所があります。

 

熊本の日奈久(ひなぐ)。

 

 

 

 

神社から見下ろす、土俵と観客席。

素晴らしい歴史です。

 

 

 

 

温泉の町で旅館も良いが、

公衆浴場が素晴らしい佇まい。

 

 

 

そんな町ですが、

鹿児島市内でも、熊本市内でも宿が取れず、

途方に暮れてたまたま辿り着いたのでした。

 

 

最後の最後、

人吉でうなぎを食べるか、

日奈久で○○○を食べるか悩んだ末、

軍配は日奈久でした。

 

 

 

そう、これ。

 

 

 

 

ちくわ。

 

 

 

僕は無類のちくわ好きです。

 

 

最後の一食はちくわの磯辺揚げ、

と決めている関係で、

そろそろその時に食べるちくわの選定に入らねばならない、

という使命感があります。

 

 

 

日奈久は全国有数のちくわタウンで、

僕の大好きな(イベントでもお世話になっています)、

熊本のPAVAOで出されるちくわもこの町のものだ。

 

 

そんな訳で、日奈久に初上陸した、

昨年の11/26は、とても印象に残っています。

 

電車の乗り継ぎが悪く、

到着がまさかの夕方17時前。

 

 

駅前ちくわを皮切りに、

開いているちくわ屋さんを全て回り、

スーパーもチェックして、

宿にちくわを持ち込みました。

(もちろん素泊まりにしていた。)

 

 

 

 

 

ノーマルのちくわが買えたのは四店舗。

その他変わり種や、ちくわが無く、他の練り物だったりもしましたが、

 

もう、うんざりするほど(笑)食べました。

 

 

 

それでも翌朝の宿の朝食にちくわが出て来たときは嬉しかったから、

やっぱりちくわ、好きみたいです。

 

 

ワイン飲みながらちくわを食べて、

テイスティングレポートを携帯のメモに残しています。

なかなか詳細に。

 

いつかどこかでお披露目しましょうか。笑

 

 

 

とにもかくにも、

ちくわまみれで嬉しい日でした。

 

2016年もあれこれ行きましたが、

予期せずの訪問が出来、

まためちゃくちゃ短時間でしたが、

濃い時間を過ごせた日奈久。

また行きたい場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

 

こんばんは、奥村です。

10日夜半に帰国致しました。

 

 

 

 

えっちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

おっちら。

 

 

 

荷物を携えて。

(写真は貴州省雷山の窯元の窯出しです。)

 

 

 

 

 

 

えっちらおっちら。

久々に使った。笑

 

 

 

送った荷物が多いもんで、

その到着を待って、

台湾・中国の買付け品の販売ですが、

 

 

いや待て、と。

12/27から不在にしている間に、

てんこもり国内から荷物が届いておる。

 

 

年末年始、みんな仕事しているのかい?

 

 

 

メールマガジンではお知らせしましたが、

各地から届いた荷物をどしゃーっと検品して、

販売開始したいと思っている今週来週です。

 

 

そんなことをしながら、

blogでは2016年の旅を振り返りたい、と思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凱里に沈む。

テーマ:

 

こんばんは、奥村です。

本日無事に本年の業務を開始致しました。

発送作業も本日より進めております。

 

僕自身は、と言えば変わらず中国貴州省におります。

本日は昨日の町から凱里へ移動。

 

凱里は良い町です。

規模がちょうど良い。

 

 

今年も市場でスッポンが出迎えてくれました。

天然もの。

食べてみたい。。。

 

 

 

 

 

いつも通りですが、

町のあちこちをまずは冷やかし。

 

 

 

 

 

餅屋のおばちゃん。

 

 

 

 

 

籠屋のおばちゃん。

 

 

 

 

 

そして路上で紐作りするおばちゃん。

 

 

 

 

カメラを向けると嫌がる人は少ない。

年配の人で逃げるようにする人もいるけど、

どちらかと言うとみんな笑ってくれる。

 

 

中国は面白い。

 

明日、明後日と凱里を中心としながらあれこれ動いて、

買付けもまとめに入ります。

 

きっと良いものに出会うでしょう。

 

 

 

ここから3日。

この、大好きな町に沈みます。