2007年02月12日

久々に歩きました~

テーマ:お散歩

平櫛田中01     平櫛田中02

 【平櫛田中美術館の有名なクスノキ】            【なんと素敵な茶室もありました】


今日はかねてから行ってみたかった小平の平櫛田中美術館に行ってきました。

以前、美の巨人たちで見てなおさら行ってみたくなりました。


国分寺駅の北口におりてみたのですが、

よく南口は使いますが、北口は初めてでなんとも雰囲気が全く違った感じで静かです。


普通はここから西武多摩線に乗り換えるのですが、天気もよかったので

てくてく歩くことにしましたが、50分くらいあるいたかもしれません。

玉川上水を見るころになるとようやくゴールで、静かなたたずまいの中に

平櫛田中美術館はありました。


100歳の頃にあとこの分だけ仕事をするということで購入したクスノキがありました。

そして素敵な茶室もあり、じっくりと拝見させて頂きました。


平櫛田中05

      【かわいい気楽坊】


尾上菊五郎の彫刻が有名ですが、私はこの気楽坊がなんとも素敵でかわいいなあと。

実は、この顔は吉田茂首相がモデルなのです。

よーく見ると吉田茂首相の頭の形顔立ちがそっくりです。

いつかこの気楽坊の香合をつくってみたいなあと。


平櫛田中03    平櫛田中04

    【これが玉川上水なのですね】          【久々に土の道を歩いて気持ちいい】


そして、今回の本当の目的はとにかく長時間歩きたかったのです。

自宅の引っ越しなどもあり、山には昨年の12月中旬以来休止状態でどこで再開していいかわからない状況です。

来週も茶席披きがあるので、なかなか山にはいけません。

玉川上水沿いの道はどこかの山にきたような光景で、久々の土を踏んで嬉しい限りでした。

リハビリ登山の感じです。

まだまだこの付近にはこのような雑木林がたくさんあるようで、東京もまだまだ緑が残っているのですね。


ここからが風が吹いていて寒かったのですが、1時間以上歩いて国立まで向かいます。

適当な地図を片手に適当の西日を軸に適当に街中を歩いていると国立に到着!

必死に歩いていたのか足にまめができてしまいました。


国立駅はすっかりかわってしまい、有名な駅舎もなくなってしまいました。

茶禅洞01     茶禅洞02

     【釜だらけです!】               【一橋大学横の茶禅洞のホームグラウンド】


国立にきた理由は、一橋大学横に茶禅洞というヤフオクの茶道関連では有名なお店が

茶室「虚空庵」ができたので、初めて行ってみようと。

偶然にもお店は開いていたのでのぞいてみると、釜がびっしりと並んでいるではないですか~。

遠州流のご主人のお店前をいただいて、いろんなお話をして、

安価な蓋置や茶杓、茶碗を購入して家路につきました。


久々に街を歩いた気がしました。

いいリハビリとなりました~



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年10月09日

柴又猫

テーマ:お散歩

柴又03     柴又02

     【まったく動じない猫です】               【裏路地に入りました】


今日は朝から絶好の山日よりでしたが、今日は猫取材と決めていました。

午前中より、午後の方が猫が寝ていて写真が撮りやすいので

午後から葛飾の柴又に行くことにしました。


久々の柴又です。多分5年ぶりでしょうか。

今日は休日でもあり、とても混雑しています。

そのためなのか駅前にいるはずの猫たちはどこにもいませんでした。


今日は猫には出会えないのかなあと思っていると。

参道に猫がいるではないですか!

それも全く動こうとはしません。


なんやかんやで30分くらいいたでしょうか。

結局、路地に入ったときのものが、いい表情がとれました。


柴又04     柴又01

     【大好きな三角取水塔】                  【こんな所に猫が!】


そのままおきまりコースで金町駅にむかいまうすが、

河川敷にひっくりかえって昼寝をして、三角帽子の取水塔を懐かし眺めていました。


しばらくぼーっとしていると下の方でなにか小さい物が動いているではないですか!

オスの子猫がいたのです。

なので一眼レフを望遠レンズに交換して、下に下降していくと

なんとも人なつっこい猫で地面にはいつくばってカメラを向けるとこちらに歩いてくるのです。

ここでも30分ほど時間を費やしたでしょうか。

いい構図で写真がとれて満足でした。


10月は仕事がばたばたして山にはいけませんが、

今日はのんびりいい一日でした。

多分来週の週末は会社にいかなくていけないです・・・。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年09月28日

朝倉彫塑館で猫を

テーマ:お散歩

お散歩0924-03 お散歩0924-02

       【谷中・朝倉彫塑館】                 【庭も素晴らしいのです】


先週の日曜日は当初の予定では天気がよくなかったので

山には行かずに、午前中は谷中を散策して、午後から陶芸と決めてしまいました。


しかし、朝から絶好の山日よりです。まあ、先週は天気で得をしたので、差し引き0でしょうか!


朝から、谷中の朝倉彫塑館に行って参りました。

普段から落ち着きたいときはここにきているのですが、

今回は、谷中の近所にアトリエをもつアラン・ウエストさんの展覧会が

この朝倉彫塑館の中で行われるので、是非見てみようと。

このアランさんはポコニャンの知り合いです。

日本画の屏風を制作していて、日本人より日本人で日本語もうまいのです。


朝倉彫塑館は和洋折衷のようか館で、素晴らしい所です。



お散歩0924-05 お散歩0924-04

  【日本人となりつつあるアランさん】               【圧巻の作品です】


床の間があるブースで展示がされていました。

アランさんの紹介文にありました。今日は最終日なのですが、アランさんはきていませんでした。

アランさんの展示のせいなのか外人の方もいらしていました。

かわいい坊やもいます。

それにしても素晴らしい屏風です!いったいいくらの価値があるのでしょうか。

画壇でもアランさんは有名になっているので、かなりの額だと思います。


私も知り合い価格で風炉先でも制作してもらえればなあと・・・。



お散歩0924-06    お散歩0924-07

     【なんとルソンの茶壺です!】               【外は山日よりです!}


他にも朝倉文夫のコレクションに壷などもあって、非常に興味部深かったです。

ルソンの茶壺です!!盗んで持って帰りたいくらいでした!!

口切りの茶事の為に貸してください!!

今日は天気がいいので屋上にも行ってみました。

谷中が一望できる屋上にはロダンの考える人のような作品が下界を見下ろしていました。



お散歩0924-08    お散歩0924-09

         【豚の噴水口】                      【猫の部屋】


また、今日初めて気づいたのですが、噴水などの水が出るところには

普通はライオンなどの像で口から水がでている感じですが、

よくよくみるとこれは豚さんではないですかー。なんとも朝倉文夫はおしゃれです。


そして、一番大好きなブースは猫の塑像です。

朝倉文夫は大の猫好きで当時15匹くらい飼っていたそうです。

なんとも羨ましいです。

その猫たちをモデルにしたそうです。

見ているだけでもにこにこしてしまう作品ばかりです。

よーく猫の姿をみている感じです。

獲物を捕まえる際の姿などは圧巻です。


お散歩0924-10  【谷中で一番美味しい都せんべい】


その帰りに隣の都せんべいさんにいっておせんべいを買って帰りました。

この路地は猫横町と言われているのですが、時間が早かったのか

猫は一匹もいませんでした!!


まだまだ谷中散策は続きます!!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年07月20日

丁子屋さんと根津の藍染川

テーマ:お散歩

丁子屋 【根津の丁子屋さん】


日曜日は午前中時間があったので、

今住んでいる根津界隈の散策です。

といっても子供のときから歩いているのでただの散歩です。


しかし、丁子屋さんという染め物屋さんがありまして、以前から気にはなっていました。


実はこの染め物屋さんは

昔、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、野沢直子、清水ミチコでやっていて土曜日の夜23時半からの

「夢で逢えたら」ってバラエティ番組の最後のコーナーでの染め物屋さんのモデルがここだったような・・・。

(違うかもしれません・・・)

「ここは根津の染め物屋・・・」といっていたような。

警官の蛇男が未だに頭から離れません。


丁子屋02


そんな事を考えながら、現在手ぬぐいフェチの私は

夏に備えてあまり黒い部分がない白っぽいものがないか探してみました。

金魚の柄のいい物があったので早速購入しました。


aizome 【大正時代の藍染川と丁子屋さん】


この界隈は以前藍染町という地名でした

その名の通りに染め物屋さんが多かったようです。

そして田端付近から不忍池につながっていた藍染川というものが以前あったことも知っていました。

千駄木から根津にかけてある「へび道」もこの藍染川の名残なのです。

大正時代まで写真のように川があり、暗渠化されたようです。


上記の写真は昔の丁子屋さんだそうです。

手前に小さな川が流れています。

もし暗渠にならないでそのままのたたずまいだとしたら、

根津はもっと魅力的な街になったかもしれません。


こんな時期に川のせせらぎをききながら浴衣を散歩できたらどんなによかったことでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月11日

浅草の再生にびっくり!

テーマ:お散歩

浅草05 【江戸町風の伝法院通り】


今日は朝から生憎の天気でした。

以前から今日の予定は浅草探訪していたので

雨が降っていても不機嫌にはなりません。


谷中在住なのですが、浅草にはほとんど行ったことがない

台東区民あるまじき人間です。

伝法院通りも江戸町風にリニューアルしてこともあり、

先日開業しためぐりんで谷中から100円で浅草まで行ってきました。



浅草01 【男きもの ちどり屋】


まずは以前、古着の着物をお手頃価格で購入したちどり屋さんです。

店構えもすっかり綺麗になっていました。


今回は夏物の着物を探す目的です。

私の身長173cmくらいで着物ではキングサイズなのです!!

現代の男に人はもっと背が高いので

Xキングサイズでもないと駄目かも知れません。

いい着物があったので、作戦をたてて次回購入したいと思います。


浅草04 浅草03

【雨の中でも大黒屋さんの行列】         【美味しかった天丼】


伝法院通りを歩いていると、ひときわ目立つ行列です。

ここは天丼のお店で、大黒屋さんです。

私自身行列は嫌いなのですが

あまりに香ばしい香りだったので吸い込まれてしまいました。


海老が蓋からはみ出ています!!

味は濃いかもしれませんが、私にはちょうどいい味で最高でした。OK


後でわかったのですが、この大黒屋のオーナーは

私の母が所属するコーラスの同じ会員で

お店そっちのけでコーラスに情熱を燃やしているそうです。

大黒屋の別館の3階にコーラスの練習場を造ってしまったそうです。



浅草02 【なんとも落ち着いた合羽橋珈琲】


そのまま、合羽橋商店街まで歩いて、面白いお店を探索して

歩いていると、なんとも店構えが素晴らしい

合羽橋珈琲がありました。

こんな所にこんな店があったことは知りませんでした。

半信半疑ではいったのですが、

私好みの古民家の古在を使った落ち着いた店内で

禁煙席はほんとに静かで

美味しいストロングブレンドと洋なしのタルトを食しました。

珈琲が美味しいのは当然ですが

この洋なしタルトが本当に美味しかったですニコニコ

是非また訪れたいお店です。

雨の日に本をもってゆっくり時間を過ごしてもいいかもです。



合羽橋珈琲


そのまま、となりに台東区生涯学習センターに行き

資料室で大好きな王子電気軌道(一部現在の都電)の歴史と谷中の歴史を調べてきました。

王電は凄かったんだなあと感心してしまいました。


今度は秩父事件について調べたあとに

合羽橋珈琲でのんびりしたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年05月19日

奥多摩湖ロープウェイ

テーマ:お散歩

三頭山


廃墟マニアでもある私ですが、

今一番気になっているのが奥多摩のとある廃墟です。


これは奥多摩湖ロープウェイというもので

かつて奥多摩にもロープェイがあったのです!!


場所は三頭山麓の奥多摩湖をまたぐ感じであったのです。

創業は昭和36年ですぐに廃業してしまったそうです。

駅は「みとうさん駅」と「かわの駅」です。


下記のサイトで走っていた所はわかるのですが、

深山橋に平行に走っていたようでして

距離もあまりなく、意味はないのかなあと。

かつて橋がなければある価値はあったかもしれません。


廃墟心がくすぐられるので

是非今度いってみたいと思います。

できれば人もすくない雨の日なんかいいのかなと。

その場に黙って立って目をつぶるとかつての情景が目に浮かびそうです。


そんな事をするのが個人的に好きなのです。


廃墟系・奥多摩湖ロープウェイ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月04日

のんびり谷中散歩

テーマ:お散歩

0504-04 【更地になった自宅跡】


今日も朝から五月晴れでございます。

今日一日は何もない日です。

なので、谷中をのんびり散歩してみようかと。


まず、取り壊した自宅跡を見てきました。

そして初めて気づいてのですが

茶室は写真でいえば奥にある塀の近くの二階となります。

ということは茶室からお隣さんの家の木々が目にはいるのです。

モミジをあるし!!

なんと図らずも借景なのでしょうか。

非常に助かった感じです。


0504-03 【谷中・き久月にて】


そして、谷中を久々にうろうろして

初めて谷中の「筆や」でランチを頂きました。

おいしかったので写真をとるのを忘れてしまいました。

10年ほど前からあったのに、なかなか行く機会がなかったのです。


そのまま、デザートで「き久月」で御抹茶付き主菓子を頂きました。

この和菓子屋さんは今後、自宅で茶会を行う際のメインの和菓子やさんにするつもりです。

常に数十種類の主菓子があり、非常に助かります。

この写真の主菓子の御銘は「岩つつじ」です。

美味しかったです。



0504-02 【めぐりんに遭遇】


私の嫌いな人混みのなかを頑張って歩いて

国立博物館の「天台、最澄展」を見るために向かったのですが

その途中で谷中・千駄木・浅草を網羅する

めぐりんに出会いました。

みどりの日に運行を開始したのですが

どこへででも100円なのです。

これで浅草へ行くのも非常に便利になりました。


0504-01 【ものすごい行列!】


それにしても人が多いです!!!

みんな山や海外や旅行にいっているのではないのですか!

私は結構すいているのではと軽薄にも期待したのですが・・・。

私には限界の外で30分待ちでした。

頑張って辛抱して待ちまして、じっくり鑑賞いたしました。

天平文化に浸ったような感じでした。


明日から雲取山に行って参ります。

頂上で御抹茶を点てようかともくろんでいます。

雲取山で野点でございます。

御抹茶は先生から頂いた一保堂です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。