2005-12-04 01:06:56

「ALWAYS 三丁目の夕日」

テーマ:映画(映画館 2005年)

ALWAYS

なにっ!私の作品をVFXで描く!【西岸良平せんせい談(想像)】


【劇場公開作品より】
11/26 ユナイテッドシネマとしまえん にて

監督:山崎貴
原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、他


まずは、西岸良平氏のロングセラー漫画「三丁目の夕日」をVFXで描く、という
その発想、その着眼点がおもしろいと思います。

VFX(SFX)は“未来の世界”を描く時の常套手段だと思っていた身にとっては、
「今失われつつある昭和30年代の風景」を、
その時代の臭いの残るロケ地を必死に探すよりも、
大掛かりなセットを組むより(この作品も基本はセットですけどね)も、
技術が発達したVFXで描いてしまえ、という逆転の発想が“目から鱗”ものでありました。
以前、篠田正浩の「スパイ・ゾルゲ」が戦争中の銀座の街並みをCGで再現したと
公開当時は鳴り物入りで宣伝していましたが、
実際に見てみるとちっともリアルでなく、いかにも“作り物”って感じでがっかりさせられた事がありました。
やはり高技術のCGを使っても、その時代のリアル感を出すのは不可能なのかと
この作品も「どうかな?」とは観る前は思いましたが、
結果としては心配ご無用、見事の一言。
技術の進化は日進月歩、スゴイもんです。

しかもこの作品のVFXは、その使われ方の“さりげなさ”に非常に好感が持てました。
“これ見よがし”でないんですね。
人々が極自然に生活するその時代の風景としてさりげなく使っており、その自然体の描写が良いですね。
パンフレットを鑑賞後に読んだところ、
工事中の東京タワーがそびえる街並みといい、SLが鉄橋を渡って行くシーンといい、
実は大変な労力を経て作られたシーンの数々ではあるのですが、
映画の1場面として見るとゴク普通のシーンとして見れてしまいます。
スゴイ事をさりげなく1シーンとして描いてしまう…その“さりげなさ”に、
かえってスタッフ陣の努力を感じ、頭の下がる思いすらしてしまいます。

これで昭和30年代の“臭い”まで表現できたら完璧だったのですがね。
昭和30年代の日本映画を見ると結構街並みがまだ“汚い”んですよね。
この“汚さ”や“臭い”まで表現できたらより一層リアルな作品になったのでしょうけれど、
まぁ、この作品は一種のファンタジーでありますから
完璧なリアルさまでは求めていないのでしょうけれどもね…。

話を元に戻しましょう。

そして何よりこの作品に好感が持てるのは、
VFXを使っていることを“さりげなく”見せるのは、
あくまでもこの作品の根本が人間ドラマであるという、
原作を尊重しているスタンスをスタッフ陣が忘れていないところであります。

原作である西岸良平氏の漫画自体は、人々の触れ合いを描いた人間模様であり、
昨今の漫画に比べれば非常に地味な、
現代のVFXなどという言葉とは対極にあるような内容なのですから、
VFXを“これ見よがし”に見せてしまっては原作の雰囲気などは到底表現する事はできなかったでしょう。
高水準の技術を人間ドラマのスパイスとしてさりげなく、そして贅沢に使う
これってなによりも“スゴイ事”だと思います。

だからこの作品VFXもスゴイけれども、
その風景の中を動き回る役者陣がVFX以上に魅力的なのであります。
この作品は昭和33年を生きてる人々の一風景をスケッチ的に積み重ねた群像劇ですから
個々の役者というよりはキャスト全体から醸し出されるアンサンブルが一番の魅力でありましたが、
あえてというところでピックアップするならば、主役級の2人吉岡秀隆と堤真一が、
それぞれ以前はそれほど好きな役者ではありませんでしたが、この作品では非常に魅力的。
吉岡秀隆は、役者として持つ独特の【地味さ】が、原作の雰囲気を体現していてまさに適役。
その吉岡秀隆の対極にいるような堤真一【派手め】のキャラクターが、
こちらは作品の持つコミカルさを体現していて
この【地味】と【派手】、対極な2人が醸し出す漫才のようなやりとりの数々が
作品の雰囲気を見事に作り出していました。
あと、もたいまさこピエール瀧益岡徹あたりがいかにも昭和30年代にいそうなキャラクターでしたね。
逆にワケありの飲み屋の女将役の小雪や、
青森から集団就職してくる堀北真希などは、ちょっと綺麗すぎ
もっと昭和30年代の【イモ姉ちゃん】的な役者さんを配してもよかったんじゃないかと思いますが、
あまり【華】を無くしてしまっては映画自体が原作以上に地味になってしまう、
といったこところなんでしょうか。

■特集【日本映画を語ろう!】の過去の記事、今後の予定は こちら から

人気blogランキング に登録してます☆
ここをクリック していただけるとうれしいです!☆

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

mineokobさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■BP 様

コメントありがとうございます。

確かにVFXの扱い方が新鮮でした。
ちょっと昔の風景って結構残っていそうですが、
実はもうVFXでしか表現できなくなってしまってるんですね。
昭和は遠くになりにけり
であります。

5 ■ALWAYS 三丁目の夕日

以前にもお邪魔させていただいた事のある者です、今日和。
この度、blogにて『ALWAYS 三丁目の夕日』を取り上げましたのでトラックバックさせていただきました。
最新の技術を用いて近未来の世界(若しくは有り得ないファンタジー)を描くというのが最近の主流だと感じていたので、VFXで昔の町並みを再現するというのが個人的に画期的な事でした。
それが違和感なく見事に表現されているというのがまた凄い、同じVFXでも使用過多と感じずにはいられない作品が溢れている中で本当に貴重な作品だったと思っています。

4 ■あかん隊 様

コメントありがとうございます。

正直、山崎貴監督というネームバリュームで
これほどヒットするとは、
またこれほどの作品を作れるとは
想像だにしてませんでした。
関係者の方には失礼な言い方ですが!

3 ■Helsinki 様

コメントありがとうございます。

そうなんです。
「さりげなさ」なんです。
最近の日本映画は大した事ないのに
大げさに宣伝しているものが多いので
この作品のように「すごい事なのに使われ方はさりげない」のは
何よりうれしかったです。

2 ■TBありがとうございます。

こんばんは。よくできた映画でした。
細かいところにも、きちんと神経を払っているのが、わかります。スタッフの苦労が偲ばれる作品でした。お話も無理のない、丁度よい頃合いで、笑いあり涙あり…。お話の展開方法ですら、懐かしいような気がしています。監督、がんばったと思います。ヒット作になり、よかったですね、と言ってあげたい。

1 ■VFX

はじめまして。TBさせて頂きます。
「さりげなく」がいいんですよね。普通に昭和30年代の世界に浸りきることができてしまう。本当に良い映画でした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。