みねかえも受けている、出津 恵子先生考案の RM(レメディアルムーブメント)コース

 

大阪でのコースを 2017年7月15日(土)〜17(祝月)に開催します!

 

 

 

私みねも受けてから8ヶ月ほどたちましたが、

今まで思っていたピラティスでのニュートラルやインプリントの認識が変わりました!

私の中ではこれが本当に衝撃です。

生徒様にお伝えする言葉も自然とシンプルなものになりました!

それはRMをする事で、生徒様ご自身が私がお伝えする前に気づいて感じることが多くなったからです。

 

 

ってことで

受講された方の声を集めました!!

 

【 お客様の変化 】

*   内受容器の感覚がアップした、コアのスイッチ~四肢へ繋ぐ感覚が今までより考えなくても早く入ると感想が続々と出てきました。

*  7つの身体ストラップの話を聞いて、身体にスペースができたと感じた。イメージしやすかった

*   グループクラスの初めに7つの身体ストラップをみんなで確認することから始めたことで、動き方がわかりやすいと言われた

*  ポスチャーリマインダー使用後は頭の位置関係がわかりやすくなった。

*  RM(レメディアルムーブメント)後はいつもよりしっかり動いた感じ。きつかった。

*  意識しなければいけないところに、すばやくスイッチが入るようになった

*  ポスチャーリマインダーを頭の下に入れたら、腹圧のかかるタイミングが頭の位置で違うと気づいた。

*   集中力が散漫な方は集中力がついた

*  アクティブベルト使用では筋トレの効果がありそう。

*  ランナーにはアクティブベルトを使ったランジポジションが大変好評。走りやすい、疲れにくい

*  スキーヤーの方で、ピラティスはいまいちわからないが、ベルト使用後はターンが違うと効果を実感していた

 

 

 

【 インストラクターの指導の変化 】

*  RM(レメディアルムーブメント)の後は胸腔圧と腹腔圧が整い、ピラティスではパットやバレルなどのプロップ使用がなくてもできる方が大半になりました。

*  ピラティス中の修正が簡潔。ポスチャーリマインダーを思い出して、と言うだけで伝わります。

*  考え方は使えるということで、身体ストラップの話を活用しています。グループレッスンは伝わりやすく、大勢の方からお腹の使い方がさらに深くなったと感想をいただきました。

*  修正の言葉がけを減らすことは大変だったが、お客様の反応が一気に変わると自分でも驚く

*  できなかったエクササイズがいきなりできると修正しすぎたり、言葉を多くかけ過ぎたりしていたことに気が付いた。

*  内容は簡単だったが、練習が必要と感じた。

 

 

 

 

RMで学ぶ “重力線” “身体のストラッップ” これは体感して実践すればほんとに効果を感じます。

ぜひ、ご興味ある方は受けていただきたい!!!

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

出津 恵子先生考案の RM(レメディアルムーブメント)コース

 

AD