年祝いは、長寿をお祝いし、今後の健康とさらなる長寿を願い行います。


年祝のいろいろ


<還暦かんれき(61歳)>


数えの61歳になると自分が生まれたときの干支に戻ることから、還暦といい、赤い頭巾とちゃんちゃんこを着ます。

現在の61歳の方は、まだまだ現役世代。ちゃんちゃんこより、赤い色の贈り物をされる方が多いようです。


<古稀こき(70歳)>

唐の詩人、杜甫の詩「人生七十古来稀なり」からつけられました。


<喜寿きじゅ(77歳)>

喜の略字が七を三つ重ねた字で、七十七と分解されることからつけられました。


<傘寿さんじゅ(80歳)>

傘の略字「仐」が八、十に分解できることからつけられました。


<米寿べいじゅ(88歳)>

米という字が、八、十、八、に分解できることからつけられました。


<卒寿そつじゅ(90歳)>

卒の俗字「卆」が九、十に分解できることからつけられました。


<白寿はくじゅ(99歳)>

百の字から一をとると、「白」という字になることからつけられました。


<上寿じょうじゅ(100歳)>

長寿の畏敬を三つに分け、六十歳を下寿、八十歳を中寿、百歳を上寿とする考え方からつけられました。


当社では、年祝の奉告祭を承っております


<祈祷受付時間>

午前9時から午後4時まで


<初穂料>

五千円からお気持ちでお納め下さい。



峯ヶ岡八幡神社  社務所

電話048-296-1901

fax 048-296-1993

電話受付時間 午前9時から午後5時迄

ホームページはこちらから














AD