厄年

テーマ:

厄年は、ちょうど精神的、社会的、身体的に転換期を迎える時期であり、災厄が起こりやすい時期として忌み慎まれています。


男性は、数え年(※)で25歳、42歳、61歳、女性は、数え年で19歳、33歳、37歳、61歳が本厄の年といわれ、この年齢の前の年を前厄、後の年を後厄の年といいます。


また、なかでも、男性は42歳、女性は33歳を大厄の年として、特に気をつけなければいけない年回りといわれています。


厄除け祈願を受け、神様のご加護により無事に過ごせるように祈るとともに、

この時期に、今までの生活を振り返り、生活習慣を見直す機会にしていただくことをお薦めいたします。


(※)数え年というのは、お正月を迎えることにより年齢を一歳加える数え方です。

生まれた日が1歳で、新年を迎えると2歳になると数えます。

現在の年齢の数え方は、誕生日ごとに年齢を加える「満年齢」の数え方です。



<祈願受付時間>

午前9時から午後4時まで


<初穂料>

五千円からお気持ちでお納め下さい。



峯ヶ岡八幡神社  社務所

電話048-296-1901

fax 048-296-1993

電話受付時間 午前9時から午後5時迄

ホームページはこちらから












AD