帯祝い(安産祈願)

テーマ:

妊娠五ヶ月目の(地域によって日数に相違)戌の日には、帯祝と称して妊婦の腹に木綿の布で作られた腹帯(岩田帯)を巻きます。

戌の日に行うのは、戌は多産であること、お産が軽いこと、またよく吠えて家を守るため邪気を祓う意味があるといわれています。

また、腹帯には、胎児を保護する意味があるほか、胎児の霊魂を安定させるなど信仰的な意味もあるといわれています。

神様から御霊を授かり身ごもったことを感謝し、無事に出産できるようご祈願いたしましょう。


当社では、安産祈願は基本的にご予約をお願いしております


安産祈願の際は、腹帯も一緒にお祓いしております。

どうぞお持ち下さい。

なお、当神社でも伸縮性の巻きやすい腹帯をお求め頂くことができます。

どうぞお申し出下さい。



<祈願受付>

午前9時から4時まで


<初穂料>

五千円からお気持ちでお納め下さい。

腹帯もお求めの際は七千円からお気持ちでお納め下さい。

(腹帯のみは三千円でお頒かちしております)




峯ヶ岡八幡神社  社務所

電話048-296-1901

fax 048-296-1993

電話受付時間 午前9時から午後5時迄

ホームページはこちらから


AD