Our Gift to You: Three Free Unlocked Crates!【Just Survive】
3月15日    - DBG_RADARX

 

■元記事


http://store.steampowered.com/news/externalpost/steam_community_announcements/75838332275516298

 

 

■告知内容

 

ユーザーのみなさまにおける、Just Surviveをすばらしいものにするためのアーリーアクセス期間のご尽力に感謝し、
ちょっとした特別な贈り物をいたします。
3/14(火)から3/21(火)の間にログインしたユーザーの皆様へ、無料クレートを3つ配布する。(以下3種を1点ずつ。)

  • Predator Crate
  • Ronin Crate
  • Invitational Crate

 

さらに、開発中のすばらしい新コンテンツがたくさんある。(melee combat and strongholdsのアップデートを含む。)もし最新のライブ配信を見る機会を逃したなら、ここを参照!
https://www.twitch.tv/videos/121185566

 

今回の無料3点クレートの評価はどう?Facebook、Twitter、Discordでお知らせください!
(公式のFacebook、Twitter、Discordを参照)

AD

Game Update for March 14th【Just Survive】
3月14日    - DBG_RADARX

 

■元記事
http://store.steampowered.com/news/externalpost/steam_community_announcements/75838332274929060

 

Just Surviveの現行サーバーをアップデートし、サーバーロックを解除した。
次の修正と機能を実装した。

 

■アップデート内容

  • 無料で'Thank You'というクレートを3つ配布
    (上記クレートの詳細は以下URLを参照)
    https://www.h1z1.com/just-survive/news/js-free-unlocked-crates-predator-invitational-ronin-march-2017
  • 個別環境におけるCTDの改善
    ※CTD=クライアントがクラッシュしてデスクトップに戻される問題
  • レンダリングパフォーマンスの最適化
  • 何も行動していない・能力が活性化していないNPCにおいて、無関係のアップデートが行われる回数を減少させた
  • NPC関連性のチェック回数を低下させた(サーバーパフォーマンスの強化)
  • プロファイルと関連せずオブジェクトの視認距離を調整し、デフォルトでは表示されなかった問題を改善
  • NPCの近接チェックを最適化(サーバーパフォーマンスの強化)
  • ナビゲーションシステムの最適化(NPCの挙動の改善)
  • プロキシブロードキャスト率の調整(サーバーパフォーマンスの強化)
  • 近接マネージャーマルチスレッディングの最適化(サーバーパフォーマンスの強化)
  • Punji Stickについての修正
    プレイヤーにもダメージがはいり、全タイプのゾンビにも同様
  • 狼が走る速度を元の設定に戻した
  • 建築物でないプレイヤーアイテムが、Deck Expansionsの上やプレイヤー建築物の上に置けないように修正
  • 無限グレネードバグの修正
  • ベースにおけるセキュリティについて多数修正
    承認されたプレイヤーが誤って排出される問題。ベースのセキュリティが本来の仕様どおり動作するようになった。
  • DLCによる外観アイテムの名前を修正
    Steam上で全ての外観アイテムが正しく表示されるようになった
  • 対アンチチート・不正包括防止プログラムでの対策

 

 

AD

Dev Diary: Surveys, Scoring, and Seasons

2/10/17 10:00 AM

 

 

■元記事

https://www.h1z1.com/king-of-the-kill/news/dev-diary-survey-feedback-scoring-seasons-feb-2017

 


■前略

 

シニアプロダクトマネジャーのAdriaan Noordzijさんのお話ですみたいな感じ。

 

 

以下Q&A。

 


■プレイヤーが開発チームに出しているたくさんのいい意見について、いくつか紹介してほしい。

 

もちろん。まず、一番重要なのは、前回の調査に参加してくれたユーザーに声を大にしてお礼を言いたい。ユーザーの反応に圧倒されたし、プレイヤー自身について、またゲームとの関わり方についてたくさん知ることができた。得られた一番大きな結果は、プレイヤーたちがキル数自体が試合のスコアにさほど影響していないと感じていることだった。Pre-Season 3では、placement scoreとkill scoreの折り合いをうまくつけられるよう調整する予定だ。
またThe Arenaからも多くの情報を得られた。多くのプレイヤーがThe Arenaの全体的な配置やマップサイズについて好印象だった。ただ、一定数のプレイヤーから、開発陣が内部的に調整中の事項について改善してほしいという意見が出ている。(例えば、ガスの円が広がる大きさや、速さなど。)
また総合的なゲームプレイ環境についてのいい考察を得ることもできた。この件については開発としても非常に真剣に取り組んでおり、パフォーマンス最適化についての完全専任チームを設置している。ヒット判定の改善や、非同期インスタンスの数を可能な限り減らす努力を重ねている。各武器のバランスとパフォーマンス調整についても、武器の扱いや実動作についてのすばらしい意見のおかげで、常に最優先事項として意識している。

 


■この調査から期待できることは?

 

まず、一番重要なのことは、開発陣はサーバーパフォーマンスの改善とゲームプレイ予測に多額の資金を投入している。プレイヤーが可能な限りいつでも最善のプレイができるよう、待ち時間の改善、ネットコード、総合ゲームパフォーマンスには恒常的に取り組んでいる。
ガスの挙動、武器のバランス、ルートの配分、クラフトの調整と工夫についても将来行う。これらの仕組みを簡単に継続的に調整できるよう開発内でフレームワークを構築中で、すべてのプレイヤーにとって総合的なゲームプレイが改善されるようになる予定だ。将来的に開発陣が実験しようとしているテストパターンと同じくらい、プレイヤーからの意見はこれらの最適化の手がかりになる。

 


■Pre-Season 3で実施するスコア調整について、なにか決まっていることは?

 

Pre-Seasons1と2から得た総合的なプレイヤー意見から、キル自体があるべきほどスコアに影響していないという結果が出ている。まず、キル数が純粋に順位に最優先で影響されるよう変更予定だ。開発陣としては、「最後まで生き残った者」がこのゲームの主要素であることを強調したい。プレイヤーの意見で際立ったのは、これまでのシーズンで実施していたスコア算定方法では、交戦する動機付けに失敗しているため、積極的に交戦しようとするモチベーションが出ないということだ。本来これらが各試合でのもっともスリルある場面になるはずなのだが。
この意見への対応として、スコア算定方法についていくつかの重要な目標を立てている。

  • “King of the Kill”としての価値を維持する。
  • スコアについていくつかの縛りをかける。
  • 試合開始から終了までのキル数の価値を集約し、いつカウントされたものであっても、キル数が常に相応の価値を持つようにする。
  • スコア中のキル数の占める割合を総合的に上昇させる。
  • キルスコアの高いプレイヤーは、順位を飛び級できるようにする。(また今までのシーズンでの成績は考慮されない。)1位のプレイヤーは除外。

この変更がプレイヤーにどう影響するか非常に気にかけている。もし成果がでたら(でなくても)、ぜひお知らせするつもりだ。加えて、スコアの原データを公開することを約束する。

こちらを参照。
http://bit.ly/preseason3

 


■プレイヤー意見をどこでよくチェックしているか?

 

公式のsubredditを時間をかけてチェックしているし、Twitterでの直接届く意見も見ているし、Twitchの配信もほぼ1日おきに見ている。開発陣はユーザー意見を常にチェックしているが、すべてに返信はできない。ただ、必ずチェックはしている。公式Discord(SkypeとTSの中間のようなVCツール)も、開発と連絡を取ったり質問したりするいい方法だ。

 


■次以降のシーズンで何が予定されているか?

 

スコア算定についての再考と、各シーズンに褒章として配布するものの選考だ。チームスコアの算定も優先して扱いたい重要事項だし、前述した現在進行中のゲームプレイについての数件もだ。最終仕様に近いものが固まってきたら、更なる詳細をみなさんにお知らせする。シーズンプレイについてもとても楽しみにしている。

 

 

開発に意見を提出しますか?
最新の調査はこちら。
https://www.surveymonkey.com/r/devdiarykotk
Pre-Season 3の褒賞などのご意見を募集中。

AD
Game Update for February 14th【Just Survive】
2月15日    - DBG_RADARX

■元記事
元記事はこちらから(公式サイトへジャンプ)


やあサバイバーの皆さん!

昨年12月の最終アプデ以降、がんばって取り組んでいる件について、ついにみなさんへお知らせできるようになった。本日更新予定のパッチで、拡張クオリティを実装し、これにより100件以上のバグ修正と新要素が公開!また、天候システムの基礎になる新しい光調基準線システムを追加する。
コミュニティ内の多数のユーザーたちが、このアップデートおよび新要素と新システムの実装を心待ちにしているようですが(特にthe Community Outbreak内で先週行った内容を見てくれていただいた以降)、このトークショーでも発表したとおり、まだ準備完了とは言えないところがある。まだ開発陣にとって分岐点となるようなところがあり、最終的には第二新トウキョウ市部へとこまを進めることができると思うが、「まず直す。見た目は後から。」。開発陣は、みなさんにってこれらの新企画がよりよいものになるよう、このJSゲームの基礎部分に引き続き取り組み、今回のようなQoL(Quality Of Life、住環境)に関する拡張がそれを可能にしてくれると信じている。

ご存知のとおり、過去数ヶ月の間、開発陣はゲーム内要素の優先順位について再考・見直しを行った。本年実施計画中の全内容について詳細を公開できるのは決して難しくないが、そうしてしまうと、実装当日のサバイバーの楽しみを丸ごと奪ってしまうと思っているので、そんな開発陣にはなりたくないと思っている。
プレイヤー側に立ったとき、そういうのはとてもイライラするというのは承知しているが、なぜこういった新要素の発表のやり方が、開発陣の責任としての一環になるのか、ご理解いただけるとありがたい。

ユーザーからの意見にはいつも驚かされており、開発陣全員が、引き続き更なる意見を出してくれるよう願っている。以下は以前もお伝えしたとおりだが、あえて再度お伝えさせてもらう意義があると思っている。
全件について返信することはできないけれど、個々の投稿についてはすべて目を通している。このコミュニティのみなさんの熱意をいつもうれしく思っていて、これらの更新事項が開発陣にとってのインパクトと同じくらいユーザーのみなさんにもインパクトを与えてくれるものになると願っている。今回のアップデートが、開発陣にとってこのゲームがいかに大切かを、ユーザーに対して行動で示せるように。

いつもご協力いただき、改めて感謝申し上げる。ぜひアップデートをお楽しみに。

Lan
[H1Lan]
 

■ゲームアップデート内容:
  • 新しい光源要素と光の広がり効果
    夜や室内光源がより暗くなり、光の広がりの見え方が改善する。フラッシュライトを持って試してみていただきたい!
  • ゾンビの新ナビゲーションシステム
    ゾンビがより賢いルート選択をするようになり、より攻撃的になる
  • 新しい低ルートサーバーの実装
    ・Deadwood - Low Loot (US)
    ・Sparta - Low Loot (EU)
    上記2件の新サーバーについては、低ルート設定(アイテム沸きが少ない)となっていて、よりシビアなサバイバル体験ができる。
  • 訪問者への入室許可
    拠点内のドアを正しいパスコードで開錠できたプレイヤーを、自動的にVisitorとして登録するよう変更
  • Lead Pipeが融解可能になり、Lead Alloyが生成される
  • 調理器具が収納限界数を持つよう変更
  • 弾丸の沸き方法を変更し、かたまって沸くのを減少
    ただし、弾丸の総沸き数は減少させておらず、ルートできる数自体も減少させていない)
  • Chain link fencesが近接武器で破壊できるよう変更


■ゲーム内パフォーマンス改善と最適化
  • Certain dynamic objects renderシステムを改善し、クライアントPCのパフォーマンスを向上
  • 建築基礎の構成要素を最適化し、クライアントPCのパフォーマンスを向上
  • 時限要素のあるアイテムを最適化
  • 調理器具、IED、作物等。サーバーのパフォーマンスを向上
  • 作物の描画システムを改善し、クライアントPCのパフォーマンスを向上
  • ゾンビのナビゲーションシステムを改善
    ゾンビの挙動を改善し、システムが効率よく扱えるよう変更


■グリッチ等の対策
  • 引き続き、公平・不正なプレイについて対策を実施
  • 病院のエアドロップクエストに、インベントリ内にクエストアイテムを持ったまま入れてしまう問題を修正
  • レンチで車両のタイヤをたたくと耐久度が減らなかった問題を修正
  • 一度に複数の動作キーをたくさん押すことで、upper shelter wallに対し、キャラクターがひっかかっていた問題を修正
  • RampやExpansion部分の上においたFurnaceがダメージを受けていなかった問題を修正
  • 所有権のないDeckにTorchが置けていた問題を修正
  • Punji sticksがドア越しにもプレイヤーにダメージを与えていた問題を修正
  • DoorとGateが後ろに置けていたグリッチを修正
  • いくつかの基礎建築アイテムを重なるように建築した場合、プレイヤーキャラクター同士がその上で重なることがあった問題を修正


■バグ修正
  • エモーションの修正
    特定のアカウントのプレイヤーで、エモーションが止まってしまっていた件を修正
  • ゲームがクラッシュしデスクトップに戻される件を修正
  • 時限要素のあるアイテムで、調理・爆発・成長が本来よりも若干遅かった件を修正
  • 銃の装填動作をした際、装填完了したように見えるのに、空撃ちになってしまうことがあった件を修正
  • Corn masがMoonshineにできなくなっていた件を修正
  • Fertilizerが、作物が収穫できる前に消費されつくしてしまっていた件を修正
  • Crumpled notesを落とすと、Battered trash canに変化していた件を修正
  • 拠点内排除システムが、base permissionを持たないwhite-list server adminまでをも排除してしまっていた件を修正
  • 水の中で、車両が微妙に動いていた件を修正
  • Deckの端をターゲットしていると建築物の許可権限リストに上がってこない件を修正
  • Shock trap FXが、最初だけでなく、2回目以降も毎回プレイヤーに反応するよう修正
  • Punji sticksがおかしなダメージを与えていた件を修正
  • Various tool tipsについて、機能と特殊なレシピの説明を追加
  • 3認証視点のPOVの角に隠れたプレイヤーの頭が、表示が消えたまま元に戻らない件を修正
  • Flashlightが、角に隠れた後つかなくなってしまう件を修正
  • 雲が沸く/カクカク進むことがあった件を修正
  • 雲が異常に早く広がったり縮小したりする件を修正
  • BBQとfurnaceについて、描画FX関連の問題を修正
  • 新ゾンビのナビゲーションシステムがCQCおよびplayerの行動に干渉してしまっていた件を修正
  • Macheteが正しく溶解していなかった件を修正
  • 一時的にNight vision gogglesを削除
    前方の可視機能が正しく動作するまで。
以前公開していた こちらこちら のレベリング用テストMapとは違う作成者のものです。

こちら からTesting Mapのデータをダウンロードできるみたいです。
Steamのウィンドウからこのページを開いて、緑色のサブスクライブボタンを押すと自動でダウンロード・インストール)

2017/02/01に使用者からの書き込みがあるので、現在でも使える?模様。
ただしレベリングMap(いわゆる経験値稼ぎMap)ではありません。
あくまでも練習用Map。

以下翻訳です。


■このMapについて

このマップはよりShooting Range mapのような感じだ。KF2においてはきちんとしたエイムや、スパムのようなM1撃ち、RNGも非歓迎ではない。この点は私がKF2にずっと失望している証拠だ。敵を倒す技術に、PSや練習が必要な面白みやコンボ要素がまったくない。KF1の偉大なテストマップに触発されて作成したSomeTestMapは、車椅子のペダルくらいの役には立つ。理由はなんであれこのMapを使ってみたいと思うのであれば、このMapの特徴は以下のとおり。
  • Traderからいつでも武器を購入可能
  • プレイヤーは即リスポーンする
  • Faked Player(NPCの味方キャラ)の追加・削除が可能
  • ダメージ表記とポップアップ表示
  • Demigodモード(いわゆるゴッドモード)
  • Healthが瞬時に最大まで回復
  • Armorの耐久度が瞬時に最大まで回復
  • 残弾数が瞬時に最大まで回復


■開き方
  • ソロの場合
    KF2を起動し、コンソールを開いて以下のコマンドを入力する。
    open KF-SomeTestMap?game=SomeTestMap.SomeTestMap
     
  • サーバーの場合
    割愛


■使い方

ミニZed人形の前で”使う”に設定しているキーを押すと該当のZedがスポーンする。
ScrakeとFleshpoundの部屋では、ミニZed人形の前に立つか、またはスポーンポイントのほうを向いて”使う”に設定しているキーを押すだけでスポーンする。

また以下のコマンドが使用可能。
  • STMOptions :
    メニューを変更するためのオプションを開く(Faked Player(NPCの味方キャラ)の追加・削除
  • Demigodモード(いわゆるゴッドモード)のON・OFF
  • STMKillZed :
    エイムしている全Zedを消滅させる
  • STMKillZeds :
    全Zedを消滅させる(サーバー管理者のみ可能、iniファイルの設定でこの機能を使えないように設定できる)

これらのコマンドをいずれかのキーに割り当てて活用しやすくすることをオススメする。
割り当て用コマンドは以下のような感じ。
setbind <key> STMOptions


■メモ
  • custom gamemode (game=SomeTestMap.SomeTestMap)で起動していない場合、上記の機能はほとんど動作しない。
  • 本MapはKF2の最新ビルド(バージョン)で動作する。
  • 'Shared Content'武器についてはTraderから購入することはできない。(所持しているプレイヤーがTraderにアクセスすると可能になる。該当武器の例:Zweihander)ただし拾うことはできる。
  • 難易度の設定:0=Normal, 1=Hard, 2=Suicidal, 3=HoE
  • 設定用コマンドの例は以下のとおり。
  • open KF-SomeTestMap?game=SomeTestMap.SomeTestMap?Difficulty=3
  • 代替ダウンロードリンクはこちら
    http://forums.tripwireinteractive.com/showthread.php?t=112900
  • 本Mapでは経験値を取得不可能で、レベルアップもできない。


■Credits

To Marco;
This map uses his code for player respawn, damage messages and damage popups from the Server Extension mod.
To scary_ghost;
The options menu code is largely based off of his code in KF2ServerAchievements.


■バージョン情報

Version: v1.4
Release Date: 20/11/2016