あなたの人生が一瞬で変わるビリーブス田中のブレインアップデート

次世代グローバルリーダーとなるビジネスマンやフリーエージェント、自分らしさを追求する女性へブレインアップデート・メソッドを提供しています。

ベルビリーブス田中のブログへ ようこそ!
人生を変えたいと思っている方には役立つヒントが豊富にあると思います。

私自身がどのように人生を変えてきたか」は、こちらをご覧ください!
●ホームレス物語👈クリック
たった5分で悩みを解消させてしまう
オンサセラピストになりたい方は
心と体の両面から自在にアプローチできる
プログラマー養成コース👈クリック
メスの要らないプチ整形「顔も心も大変身!
リフトアップ・セラピー資格認定コース👈クリック

👇リフトUPセラピー     👇「メルマガ」登録はこちら
  


テーマ:

マブリットキバの生みの親、畠山吹雪さんと飲んで凄い話を聴いてしまった。

それは、「リアル・もものけ姫」「リアル・カムイ外伝」とも呼べる内容だった。




実は、畠山吹雪さんは、捨て子で、5歳の時に山に捨てられていた所をを マタギ衆に拾われ育てられたということだった。

人里離れた山の中に住んでいたマタギ衆は男ばかり10人位の集団。

(写真はイメージです)


最初に言われた言葉が
「いいか、お前を日本一のマタギとして育てたやる!
だから、これから脳と心と魂を分けて考えろ!

脳で考えたら、“良い/悪い”に縛られる。
心で考えたら、感情が乱れる。
魂で考えたら、今本当に何が必要かが分かる!」



それから畠山さんのマタギとしての英才教育が始まった。

山に入る時は必ず冷たい水を頭から被って、禊(みそぎ)をする。

その時に心が鎮まり「イケル!」と思った時には山に入る。
しかし、心が乱れていたり、頭の中のごちゃごちゃが治まらないときは危険なので、山には入らないのだった。

自然界は弱肉強食の世界である。

だからこそ、マタギ達は、精神を整え、全てを俯瞰できる魂レベルの意識状態になってこそ、初めて獣達の頂点となって命のやり取りが出来るという事だ。

そして常に「中心はどこか?」ということを見極め、
中心を捉えることで、全てを自分の手の内におさめるのだった。

山に入る時も、山の中心を捉えれば、動物たちがどういう方向に動くのかが掴めるのだ。

そして、そこに罠をかけておいたり、待ち伏せをしていることで、仕留めることができる。

そして、トドメを刺すときも、獲物の中心を見つければ一発で息の根を止めることができるのだ。

自分自身が中心を捉えることで、
全てを手中に納め、エネルギーを自在に操ることができる。

これを「引き込み」と呼ぶそうだ。

獣の方に中心を取られ、人間の方が獲物として引き込まれるのか、
自分が中心を捉え、獣を引き込むのか、

それは、高度な精神の闘いだ。

とくに畠山さんが育ったマタギ衆は、誇り高きマタギで、滅多な事では猟銃は使わない。

ほとんどは山刀一つで向かうのだ。


マタギは、精神を整え、魂レベルの意識状態から弱肉強食の動物界の頂点に立つ存在として位置づけることを通して、躊躇することなく獲物を捉え命を奪うことができる。

それは、マタギは、「全体の生態系のバランスを取る為に狩りをすることを許された存在である」というアイデンティティがあるからだ。

この時、心や脳で考えたらブレてしまう。
だからこそ、いつも魂のレベルで物事を捉えることが必要なのだ。


マタギの技は、代々口伝として言い伝えられている。

そして、一人前と認められると
「オオカミのキバ」をその印として与えられ、首から下げるのだ。

オオカミは、日本の動物界では、最も強い存在として位置づけられている。

この為、例え死んでキバだけになったとしても、そこから発する周波数は、敵を寄せ付けず、自分の身を守ってくれるお守りになるからだ。

更に、マタギ衆は、それぞれ
「目」「耳」「鼻」「内臓」など、名前と役割が決められている。

そして、まるでイワシの群れが、全体で大きな魚にように動くように、皆んなで一体となって動くのだ。

まさに周波数の共鳴だ!



更にこの後、マタギの驚くべきエピソードを聞くことになる。

お楽しみに!

                      《つづく》


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
震災・津波・原発事故など、極限状態に追い込まれながらも、取り乱すことなく皆んなで協力し合う日本人の姿は、世界を感動させました。


これは、同じ日本人としてとても誇らしいことでもあります。

しかし、物事は何でも陰陽二つの側面を持っています。

私たちはどうしても「いい所」ばかりに光を当て、闇の部分にはフタをして見なくて済むよう、無かったことにしたがります。

しかし、極限的ストレス状態におかれた被災地の現場では、そんなにキレイ事だけで済まされるような状況ではなかったようです。

目の前で家も家族も友達も津波に飲み込まれ、その叫び声がいつまでも耳に残ったり、浜には亡くなった人達の遺体が打ち上げられ、その中に自分の家族の姿を見つけたり…。

そのようなことが続くと、私たちの感覚センサーは次第に麻痺してきます。

そうなると、何も感じられなくなり、だからこそ、もっと強い刺激を求め、強い刺激を受けることで益々感覚が麻痺していく…。


そんな中で、被災地では、救援物資の列に大人が割り込んだり、
影で子ども達やボランティアできた女性にいたずらをしたり…

そんなことがあったとしても、その現場にいない私たちが裁くことができるでしょうか?

また、同じような状況に置かれた時、「自分だけはそんなことは決してしない!」と果たして言い切れるでしょうか?

そんな中、立ち上がったのが「マブリットキバ」でした!

そして、割り込んでいる大人の元に行って


「こら! お前割り込んだな! そのようなことは、このマブリットキバが許さんぞ!」

もし、同じ人間が言ったならば
「俺だって腹が減って死にそうなんだ!
    そんなことキレイ事言ってられるか!」

と反撃してきたかもしれません。
そうなると、同じ人間の畠山さんとしては、その人の気持ちも分かるが故に、それ以上突っ込むことが出来なかったことでしょう。

しかし、
畠山さんは、マブリットキバのコスチュームと仮面を付けることで、人間を超越した存在として身を置く事ができました。

それによって、相手も我に返って、素直に自分の過ちを認めてくれたのです。 


いたずらをされた女性も、普通なら誰にも言えず泣き寝入りで終わってしまい、いつまでもその傷を引き摺ることになっていたかもしれません。

しかし、マブリットキバが懲らしめてくれたお陰で、
そのことは過去のこととして終わらせ、今を生きることができるようになったのです。



どんなに素晴らしい事、理にかなったことだとしても

同じ人間同士の言葉だと、どうしても反発したくなることがあるものです。

しかし、人間でない存在から
「人間として何が大切なのか」を説かれると、
素直に耳を傾けられたりするものです。


私は、このことを「目覚めのアニメ」を通じて感じました。


震災・津波で愛する人達を亡くした事は、とっても辛く悲しいことだと思います。
肉体を持った人間としての視点では、それは当然のことであり、その感覚感情を味わう為にこの肉体があるともいえます。

だからこそ、無感覚・麻痺させるのではなく、その感情を十分味わい切る事で、下がった波が上がって行くように、感情を切り替え、破壊のエネルギーを創造のエネルギーにシフトさせて行く事ができます。

だからこそ、起きた事を祝福していく視点が必要になってきます。



こども達は、このことに気づき始めているのではないでしょうか?

「被災地 山田町復興物語1」でも書きましたが、

「子ども支援ボランティア」から言われた「過去の山田町の再現」に反発した子ども達は、マブリッドキバの元を訪れました。

そして、「どうせ創るなら、未来に自分達で本当に創り出したい町にしたい! そして、私たちに勇気をくれたAKB48グループメンバーとの絆を形に残せるようにとジオラマの中にAKB48のお店やステージを作成したのです。

私は、これだけの試練を体験し乗り越えた東日本の子ども達の中にこそ、次の時代を担うリーダーが現れると確信しています。

そして、その子達によって東日本の大人たちが目覚め、
東日本の人達によって、西日本、そして日本全体が目覚めて行く。

そして、日本人が本来の日本人精神・武士道精神

を取り戻した時、
世界全体が目覚め、新しい人類の進化が始まる…。

と本気で思っています。



私は、山田町を訪れ、この子ども達が自ら創ったジオラマ、そして「正義の味方」でも「悪の味方」でもなく
子ども達を守るヒーロー「マブリットキバ」の存在をする事で、
「行ける!」と思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



「マブリットキバからみんなへ」

マブダチのみんな、そうじゃないみんな。いつも応援ありがとう、マブリットキバだ。
3月11日、オレの、みんなの住む岩手県は大きな地震を受け大きな傷をおった。
そのあと、大きな津波が沿岸に押し寄せ、多くの大切な命が犠牲になったんだ。
オレも大切な友人や応援してくれていたお友達、多くの大切な人を失ってしまった。
みんな、本当にすまない。いつも守るなんていっていて、オレは守れなかった。
マブダチのみんな、亡くなってしまった人々、本当にすまない。
でも、悲しんでばかりじゃいけないと思ったんだ。生きている命がある、
その命の為に、オレが出来ることがあれば命を賭して働きとおすつもりだ。
亡くなった大切な人達、本当にすまない。
今は生きている命の為に働くことを許してほしい。
今、オレは沿岸地域の支援や元に戻すために被災地で働いているぞ。
みんなのお父さん、お母さん、家族、国の人たち、お手伝いの人々、
いろんな人たちが、お互いに支えあって、つながって命を守っているんだ。
オレは鬼だから人じゃない。
でも、鬼だからこそ、痛みや悲しみはとてもよくわかるんだ。
命は素晴らしいんだ。
人は他人の為に傷を負って、守り、泣くことができる強さをもっているんだ。
苦しいし、つらいと思う。泣かずにいられるものか、みんな傷だらけだ。
しかし、最後には人は人を信じるしかないんだ。
何もなくなったとしても、最後に残るものはお互いを想う優しさと愛なんだ。
オレは守れなかった。
もっとみんなに防災や安全について教えておくべきだったと毎日後悔している。
オレはヒーローじゃなかった。
だからオレは「ローカルヒーロー」という称号はみんなに返すぞ。
命を守れず、安全なところからしかモノをいわない自己満足のヒーローなんてオレはゴメンだ。
そしてこれからオレは、体が動く限り、被災地へ行って困っている人たちの手となり、
足となって働くつもりだ。
今のオレは困っているみんなのかわりになって働く「道具」でいたい。
それがオレが見つけた答えだ。
オレはみんなと一緒にはたらいて再建と復興をしていくぞ。何年、何十年、何百年かかってもだ。
必ず再建しよう。必ず復興しよう。約束だ。これからオレは復興の鬼になる。
みんなも人を信じるんだ、自分をあきらめちゃいけないぞ。人の目をみるんだ。
自分が生きている事を忘れちゃいけないぞ。目には見えないけど命は必ず繋がっているんだ。
かならず前よりも美しいふるさとを取り戻そう。
そして先人や旅立っていった命を安心させような。
ゆっくりでいい。命ある限り、一緒に歩いていこう。永遠の約束だ!
                 復興の鬼 守人牙 マブリットキバより

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
こうして、ご当地ヒーローとして活動していた「マブリットキバ」の生みの親である畠山さんは、NPOいわて・郷プロジェクトを立ち上げ、震災後の2011年3月20日から現在まで、東日本大震災において津波被害が大きい岩手県沿岸地域の一つである「山田町」の専属として、災害復興支援組織を構成し学校支援と再建復興作業に勤めているのでした。




「「マブリットキバ」の生みの親であり、子ども達のよき相談役でもある畠山さんは、山田町にまつわるいろいろなエピソードを聴かせてくれました。


そもそも「マブリットキバ」の 「まぶりっと」とは、どんな意味なのでしょう?

実は、これは英語ではなく、岩手の方言だそうです。


岩手の方言で「守る」を「まぶる」と言います。そして
まぶりっととは「守る人」という
意味なのです。

   家をまぶる。
   田畑をまぶる。
   お墓をまぶる。

 岩手県出身の方なら聞いたことがあるのではないでしょうか。そして若い人たちが働きに出る中、農家の留守を守り、家に残る子供たちのめんどうを見ながら、暮らしの知恵を伝えたおじいちゃん、おばあちゃんはまぶりっと」と呼ばれました。

                    《つづく》

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

被災地 岩手県山田町に行ってきました。

今回は、AKB48の生みの親の一人でもある戸賀崎さん、藤井鉄也さんとご一緒させて頂きました。

左が戸賀崎さん、中央が畠山さん(マブリットキバ)、右が藤井鉄也さん


「AKB48の生みの親」といえば、一般的には秋元康さんと思われていますが、実際に現場で0から創り出したのは、元総支配の戸賀崎さんや藤井さんでした。

今でこそ知らない人はいないといってもいいほど有名になったAKB48も、最初は、秋葉原でたった7人の観客から始まったそうです。

そこから現在に至るまでのムーブメントを起こした戸賀崎さんが、以前からずっとやりたかったことが「町づくり」なのです。

震災からAKB48は、被災地山田町に定期的に応援に入り、家族や家・財産を失って絶望的なまでに気落ちした山田町の人達を勇気づけてきました。






私は今回、現地に乗り込んでみて、関係者の方から、
普段聞けない生の声、エピソードを聞く事ができました。

とても感動的なエピソードばかりで、一度には書ききれませんので、これからしばらくの間 連載させて頂きます。

         *   *   *

山田町には、これまでも沢山のボランティアの方が支援に来て下さったそうです。

どなたも、「被災地の人達を何とか応援したい」という善意から発した行為ではあるのでしょうが

「可哀相に…」という同情からの支援は、
かえって子ども達を卑屈にさせ、勇気をくじくことになっていました。

そして、その支援の見返りに、
「“子ども達の笑顔の写真” “子ども達からのお礼の手紙”を送って欲しい」との依頼にも、子ども達も疲れ切っていたそうです。


そんな中、「AKB48にお礼をしたい」
という声が子ども達の方から自発的に上がったそうです。


先生は、「これはチャンス!」

とばかりに、敢えて
「そんなにやりたいなら、自分で調べてやりなさい!」
ということで、手を貸さなかったそうです。


そんな流れの中から、ジオラマが生まれたのです。

当初、ある「子ども支援のボランティア団体」が、
子ども達にジオラマを創らせたそうです。

しかし、それは「元の山田町を再現させる」
という目的のものでした。

子ども達はこれに反発を覚えました。

一度壊れてしまったものを元に戻そうとすると
どうしても過去に引き戻されてしまいます。

そして、「ここには私の家があったのに、なんでないの!」
「僕の家の土地はもっと広かったはず!」

など、「正しい/間違っている」の世界に引き戻され
争いが生まれてしまうのです。


ここで、子ども達を救うヒーローが登場しました。


それが、
岩手県のご当地ヒーロー 「マブリットキバ」でした。


マブリットキバは、震災直後からボランティアとして山田町に住み込んで支援をされている畠山吹雪さんが扮しているものです。

この衣装はなんと畠山さんの手作りだそうです。

ご当地ライダーとして岩手県では人気があり、東映からも仮面ライダーと共演依頼が来たほどだそうです。

さて、「子ども支援ボランティア」から言われた「過去の山田町の再現」に反発した子ども達は、マブリットキバの元を訪れました。

そして、「どうせ創るなら、未来に自分達で本当に創り出したい町にしたい! そして、私たちに勇気をくれたAKB48グループメンバーとの絆を形に残せるようにとジオラマの中にAKB48のお店やステージを作成したのです。

▼こんな子ども達が自ら企画して創り出したのです!


▼AKB48のお店、これも手作りです!

▼ステージまで創られています!


さあ、ここから感動の物語が始まります!

                 《つづく》

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

FMふくやま「ありがとうの広がる町」に生出演してきました。

番組の中ではセルフ・リフトアップセラピーをお伝えして大反響でした。
その時の音声と画像をYouTubeにアップしましたのでご覧ください。
音声を聞きながらセルフ・リフトアップセラピーをするだけでも、あなたの人生が変わるキッカケとなることでしょう!
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード