一畳プラレールのぺたぞうさん以下、けいぷら&協力チームが総力結集した、今年のJAM。無事終了しました。

昨年は、「ジャムってなんですか?」といっていたわかば&みどり。今年は、設営・撤収を含めて計3日間も足を運んでまいりました。
たーくさん学ばせていただきました。ありがとうございます。

みどころ満載でしたし、一眼レフ等による美しい画像は、後日メンバーの方々やご来訪の皆様がアップされると思いますので、こちらでは、速報的にご紹介します。

とにかく、大人の豪華(=高価)な鉄道模型は触れない。プラレールゾーンは、触って遊べる!そんなわけで、会期中もずーっとちびっこ中心に、お客様が途切れることはありませんでした。



わかば一押し!
photo:01

トーマスなどが走るエリア。さりげなくプラレールのパーツを使いつつ、ウエスタンな?風合いを醸し出しているレイアウトがナイスです。こういう場面で、小物を使うグループも多いのですが、できるだけオリジナルパーツをデフォルトのまま(接着したりカットしたりしない)使うのが特徴です。


トーマスといえば、チャギントンですよね!
photo:02

たくさん走ってました。
改造車両もいっぱいいました。


そして、ハイパーガーディアン グランドガイナーの連結。
photo:03

一畳プラレールではおなじみかな?しっぽが可愛かったのですがうまく撮れずに残念。


少し前から定番になっている、赤い橋脚の滝のようなエリア。
photo:04

3次元なので動画でご覧いただくのが一番良いのですが、右側も左側もとってもきれいなんです。もちろんすべての線路は電車が走れます。
わかばもこのエリアの組み立て、ちょっとお手伝いしました。


圧巻のモノレール島
photo:05

この写真だけで、少なくとも7編成位のモノレールが走っています!
一番上のディズニーリゾートライン25周年記念限定モデル。ああ、ディズニーランドで買えばよかった!といまだに後悔しきりなのです(一緒に行った友人は、ショップで即買いしてたんですよね・・・)。レールの組み方&アクセントカラーにも注目です。


プラロード・トミカ島
photo:06

車両が映ってなかったですね。あら。


プラレール・アドバンス島。
photo:07

ここだけは、触らないでねエリア。高架レール(グレーの幅広のもの)の長さ違い(=複線用)をさりげなーく使って、4本並走可能なレイアウト。
通常は、アドバンスを立体化するのはとても難しいのですが、さらりとこだわりパーツを駆使して実現しています。
みどりもこちらのレイアウトで、じっくりアドバンスを学んだようです。


正統派?、一畳プラレール。
photo:08

写真奥のもうひとつの一畳プラレールとつながってます(爆)。こんなに複雑なコースですが、メインは一編成しか走れません!行って帰ってくるのに何分かかるかしら???


これも圧巻!プラロード大鉄橋MAXIMUM
photo:09

わかばも大好きな、オレンジのプラロード大鉄橋。家では1セット組み立てるのもどうなの?というビッグなサイズが、でっかいもの大好き!なメンズたちの心をくすぐるセットです(笑)。今回は一畳プラレール最大級のロング鉄橋が出現。ここに写っているだけでも7連です!鉄橋上をするすると走っている電車が、新800系つばめの6両編成であること考えると、この鉄橋がいかに長いものであるか、ご想像いただけると思います。
支える橋脚は、旧餘部(あまるべ)鉄橋並w。

photo:10

とにかくスケールが大きいこと。
一つ一つの島が、特徴あるテーマになっていること、など、盛りだくさんなでんしゃ王国でした!


AD

コメント(2)