五山の送り火と広沢池灯篭流しボランティア

テーマ:

書くよ書くよ詐欺師のみんちゃんです。

台湾旅行書かずにすみません。時事ネタなのでお先に失礼しますアセアセ
 
 
本日の8月16日、京都は五山の送り火の日でした。
 
うちは右京区にありまして。(北にある御所から見れば右にあるから右京ね!)
 
ご近所に広沢池という溜池があり、送り火の灯がともり始める7時に合わせて灯篭流しが行われます。
 
 
 
いつもの広沢池はこんな。
今日のお昼に撮影しました。
 
 
これが夜には、赤・黄・緑・青・白の5色の灯篭がたくさん浮かびます。(✳️最初「紫」と書いていましたが「緑」だったので訂正いたしました。)
 
実物は、3千もの灯篭が夜の水面に浮かび、とても幻想的な美しさなのですが、写真に撮るとその魅力が一万分の1だって伝わらないもどかしさよショボーンタラー
 
 
広沢池からは⛩️鳥居型の送り火が8時20分頃に灯るのが見え、送り火と灯篭の両方を愛でることができるため、この時間になるとたくさんの見物客で溢れます。
(⛩️型も撮影しましたがひどいブレブレ写真で⛩️の原型がなく、やむなく掲載断念えーん
 
 
こんなわが地域の夏の一大イベントなのですが、この夏はひと味違います口笛ルンルン
 
 
今年はすみれちゃんがボランティアとして参加いたしました\(*⌒0⌒)b♪
 
 
 
本番当日以前にも、事前に供養を受付した戒名や法名をまとめ、台帳を作るお仕事を遍(あまね)く照らすという意味を持つお寺、遍照寺(へんしょうじ)さんでさせていただきましたチョキ
 
 
受付済みの戒名が書かれた原紙は、当日の施餓鬼供養で読み上げられるため5つずつ戒名が並ぶように台帳化するのです。
灯篭には、そのコピーを1つずつ貼り付け広沢池に浮かべます。

みなさまのご先祖様に対する大切な思いが込められています。
丁寧に、慎重にね❗
 
 
そして本番の今日は、池のそばにある兒(ちご)神社で朝から灯篭作りに勤しみました。
 
 
 
KBS京都ラジオさんが取材に来られてましたよ。
住職さんやアナウンサーさんと記念写真カメラ
すみれちゃんは恥ずかしくて取材からは逃げちゃいました(強火の人見知りもやもや
 
 
夕方には灯篭にろうそくと戒名を取り付け、舟に積み込む台にセットしていきます。
 


 
午後7時にはすっかり空が暗くなり、灯篭流しスタートです。
当日もたくさんの受付があって、急ピッチでどんどんセットしていきます。すみれちゃんも大忙しびっくりアセアセ
 
その隣では、受付した仏様のご供養が終わるまで、ご詠歌が唱え続けられます。
 
夜9時前に、やっとこ終了です。
ご先祖様方はつつがなくあの世へお帰りになったでしょうか。
 
ボランティアのご褒美ということで、最後に灯篭を運んでいた舟に乗らせて貰いました。
一緒にボランティアした男の子とパチリカメラ
 
1日お疲れ様でした。
 
 
ずっと立ちっぱなしで疲れて食欲ないと言ってたけど、帰宅してお風呂入ったら猛烈にお腹減ってたのを思い出したようですニヤリ
たくさん食べて、楽しみにしていたドラマ「過保護のカホコ」を見てバタンキューと寝てしまいました。
 
 
今日1日くるくるがんばって働いたすみれちゃん星
忙しいけど充実していて、とってもいきいきキラキラキラキラキラキラしていました。
その証拠に「今日の私はリア充だー爆笑ラブラブと言いながらごはん食べてましたもん音符
きっと世話役の皆さんが色々とお声かけくださったのだと思います。
自分のがんばりが役に立った、認めてもらえたと実感できた喜びは得難い経験だったと思います。
この夏、すみれちゃんがボランティアに参加できて本当に良かったおねがいハート
 
 
明日も早朝5時から池に浮かんだままの灯篭の回収作業が待ってますよーアセアセq(*・ω・*)pファイト!
 
AD