横浜大口商店街 美容室ロディーナ代表 吉川光洋のブログ

こんにちは!
横浜市の大口でロディーナって美容室をやっている吉川光洋です。
このブログは美容室経営者の視点でのボクの考え方、お店やスタッフに対する思い、あとは好きなコトを書いてます
このブログを見てくれた人にボクの事が伝わればいいなって思って書いてます


テーマ:
 
 
ロディーナはチェコ語で家族って意味です。
でもチェコには一度も行ったことはないし、特に思い入れもない。
 
店名を家族って想いを込めた名前にしようと奥さんと決めた時に、いろいろと調べてみたら、英語だとファミリーとか、イタリア語だとファミリアだったかな。5年以上も前のことだから忘れちゃったけどファミなんとかってのが多かった中でチェコ語だけはなんとなくそれなりだったから「ロディーナ」にしようって決めました。


こんにちは
キッカワです。
 
店名「ロディーナ」に込めた想い・・・
最初は夫婦2人、家族で始めるつもりだったからって感じでした。それもあるけど、オープニングスタッフが1人入ることになって「スタッフともお客さんとも家族のような関係になれたらいいな」って意味合いを付け加えた。
ロディーナにはそんな想いが込められています。
 
なんで家族ってつけようって思ったんだろう?って自分自身の過去を紐解いてみると、そこにはボクが大切にしてる事や好きな事に対するルーツがありました。
 
ボクの好きなことは
競馬が好き。スポーツ観戦が好き。海が好き。
そして、家族が好き。
家族が好きなんていったら「誰だってそんなの当たり前だろ」って言われそうだけど、実際そうなんだからしょうがない。多分これは母親の影響なんだろうな。
 
 
ボクは幼い頃に父親を亡くしています。
小学校3年生でした。
 
幼かったから正直父親ってどんな人だったのか、どんな声だったのかよく覚えていません。
覚えてることって言えば、魚釣りが大好きで、よく近所の海に連れてってもらってたこと。町内のおじさんたちとやってた草野球にもよく連れてってもらって、父親の背番号は16番でポジションはキャッチャーだったこと。日曜日の朝に近所のタバコ屋に父親が吸っていたチェリーってタバコとと炭酸飲料のスプライトを買いに行かされてたこと。夜はいつもお酒を飲んでたこと。飲んでるお酒はいつもサントリーのオールドだったこと。町内の行事には積極的に参加しててピンクのスーツを着て司会をしたり、町内のおじさん達とナースの格好をして盆踊りをしていたこと。町内の行事の打ち上げではいつも酔っぱらっていたこと。
そういう場にはいつも家族を連れてってくれてたこと。

毎年、父親の命日の1月16日には父親の写真をそばに置いて、父親と一緒に父親の飲んでいたオールドを飲みます。
チェリーは吸いません。タバコは30歳の時にやめたからね。
 
過去に父親のことについて書いたブログです
 
 
{75FA15BF-E87E-4033-BD81-CBDC7463B458}
ボクの父親の写真

 

 

父親がいなくなって、ボクとボクの弟を母親は1人で育ててくてくれた。
特に不自由な思いは一度もしたことがなく、他の友達と同じようにボクと弟を育ててくれた。普通に部活もやってたし、高校にも美容学校にも行かせてくれた。
父親がいなくなっても父親の親族と疎遠になることもなく、毎年夏休みと冬休みにはじいさんとばっちゃんに会いに行ってた。
今でも付き合いはちゃんと続いてて、お盆、お正月は今でも必ずみんなで一緒に顔を出します。
町内会との付き合いも今まで通り続いてたし、同級生のママ友とも仲良くしてた。
もちろん、仕事はバリバリやってた。
 
ただ1つ、他の人とは違ってお父さんがいなくなっちゃったっていう寂しい思いはしたけど、周りの大人の人たちが支えてくれた。
 
支えてくれてた大人の人たちっていうのは、そんな母親のことを応援してくれてる人達でした。そしてそのたくさんの大人の人たちにボク達兄弟はよくこう言われた。
 
「母さんのこと絶対に大切にしないとダメだよ」って
 
ボクとボクの弟はそんな母親の背中を見て育ったんですね。
 
だからボクは家族のことが大好きだし、死ぬほど大切にしようと思ってます。
横浜の家族も秋田の家族もね。
家族を何よりも尊いものだと思ってるし、友達や仲間を大切にしたいって思ってます。
 
それはボクにとっては仕事よりも大切な事。弟もそうなんじゃないかな、多分ね。
 
{635F63E5-948F-43DB-9A5D-7047B785CFB2}
母親の誕生日にボクの秋田の家族と
 

 ロディーナのスタッフとも、ロディーナを好きって言ってくださるお客さんとも家族のような関係になりたいなって。

そう想って「ロディーナ」ってつけました。

 

実は、ロディーナにはボクのルーツや大切に思ってる事や大切にしてることがめちゃくちゃつまってるってことです。

 

もしかしたら、競馬好きも、応援してる馬の子供が活躍するみたいな、家族っていうか血統のつながりのようなものに惹かれたのかもしれないし、スポーツ観戦好きも父親の草野球を見てたのが理由かもしれないし。海好きも近所の海に釣りに行くのによく連れてってくれてたからかもしれないし。

 

もしかしたら全部、家族にルーツがあるんじゃないかななんて、そんなことを思いながら福岡に向かう機内で書き終えたとりとめもないブログです。


さあ、今日はエクスマセミナーです。

楽しんで勉強してきますね!

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ちょっと想像してみてください。

あなたは技術に自信のある美容師です。

 

すべての施術が終わって、あなたは自信を持って、仕上がったヘアスタイルをお客さんに確認してもらいます。お客さんはヘアスタイルを気に入ってくれて、めちゃくちゃ喜んでくれました。お会計が終わってお客さんがお店を出る時も「またお願いします!!」って笑顔でお店を後にしました。

 

でも・・・

そのお客さんは、もう二度とお店に来ることはありませんでした。

 

 

こんな経験ってありませんか。

恥ずかしいけどボクにはたくさんあります。

美容師は基本的に自分の事をカットが上手いって思っています。よね(笑)

だってたくさん勉強してるもん。

ボクも今でこそお店を経営していく為の勉強しかしていませんが、かつては毎週のように青山や原宿で活躍している有名美容師の講習会に行っては、流行りの技術をサロンワークに取り入れながら、「オレってマジでカットうめーな」って思いながらやってきました

 

今思えば、自分は勉強している、自分は技術自信がある、自分は上手い。

そんな自分に自惚れてたんだろうな。

でも、上手にカットできて喜んでくれたって思っていたお客さんは、実は喜んでなかったんだろうな。

 

だって、あんなに笑顔で帰っってくれた「あの人」や「あの人」や「あの人」

もう二度とお店に来てくれなかったから。

「あの人」の笑顔、や「また来ます」の一言は今でも忘れはしません。

 

 

ボクは先日、こんなツイートをしました

 

{1BA446CE-688D-4240-A214-3CF4100C56F0}
ちょっと偉そうなツイートでゴメンね

 

 

このツイートは、かつてのボクに向けてつぶやいたツイートです。

毎週毎週あんなに勉強してたのにって思ってても、お客さんに喜んでもらえなかったら下手クソと一緒だよって。

もっとお客さんの事考えろよって。

 

そしたら、我孫子の美容室コンクスさんの尊敬するスーパー社長松島亘さんが引用リツートしてくれた。

 

 

 

{BB38CA2F-C7A7-462F-B756-8DDB858F17AA}
核心をついてますよね!
 

 

お客さんが本当に喜んでいるのかそうでないか。担当した美容師が上手いか下手か。サロンを気に入ってくれてまた行きたいって思ったか、もう二度と来るかって思わせちゃったか。

それを決めるのは美容師でもなんでもなく、お客さんだって事。

 

でも、お客さんは嘘をつけるんです。

本当のことはお客さんしかわからない。

 

だからリピート率っていうのはめちゃくちゃ大事なんですよね。

ボク個人的には美容室を経営していく上で一番こだわりたい所はリピート率です。だからワタル兄さんのこの引用リツイートにめちゃくちゃ共感しました。

 

いい店かどうか、カットが上手いかどうかを決めるのはお客さんであって、美容師側じゃない。お客さんにしかわからないサロンへの、美容師への目に見えない感情を数字で測れるとしたら、ボクはリピート率でしかないと思っています。

だからボクはリピート率には創業当時からこだわっていて、スタッフにはしつこい位にリピート率について言い続けてきました。リピート率がお給料にも反映するようにもしました。

 

でも、リピート率の向上をスタッフ個人に、とくに新人技術者に委ねるのは酷ってもんです。

だって美容師は以外に大変なんすよ。

技術の勉強もしなきゃいけない、後輩の教育もある。その上に自分で考えてリピート率を上げろ!なんてなかなか言えないっス。

だから会社がリピート率を上げるシナリオをちゃんと作らなきゃいけないんじゃないかなってボクは思ってるんですね。

ロディーナは創業当時からリピート率を上げるって意図をもった取り組みをしています。おかげでそれは数字になってちゃんと現れています。 

 

 ロディーナの最新のリピート率は

新規客のリピート率が78.9パーセント

再来客のリピート率が93.8パーセント

既存客のリピート率は95.5パーセント

 

って結構いい感じでしょ。(あ、この数字、美容業界じゃない人は分かりづらいですよね。スミマセン)

 

ボクが言うのもなんだけど、はっきり言ってロディーナは普通の美容室です。売り上げだってまあまあ普通。

ありがたい事にスタッフはみんな勉強熱心で、コンテストではたまに優勝したり入賞するくらい頑張ってくれてるけど、ヘアカタログや業界誌に載るようなスタイリストは誰もいません。

 

でも、ロディーナに来てくれてるお客さんにとってロディーナのスタッフ達は唯一無二の美容師なんじゃないかな。多分。

 

{494A243B-36A2-41B8-A02B-C1865DDF3716}
楽しかったお客さんとのBBQ大会
ロディーナはお客さんと一緒に楽しんでます!
 
 

あなたが担当したお客さんの帰り際の笑顔って本当の笑顔ですか?

 

ロディーナはもっともっとリピート率をあげられるように、お客さんに本当の笑顔が見れるように頑張りますよーーー!

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは
キッカワです

ロディーナは、商店街のなかという場所がら、 地域の人たちとの触れ合う機会がまあまあ多いです。

先日も、今月末にある商店街の縁日の準備のお手伝いにスタッフ何人かで行ってきて、商店街の人たちと触れ合う機会がありました?

商店街のお手伝い
地域の人とのおつきあい

{03A114CD-275F-49A4-A275-8BE63B47EFBB}


こういうのって、強制じゃないから参加しなくてもいいかもしれないけれど、その地域で商売をさせてもらってる以上、地域貢献は絶対におろそかにしてはいけない事だとボクは思っています。

それは、お店を流行らせるためには、技術の勉強以上に大切なんじゃないかな

何店舗もある美容室の中から、お店を選ぶのはお客さん。
そして、もう技術が上手いのは当たり前。

だとしたら、どんな所で選ばれるようになってくるのかとらいえば、地域の人たちとのつながりだとボクは思っています。


月末の縁日ではロディーナも出店するんで、お客さんや地域の人たちに喜んでもらえるようにガンバリマスね!



ではまた




いいね!した人  |  リブログ(0)