横浜 美容室ロディーナ代表 吉川光洋のブログ

こんにちは!
横浜市の大口でロディーナって美容室をやっている吉川光洋です。
このブログは美容室経営者の視点でのボクの考え方、お店やスタッフに対する思い、あとは好きなコトを書いてます
このブログを見てくれた人にボクの事が伝わればいいなって思って書いてます


テーマ:


こんにちは
キッカワです

昨日はかなり遅くまで飲んでたからかなり寝不足&少し二日酔い気味です
今日はお休みなので家族で江ノ島に行くのでその前にブログ更新しますね


「売り上げにならない無駄な事をどんどん出来るような余裕を持ちなさい」
って以前お世話になっていて、今でも1年に1回は必ずお会いする尊敬する人に言われた事があります

売り上げにならない無駄な事とは、例えば新入社員の入社式や社員旅行、スタッフ全員参加のイベントなど、わざわざお店を休んでやるような事
尊敬する人は「無駄な事」と言っていましたが、やってもやらなくてもいいけど、やったらスタッフが楽しい事、喜んでくれる事何じゃないじゃとボクは感じました

そうだよなって思った

全員参加のイベントを開催するってことはその日の売り上げはないって事だけど、売り上げのことばかりを気にして、そんな余裕も持てないような会社になんて魅力なんてないよねって事を伝えたかったんだと思います

だからといってボクにはまだまだそんな余裕はないけど、それでも少しづつではありますが出来るようにはなってきました

{DD09977A-BBB0-4BC7-B3EE-B430BA9711C0}
去年の年末にお客さんと一緒にやった
ロディーナ大忘年会Inナゴミカフェ

去年の年末に、繁忙期の時期にあえてお店を早く閉めてお客さんと一緒に忘年会をしたり、今年はロディーナ初の新卒が入ったから午後の営業をやめて入社式を開催したりしてみました


{80B44340-D389-4EAD-8903-0DA68E5B0C4C}
ロディーナは「株式会社SKTカンパニー」って会社です


売り上げだけで見たら、もしかしたらお店を閉めてイベントを開催することによって何十万って損失があるのかもしれないけど、長い目で見たらその何十万はきっとプラスになってる思う

だってみんな楽しそうだし喜んでくれてるから
それだけでやった価値はある


だけど最初はお店を閉めてイベントを開催するのは抵抗がありました
なんだかんだやっぱ売り上げ大事だもん

スタッフ抱えてるから余計にね

だけど去年の子供の日に初めて祝日に開催したキッズカットデーでたくさんの子供達が喜んでくれた。パパもママも笑顔だった。スタッフもみんな楽しそうだった。

イベントは大成功でした
この成功でお店を閉めてまで楽しいことをやる勇気をもらいましたね


{A13340E1-19BF-422F-99AF-5E9BEC47780A}
今年もやった第三回キッズカットデー

去年のキッズカットのイベントが大成功したことによって、よりお客さんと仲良くなれた気がしたし、スタッフがもっとお客さんに喜んでもらいたいっていう気持ちが更に増した気がしました。

もし、去年の子供の日に営業していたとしたら1日の売り上げは、祝日なんで当時のうちくらいの規模のお店だと20万から25万の売り上げはあったけど、売り上げよりも大切な事に気づけなかった
その日の売り上げはなかったけど結果的には年間の売り上げは良かったですから


だから売り上げを上げたかったら売り上げにならないことを、むしろ経費のかかるような事をどんどんやったほうが楽しいし喜んでくれるからいいのかなって最近は思っています。

来月もロディーナ主催で日曜日にお店を閉めてお客さんとバーベキューをする予定です。
楽しみです。


ではまた






いいね!(17)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは

美容室ロディーナ代表の吉川光洋です

美容師の技術大切です。
美容師はヘアスタイルを売っているんだから。これは紛れも無い事実です

だから、お客さんは絶対に下手な美容師にやってほしくないって誰だって思ってます。一方で、上手い人と下手な人の技術の差なんてお客さんにはほとんど分からないのが現状でもあります
まあ、あまりにド下手なカットだったらわかるけどね

でも、ホントにお客さんからしたら技術の差なんてわからない
美容師のボクに医者の腕がわからない、大工の腕がわからない、クリーニング屋の腕がわからないのと一緒です


だったら何で選んでるのか

それは自分がそのお店を、あるいはその人を「好き」か「嫌いか」
ただそれだけなんじゃないでしょうか

技術が普通でも自分の好きな人にやってほしくないですか
技術がいくら上手くてもキライな人になんて絶対にやってほしくないですよね

だって何度も言うけどお客さんからしたらそんなに技術の差なんてわからないんだから
てか、技術の差がわからないとかそういう問題じゃなくて、プロである以上、上手いのが当たり前なんですけどね
現に意識の低い下手な美容室はどんどんつぶれていってるでしょ

{B27E0618-560B-4996-9445-F4488DF78603}
シャンプーを練習してる新人のまいちゃん


美容師としてサロンにたってる以上、お客さんにとっては技術が上手いのは当たり前。だから練習するのが当たり前。練習したくない奴は早めに美容師やめましょう

でもそれ以上に大切なのは、いつの来てくれてるお客さんをもっともっと好きになって、お客さんにも好きになってもらう努力や工夫をもっともっとしないといけません

来店時にどうやってお客さんが喜んでくれるか、次に来る時までの離れている時でもどうやってお客さんとつながって、そして喜んでもらうのか

それはプライベートの人付き合いでも同じこと
だから仕事と遊びはつながってるんです

師匠の藤村正宏先生がよく言ってる「仕事のような遊び、遊びのような仕事」
そんな意味も含まれてるんじゃないでしょうか


もうカットが上手いだけじゃ人気は出ません
カットが上手いことはもう当たり前だから。1000円カットの人だって上手い人はいくらでもいます

まあ、5000円のカットで下手な人もいるけどね
下手な人は人の100万倍も練習した方がいいです。でも多分やんないでしょう、だって下手な理由は今まで練習してこなかっただけだから
そんな人はボクはどうでもいい

カットが上手いだけじゃなくて、どれだけお客さんに好かれているかが大切です

でも、ただお客さんに好きになってもらうんじゃ虫が良すぎる
その前にまずは自分からお客さんをとことん好きになってとことん喜んでもらいましょう

だって毎日の人付き合いもそうですもんね
相手に喜んでもらう事が大切って事は、それはなにも仕事にに限ったことじゃないとボクは思います


ではまた



いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは
キッカワです

そろそろ閑散期に入りそうです
売り上げほしいなー


{8D16254F-6BE1-44B6-A3B5-5851E9F291D7}


って思ってたら売り上げなんて上がんないんですよね


目先の売り上げなんか追いかけて、どうやって単価を上げよう。とか、どうにかして来店周期を縮めよう。って必死になるよりも、どうしたら目の前のお客さんが喜んでくれるのかに全力を注ぐほうがよっぽど大切です

だって大切な人に喜んでもらうためにたくさん準備しますよね?
お客さんもそうじゃないですか?
目の前のお客さんに喜んでもらうためにはたくさんの準備をしなければいけません。

次回お客さんが来店するまでの間に目の前の一人のお客さんに喜んでもらうためにお手紙を書いたり、ブログを書いて有益な情報を共有したり、フェイスブックの投稿で喜んでもらったり、もっとかわいくしようと思って練習したり。
他にもコンテストに出て賞をとったら喜んでくれるかなとか、フォトコンでかっこいい写真なんか撮れたら喜んでくれるかなとか、サロンでなんかイベント企画してお客さんと一緒に遊んだり、なにか出来たら喜んでくれるかなとか。

あとは自分の好きな事をして思いっきり遊んだりね

そんなまた来てくれる間にいろんな準備をして大切な1人のそのお客さんを迎える

これって、必死に単価を上げようとしたり来店周期を縮めようとするよりも、何よりも大切な事だとボクは思う

もし、ボクがお客さんだったらそんな美容師を応援したい。
応援したいって事はその人の事を好きになるって事
だからまたその人がいるお店に行く

それは、ボクだけじゃなく、他のどんな人でもそうなんじゃないでしょうか


目先の売り上げを追いかけるよりも、まずは目の前にいる大切な人に喜んでもらいましょう。
あなたの技術は大切な人に喜んでもらうためにあるんだから



ではまた



いいね!(13)  |  リブログ(0)