それでも大丈夫

炭鉱のカナリアのように、敏感に。


テーマ:
{497904DC-9D02-4546-95E1-EB103753C5EC}
映画『第九条』を観て来ました。こちらは上映後のトークショーの様子です。
12人の若者が憲法第九条をめぐって議論を交わすという内容で、もし、説教くさくて退屈したらどうしようと思いましたが、その心配はありませんでした。若い人に特におすすめです。最初のほうは少し堅苦しいかもしれませんが、これまで憲法について考えたこともなく、近現代史を勉強する機会がなかった人も気軽に見られる映画です。知らなかったことは映画を見てから知れば大丈夫。
左から主催して下さった大場晴男さん。宮本正樹監督。オタク役の俳優、聡太郎さん。立ち上がって役作りで工夫したことを説明中。
{1286FA0D-CC19-4C49-B695-1F4DE9BE630C}
質疑応答で、監督が「押しつけ憲法ではないのだから、もっと護憲の立場を打ち出した方がいいのではないか?」という観客の質問に答えて、「偏らず九条を知ってほしい。これまで勉強会でも護憲派だけが集まってしまうのを見てきた。あえて第九条について破棄、維持の立場の人を出して憲法に関心を持ってもらうきっかけにしたい。」と答えていらしたのがこの映画の全てであり、その意図は成功しています。
護憲派がこの作品を見て感じる居心地の悪さはこれまで無関心な若い人を引きつけることに苦心してきた現実を見せられたことにあると思います。これからは国民投票に備えて、この映画の力もお借りしましょう。上映会、上映館が増えてほしいです。
会場に女性の観客で、黒澤明監督の元でお仕事をした経験のある方がいらして「この映画は、最初から引き込まれ最後までずっと内容に入っていけた。監督の力量だと思います。九条の会で上映会をしたい。」と発言していましたが、細部にまで行き届いた台詞のやりとり、メリハリのある演出、俳優さんの的確な造形と配置に私も納得しました。
主催の大場さんは、85歳で戦争体験がおありで今の状況にかなりの危機感をお持ちです。アメリカで育ったという聡太郎さんに「アメリカの芸能人が政治について出てきて意見を言う。どうか、そうしてほしい。」とおっしゃっていましたが、戸惑いながらもきっと日本での壁を乗り越えていかれると思います。
監督さんによれば、この作品に出演した12人は覚悟を持って出てくれたそうです。
私たちはその覚悟に応えて「他の作品でもこの俳優さんたちが見たい。」という意思を伝えて応援していくことが大切なのではないかと思います。
多くの予算をかけた政府の「憲法改正まっしぐら。変えられる国民が良い国民」というプロパガンダに対抗するためにも。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜日にここ何年か、何回か、聴かせてもらっているTHE KING BEATS のレコ発ワンマンライブに行きました。
伸びやかなボーカル、ギターとベースの音の重なり、この人ならではというドラムをじっくり落ち着いて聴くことができました。
煙草の煙が立ち昇る自由と無頼の空間を「愛に溢れた場所」にする一員になれたようなライブでした。
誰も置いて行かずに一緒にという心意気が
LOVE&PEACE!

CDのタイトルは「All in Love」
渾身の5曲入り1,800円 
ステッカーももらいました。
{E43E2913-1C7B-4DB9-A9D3-BE0B53962401}
これは、ドリンクを頼んだ時のおまけ。手づくりのチョコレートクッキー?もったいなくて食べられない。BLACK&BLUEのカウンターにはロックがいつも響いてる!
{0028EE02-0749-437C-825D-FBE10C57B8B1}

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image

「憲法を詠む」というアンソロジーは第9集となりました。

今年、私は天皇陛下のお言葉のテレビ放送を題材にとった

短歌を作り、10月30日の「憲法を考える歌人のつどい」で

参加者の作品として朗読していただきました。

その後、「短詩形文学」の12月号に引用してくださったので

こちらにご紹介いたします。

image

 

image

・この夏は八月八日午後三時象徴天皇の立憲の旗

                         紫 あかね

このような作品です。

image

短歌時評という欄に載せていただきました。

今、日本のメディアを含めて表現の自由に危機感を持って

いるのですが、全文とても大切なことが書いてあります。

「短詩形文学」は1冊600円、また「憲法を詠む」は1冊1,000円で

お読みいただくことができます。

是非、皆さまには手にいれてお読みいただき、

天皇陛下の譲位問題について日本国民としてどう考えれば

よいか検討するよすがにしていただければと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。