20014年

テーマ:
新年あけましておめでとうございます
 今年のカメラワークのモットーは
 野性死ぬ程美しいの融合です。

 本年もよろしくお願い致します



AD
 
年末もおしせまってまいりました。
いかがおすごしでしょうか。
当方は近所の神社で餅つき大会があったので、
ぺったんぺったんしてきました。
  
さて今回の放送は、
コロンボの夏の光を浴びながら撮影した観光番組です。
気楽に観れます、日焼けの心配もなく。

 ホテルの窓から スリランカ•コロンボへの旅』  
世界一の紅茶とブルーの宝石・・・急成長する魅力の街を歩く
   
 BS日本テレビ 12月24日 21時~21時54分

番組ホームページ http://www.bs4.jp/hotelnomadokara/
                
    
制作会社 ドキュメンタリージャパン

  
AD

寺山修司

放送のお知らせです。

 ETV特集「寺山修司という宇宙 園子温 × 穂村弘

 2013年11月23日(土)NHK 教育テレビ 夜23時~24時 

 再放送  11月30日(土)午前0時45分~1時45分

   http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2013/1123.html


ロケに入る前に寺山修司の映画「書を捨てよ町に出よう」と

 園子温監督の映画「冷たい熱帯魚」を観ました。

 どちらも 時代を打ち破る、えぐるようなパワーにあふれていました。


     番組のカメラワークにも少なからず影響を受けました。 

歌人の穂村弘さんを伊藤寛カメラマン、園子温さんを南カメラマンが撮影しています。


写真は恐山にて ロケ終了直後の記念撮影 左から園監督、中村ディレクター、私。 
この写真は野澤VEの撮影です。

AD

蓮の命

テーマ:


 西洋の絵画にはモネの「睡蓮」・・・
日本ではこの時期、蓮が咲く。

岡山市曹源寺の蓮
咲き誇った後も なお美しく
蒸し暑さの中
微風に僅かに揺れている。

『蓮は泥より出て 泥に染まらず』

(ちなみに泥の中の地下茎はレンコン)
 

 28日の禅フロンティアのフォーラム

   「瞑想する映像」と「禅」

 ミナミーノの映像を多数の方々に観ていただけました。

 テレビでも映画でもない表現方法にもかかわらず、

 それぞれの人生観、体験、原風景、etc.に

  ともしび が灯る感じがして、禅道場が、
  
 さながら視る瞑想場になったのが嬉しかった。

 上映後の感想は

 ◯心の深いところに届く

 ◯理解できなかった

 ◯ソクーロフ監督作品のようです

 ◯何の説明も無いのに映画の印象的なワンシーン

  のように心に残る。

 ◯禅問答が映像化されている。

 ◯見るとは何か!の答えがある。

 ◯自分の人生を振り返っていた。

 ◯細く消えそうな月の悲しみも、桜の移り行く無常も、

  一瞬橋を渡るだけの時間も、

  皆この世の奇跡と思います。思えました。

  あの瞑想の映像によって!



       ありがとうございました。


 
「瞑想する映像」の小さな上映会や

  映像を視ていただける方は

  go.minami@jp.bigplanet.comまで。

  お気軽に連絡下さい。



  下記は来場いただいた有名TV演出家の

  Face bookより引用させていただきました。
  さて、昨日の禅と映像のイベント。

  面白かったー。

  南さんの映像は、

  もはや既存のメディでは規格外。

  すでにメディアは個人の時代だと

  進言しておきましたが、

  そういったパワーを持った人です。

  いずれ彼の映像に見合うメディアが

  生まれます(ってかすでに生まれている)。

  そういった活動は、

  既存の大企業からは出てこないし、

  僕はそこを目指します。

  上映会場では、僕にも発言が求められ

  禅の老師や習熟者の方々を目の前に

  なんだか言いたいことを

  ベラベラしゃべっちゃいました(汗)

  老師からは

 「君、坂本龍馬みたいだね」

  と言われたり(苦笑)

 (ちょんまげを差して言ったのか?)

  最近なんだか喋ると止まらない。

  脳内活動が妙に活発です。

 (以下、そんな脳内活動のメモ)

  ★★★

  何か新しいことを始めるとき、

  成功の反対は失敗ではない。

  成功の反対は”やらない”こと。

  やらなければ失敗も成功もできない。

  ★★★

  最近よく聞く、

  コンフォートゾーンという言葉。

  「昔から馴染んだ楽な場所」

  という意味。

  人は毎日、文句をいいながらも

  このコンフォートゾーンに居続ける。

  ★★★

  幼い頃から首に紐をつけられて

  木につながれた牛は、

  ある日、紐を解かれても

  その紐の長さから遠くへは行かない。

  ★★★

  得たいの知れない明るい未来より、

  苦しくても馴染みのある過去を選ぶ。

  ここから抜け出す方法とは?

★★★

  「やっても死にゃあしない。
   っていうか最悪死ぬだけ」

  これは言い過ぎかもだが(笑)
  自分には、けっこう効く言葉。


暑中お見舞い申し上げます。



                 寒中熱き鶴(日比谷公園・冬)


ミナミーノ(南幸男)の映像作品上映と対話の催し。


題して


禅フロンティア『瞑想する映像』と『禅』

~対象の真実を映し出すカメラマンの目に学ぶ~


警索を受けるつもりでお受けしました。


お相手は(禅の呼吸で書く)書家の笠倉奈都さん

和服がお似合いです。


ミナミーノの映像作品を新作を含め上映します。

『Shadow』『ケイタイ動画 さくら』等です。

テレビでは見れない、静溢な 観る瞑想です。

涼しい作品も用意しています。


『3分7秒3フレーム』は刺激がなさすぎて刺激的なので

上映するかどうか当日の雰囲気で決めます。

もし上映できると世界の映像史に記憶されるでしょう。


過日、会場の禅道場を下見してきました。

道場始まって以来の上映会の為、

暗幕が無いので、全窓を32枚の毛布で覆うそうです。

(まるで現代アートの空間?)


映像をまじえた気楽なフォーラムの後、御老師様も一緒に座禅会や禅問答

(初心者大歓迎との事)、そして最後は茶話会(茶はビールとも読む)

 ぞうぞ別世界へおいで下さい。


下記詳細を御覧下さい。

http://zenfrontier.org/index.php









ハワイ出身の元大相撲力士 小錦さん、


御両親の生まれと育ちはアメリカ領サモアです。


小錦さんはルーツ・サモアに誇りを持っています。


生きる支えでもあります。


小錦さんを支えるサモアンパワーとは・・・


3日間のサモアへの旅です。


私は世界有数の小柄なカメラマンを売り?にしていますが


元巨漢力士との撮り組みです。


         使用カメラ  Panasonic AJ HDC 27F (通称バリカム)


            レンズ  Canon HJ17ex 7.7B



NHK BSプレミアム


 7月3日(水)午後10時~11時


旅のチカラ


「ボクのハートを揺らす歌~小錦八十吉 アメリカ領サモア」


 http://www4.nhk.or.jp/tabichikara/


再放送 


 7月11日(木)午前8時~9時



現場スタッフ


  ディレクター  松本貴子


  カメラマン   南幸男


  録音•ビデオエンジニア 河合正樹


  コーディネート 平井ジャッキー 


制作会社  株式会社 Big Face



放送のお知らせです。
 旅のチカラ
  「死が与えてくれる力を探して~高橋源一郎 イギリス」
   NHK BSプレミアム 6月19日(水)午後9時~午後10時
        再放送  6月27日(木)午前8時~午前9時


    
      イギリスの子供ホスピスを作家の高橋源一郎さんが訪ねました。
      重く暗い気持ちになると思っていたロケは
      見事に外れました。
      不治の病の子供を抱える親と高橋さんの対話は
      深いところで共有、共鳴しあいます。
      http://www4.nhk.or.jp/tabichikara/

   現場スタッフ     ディレクター 深見将史
              カメラマン  南幸男
        ビデオエンジニア・録音  河合正樹
           コーディネーター  久山華子


こんなに数多くのホタルを見たのは初めてです。
静止画の画面では暗闇ですが、
動画を見ていただくと、まさに乱舞しています。
撮影中は光の異界にいる気分でした。
いつもはサイレントの動画ですが、
ロックミュージックOnce it Starts (Supergarage)
とのコラボです。蛍という日本情緒が音楽に乗って軽々と国境を超えました。
サイレントで観ていただくとあなたの感性が光の明滅と感応するでしょう。
2度おいしいです。
状況が許せば最高画質で、部屋を暗くして御覧下さい。