ネトウヨとは、自民党に都合の悪いカキコミに対して異論を書き込む人。特に野党の政治家や脱原発活動の投稿に、否定やヘイト書き込みして印象操作をしています。はたしてこれが与党政権がやることですか?ネトウヨの特徴は、フォロワーが2ケタ。フォロワーをみると15人とかですぐにわかるから、ヘイトコメントあったらすぐにブロックしてます。いわゆる言論弾圧を自民党がお金を出してやっている。

安倍晋三のリーダーの資質とは、国民にイチャモンをつけて黙らせることなのか?田中角栄の時代の自民党の政治家は、押し付け的なものではなく、国民の陳情を聞いていたはずだ。安倍は、仲間内に便宜することしか考えていない。なぜなら、仕組んだ不正選挙で必ず勝つという傲慢からくる。選挙はイカサマ、投票改ざん装置「ムサシ」で、今は日本会議が集まった閣議決定でやりたい放題。

http://ameblo.jp/minakatario/entry-12260920530.html ☜もはや民主主義ではない。

 

ネトウヨ行為は、NET右翼、共産圏並みだ!共謀罪で、さらに共産国化でしょう!!

https://matome.naver.jp/odai/2144299876931181001 (自民党が雇うネトウヨ工作員)

 

右翼とは、因縁をつける団体です。こういうの、見たことあるでしょう?拡声器でイチャモン。

 

 

今の自民党は昔の自民党とは違います。安倍さんは、極右だから、日本会議はこれより過激な団体ということです。「戦争してアメリカに勝つ!」ために共謀罪。本音は、オリンピックより、戦争したい。共謀罪の成立のためにオリンピック誘致した。開戦抑揚の口実に、「北の脅威」連発するも、国民の士気があがらないから、教育勅語に銃剣道・・・と民意を完全に無視している。A級戦犯で死刑になるとこ、言い逃れした岸信介の孫!

 

 

まさに今、彼らの本性が出ています。

 

(小選挙区、同じ筆跡で書かれている投票用紙)

 

国連はすぐさま指導すべき。日本の株価も日銀と年金基金で支えられているインチキ!

 

一般の人のコメントにも、ヘイトな書き込みをして、政権に対しての意見を書く気持ちをそごうとしています。たとえば「自分が捕まっちゃう可能性があるから反対なのかな〜」とか、「民進や社会が反対しているということは、共謀罪の法案は正しい法案ということですな」という、訳のわからない論法でコメントに書き込み攻撃している。共謀罪の先の「ネット監視法案」で、政府に反対したらすぐ逮捕するつもり。

まだ街宣車の言ってることのほうがマトモなくらいですヽ(^o^)丿政治とは、国民の民意を吸い上げて国会で検討するところなハズです。今、まさに軍部の決定に従え的な戦前政治になろうとするトコロ!止めるのは今です。

 

安倍政権は、国民に対してもすでに弾圧行為をしているということです。昭恵が証人喚問に出ないのもフェアではない。よく考えてください!野党が現政権に妨害行為をするならともかく、与党が野党を攻撃する。なぜですか?堂々としてればいいのに。それは、自分たちが悪いことをしているのを隠したいからです。黒塗りの報告書が自民党のすべて、黒政治。政府は無法地帯、不正ありき。

森友も、籠池にすべてなすりつけようとしている。これが法治国家?民主主義?共謀罪が成立したら、どんどん逮捕していくつもり。後進国もいいところです。

 

すでに国民の意見を弾圧しています。はたして先進国でこのような行為を与党が国民にしている国があるでしょうか?おかしいと思いませんか?かねがねUPしているように、外国メディアは危険視=敵国化。共謀罪が成立したら、福祉なくなりますよ!すでに年金カット法案成立しています。こういう反対意見を封じ込める行為がもっと加速するということです。抗議、反対するのは当たり前です。いずれこども保険料やNHKネット受信料強制徴収・電力代金・消費税・年金保険料・介護保険料・住民税・相続税・所得税・固定資産税・自動車税など上がっていく。

今が、共謀罪を止める最後のチャンス!なんですよ!!医療費高くなって、生活保護もなくなり、福祉のお金はすべて軍事に回るんですよ!皆さん、わかっていますか?

 

〇海外の記者の意見より引用(毎日新聞 4月3日)

右傾化の流れの一例

「ニューヨーク・タイムズ」紙東京特派員、ジョナサン・ソーブル氏

 森友学園の問題は、日本の政治や社会の右傾化を象徴する一つの例だと見ている。憲法改正への意欲を示す安倍晋三氏の首相就任以来、日本の右傾化の動きに米国では関心が集まっており、森友問題もこの一環として捉えられている。

 私のように日本を担当する特派員にとって、右傾化と経済動向の二つはしっかりと報道しなければいけないテーマだ。なので、最初にこの問題を知った時は土地取引の不透明さもさることながら、森友学園の教育内容に注目した。幼い子供に戦前の偏った思想教育を行うことは問題だと思ったし、安倍氏の妻昭恵さんや有名政治家が学園を支援していることも驚きだった。

もちろん、森友学園のような教育機関は日本にほとんどないことは分かっているが、それでも日本の右傾化の流れに沿って起こった問題であると感じた。2月24日付と3月17日付の計2回、この問題を記事にした。最初の記事では森友学園の教育内容に焦点を当て、その学校が不透明な土地取引をしていたと書いた。2回目の記事では、安倍氏が学園に100万円を寄付したとされる疑惑を中心に、政権への影響を取り上げた。今後、記事にするとすれば、安倍氏の進退に影響が及んだ時だと考えている。

 

野党の政権攻撃の試みは失敗

「ロシア国営テレビ」東アジア支局長 セルゲイ・ミンジュガエフ

 今回のスキャンダルでは二つの点に関心を持った。まずは籠池泰典氏の森友学園が運営する幼稚園の教育が変な点だ。子どもたちが暗唱させられていた教育勅語には大切なことも書かれている。しかし21世紀の現在、そのような文章を使って知識も経験もない子どもらを育てるのは、いいことでない。

 もう一点は安倍晋三首相が巻き込まれたこと。多くの日本人にとっては土地取引を巡るスキャンダルとして捉えられているだろう。一方、日本滞在が16年を過ぎた私には、以前と比べ民族主義的な考えがおおっぴらに語られるようになっていると感じる。安倍首相は保守団体・日本会議から支持されているとされ、そのメンバーだった籠池氏の思想には共鳴していると思う。

 日本外国特派員協会での会見では、籠池氏は自分が事実を語っていると信じる一方、首相が守ってくれなかったことに納得していないような印象を受けた。一連の出来事を時系列でなぞると、籠池氏が首相の妻昭恵さんにお願いをしたから土地の値引きがあったのではないかと思うが、立証はできない。

 今回の問題は日本的というか、分かりにくいのでロシア向けには報じていない。

 

韓国なら検察が捜査

「中央日報」東京総局長、呉栄煥(オ・ヨンファン)氏

 韓国は大統領の不正疑惑で大揺れに揺れている。これに対し、日本では安倍晋三首相が安定した政権運営を続けてきたが、ここへきて森友学園を巡る一連の疑惑が噴き出した。

 私たちも問題が発覚してから学園側と政権側の双方の主張を報じてきたが、籠池泰典氏の証人喚問に最も紙面を割いた。うその証言をすれば罪に問われる恐れがあり、真相に近づくと期待した。だが、安倍首相の妻昭恵さんから学園側に寄付があったかどうか分からなかった。

 今後も国会審議が続くようだが、もし韓国なら検察が大々的に動いていると思う。韓国では重要な問題で主張が対立した場合、検察が罪に問えるかどうかは別にして、捜査を通じて真相を解明するケースがある。日韓国交正常化50年にあたる2015年7月と12月、昭恵さんは東京都内での日韓交流イベントに出席した。慰安婦や竹島の問題で日韓関係が冷え込む中、あいさつの冒頭で韓国語を使うなど友好を演出していた。

 問題の核心は、森友学園が取得した国有地を巡り国が算定した売却額が適正かどうか、さらには政治家による不当な口利きがあったかどうかだ。政権を揺るがす大問題に発展するのかどうか、今後も注視していく。

 

日本の教育の誤解を招く

英「フィナンシャル・タイムズ」東京支局長、ロビン・ハーディング氏

私は経済紙記者として、アベノミクスを進める安倍政権に一連の森友学園の問題がどれほどの政治的ダメージを与えるのかという観点から、学園の記事を書いてきた。国会審議はアベノミクスや構造改革の進展具合そっちのけで森友疑惑一色の様相だ。日本の報道機関の世論調査で支持率が下がり、政権の求心力低下も懸念される。ただ、海外の投資家が反応するほどの影響はないと見ている。

 個人的な感想だが、学園の運営する塚本幼稚園の教育は日本の戦争前の思想に基づいたもので、欧米ではあり得ないし、今の日本社会の価値観とも懸け離れている。だが、外国人は日本の教育についてよく知らず、塚本幼稚園がクローズアップされることで「日本の幼稚園や学校はどこもあんなことをやっているのか」と誤解しかねない。

 気になるのは、安倍晋三首相が塚本幼稚園の教育について踏み込んだ評価をする場面が少ないことだ。夫人の昭恵さんが籠池氏と近い関係にあったことも合わせて、外国人は「首相は陰で森友学園を支援してきた」と受け止めかねない。

 安倍首相は、昭恵さんと学園との関係も含めた疑惑への関与の否定に躍起だが、疑惑だけでなく塚本幼稚園の教育内容が「自分の考え方とは相いれない」と思うのなら、それをはっきり口に出して言う必要がある。さもないと、塚本幼稚園が首相の目指す教育であると我々外国人は考えるだろう。

AD

リブログ(2)

リブログ一覧を見る

コメント(3)