自死遺族の特殊清掃屋ブログ ◯36977713◯

ハウスクリーニング // 特殊清掃 // 遺品整理 // 害虫駆除 // 脱臭•消臭 // 除菌•消毒•殺菌 // 死者枕経典
仕事とオフ、日々のつぶやき、死後存続を知った体験でも書ければと思います。
記事削除したFacebook掲載「さとりのしっぽ」の転載もしていきます。


テーマ:

 

前回の延長上ということで、

 

....."それ系の写真"

 

について触れておこうと思います。

 

 

 

...恥ずかしながら(?)、

検証材料には事欠かない身でありながらも

わかっていない事が非常に多く、

 

[確実に言い切れる] ような領域には

まだ到底達していません。

 

 

しかし事実、

妙な写真が撮れる事はあります。

 

 

 

そしてそれには傾向がある風に、

...うっすらですが感じます。

 

 

 

 

 

ホトケに成った方であれ、

未成仏の方であれ、

 

シャッターを押す瞬間を待ち狙って写ろうとしても、

まずそのままでは絶対写れません。

 

 

ただしここで、被写体に何か

強い気持ちが働いている場合に、

(..嬉しいでも悲しいでも)

 

それが何かしらに影響して

カメラのセンサーが不可解な変化を

とらえてしまうのかもしれないなぁ....と、

思わされた例は過去に十分すぎるほどありました。

 

単に目的意識だけでは実現できない、

心理的な強い動きが関係しているのかも...

 

その他で、

何か条件めいたものがありそうな雰囲気もするなぁ...

 

と。

 

...そこまでは、感じています。

 

 

 

 

とはいえ個人的には、

心霊写真的なものにはとても懐疑的です。

 

光の影響に左右する変化がなぜ生じるのか、

具体的な仕組みがイマイチ見えてきません。

 

しかし、不自然に感じるものが撮れてしまう事実は、

事実として受け止めるしかありません。

 

...解せない現象です。

 

 

 

 

大部分が、フォトショップで十分に

加工して再現できる程度のもののようです。

 

よって、万人が客観的に合成か本当かを区別するのは

ちょっと難しいと思います。

 

ですので例えば、

はっきりと人物像が確認できるような、

わかりやすくゾッとするような

テレビ的な見栄えのものは

その多くが合成作品と思われます。

 

言い換えれば、

[気のせい]で済ませられるようなものが

アタリだったりする筈です。

 

 

写真写りが極めて悪いので、(・_・;)

実際のその多くは結構地味ですが、

...もちろん本当に気のせいということも

普通にあるのがこのジャンルではないでしょうか。

 

 

 

 

 

あちら側の彼ら(?)からすると、

上手に写るのはそれほどに上手くいかないようで、

 

経験で言うと、

男女の区別がつけばいい方(?)であります。

人相までは難しい雰囲気です。

 

美男美女が美男美女に写ることが

非常に困難なため、(;´Д`)

映り込むことに対して気が進まなかったり、

(不浄霊のように見えてしまうw)

 

仮に目的意識があったにしても

意図が伝えられる可能性は望み薄と考え、

 

結果的には

天界未満の者達が関与することが比較的多い

ということは言えるかもしれません。(;^_^A

 

 

 

 

またちなみに経験上、

彼岸歴のそこそこ長いベテランになると、

撮影現場に居合わせていない者たちすらも

一念で写しこめるという芸当ができる場合があります。

 

そうなってくることを踏まえると、

写真を通じて多岐にわたる解釈が

もはや可能なため、

 

「意味不明・混乱などお構い無し」

 

という立場、スタンス、....そういう状況の者でないと

写ろうとしなくなる/写そうとしなくなるような傾向も、

否定できないかなぁ...とは思っています。

 

誤解リスクを考えれば、

とにかく写真媒体はとても不利なのです。

 

 

 

しかしそもそも、

心霊写真に写る大部分の奴さん達に

そういった思慮深さなど無いです。

 

"思慮なき故"

と言っても過言では無いし、

 

..っちゅーかもともと

写ろうとも思ってない

のが多いのを忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

この種のものには大抵、

天上界の神仏は関与したがりませんが、

理由は自ずと見えてくる筈です。

 

 

...確かに、

 

確かに、警告の意味を示すケースも

中にはあるのかもしれませんが、

基本、天界の住人は

写真撮影の機会に頼らなくてもいい筈です。

 

ですので、

もし写真に天界の住人が関わっていた場合には、

アクセス適わぬことへの反省機会

捉えて良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで。

 

こういった写真が撮れてしまうと

"お焚き上げ"

を考えたり心配する場合があるかと思うのですが、

 

それは実際考えすぎだと思います。

 

 

写るのが仏の身であれ悪霊であれ地縛であれ、

所持保管による影響は本来ならありません。

 

そしてお焚き上げ自体は、

根本的な解決手段にはなりえないです。

 

気味悪く思えば普通に可燃物として処分していいでしょうし、

逆に、気にかかれば保管でもいいでしょう。

 

写真は写真。

 

です。

 

 

 

過度な不安や恐怖を抱くことがあれば、

そのこと自体が本来不要な関係性を築いてしまうので

良い影響を遠ざけてしまいます。

 

マイナス方向にチャンネルを合わせてしまわない

ことこそが肝心です。

 

 

「この写真は念が危ないので良くない。」

 

 

...把握が浅いと、

 

正解と不正解が入り混じった理解をもとにして

考えたその結果で

 

対策手段が儀式めいた方向へ

傾いてしまいがちですが、

 

そのようなことは

無いですので注意が必要です。

 

 

未知故の不安をぬぐう為に

形式的な供養の類いを行うのも、

一つの手段としては良いのかもしれませんが、

 

が、

 

くれぐれも、

形式的行為それ自体に意味は無い

という事は

理解しておかれると良いのではないかと思います。

 

皮肉にも宗教の別それぞれが、

その事実を裏付けているとみて差し支え無いでしょう...。

 

 

 

心霊/霊感商法に付け入られる隙を作らない為にも、

 

非物質的なものに関する不自然な見識を

育ててしまわないよう注意すべきと思います。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

南方 むつきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。