凹んでいるときに限って悪いことって起こりがちですよね、みなかさんです。

 

師匠によると、未来はパラレルワールドで、いくつかあるうちの自分と近い波動の未来を引き寄せるので、自分の波動が低い(ネガティブ状態)とよくない未来を引き寄せてしまうので、

 

自分の波動を上げておきなさいということでしたが(そうするとよい未来を引き寄せられる)、師匠は万引きで捕まってしまったので詳しいことは聞けていません、

 

波動とかとは無関係に罪を犯せば警察を引き寄せることになる、ということを師匠は身をもって教えてくれたのかもしれません。

 

吉野家 豚丼

 

この記事を書いたときは確かに何かでテンションが下がっていたと思うのだが、今では原因がなんだったのかも、凹んでいたことすらも思い出せないので、自分わりと単純なんじゃないかと思うみなか

AD

みなかさんてきには、気持ちの問題というか、地震とかを「もう○年も前なのかー」と思うのは印象的な出来事だからというだけで、他も同じように時間が経っているけど印象に残っていないからそう思わないだけというか、

 

そんな感じでこう、凹んでいるときだからよくないことが目立ち、凹んでいるときによくないことが起こる、と勝手に結びつけて印象づけているからそう思ってしまうというか、

 

「時計を見たら444だった!」みたいな話というか、べつに「328」とか普通の数字もレア度と出現確率は同じなのに、一方は特別がって一方はスルーみたいな、意識の問題ですよねと本当のところは思いますが、

 

今日みなかさん吉野家でテンション低く豚丼と豚汁を食べていたら、スタッフの悪口を言ってばかりいるえらいっぽい人に会計され、なぜかけんちん汁を会計に加えられて、よく分からないが100円多くとられて(そんなに汁物が好きなやつがいるか!)、

 

でもワオンで会計しちゃったから取り返しつかないし、人のこと「仕事できない」って言う人って自分もできてない場合多いよねとか思いながら(これも鏡の法則というか同族嫌悪というか、

 

自分にコンプレックスがある人ほど他人に厳しくなるというか)、見て見ぬふりして帰ってきたのですけど、これは完全に店員さんが悪いとしても、

AD

凹んでいるときに限って悪いことが起きる、というのはたとえば、それで頭がいっぱいになって注意力や判断力が低下して、さらによくないことを引き起こす、ということはあるかもしれないというか、

 

なんかみなかさん、若かりし頃、どこかの駅ビルで、「俺は今具合も気分も悪いぜ。ほら、この様子で分かるだろう?」というような感じで、うなだれながら上りエスカレーターに乗っていたら、

 

真ん中から吊り下がっているアクリル板に頭をぶつけて「ブヒィィ!」となって、(あまりの自業自得ぶりに)ショックを受けた覚えがあり、それは注意力とか判断力とか関係なくただの自作自演ですが、

 

たとえばさっきは店員さんが悪いと言いましたが、みなかさんがテンション低い→余裕のなさそうな表情→「この人怒ってるのかな?急いで会計しないと」→店員さん焦ってけんちん汁を追加してしまう、

 

という、やっぱり最後の部分はどうやったらそうなるのか分かりませんが、上記のように、みなかさんがテンション低かったせい、という可能性も考えられなくもなく、

 

いつも朗らかにいたほうがよいことは確かに起こりそうですが、女子はたぶんいつもニコニコしていると勘違い男子にストーキングされてレイプされるのがオチですから、気をつけていただきたいと思います。

 

 

--------------------
海砂南夏の公式サイトはこちら
http://minaka-misuna.com/

 

新刊、好評発売中です
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
--------------------



人気ブログランキング


にほんブログ村

AD

シャトー・リデール・シェヌ・ラフィット

 

シャトー・リデール・シェヌ・ラフィット[2012]

 

 

コート・デュ・ローヌ・ルージュ・べルルーシュ

 

コート・デュ・ローヌ・ルージュ・べルルーシュ[2014]

 

「あっ、これです」という感じのミネラルっぽさ。ローヌあまり好きじゃなかったが、今のみなかさんには合っていたようです。

 

 

--------------------
海砂南夏の公式サイトはこちら
http://minaka-misuna.com/

 

新刊、好評発売中です
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
--------------------



人気ブログランキング


にほんブログ村

一般的にはおそらく、外で食べる麺類、ラーメンとかうどんとかがメジャーなのではと思いますが、

 

みなかさんおそらく休憩ごはんにより、ちゃんぽんがトップに躍り出ている気がします(と書いたが、パスタを含めるならデニーズ時代があるのでパスタかも)、みなかさんです。

 

リンガーハット ミドルちゃんぽん

 

けっこう出てくるの早くてありがたい

吉野家エンドレスリピートに疲れてきたみなかさん、久々にリンガーへ。メニューに大きく載っていたというだけの理由で、事前に注目していたのとは違う、よく分からない高いセットを注文してしまいます(ありがち)。

 

ちゃんぽんは心なしか、当時より生ゴミっぽい風味(まったくネガティブな意味はなく、野菜や豆や動物のにおいが混ざった食品の風味を表すために使っているだけです)が薄れている気がして、

 

当時って夏場だったような気がして、もしかして本当にちょっと野菜傷みかけだったのでは、とか結びつけてしまうみなかさんがいましたが、

 

みなかさん自身の存在が生ゴミに近づき、生ゴミっぽいにおいに気づきづらくなっただけという可能性もあります、疲れやストレスで味覚や嗅覚が鈍っていたのかもしれませんし。

 

吉野家慣れしてしまったみなかさんは、もうちょっとお肉食べたい、と思ってしまいましたが、やはりこの野菜たっぷりの、おなかいっぱいになるけど胃腸重いわけではない感じが、非常にありがたいなと思いました。

 

 

--------------------
海砂南夏の公式サイトはこちら
http://minaka-misuna.com/

 

新刊、好評発売中です
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
--------------------



人気ブログランキング


にほんブログ村

ひそかにカラオケの練習をしようと目論むみなかさん、CDとか一切持っていないので、90年代てきなミュージックを、ユーチューブで探してブックマークしていたのですが、

 

たぶん違法ですし、削除率が高くて実用的ではないので、デジタルデータで買おうかなと思っていて、そのときに「あれ?音楽ってどこで買うんだっけ?」となって、

 

昔アイチューンストアみたいなとこでちょっとだけ買った覚えがありましたが(マックを使っていた頃?)、アップルのアカウントとか作らなきゃならなそうで面倒だし、

 

ググってみたらアマゾンでも売っているようでしたが、なんか、ユーチューブで言う「歌ってみた」みたいな、供給過多な感じの、カバーなのかアレンジバージョンなのか、みたいなのばっかり出てきて、心が折れたので、

 

正直そんなに重要度は高くないので、ひとまずお休みして作戦会議中です。なんかもう中古のCDとかを買って自分でPCに取り込んだほうが早い気がする、でもあんまりものを増やしたくないですしね。

 

ラカット サンスター文具

 

使うものは増やしてオッケー(磁石で貼りつけるタイプのテープカッター)

 

 

--------------------
海砂南夏の公式サイトはこちら
http://minaka-misuna.com/

 

新刊、好評発売中です
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
--------------------



人気ブログランキング


にほんブログ村

新しいもの好きなみなかさん、吉野家で松茸牛丼をいただきました、みなかさんです。

 

いつものように席につき、松茸牛丼をオーダーするみなかさん。その瞬間、店内がざわつきます、牛丼並の二倍近いお値段、それを平然とオーダーするみなかさんに集まる視線。

 

事前にネット情報で、「1日30~40食の限定らしい」みたいなことが書いてあったのを見ていたので、いちおうみなかさん、売り切れだった場合の予備メニューも考えつつ、

 

「これまだありますか?」と聞いたのですが、店員さんは意味が分からない様子で、もう一度「これまだありますか?」と聞いたのですが、「単品?セット?」としか返ってこず、

 

ほんとうに人に何かを伝えるのって難しいですよね、店員さんは注文をとるということしか頭にないので、なにかモゴモゴ言いながら松茸牛丼の写真を指差している人がいたら、

 

なにかモゴモゴ聞こえた部分を適当に省略したり脳内補完したりして、「この人はこれを注文したいのだろう」というほうに持っていきますし、それはもう脳の当たり前の働きというか、仕方のない部分で、

 

みなかさんもみなかさんで、「御社の新メニューの松茸牛丼について調べていたら、インターネットの情報サイトで、一日の販売数量が限定されている、という旨の記述を見かけたので、

 

注文するにあたってまずは、今日、現在まだ松茸牛丼が購入可能かを知りたいのですが、教えていただけますか?」てきに、フルで説明する必要がありましたし(数量限定うんぬんの話は、みなかさんの脳内にしかないため)、

 

そんな感じで、何も知らない人がいきなり読んでも理解できるようにって書くと、会社の報告メールとかってもりもり長くなりますよね、しかもあいつら絶対ちゃんと読んでないし。

もともと職場ごはんはデニーズだったし、松茸牛丼が「高い!ヒィィ!」とは思いませんが、吉野家でそれを頼むとなると話は別で、周りはたぶんお金ない人ばっかりだと思いますし、

 

場違い感がはんぱなく、その恥ずかしさだけでしたね注文の際に抵抗を感じた部分といったら。これはみなかさんが自意識過剰なだけで、特に気にしないという人が大半かもしれませんし、

 

逆に「松茸牛丼頼んじゃうんだぜ!?見たかお前ら!」みたいに、誇らしい、自慢げな気持ちでオーダーする人もいるのでしょう、それぞれにそれぞれの松茸牛丼があるのです。

 

吉野家 松茸牛丼

 

お吸い物の味がしました(撮影時期、なんと9月)

注文したものの、なかなか来ない松茸牛丼。ふと厨房のほうを見ると、仕様の確認が行われているようで、まあ新メニューではよくあることで、松屋でも新商品は行くたびに持ち帰りの容器が微妙に違ったりすることがあります。

 

しばらくして、重箱仕様で運ばれてくる松茸牛丼。男性の店員さんが、みなかさんの前に松茸牛丼の乗ったトレイを置くのですが、厨房に戻らず、その場で立ってなんだかもじもじしているので、

 

「どうかしましたか?」と尋ねるみなかさん。そのときみなかさんは気づいたのです、その店員さんが下半身裸だということに。

 

下半身裸の店員さんは、ほほを赤らめ、すっきりしてしまった股間を両手で隠しながら、「僕のマツタケ、僕のマツタケ、ふふふ」とつぶやきながら、もじもじとこちらに近づいてきます。

 

驚きのあまり、「ヒィィ!」と椅子から転げ落ち、床に倒れ込んでしまうみなかさん。「背中を強打した!息ができない!」、いも虫のような状態になり、床をもぞもぞ這うみなかさん。

 

そんなみなかさんに向かって容赦なく、下半身裸の店員さんは近づいてきます。「僕のマツタケ、僕のマツタケ、ふふふ」。すっきりしてしまった股間を両手で隠し、しかしそこを妙に前に突き出しながら、小さくジャンプするような動きで、みなかさんに近寄ってきます。

 

「僕のマツタケ、僕のマツタケ、ふふふ」。眼前に迫る店員さんの下半身を見つめながら、みなかさんは松茸牛丼を頼んでしまったことをひどく後悔しました。松茸牛丼の原材料がまさか本当にマツタケだったなんて、もっと早くに知っていれば。

 

下半身裸の店員さんは、今やみなかさんから数センチの距離まで近づいてきていました。「僕のマツタケ、僕のマツタケ、ふふふ」。

 

「ギャー!」という自身の悲鳴でみなかさんが目を覚ますと、そこは自分の部屋の布団の中でした。「なんだ、夢だったのか」と、安堵するみなかさん。念のために股間を確認すると、そこには慣れ親しんだ、特大サイズのマツタケが鎮座していました。

 

 

--------------------
海砂南夏の公式サイトはこちら
http://minaka-misuna.com/

 

新刊、好評発売中です
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
--------------------



人気ブログランキング


にほんブログ村