みなへいのブログ

フリーライター、戸塚美奈が、暮らしと健康、男子の育て方などなど「日々の笑いと発見!」を書きとめるブログです。

クリップサッカー母ちゃんは引退しました。サッカーのこともたまには書きます。健康ブログ は更新中です。



テーマ:

やっと大きな仕事が片付いて、やれやれ、やっと気になっていた家事ができる。

と思ったとたんに、掃除も、料理も、裁縫も、すべての家事がやりたくなくなるという困った事態がまた発生しておりました。

が、あることをきっかけに、体が動くように。

月曜日、東京ガスのかたが、コンロのお掃除に来てくださいました。

ダメになったコンロを買いかえたのが一年前。点検+お掃除+電池交換を無料で、ということだったので、

無料というのも怪しいけれど、とりあえずお願いしました。

来てくださった女性の仕事ぶりをこっそり拝見していたら。

ごとくやバーナーなどをとりはずし、小さく切った食器洗いのナイロンたわしや、「激落ちくん」を小さく切ったものに、

ごく少量の洗剤をつけ、コシコシ、コシコシ、と洗ってる。「お湯を出してもいいでしょうか」ということだったけど、お湯を流すのもごく短い時間。

なんだかその様子を見ていて、ははぁ、掃除というのは、ダイナミックに、力任せに、一気に、やるんではなくて、

こまねずみのようにチビチビと少しずつやるものである。と気づいた次第。

私ときたら、掃除といったら、水をザブザブ流して、大量の洗剤で泡だらけ・・・・。

で、終わったあとはどっと疲れたあげくに、手は洗剤でがっさがさ。

ガス会社の方がおっしゃるには、洗剤はコンロを傷めるのでなるべく使わないで、重曹を使うといいですよ、とのこと。

 

いたく感心した私、ガスの方がお帰りになったあと、同じように小さく切ったナイロンたわしなどを使って、あちこちコシコシ磨き始めて、キッチン周りはピカピカに。

洗剤は使わず、結局、水とナイロンたわしと「激落ちくん」だけできれいになってしまったので、掃除が終わったあとも手はガサガサせず。それに、へんな洗剤臭も残らずさわやか。

プロのお掃除を見物するのって、じつに勉強になるなぁ。

 

その日、

電池交換もしてもらえる約束だったのですが、じつは我が家はコンロ使用が頻繁で、2、3ヶ月前に交換していました。「じゃぁ、これは予備においていきますね」と単1電池二個、いただきました。

東京ガスさん、なんか下心があるはず、と思ったら、それは、電気を東京ガスのほうに任せてくれたら、月々がぐっとお得になりますよということでした。なるほどそういうことね。

 

ところで、翌日。

また調子こいて掃除していたら、前日の東京ガスの方が、お見えになったのです。忘れ物?

「スミマセン! 私、昨日、電池おいていきましたっけ?」

手には単1電池2個。

「あ~、昨日、いただきましたよ」

と言うと、

「え~⁉ ホントですか? ホントに? あらァアタシったら……」

私は、彼女の手の電池をじっと見・・・・・。

正直者よ、おまえはえらい! ではこの電池もおまえにやろう。 って泉の精みたいに、その電池くれるかな?と思ったけど、くれなかったよ。

で、

「あの、これ昨日お話した電気の件なんですけれど、よかったらぜひお読みになってください!」

って、くれたのは電力のファイルと立派なパンフレット。

 

夜、

ダンナに、

「正直なアタイに電池くらいくれたっていいじゃんね?」

と言ったら、

「バカだな~、電池なんて、言い訳に決まってるじゃないか。昨日、電力のパンフレットのほうを渡すのを忘れたんだろ? だから、電池忘れたふりして、パンフレット持って来たんじゃないか~。営業の基本だよ」

だって。

ちぇ。

 

まあいいや、おみこしを上げてお掃除を始めるきっかけになったから、

わたしにとっては、とてもおトクだった出来事だったということで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日出先から帰ってきて、夕飯を食べながら「今日の出来事」をいろいろ話そうと思っていたのに、

ダンナは録画しておいたテレビ番組の話ばかりで、ぜんぜん私の話を聞いてくれない。

NHKの、ストレスの番組の話。

番組の中でストレスチェックがあったらしく、「やってみたら、けっこう点数高かった」

って深刻な顔してんの。


「どんなチェック?だれもが当てはまっちゃうようなのでしょ」

「そのチェック項目にさ、『会社が倒産した』ってのがあったんだよ。それもYESかなぁとかさ」

「倒産してないじゃん!!」

「まぁ倒産したような危機だったし」

ええ~!?


だから病気になりたい病のやつは困るとブゼンとする私。

そうこうするうち、その番組の続きの放映が始まって、テレビの前に行っちゃった。


ちぇ。

アタシは「今日の出来事」を吐き出さないと、ストレスたまるんだけど。

と思いつつ、

仕方がないから、一人で後片付けをしながら酒のおかわりをのみ、

片づけが終わったあとでテレビの前に座ってみた。


ダンナ、すでにガーガー寝てる。

ストレスなんかまったくなさそう。


番組全体的に画期的なものではなかったけど

ストレスを感じたときにやることをたくさん作っておく、

という提案には、へえ、それだけで効果があるんだー、と思いました。


私にはじつはすでにその手の、「自分の気をそらす(?)」ワザはいっぱいあります(じまん)。


だいたい、

たいていのことは、酒を飲めばどうでもよくなるおめでたく図太い性格。


それでも一応ストレスを感じたときにすること、思いつくものあげてみると、


*犬を抱っこする(「充電」と呼んでいる)

*大好きな本を開く(たくさんある)

*いやなことがあったら、「バーロー、くそー、うんこ!」と声に出して言う。

*「いーんだもーんだ」と言って切り替える。

*ていねいにお茶をいれて飲む

*大事にしている小さな小物を取り出して見る(見てるだけで元気になるガラクタ。高価なものではない)

*メモ帳に解決不能のことを小さく書きつける

*庭に出て育てている野菜を見る

*せんべいを食べる

*いろいろメモしている手帳を読みかえす。いらないページは破って捨てる

*犬と近所の散歩をして、手入れをされた畑やつつましく暮らしているよその家をのぞく

*犬と散歩して遠出する。近所に深大寺など自然がいっぱい。花や野菜も買える

*たんすの中のTシャツ等をたたみなおしてきれいに入れる

*引き出しに入れたキリヌキの整理をして読み直しながらファイルに入れる

*本棚の本を整理する

*ワインを飲みながら料理をする

*わざと遠くのスーパーに自転車で遠征する

*庭木を切る

*クローゼットの中のシャツとズボン全部にアイロンをかける

*川沿いを10キロ走る

*自転車で往復30キロ以上の遠出をする


……というか、書き出してはみたけど、現実にはいろいろなことなどやる暇なんてなくて、

いやなことがあってもとりあえず目の前の仕事に集中、目の前のご飯作りに集中、で、

ぜんぶヤなこと飛んじゃってるかも。

書き出したことの半分は、ストレス解消のためというより、単純に「やりたい」ことのような・・・


だいたい、

原稿料が少ないからいっぱい仕事しなきゃいけないし、だからいちいち落ち込んでる暇もなし。

貧乏暇なし、ストレスもなし。


会社にいたらこうはいかなかったんだから、やっぱり私は会社やめてよかったんだろな。

ひとりでする仕事は、どんな仕事でも楽しいです。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここのところ、帰りの遅い長男は、自分でお皿を洗ってくれるので、私は先に「お休みー」と言って寝てしまいます。

昨日も首尾よく早めに床に就き、あッという間に就寝、したまではよかったのですが・・・・・。


「プ―――――――――――ン」


耳元の蚊の羽音で目が覚めました。フト横を見るとダンナがいない。もう朝か、と思ったら、時計はまだ午前1時ではないですか。


蚊を退治すべく、部屋の電気をぱちりとつけると、白いシーツの真ん中に、蚊がとまってる!!!


思わず上からたたいたのですが、蚊はひらりとかわし・・・・。


シーツも枕カバーも、壁も、本棚も白いのに、目を凝らしても凝らしても蚊はどこにもいない。耳をすませても「プーン」「プ」の気配もしない。


獲物を取り逃がした間抜けな猫みたいなスタイルであたりを見回していたら、ダンナが部屋に入ってきました。

「3か所も刺された。今薬塗ってきたぁ」


しばらくふたりで部屋をくまなく探したのですが、蚊は見つからず。


仕方がないので電気を消して再び就寝することに。

ところがすっかり目がさえて・・・・・・寝られなくなってしまいました。


あきらめてスタンドライトをつけ、読書タイム。

政府軍と反政府軍、難民と避難民、民族も入り乱れて、読めば読むほど混乱するコンゴの本。きっとこれで眠くなるはず。


やっとこさウトウトとしたところで、さあ寝よう、とライトを消すと、また「プ―――――――ン」。


ガバと跳ね起き、スタンドライトをつけてあたりを見回す。

蚊はいない。しかし、目が覚めてしまう。

寝られなくなる。本を読む。少し眠くなる。ライトを消す。

また、「プ――――――――ン」。


この繰り返しを3回も!!!


その間、ダンナはあきれ返るくらいグースカ寝てる。「会社でたいへんだった」とか言っているけど、なんのストレスもなさそう。


私がようやく寝たのは3時半くらい。もちろん蚊は仕留めずじまい。


けっこう寝つきはいいほうなんだけど、夕べはどうしたわけか。


読んでいるコンゴの本には、コンゴ第一次第二次戦争下の不穏な状況が書いてあり、

家で寝ていると、いつ何時武装勢力に襲われるかわからないから、森で寝ているという避難民の話が出てきてました。森には蛇や蚊(マラリアの危険があるんだから日本の比ではない)が出てきてきわめて危険だけれども、それでも武装勢力に襲われるよりはましだと。


それにくらべ、

たかが一匹の蚊になんと情けないことよと自分に喝を入れて寝ようとしてみたのですがどうもうまくいきませんでした。

眠らなきゃ!と思えば思うほど眠れないという不眠症ってこういうことかしら。



健康ブログ、更新しました↓ 「耳かきはほどほどに」

http://40s-style-health.blogspot.jp/2016/06/blog-post.html


そういえば、前の更新のお知らせをしていませんでした。こちらもどうぞ。↓「指に傷があるときの家事」

http://40s-style-health.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お向かいのお家の外装工事をしているにいちゃんたちが、今日朝もはよから足場を外しているのだが、さっき急に「キャーッ!」というからびっくり。「毛虫だ、毛虫だ~」「うわーっ!」って騒いでる。

高いところは怖くないのに、虫は怖いんか。


昨日、『嫌われる勇気』ってどんな話だっけ、と思ってamazonで検索したら、ずーっとその本が広告に出てきてとってもうっとおしい。amazonを開いたら、同じ著書の『幸せになる勇気』も買え買えと言いよる。

うるさいわい。

どういう内容なのかは知らないけど、私、とっくに幸せだから、おがまいねぐ、なのでした。


女性が幸せになるためにはコツがありまして。


「見ざる、聞かざる、近づかざる」


なのです。


なんのこっちゃ、と思われるかもしれません。しかし、これを徹底しますと、ありとあらゆることがどうでもよくなりますのでぜひお試しください。


女性誌に載っている美しい女性。高価なブランドもの。センス抜群の高級家具に囲まれたリビング。ゴージャスな海外旅行。

そういうものは、一切、見ないようにする。


家族の収入や子どもの学歴素敵な暮らしぶりをちらりと自慢するうらやましいマダムたち。そういう方々のうらやましいお話は、聞かないようにする。そうい人からはそっと離れる。


まかり間違ってもデパートなどには足を踏み入れない。


そうするとですね、

じわじわ幸せになれるのです。


自分は自分、これでいい、と思える。


ほんとだよ。





この本を読んでから、そう思えるようになりました。



「メイクピース」という、

「エイリアン」とか「ターミネーター」などのジェームズ・キャメロンの映画を彷彿とさせるようなタフなヒロインが主人公。


何度裏切られても、極限状態にあっても壊れないタフな主人公が、幸せそうな主婦の元で働くことを辞めて距離をおくくだりを読んで、

妙に納得したのでした。


ああ、そういうものからは、距離をおけばいいんだ、って。


昨日だかの新聞には、

自分を「ハッピィ」に見せたい女性のための女性誌の広告がいっぱい載っていたけど、見ない見ない。


「見ざる、聞かざる、近づかざる」



そんなこと言って、結局は、おトシになって女を捨てただけだろ、だって? うるさいやい。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

やれやれ。

2年越しの企画を、昨日やっと校了しました。


スタッフに頼んで何度も何度も直してもらい、

印刷所の方に、「すみません、すみません」と言いながら直しまくり・・・その挙句、

ぎりぎりまで校正させてもらって。

印刷所に出向いてぎりぎりで校了する

「出張校正」というやつです。25年ぶりくらいにやりました。

印刷所の社員食堂でもやしラーメンまでごちそうになって帰ってきました。


わぁ終わった、ばんざーい、

とは行かず。


ここをああすればよかったのではないか、とか、

苦情の電話がかかってきたらどうしよう、とか、

一仕事終えたあとも気持ちが落ち着きません。


そして、

これからは原稿料の割り振りをして、スタッフにこの金額でなんとかと謝らねばならず。


あーあ。



昔、イラストレーターの大橋歩さんが刊行していた「アルネ」という雑誌の

中の、大橋さんのエッセイに、


「あやまってばっかりよ」


というのがありました。

そのフレーズ、よく、私の頭に浮かんでくるのです。


どんな内容だったかな・・

どうも自分は、あちこちであやまることが多い。でも、見ていると世の中にはあやまらないタイプの人もいる、自分が人柄がいいと言われることがあるけど、それはよくあやまっているからかもしれません、というような内容だったと思う。


大橋歩さんのような一流の人でも、いちいちあやまるタイプなのか、と意外に思ったのでした。

いわんや私のような半端モノをや、でございます。


あたしなんか、あやまってばっかりだよ。


頼まれ仕事だけをやってればいいんだよね。

自分で立ち上げた仕事の場合は、どうしても、方々にあやまるっていう仕事がくっついてくる。


あやまってばっかりなのが嫌でたまらなくて、

こんな仕事なんざもうこれっきりにしようと固く誓いながら、そのうちすっかり忘れて、まーた同じことを始めるんだよなぁ。


「産みの苦しみ」って、まぁそういうもんだ。終わったらすべて忘れる。


ほんとにはた迷惑なヤツ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気がかりなことがあって、でも自分ではどうしようもなくて、仕事もなかなか進まない。

もやもやしたことがつっかえて、いかんともしがたい…・

というような状況が続いていました。


何か助けがほしくて、仕事帰りに本やに飛び込み、物色すること30分。

うーん、めぼしいものがない。

スタンフォード大学の美人の先生の本を買い、電車の中で読み始めたものの・・・・なんか違うんだよなぁ。


何か悩みがあるとき、自分で解決できない時は、本やに行く。

そうすると、不思議なくらい、その時の自分にピッタリの本に出合えて、元気になる、というのがいつものパターンなのに。

ガッカリして家に帰り、自分の本棚の整理を始めて、フト思い立った本を開いてみたら。


そこに、今の私にピッタリの言葉が並んでた。


「・・・・もし私達が日常のあらゆる出来事に対して「こだわらず」、それを実行し続けることができたら、どれほど毎日が心安らかなことだろう。」


「こだわることによって、人は心乱れ、右往左往し、ストレスを溜め、挙句、自分だけでなく、他人まで苦しめる。」


「人に何か言われた、意に染まない事が起こった、思いがけぬ不幸に見舞われた……、人生の中で起こる様々な心楽しくない事柄について、こだわることなく、心乱されることなく過ごせたら、同じ時間が、見違えるほど有意義に、そして豊かなものになるはずだ。」


(『高峰秀子の流儀』斉藤明美著より)


女優の高峰秀子さんの生き方を綴った、養女の斉藤明美さんの著書。その著書の最後の章、「こだわらない」から。


「『修羅』と呼ぶにふさわしいほど」の半生を送りながら、一歩も間違えることなく日々を歩んできた高峰さん。

恬淡としてこだわらない。柳に風と受け流すようでいて、その実、それは圧倒的な意志の力でのみなせる業なのだということがわかる。斉藤さんはこう書く、「こだわらない意志」。


私ときたら、なんと小さなことでいちいちこだわって憂うつになってしてしまうのだろう。みっともない。憂うつな女ほどうっとおしいものはないや。


この先どうなろうが、他人にどう思われようが、自分の力の及ばないことは、もう考えても仕方がないとあきらめて、考えるのはやめだ。


こだわらない。強い意志でもって、「こだわらない」ように努めよう。


できることだけを大切にやろう。今日一日を楽しく生きよう。



・・・・・なんて、久々に書いたら少し深刻そうなブログになってしまったけれど、たいした意味はないです。最近更新してないけど、どうかしたの、と聞かれたので念のため。




今朝、エプロンのポケットに、アレ? 入れた覚えのない50円玉かボタンのようなものが入っているな、

と思って取り出してみたら。



ちくわの輪切りでした。

一昨日、ひじきの煮ものに入れたもの。


あまりにいい具合に乾燥していたので、「あと5個乾燥させて真田六文銭とか作る?」なんて思って仕事机においてあります・・・・・(捨てろよ)。


というわけで、私は毎日元気です!













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある仕事が佳境で、落ち着かない日々。毎日仕事とごはん作りに追われていて、なかなかがっちりブログを書く時間がとれません。

しばらく前から、隣県に住む夫の実家にもおかずを送っていまして、そのおかずつくりがわりと大変なんです。料理が特別得意ではないから、けっこう時間がかかってしまう。


仕事が終わったあとにワインを飲みながら気ままにする料理は楽しいけれど、仕事を抱えているときの料理は心身ともに重労働。

私の場合、料理にはものすごーく時間がかかる。何度も何度も味見をしないと不安だし。どうも要領が悪い。私にとって料理は、片手間でちょちょいのちょい、っとでできるものではないんですよね・・・。

料理をしたくなくなると、料理研究家の栗原はるみさんの「プロフェッショナル仕事の流儀」のドキュメンタリー映像を思い出します。立ちっぱなしでがんがん料理している様子を思い出すと、よしやらねば、と思えます。

その番組の中で、「料理って面白いよね。だって、やってれば上達するじゃない?」と栗原さんはおっしゃっていましたが、なまけものの私はなかなかそんな境地にはなれないのでした。

でも、ヘタなりにがんばってやっていれば、いつか得意になり、ほんとの料理好きになるかもしれない。


なにより、食が細くなってすっかり弱っていた義母が、おかずを送るようになってから少しずつ体力つけてくれてるのがうれしいので、できる限り作って送り続けようと思います。







クール便、天地無用でこうしたおかずが送れるのだからありがたい。スーパーでお菓子などの段ボールをもらってきてそれに詰めて送ります。




私のほうの実家から送られてきた宅急便。母の手作りの大徳寺納豆入りみそパンによもぎ団子。一昨日はほりたてのたけのこの煮物と水煮が届きました。

母は手まめで、こうした手料理を送ってくれる気遣いは昔からでしたが、料理を作って、梱包して、送る、その手間がどんなに大変か今の私にはよくわかるだけに、つくづくありがたく感じました。

笹巻やらなにやら、手の込んだものを送ってくれる母に、「たいへんだからしなくていいのに」と言うと、「楽しいからするんだよ」といつも言うのです。


手作りの料理には、なにか力がこもってるような気がする。そして、

作ってるほうにも、何かを与えてくれてるんですよね、きっと。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎日家で仕事してます。


本業が忙しく、なかなか庭の手入れができません。

雑草生え放題。

菜っ葉類、みんなトウが立って、のらぼうどころか、山形の青菜、小松菜、みんな菜の花みたいなのが咲いてます・・・・・。

そうか、菜の花って、菜っ葉類の花のことなのかぁ。



なんの計画もなく植えたチューリップがにょきにょき。




フリージア、黄色のを植えたつもりだったんだけど。



きぬさやとスナップエンドウがからみあってどっちがどっちかわからなくなっちゃった一帯。

でも2日に1度は収穫できてて便利。


もう少しきちんと庭を整理整頓しようと思うのだけど・・・・

夢中でやって、しばらくすると本業が多忙になり、ほったらかし。仕事がおわるとあわてて片づけて、また本業が忙しくなっての繰り返し。


それでも、野菜が育って花が咲いてくれて、、植物って偉大です。


狭いしごちゃごちゃだけど、私にとって大切な空間。

ここにしゃがんで空と土と植物を見ているだけで、といろんな不安を忘れられるんです。


ウルグアイの世界一貧乏な大統領、ホセ・ムヒカさんの庭を見てみたい。



さてと、本業に戻ります‼‼‼


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昨日、仕事前に、池袋の東武百貨店で開催されている、「クレヨンしんちゃん展」に行ってきました。


見たかった臼井先生の生原稿をじっくり見ました。


ビックリしたのは、漫画のネーム原稿。


漫画の原稿は、先にネーム(セリフの部分)を下書きで写植を打っておき、ペン入れの終わった原稿の白い吹き出しのところにネームをはめていきます。

で、

ふつう、編集者は、ネームのコピーをとり、漫画家さんの手書きで読みにくいネームを丁寧に書き直すなどして、印刷所に指定を出します。なので、ネーム原稿は通常けっこう乱れているはずのものなのですが、臼井さんのネーム、ぜんぶ赤のペンでまるで描き文字のように美しく、ていねいに書かれているのです。

写植にしないでそのまま印刷してもいいくらいのきれいさ。

しんちゃんの漫画の中に描かれた、臼井さん文字ともいえるあの独特の文字で。


じつは、つい1週間ほど前、私、自分が編集している本の中の漫画原稿を入稿したばかり。

そのネーム指定のための文字といったら・・・・・。反省。


一流の作家さんの仕事というものは、どんな些末な仕事でも、丁寧にきちんとなされているのだなぁと感服いたしました。



しんちゃん展は、そのほかにも写真撮影スペースや、きゃりーぱみゅぱみゅ等々、著名人の書いた25周年おめでとう色紙などが展示されていて(きゃりーぱみゅぱみゅとセカオワの描いたしんちゃんの絵が爆笑モノ)、楽しかったです。

どこから調達したのかひろしの靴下も展示してありましたが、ウチの長男のスパイクのほうが臭かったかも?


限定グッズなどもいろいろ売っていたので、ぶりぶりざえもんのガーゼハンカチなど買ってきました。




このマシュマロ、チョコ入りでけっこうおいしかった。

かわいそうだけど食べました。



そういえば、

しんちゃん展で思い出した!


こないだS先生のお祝いの席でダンナがいただいてきた、由緒正しい高級和菓子店の高級おまんじゅう、というか特大練り切りのお菓子。




これ。

外側は「鶴」切れば「亀(亀甲模様)」、というおめでたいものです。


http://www.siono.jp/syukugifusyukugi.htm  赤坂の高級和菓子店、塩野 というお店のもののようです。


この、鶴をかたどったおまんじゅう形の菓子、ひっくり返して見てびっくり。



ボーちゃんではないですか‼‼‼


鼻血だけど・・・・・。


かわいそうだけど食べました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、仕事すんべと机に座り、

明るい窓ぎわをフト見たら、本や雑誌を積んだところに、蚊が止まってる。


あれれ、もう蚊が出てきた。

と、さっそくつぶそうと手を伸ばし、一瞬手を止めてよく見れば、手(?)がカマである。

さらによくよく見ると、三角の顔に大きな目。そしてチビのくせしてこちらを威嚇するような態度。


かまきりの赤ちゃん!!



みれば、3匹、4、5匹・・・、おなじようなかまきりの赤ちゃんがひよひよと光に向かって歩いているではないですか。

夏の終わり、よしずを取り外したときにくっついていた小さなかまきりの卵を、窓際の鉢植えにのっけておいたのが、むしょげだ(孵化したの山形弁)のでした。


いちいち挑戦的な態度をとるチビどもを、ほれほれとボウルに入れて、庭のスナップエンドウのプランターに放しました。



大きくなって、害虫をいっぱい食べておくれ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。