みなへいのブログ

フリーライター、戸塚美奈が、暮らしと健康、男子の育て方などなど「日々の笑いと発見!」を書きとめるブログです。

クリップサッカー母ちゃんは引退しました。サッカーのこともたまには書きます。健康ブログ は更新中です。



テーマ:

昨日は昼過ぎから川崎の入院している義母の様子を見に行った。

先週行ったルートは、どうやら遠回りのようで、別のルートをダンナにすすめられる。病院のある百合ヶ丘のあたりに土地勘のあるダンナが、「このへんにTの家があって…」などと高校時代の友人のことなど思い出し始めるので、なんとなく信用できず、勝手にルート変更。右折の指示のところを直進し、別のルートで行くことにした。

ところが、見事に間違えた。行けども行けども目指す交差点はなく、どんどん道幅は狭くなる。地元の抜け道らしく、前後の車のスピードも落ちないので停車もできず。生田の山の中を突っ切り一通をグルグル……。広い道に出てやっとのことで車を停め、結局、おんぼろナビを発動してもと来た道になんとか戻った。

あのあたりは坂道が多いために交差点の見通しがすこぶる悪く、道路も入り組んでいて、かならず、もうかならず、曲がる方向を間違うのだ私は!

やっぱり、ダンナに聞いた道にすればよかった。

地図は食い入るように見るのだが、高低差はわからないから、実際に走行してみるとかなり勝手が違う。そんなこたァ、自転車でアチコチ動いていて百も承知なのに。

昔、長男とチームメイトを連れてよみうりランドのヴェルディグラウンドに行ったとき、どういうわけか道を間違ってしまい、よみうりランドの山の中を上っては下りてをくりかえし、時間に間に合わなくなって、途中で「ここで降りて!」と歩かせたことがあった。疲れ切ってグラウンドにたどり着き3人ともセレクション落ちたのかも。

 

義母は肺炎になってしまった。

看護師さんに、「原因菌はわかりましたか、炎症はおさまってますか」と聞いたけど、原因菌はまだわかりません、お教えできるかわかりません、検査の結果も医師でないとお伝えできません、と言われて、なにも教えてもらえなかった。発熱があったし、かなり痰が出ているということは、免疫力が発動しているということだから、きっと大丈夫、ポジティブに考えよう。

「手がかゆい」と言ってしきりにタオルケットにこすりつけるので、手指を開くとなんだか汗臭い。アルコール綿で拭いて、少しかいてあげた。次男が手を骨折したときに、手のひらの垢が面白いようにとれていたのを思い出した。手のひらって、すごく汗をかくのだ。

義母は「熱い、熱い、熱がある」と、私の手が熱いのがおかしいとしきりに心配する。こんなになっても自分のことより家族の心配をするのだ。

しばらくかいていたら、「昨日お風呂入れなかったですよね、手の洗浄しますね~」と看護師さんがやってきた。大き目のビニール袋にペットシーツ状のものを引き、ママレモンの入れ物に入ったお湯(「熱い」と言っていたからお湯らしい)とハンドソープで手際よく洗い始める。介護の現場を見たことがない私はいたく感動し、「ああよかった、今ちょうど、手が痒いって言ってたんですよ」と言ったのだが、看護師さんは注意されたとでも思ったのか、「あ、痒いって言ってたんですね」とニコリともせずに作業を続けていた。さっぱりしたのか、洗浄してもらったあとは、義母はタオルケットの上に手を重ねて落ち着いていた。

 

家に帰ってきたら、市から私あてに「大切なおしらせ」の郵便物が届いていた。なんの督促状かと慌てて封を切ったら、所得の低い市民に、臨時福祉給付金をくれるというありがたいお知らせ。去年は大きな仕事にかかりきりで稼げる仕事をぜんぜんしなかった。今年も積極的に仕事に動ける状況じゃない。「一億層活躍」の時代というのに、私はどうやら社会のお荷物になりつつあるらしい。

配偶者控除の廃止が問題になっている中で、専業主婦なんかけしからんとする記事がどんどん目に飛び込んでくる。ワタシは確定申告しているし、配偶者控除なんてさっさとやめりゃいいともちろん思う(その分社会保障を手厚くすればいい)。だけど、収入や生産性の高さだけを人の価値のように考える風潮には、責められているようで悲しい気持ちになる。今は、内職できる手作業や、日雇いの「ヨイトマケ」的な仕事は皆無に近いから、社会で活躍するのは指南のワザだ。ワタシは会社をやめないで働いていたら、「活躍」して「輝いて」いると胸を張っていられたんだろうか。

そんなことばっかり考えながら寝たら、朝、達成感と満足感とともに目が覚めた。雑巾とバケツをもって次から次へと部屋を拭き清めている私。……大張り切りで病院の掃除をしている夢を見た。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

トイレの夢をよく見る。多いのは、汚いトイレで我慢して用を足す、というもの。

トイレに行きたかったからトイレの夢を見るのだろう、と考えられるけれど、汚いのは夢でもいやだ。なんとなく、家の掃除をさぼっている自分に嫌気がさして、そんな夢を見ているようにも思える。

最近はおかげさまで(?)ボロで質素ながら、わりとキチンとしているトイレの夢が多い。たぶん、ここのところ、家の掃除が一応満足いくくらいにはできているからだと思う。

しかし、今朝がた、またトイレの夢を見た。

汚くはなかったが、和式トイレの幅が広すぎて、どうがんばっても「またがれない」。

……家はある程度はきれいになったが、あちこち使い勝手が悪くて気になっている……ということかもね。

 

家がきれいになったのは、家が明るくなったということが大きい

植木屋さんにお願いして、庭木をバサバサと刈ってもらったので、家の中に陽の光が入って明るくなったのだ。風通しもよくなった。

 

植木屋さんの作業が終わると、近所の方々が次つぎにやってきて庭木を眺め、口ぐちに、「スッキリしたねぇ!」「よかったねぇ~切ってもらって‼‼」と言う。

ヨタヨタと脚立にのぼった私が、たらばがにのように植木鋏を振り回すのを、みなさん、いつも心配そうに眺めていたのだ。

「やっぱりプロにやってもらわなきゃぁ」って。「こんな高いんだもの、オクサンじゃ危ない危ない」

 

じつは、植木屋の兄ちゃんの仕事中、木のどこを足場にして作業するのか、ずーっと兄ちゃんの地下足袋の動きを観察していたのだ。ナルホド、アルミの脚立より安全だ、と勉強になった。高い枝は落としてもらったから、次はもうアタシでもできるかも。

 

アタシが木に登ったら折れたりして。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日、用事があって、珍しく夜になってから渋谷のほうに出かけた。

ん?しぶちかはどうなってんだ!? 

東横線はどこへ行っちゃったんだ? 田園都市線で右往左往することしばし。完全にお上りさん。

それにしても、ひらひらの袖、バレエの衣装みたいなスカートなどなど、ビックリするような装いの女子がいっぱい。階段がこわそうなヒールで、白い肌もまつげも作りこんであって砂糖菓子のよう。こういうのがカワイイってことになってるのかな?と鼻白む思いで歩いていたら、目の前に、黒いTシャツ、ジーンズ、足元はコンバースのオールスター、肩からは黒いトートバッグというかいわゆるズダ袋? を下げたロングヘアの女性が。

こういうかまわない雰囲気がいいナ、と思ってじっと見る。服装は地味だけど、なにか醸し出す雰囲気が周りと違う。ついと頭を振って長い髪をかき上げると、かき上げる腕が、細いだけでなく、細かい筋肉のついたなんとも美しい腕。こりゃただものじゃない、舞台関係の人だ、と思った瞬間、ふいに振り向いたときに顔見てさらにびっくり仰天、超美人!!! ほとんどノーメイクなのに、めちゃくちゃキレイ。 黒いTシャツはVネックに深くくられていて、かいま見える首筋はまるで象牙の彫刻のよう。姿勢もいいので、髪をかき上げたり振り向いたりのしぐさがイチイチ決まっていて人目を引く。しぶちかに鶴。ジェーン・バーキン(若いときの)を彷彿とさせる美しさ。

振り向いた彼女は、後ろからついてくる息子を気にしていたのだ。後ろから、トサカのような髪型の5歳くらいの男の子がとことこやってきた。息子を引き寄せる様子もエレガントで、ベタベタでも叱るでもなく親子のほどよい距離感を感じる。まるでフランス映画を観ているよう。

息子が横に来たから、もう後ろを振り返ってくれないのだろうなぁと思っていたら、ジェーン・バーキンが歩みを止めて後方を見た。何か言う。あっ、ダンナさんもいるんだ、と思ったら、後ろから、ゲンズブールみたいな男ではなく、スマホでグルメ情報を見ながら「ほっしゃん」みたいな人が歩いてきた。

スマホの画面は中華料理だったような。家族で夕飯、どこで食べたのかな。

 

 

でっかい建物が苦手なのですが、あえて挑むようにして撮ってみた。

 

日曜日の都庁舎。

用事があって西新宿へ行き、初台までテクテク歩く。

昔からこの建築家の建物が嫌いだったのだけど、近年どんどんへんてこな建物が建っていることもあって、あらためてしげしげ見てみたら、まだ最近のものと比べたらこっちのほうが幾分ましのような気がしてきた。

日曜日なので人もまばら。日曜だからゆりっぺもいないやな、と思いながら通り過ぎていたら、アジア系のどこかのあんちゃんにスマホのシャッターをおしてくれと声をかけられる。都庁から垂れ下がったてぬぐいのような東京五輪のマークをバッチリ入れてくれとのリクエスト。東京オリンピックを楽しみにしてくれている海外の方もいるんだ(楽しみにしているわけではないのかもしれない)と思い、何カットか撮る。「おもてなし」したぞ。

 

パークハイアットまで行って、コンランショップにひやかしに行く。何様だろうと思うような若いが高級そうな子連れカップルが、家具など品定めしていた。若奥様、見とれるほどキレイ。ベージュ、黒、白のシンプルな装い、バッチリまつげ、ヘアはシンプルなまとめ髪。

……で、一緒にいるダンナ様、こちらも「ほっしゃん」ふう。

 

さんざんイタリア製のボディケア用品のニオイを吸い込んで、ハンドクリーム1コ買って帰宅。

都会のニオイを吸い込んで、英気を養って、いい週末になった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3日間禁酒したのに、眠くてさっぱり読書がはかどらないので、一昨日、冷蔵庫に残っている酒を全部飲んでやった。

缶ビール2本、赤ワインボトル半分。

結局、禁酒の日と同じように4ページぐらい本を読んだのち就寝。グッスリ寝て、夜中トイレに起きることもなく、キッチリ5時半に目が覚めた。

なんだ、飲んだほうがましではないか。

と思ったが、目が覚めてきたら次第に頭痛がひどくなってきた。

 

ここ半年ほど、少し量を多く飲むと翌朝頭が痛いなとは思っていたのだ。昔はワイン1本空けても二日酔いなんてせず、じつにさわやかに目覚めたというのに。これは確実におトシでアルコール分解酵素の働きが飲む量に追い付かなくなったということか。

昨日は1日頭が痛くて仕事にならず。夕飯を作る気力もなかったので、仕方なくロキソニンを飲むと20分後には復活。ロキソニン……なんて恐ろしい薬なんだ。朝のうちに飲めばよかった。

だいたい、なんで飲むとなるとあるだけ飲んでしまうのか。降ればどしゃぶり、飲めばベロベロだ。適度に飲めばなんの問題もないことなのに。でも適度ってどれくらい?

 

植木屋さんに見積もりに来てもらう。

あまりに伸び放題なので、「もう少しちゃんと手入れしたほうがいいですよ」とお説教されるに違いない、と思っていたら、のびのびになったモミジとヤマボウシをしみじみと見て、「いいですねぇ、山の雰囲気ありますねえ」という。「モミジも、ヤマモミジで、ヤマボウシもヤマモミジもどっちも山の木なんですよ。ヤマモミジ、もっとでっかくなりますよ」「ほら、あの、ベランダのとこに枝が行ってる感じなんかいいですよね~」

「でもね、庭の日当たりが悪いんですよ。雰囲気はいいし、家は涼しいんですけどね、ミニトマトとかダメなんですよ」「あっ、野菜やってるんですね、ウーン。(菜園にするか山にするか)どっちにするかってとこですね」

バッサバッサと切ってくださいといったものの、あんまり大将が自由奔放な枝ぶりをほめてくれるので、なんだか切りたくなくなってきた。どうせたいした収穫もないんだから、菜園なんてやらなくていいんだけど。

「以前冬サービスでやった時と違って、この時期はお高くなってしまうんです」としきりに恐縮していたが、想像していた程度の値段だったので、お願いすることにした(2月末の倍)。

 

今日は夜用事があって出かける予定のため、朝のうちからカレーを作った。鮭のムニエルときのことしらたきの煮物なども作る。少しずつ取り分けて義母へのおかず便。出がけにクール便で出そう。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は骨折治療中の次男を連れて病院へ行った。

6キロほど先で距離は近いがウチから電車で行くには遠いので私は運転手。次男が骨折して1か月。いい運転練習になった。

一か所、右折レーンのない信号があり、ダンプがびゅんびゅん行きかう道で右折するのに緊張するのだが、昨日はタイミングよく反対車線が事故で交通制限中でスムーズに右折。「ラッキー」といい気持ちでハンドルをきると、対向車が左車線を走っている!と思ったら右に戻った、なんと、ごみ袋の大きな袋が右車線中央に転がっていて、それをよけたのだ。

あの道は、ごみは転がっているし、街路樹が茂りすぎて目の前に来るまで信号が見えないしまったく困ったものだとプンプン。

初めて来たときはズンズン運転して「おお、楽勝じゃん」と思ったのに、慣れれば慣れるだけ、「ここキケンだよなぁ」というところがわかってきた。

運転は難しいです。安全第一で行こう。みずがめ座ですからね。

 

次男は、骨折(陥没?)してゆがんだ骨に金属を入れて、指をまっすぐにするという治療を施されて1か月経過、昨日はようやくその金属を抜く、という作業。

切開して骨に金属を入れて串刺しにし、ゆがんだ骨をまっすぐに固定する。金属は皮膚の上に出したままにしておき、固定したのち、金属をペンチでひっこ抜く。

次男が包帯をはずしているところをおそるおそる見せてもらうと、手の甲の皮膚から針金が2、3本突き出ている。ジェフ・ゴールドブルム版の『ハエ男の恐怖』で、最初に主人公が「ハエ化」するところの映像を思い出した。

 

麻酔するのかなぁとしきりに心配していたが、治療後、白い顔で戻ってきた。

麻酔はなしだったらしい。やっぱりね。

分厚いガーゼで右手を抑えて止血しながら語ることには、ぐりぐりぐり~と引き抜かれた。あいた穴から、じょじょ~と蛇口みたいに血が出た。抜いた金属にピンクの肉片がついていた。抜いた金属を、もっていきますか? と聞かれたけど断った。母さんほしかった?いらない。

あともう一回診察に来たら、あとは近所の整形外科でのリハビリですむらしい。

とりあえず体から異物が抜けてよかった。

 

1か月通った(私は運転手のみ)が、きょろきょろ見ている限り、いい病院だった。

同じ系列の義母が行っている病院とはだいぶ違う。病院の建物が新しいこともあるのだが、清潔でにおいが一切しないし、色の褪せた造花や意味不明の置物がおいてないし、スタッフの表情が普通にさわやかでわざとらしさがない。

系列関係なく、各病院で経営方針(?)が違うのだろうか。義母のもうひとつのかかりつけ(ここも系列病院)は、病院はピッカピカで高級感にあふれているが、予約にかかかわらずべらぼうに待ち時間が長い。混んでるわけでもないのに。

最近つきそいで病院ばかり行っているので、ついついアレコレ観察してしまう。

 

もう3日間も禁酒。今日で4日目。

禁酒したら、どんだけ本が読めることかと思ったら、酒なんて飲んでも飲まなくても夜になったら眠くて数ページしか読めなかった。

酒を飲むのをガマンしようとやたら水を飲むので、大酒飲むよりも何度も夜中トイレに起きるハメになった。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日古本屋の×××××××に3箱本を送ったので、前回のときのことを考えたら、だいたい3000円くらいになるかなと思い、大喜びでアマゾンの古本を見つくろい、ほしかった本を大量に注文。次々に郵便受けに届くマーケットプレイスの包みをビリビリとあけながら、フト気になり、銀行の振り込み記録を見てみたら、3箱送ったのに710円しか振り込まれてない。

まぁ3箱分の宅配便量を考えれば、引き取った古本屋も大した儲けにはならないはずだけど。

次は絶対に、手間暇惜しまず、amazonでもYahoo!でもなんでも使って自分で売るのだ!

(最近リサイクルショップにものを売るたびに同じ誓いをしているような気がする…)

 

これ。

あらためて写真を見直してみたら、3箱といっても量はそれほどでもないし、最近ベストセラーのたぐいはまったく買わなくなったから、高く売れそうな本はほとんどなかったかも。

そういえば、古本屋の注意事項に、「なるべく一口にまとめて送ってください」と書いてあったのだった。3口になってしまって、配送料がかさんだのかも。

 

届いたたくさんの本を読みたいので、しばらく禁酒することにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

父ちゃんがでかい荷物をもって出かけました。

外は雨なので、

「よっしゃ、車で新宿まで送ってくよ!」

と言ったのに、あっという間にタクシーを呼んで行っちゃった。

信用されておりません。

 

よし、絶対帰りは迎えに行くぞ、と地図を検索していたら、衝撃的なネットニュースが飛び込んできた。

「交通事故が多いのは、みずがめ座、次点、やぎ座」

というもの。あたしゃバッチリみずがめ座。これは聞き捨てならぬ。

発表した愛知県警によると、みずがめ座、事故が多い上に、第一当事者となることが多いのですと。

 

読んでみたら、科学的なデータではなく、どうやら、県内の交通事故が多いのに悩んだ愛知県の警察署が、苦肉の策で、県内で10年以内に発生した交通事故を、星座別に統計して傾向を発表した、というキ程度のもので、統計の詳しい数字はなし。

それぞれ、率なのか件数なのかも不明で、お遊び程度のネタなのですけど、でも、いよいよ運転の練習を本腰入れてしようという私にとって気分のいいネタではないのであります。

 

これは絶対に家族には秘密にしておかなければならぬ。

と思いつつ、そのデータが非科学的であることを裏付けて、自分なりに納得しなければ気が済まないと、しばしあれこれ調べてしまいました…(また時間のムダを)。

ちなみに愛知県警の発表では、事故の少ない星座は、おひつじ座、てんびん座となっています。

https://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/topics/seiza.html

 

 星座に関しては怪しいハナシが多いよなぁ、と思ってついでに調べたら、

なんと倒産社長も、みずがめ座、ついでやぎ座が多いのでした。

http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20160808_07.html

しかもこれも詳細データ不明。

みずがめ座とやぎ座、たんに人数が多いんじゃないの。

 

4月に仕込んで2月に生まれるのは生き物の基本パターンだから多いんだよ」と同じみずがめ座の同僚に言われたことを思い出しました。それもほんとかどうかわからないのですが。

 

交通事故が多い上に、倒産も多いみずがめ座。……身もふたもないぞ。

 

みずがめ座は酒の失敗が多いとよく言います。酒の神バッカスにつかえていた牧神で、かめに入っているのは水ではなくて酒だから、酒と縁が切れないのだとか。

飲酒運転が多いのかな。

 

気になって調べたら、

アイルトン・セナは、おひつじ座でした。

ミハエル・シューマッハはやぎ座でした。

F1レーサーでは、バトン、ハミルトンもやぎ座でした。

なんだ、関係ないじゃん(でもF1レーサーの運転は安全運転とは違いますね…)。

 みずがめ座がいたら誰か教えてください。

 

そういえば、クリスティアーノ・ロナウドも大きな交通事故起こしてたけど、クリロナもみずがめ座だなぁ(同じ誕生日)、と気づき、ふと思いたって調べたら、交通事故で亡くなった奥大介さんもみずがめ座だった……。

 

くれぐれも気をつけよう。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いろいろ思うところがあり、

スーパー獣医として人気で、時折テレビにも出ている野村潤一郎先生の本をまとめて読み直していたら、

ネットでいくら探してもよくわからなかった雷や花火の音を怖がる犬のことがちゃんと書いてあった。

 

雷や花火の音を怖がる「音響シャイ」の犬は、一定数いて、それは遺伝によるものだそうです。

「特定の音がきっかけになってパニックになる」のだそうです。

なので、雷が怖いから雨が怖い、湿気が怖い、などなどの連鎖反応を生むのだそう。

大雨の日、低気圧の日に、足元から離れないのはそのせいなのでした。

(詳しくは、『犬の悩み相談所』(講談社))

遺伝のせいなら仕方がない。

おかあちゃんのしつけが悪くてそうなったわけではないのです。

これからも、「ダイジョーブ、ダイジョーブ」言いながら、ヨダレを拭いて回るだけのことです。

 

それから、

遠吠え。

ウチの犬は、「さおや~さおだけ~」の声や、救急車のサイレンを聞くと、「わお~ン」と遠吠えを始めます。

鍵盤ハーモニカ等の演奏をしても遠吠えをするので、不思議に思っていましたが、

これらの音は、犬の遠吠えの周波数に近いのだそうです。

「仲間意識を高めるためだけでなく、他のグループとの無用なトラブルを避ける信号でもある」のだそう。

 

負け惜しみで吠えているわけでもなければ、

寂しいから吠えてるわけではないのですよ。

 

うちの犬が「おりこう」だから吠えているのでありますね、うん。

 

じつは野村先生の本は、一時期はまり、ほとんど読みつくしていたのだけれど、考えてみたら、それは犬を飼う前のこと……。今回あらためて読みなおして、やはりこのセンセイは本物だなぁ、と感じ入ったしだい。

 

 

犬は人間と違って汗腺が発達していないため、扇風機にあたっても揮発熱効果がゼロなので、夏は必ず冷房を入れてください、犬は寒さでは死なないけど、熱中症では簡単に死んでしまいます、という言葉に焦って、きちんとクーラーをつけるようになりました。

クーラーのあたる位置にいるうちの犬(11歳)。

 

 

変わった先生で、本も風変りなものが多いけど、

動物への愛情みたいな感情論でなくて、知識と圧倒的な経験に裏付けられているから信用できるのです。

 

『ソロモンと奇妙な患者たち』(ちくま文庫)

『ダーツよ、鉄の城を見張れ』(世界文化社)

の2冊のエッセイがとくに好きなのだけれど、なかなか続編が出ないのが残念。

 

それにしても。

ついつい、ネットで調べものってやってしまうけど、ほとんど役に立たないということがわかったよ!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オリンピックと高校野球が終わって、私もいよいよ仕事モードにギアを入れないといけません。

子どものころから、高校野球が2回戦、3回戦となるうち、「ああ、夏休みが終わる~」と悲しくなったものでした。

私の故郷では、小中と20日で夏休みがおしまいだったので……。月曜日が怖いサザエさん症候群てのがありますが、私の場合は、甲子園の声援にカーン!という金属バットの音症候群なのでした。

そしてあとに残るはお約束通りの宿題の山……。

 

先日美容院に行ったら、いつも担当してくれている兄ちゃんのKくんが、

「いや~、今回、オリンピック始めてしっかり観ましたよ~。いいですよね。感動しちゃいましたよ~」

ってしみじみ言うのです。

その日ちょうど男子卓球団体の決勝戦だったので、気になって仕事どころではなかったらしく。

「自分、あんまりスポーツ得意じゃないんで、今までオリンピックってあんまり興味なかったんですけど、今回のオリンピックは本当にはまってしまって、オリンピック、感動ですよ~!」

って。

えー、なぜに?

びっくり。

思わず言ってしまいました。

「オリンピックに感動して毎日ドキドキして見てたのって、あたし、モントリオールのころだけど……」

その後モスクワ五輪はとんでしまい、思春期にオリンピックに熱くなる機会を逃し、そのままアタイはひねくれた大人になってしまったのだった。

「…それ、どこでいつですか?」

モントリオールは彼が生まれる前の出来事のようで、それ以上話は続かず。

 

「でも、今回とくにすごくないですか? 日本メダルの数すごいですよね~!」

と兄ちゃん。

……すごいか~? 今度は私のほうが沈黙・・・・。

その反応、ウチの子どもたちと一緒じゃないの。

「日本って小さい国なのに、けっこうメダルとってるよね」って言うから、恥ずかしくなる。

日本は小さい国じゃありません! 日本は人口が多いんです!! GDPを考えればこの数はあたりまえです!

毎日毎日怒鳴る母。

 

オリンピック、いいですよ。

400mリレーなんてすばらしかった。

でも、報道の仕方にはかなりの「?」。

毎日毎日ニッポンのメダルの数の報道にかなりうんざり。まるで小学生向けの報道ではないですか。

その一方、他国の選手は、テロップは国旗と略称のみの表示で、いったいどこの国の選手なのかがわかりにくい。その上、海外のスター選手への取材や報道はほとんどなし。

もう少しどういう経歴の選手なのかとか、周辺取材して報道したらどうなんだ。

オリンピックって、いろんな国の選手が出ているからおもしろいし、他の国のことを学ぶきっかけになると思うのに。

日本の選手のことさえ報道すればそれでいい、って感じ。

 

それからもう一つ。

やたら、親子の絆系の報道が多かったことが気になりました。

母親や父親の指導や支え亡くなった親にささげる云々は、高校野球の選手紹介の鉄板であったけれど、オリンピックの、しかも週刊誌ではなく、公式な報道で、ここまでやられると異様な感じがする……んだけど、そう思うのは私が至らぬ母だから、なんでしょうね、きっと。

スパルタコーチや選手の我が子と一心一体になっている親御さんのことが報道されるたびに、時代錯誤的なものを感じて、ビミョーな気持ちになるのは……ま、至らぬ母親の私だけなんでしょうね、きっと。

 

アラフィフおばはんの戯言ですから。

 

今回のオリンピックで一番よかったね賞は、ネイマール‼‼

ブラジルの優勝、ほんとによかった。ブラジルのみなさんも大喜びで、リオでやった甲斐があったというものです。

ネイマール、あんなにいじめられていて、ジーコにまで文句言われて、最後の最後のPK、まるで筋書き通りのPKになっちゃったけど、ここで失敗したらどうしちゃうんだろう、自殺しちゃうんじゃないか? って、ほんとに、家族全員(そのときみんな家にいた)固唾をのんで見守っていたのです。

「フリーキックがうまい人ってこういう場面で、やっちゃうんだよなぁ・・・」びくびくしつつ。

決まった瞬間はもうホント、ほっとしました。

どんなときも支えてくれた家族と友人に感謝したい、って、ネイマール泣いてたねぇ。

めでたしめでたし。

 

さぁ、夏休みは強制終了。

動き出すぞ。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

週末、やっとぼろぼろで気になっていたソファのカバーを変更。

といっても、布を買ってきて安全ピンでとめただけ。

 

いつも地味にグレーだとかベージュにしていたのを、どこにも出かけられなくて寂しいから、せめてソファのカバーくらい、リゾートしよう、と考えて、オカダヤでこんな布を買ってきてみた。

巻いてみたものの、ソファのわく(?)やクッションは白にしたいところだなぁ……。

 

そしたら、父ちゃんがえらく喜んでいる。

「いや~、今までウチになかった色味だなぁ。気分まで明るくなるよ。いいなぁ。(友人夫妻の)K家みたいだなぁー!!」

ニコニコ。

K家の奥さんみたいに明るいインテリアにしてほしかったのだなぁ。ついつい、シンプルで殺風景にしてしまうもんだから。

ダンナ様は大喜びでソファに陣取って、オリンピックに高校野球にサッカーに時代劇にと週末テレビ三昧。

喜んでくれたんならよかったけどさ、台風三連発であっというまに夏が終わってカバーが季節はずれになりそうだ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。