40代の女性へ 夢をかなえる「お金の仕組みづくり」 未来をデザインして、笑顔の生活を手に入れるマネーレッスン

「本当は○○したいけど」と、あきらめていませんか?お金の仕組みを整え、エッセンスを取り入れるだけで、グッと夢見た暮らしに近づきます。お金はあなたの未来をつくる素敵なツール。ファイナンシャルオーガナイザー長井美奈枝と共に、はじめの一歩をふみ出しましょう。


テーマ:

久しぶりにまたありました。

勧誘の電話。

 

 

相手「もしもし、長井様のご連絡先でしょうか?」

私「はい。」

相手「私○○の△△と申します。このたび・・・(以下略)」

 

 

5年ほど前に参加した不動産投資セミナー

私の情報が出回ってます。

 

 

昨年までは頻繁にかかってきましたが、今年は連絡がほとんどないので、そろそろ下火になったかと思っていた矢先のことです。

 

 

時間と気持ちに余裕があったので、話に付き合いました。

 

要約すると・・・

・老後の収入を確保するために、新築の1Rマンションを投資用に購入

・不動産市況は伸びが期待できるので、低金利の今がチャンス。

・空室率をなくすための努力をしているので、心配はない。

などなど。

 

 

もともとその気がない中でお話を聞くのも失礼だったのですが、いくつか質問をしました。

 

問1.老後は20年以上先の話だが、想定の家賃が見込めるのか?

問2.不動産市況が今後も伸びるという根拠は?

問3.空室率がほぼ0の予定というその根拠は?

などなど。

 

過去にも同じ質問をしたことがあるのですが、今回も回答は一緒。

きっとマニュアルがあるんでしょう。

 

 

私は投資信託や株式・FXなどにも投資していますが、

不動産投資だけは拒否反応がでます。

 

最大の理由は

「不動産投資はローンを組むことが前提になっていることが多い」

不動産投資は借金をして行うハードルが低いです。

 

株式投資を銀行にお金を借りてまでやりますか?

 

 

もしも私が不動産投資をするならば

自分の足で物件を探しに出かけます。

そして全額自己資金でスタートさせます。

 

 

 

投資には必ずとか絶対という言葉はありません。

 

最悪の事態になったときに

自分の生活が止まってしまうことのない範囲でやるのが鉄則

 

もしあなたがローンを組んで不動産投資をしているなら

もしあなたがローンを組んで不動産投資を始めようと思うなら

いくらまでなら痛手を被らないかを確認しましょう。

 

「ローンが○○円残っているから、物件は○○円以上で売れないと困る」

 

「物件売却価額が△△円だったとしても、◇◇円の損失で済むから大丈夫」

 

 

投資を始めるのは意外と簡単なんです。

きっかけがあればいいのですから。

 

難しいのは投資の引き際です。

もう少し儲けたい

もう少し損を減らしたい

そんな感情が売却判断を鈍らせます。

 

 

あなたの投資目的はなに?

いつでも、どんな行動にも目的は大切です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「あなたはいくらお金があれば満足ですか?」

 

「あなたはいくらお金があれば安心ですか?」

 

 

おかねの話をはじめると、実はきりがないのです。

 

10万円しか持っていない人は

100万円あったら~って思う。

 

100万円持っている人は

500万円あったらな~って思う。

 

500万持っている人は・・・・・・

 

 

 

 

お金の話に

きりをつけるのは自分自身。

きりをつけられるのも自分だけ。

 

 

自分に必要な金額がわかれば

必要以上に心配する必要はありません。

 

必要な金額を知るためにぜひ活用してほしいのは

・家計簿

・ライフプラン表

・キャッシュフロー表

 

これらはあなたにとっての強い味方になります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

老後が不安なんです・・・・・・

 

よく聞きます。このフレーズ。

 

20代、30代はもちろん

60代、70代も、74歳の母も口にします。

 

 

どんなことが不安?心配ですか?と質問すると

 

60代以降は健康のこと

それ以下の年代はお金のこと

 

①収入はどうなのか

②支出はどうなのか

③貯蓄はどうなのか

全ての不安はこの3つに集約されます。

 

 

老後に不安をいだくのは悪いことじゃない

 

あなたはどう行動する?

ここ大事!

 

 

①収入

年金収入はいつからいくらもらえるのか調べる。

 

②支出

生活費はいくら必要なのか考える。

 

③貯蓄

老後に必要な金額がいくらなのか計算する。

 

 

「不安なんです~」といってはみたものの

漠然とした不安を抱いてそのままにする人が多いです。

 

 

老後に不安を抱くのは悪いことじゃない

 

不安は行動を起こすトリガーになる。

残念なのは「どーしよう」と不安をそのまま放置すること

 

あなたは?どうする?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)