こんにちは。ミナです音譜

 

先日娘のガールスカウトで、星座観測に行ってきました。

いやあ、本格的な天体望遠鏡でみる土星のリングが!

ニセモノかしら!?と

思うくらい、くっきりと見えて感動でした爆 笑

 

星座の観測といえば星座早見表でしょ、と思って

日本語の図鑑とともに、いそいそと持参した私。

 

驚きました・・・

 

だって、アメリカ人はみんなアプリで星座観測してましたから・・

 

みんなでiPhoneやiPadをかざして、何やってるのかな?と思っていたら

画面に美しい星座が現れてくるという、超優れアプリでした。

 

月面がリアルに出てまるで自分で歩いている感覚になったり、

すごい解説が映像で出てくるので、子供達も

がぜん宇宙に興味が出てきました星

 

いやあ、デジタル時代ってすごいですね笑い泣き

 

 

さて、今日は久々に泣いた本をご紹介します。

アメリカのベストセラー、WONDER(ワンダー)。

 

生まれつき顔に障害があるオーガストが10歳ではじめて学校に通うことに。

生徒たちはオーガストを見てヒソヒソ・・・
全世界で300万部売れた、感動のベストセラーです。

 

 

これ、娘が現地校4年生の時に、先生が読み聞かせをしていた本で、

良さそうだったので娘のために買っておいたのです。

大人向けというより、10歳前後の子どもが読む本です。

 

日本語の本も英語の本も、子どもが読む本はなるべく私も読み、

感想を伝え合うというのが我が家の習慣。

 

どんなものかと思って読みましたが、これね、

感動で涙が止まらないから・・・・

特にラストね。

 

いじめを題材としたものだけど、オーガストの気持ち、

周りの子どもの気持ち、その変化、すごくよかった。

 

それから、私としては親の立場からこの本に出てくる

主人公オーガストの両親の関わり方に、

アメリカ人らしい子育てをみることができました。

 

子どもと、とことんよく話し合う。

大好き、と態度や表現でしっかり示す。

子どもの考えや気持ちを尊重し、それでいて、親としての適切な

アドバイスを与えてあげる。押しつけではなく、「アドバイス」だから

子どもは自分で考え、そして成長できる。

自分の子どもを一人前として扱う態度だからこそ、子どもも親を信頼し

自分の気持ちを相談できる仲でいられる。

優しく、守ってあげる

 

私も常々、かくありたい、と思うそんな親。

少なくとも私の身近なアメリカ人には多いと思う

この良好な親子関係。

 

子どもが読むのもオススメですが、

親の立場から読むのもオススメです。

(日本語もありますラブラブ

 

ワンダー Wonderワンダー Wonder
1,620円
Amazon

 

 

それではまた、秋の夜更けに読書・・・のミナでした。

 

 

星累計270人以上が読んでいるメールマガジン    
自宅でできるバイリンガル子育て無料メール講座はこちら    
(大好評
ドキドキお薦めの英語絵本厳選25冊リストをプレゼント中!)  

AD