香りと記憶の関係は、とてもおもしろい世界です。


街ですれ違った人の香水のニオイで、ふとよみがえる記憶。


香りは、鼻から入り、脳の中でも記憶や情動を司る部分に伝わります。


音楽や、ビジュアルでも記憶はよみがえりますが、ニオイの方がより正確に記憶がよみがえるのは、このためです。


ですが、このニオイと記憶の関係、まだまだ解明されていない部分も多いようです。


プルースト効果というのは、ニオイから記憶が呼び覚まされることのことをいいます。


さて、前置きが長くなりましたが、今日はインプットのタイプからの続きです。


五感フル活用!にも書きましたが、人は毎日様々な情報に触れています。


目に見えるものには、直接触れたり、目には見えない、情報、音や光、ニオイにも触れています。


私たちは、外部から入ってきた情報を記憶します。


インプットのタイプがあるように、記憶の仕方にもタイプがあります。


視覚(ビジュアル)
聴覚(音や言葉)
感覚的に


と、3つのタイプです。


例えば、桃太郎の昔話、一度くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?


さあ、桃太郎の昔話を思い出してみてください。


ビジュアルで記憶するタイプの人は、川から桃が流れてくる様子や、桃から桃太郎が生まれる様子が


ビジュアルで浮かびます。
絵本の、絵の部分ですね。


また、聴覚で記憶するタイプの人は、子供の頃にお母さんが読んでくれたことを思い出したり、


ストーリーよりも、読んでくれたお母さんの声のトーンを思い出したり、音で記憶しています。


そして、感覚的に記憶するタイプの人は、やはり「なんとなく」がキーワードです。


楽しそうなお話だったな
あたたかいお話だったな
悲しいお話だったな


などと、雰囲気で覚えていたりします。


過去のこと、記憶を呼び覚ます時の「目線」を意識してみましょう。


え~と、う~んと…と


一生懸命、思い出そうとしている時です。


視覚(ビジュアル)で記憶するタイプの人は、この時、上目遣いのように視線が上にいきます。


聴覚で記憶するタイプは、左右どちらか、横。


感覚的に記憶するタイプは、下に視線が向きます。


遠い遠い記憶を思い出そうとする必要はないんですよ。


例えば、おとといの夕飯はなんだった?


など、気楽な簡単な質問をすると、どんな風に記憶するタイプなのかがわかります。


最初にもお話しましたが、その機能だけを使っているわけではありません。


単に、得意、不得意があるだけなので、私はこのタイプ、あなたはこのタイプと決めつけるのではなく、


ちょっとした、日常のコミュニケーションに役立てられたら幸いです。


さて、最後は、アウトプットのタイプのお話に続きます!

{8064E847-7CF2-4B65-99B3-514FA78EEDD0}





AD
五感フル活用からの続き♪


人は、外部からの情報を視覚(ビジュアル)から、聴覚(音や言葉)、感覚的にインプットします。


どの機能も使っていますが、人によって得意、不得意があります。


インプット
記憶
アウトプット


それぞれに得意分野があります。


自分の得意分野を知り、また、自分とは違うタイプの人がいることを知って、日常のコミュニケーションに役立てられたらいいですね!


まず、ビジュアルでインプットするタイプの人は、色のはっきりした(原色とか)ものを好む傾向にあります。


オシャレな人も多いですね。


ビジュアルに敏感なので、お部屋もキレイに整理整頓されている方も多いです。


そして、面食い(⌒▽⌒)


次に、聴覚でインプットするタイプの人は、流行に敏感だったりします。


うわさ話や口コミも大好きです。


ねぇ、ちょっと聞いて聞いて~
と、お話が大好きです。


また、音に敏感なので、物音で眠れなかったり、雑音が気になる方もいます。


そして、最後は、感覚的にインプットするタイプの人。


口グセは「なんとなく」です。


洋服は、見た目や流行よりも、なんとなく好きなんだよね~


とか、肌触りが良かったから~


という理由で選びます。


◯◯な感じだから、と、抽象的であることが多いようです。


次は、タイプ別の伝え方です。


視覚(ビジュアル)でインプットするタイプの人に何かを伝える時は、とにかくビジュアルで示す!


どんなにいい言葉に
どんなに思いを込めて力説するよりも


たった一行のメールの方が伝わったりします。


具体的な数字や、図や表にして見せてあげると、伝わりやすいです。


続いて、聴覚でインプットするタイプの人は、言葉で話すのが伝わりやすいです。


声のトーンや、大小にメリハリをつけて伝えるといいでしょう。


◯◯で、流行ってるって聞いたんだけどね!


などと、聞いた話にグッと食いつくのがこのタイプです。


広げてほしい口コミは、このタイプの人に話すと拡散されます。


そして、感覚的にインプットするタイプの人。


ビジュアルで示そうが、言葉で伝えようが、感覚的にインプットするので、なんとなく伝わるし、なんとなくしか伝わりません。


このタイプの人が、黙り込んだ時は、感覚で判断しようとしている時なので、アレコレ見せたり、話したりするよりも、じっと待っていてあげるといいでしょう。



さてさて、続いては…


{43222258-7493-470C-BB69-0F313C3E621A}



AD
街を歩いていたら、素敵な音楽が聞こえてきました!


外国の見たこともない楽器(笛)で、イエスタディを演奏していました。


つかの間の癒しのミュージックでした^o^


人は、毎日様々なモノに触れています。
直接、身体が触れなくても


目や耳から、様々なモノに触れています。


また、口や鼻、毛穴となると、直接、身体が触れるものもあります。


モノといっても、目に見えるモノだけではなく、音楽や香りのように、目に見えないものもたくさんあります。


視覚
聴覚
感覚


大きく3つに分けると、私たちはこのいずれかの方法で情報をインプットします。


どれも機能していますが、人によってどの機能を多く使っているかが違います。


人は、インプットした情報を記憶します。
記憶の仕方も、人によって違い


視覚的(ビジュアル)に記憶
聴覚(音)で記憶
感覚的に記憶


と、分かれます。


そして、アウトプットの仕方もまた、人によって違います。


視覚、ビジュアルでアウトプット
音や言葉でアウトプット
感覚的ににアウトプット


自分はどのタイプかな?


と知ることも大切ですし、自分とは違うタイプの人がいると知ることも大切です。


自分と他者との違いを感じながら、五感を日常のコミュニケーションに活かしていけたらいいですね!


続き↓





{580F8CC9-1E7D-4F9A-9D80-3F863D0CD3C6}


AD

伝える力

夫婦げんかの原因の9割は


言い方の問題


らしいです。


きっと、夫婦だけではありませんよね。
親子も友達も、仕事における人間関係においてもです。


ブログのように、文章だけで何かを伝える場合、相手に伝わるのは全体の50%ほどだそうです。


メールのやり取りなどもそうですね。


事務的な連絡事項は、履歴が残るメールは適していますが、文章だけでのやり取りは、真意は伝わって半分くらいと知っておかなければなりません。


アロマのこと
カラーのこと
カラーアロマライフィスト
色と香りのナチュラルライフ


私のブログテーマは、ざっくりとこんな感じです。


このブログで、私が持っている、知識の部分を全部アウトプットしていきたいと思っています。


全力で書いて、半分くらいが伝わるかな?という感じで


その中から、書いている人間のキャラクターや思いの部分が汲み取られていくんだろうなと。


キャラクターというのは、いくら取り繕っても、滲み出てきます。
もちろん、文章にもです。


インターネットの世界では、キャラクターを偽ることもできます。演じることもできます。


うまく伝えようとして、自分ではないキャラクターを演じることに労力を使うよりも、


素の、ナチュラルな状態で書く方が私は好きです。


ですが、自分のナチュラルな状態というのが、わからなくなっていることもあります。


ナチュラルな状態は
ニュートラル


思考も感情もニュートラルに持っていくと、自然と本来持つスピリットからのメッセージが降りてきます。


色でいうと、グリーンが一番しっくりきます。


ただ、私たちを取り巻く環境は、あまりにも情報がありふれています。


情報は、ニュースや知識だけではなく、人の思考や感情も含まれます。


伝え手としては、受け手にいかにして受けとってもらうのか、受け手は、いかにして、自分に必要な情報を選別し受け取るのか。


リテラシー力も問われる時代です。


ちゃんと伝わったかな?
本当はこう思っているのにな。


自分以外の人へ何かを伝えることは、難しいですが、伝えてみて、例えば真意が伝わらなかったとしても、


伝え続けるしかありません。


真意が伝わらなかった時、もちろん受け手の状態にもよります。


悲しい気持ちでいる時は、誰にどんなことを伝えられても、悲しいものです。


発信側は、受け取る人がどんな状況に置かれているのか想像することも大切ですが、


まずは、自分自身がニュートラルであるかを確かめることが大切です。


人の思考や感情を変えるよりも、自分自身に矢印を向けてみる方が、ずっとずっと早いです。


自分がニュートラルであるかを確かめる方法として


色や香りの力がサポートしてくれます。


カラーアロマライフには、12色の精油があります。


色や香りは、日によって、時間によって感じ方が違うこともあります。


12種類あると、好きな香り、そうでない香りがあります。


自分の好きな香りを知ること
好きな香りの感じ方を知ること


この習慣が、今、自分がニュートラルであるかの目安にもなります。


アレ?今日はいつもと香りの感じ方が違うな。


今日は、赤が強く見える…


などなど。


色や香りは、たくさんのメッセージを伝えてくれます。


心と身体の小さな変化を感じましょう♪


伝える力を高めるには、まずは自分の心と身体の状態を知ることから!


{7665611A-F7B3-441E-A977-CD4E7CA2938B}








エンパシーからの続きです(^ー^)ノ


自分で動くことのできない植物は、どのように自分の身を守っているのでしょうか?


そもそも、自分を守らなければならない状況というのは


攻撃とまではいかなくても、自分の外側、外部の何かと触れた時です。


相手に攻撃の意思がなくても、自分に何かが近づくと、それを内部に入り込ませないように、または、入り込まれても支配されないような働きが起こります。


これが、免疫力です。
植物だけのお話ではなく、人間も同じです。


精油(アロマオイル)には、植物の自分で自分を守る免疫の部分から抽出されているものもあります。


植物にとっての外敵とは?
例えば、虫、それにウィルスなんかも。


そして、自分の身、例えば葉や茎が傷つけば、自分で再生します。


自然治癒力というのは、私たち人間にも備わっている力です。


私たち人間も、ウィルスや細菌が体内に入り込めば免疫が発動して、ウィルスと闘いますよね?


ティーツリーやユーカリの精油は、ウィルスや細菌に強い精油です。インフルエンザが流行する季節の空気清浄に適しているのは、このためです。


余談ですが、免疫が過剰に発動してしまうことがあります。


本来、体内に入り込んだウィルスを敵(異物)と判断して発動するのが免疫です。


ですが、なんでもかんでも敵と判断してしまうと、必要以上に免疫力が働きます。


いい例が花粉症なのですが、要するに自分の中で闘いが起こっている状態です。これは、また別の機会にお話しましょう。


私たち人間は、生きていく上で自分以外の他者と関わっていかなければなりません。


これはもうどうしようもなく、定められた運命です。
どのようにして他者に自分を理解させるか、どのようにして他者を理解するかというのは、生きている意味にもつながります。


人と人が触れ合うというのは、体と体が触れ合うというのが一番イメージしやすいですが、


実は、体と体が触れ合わなくても、交わり合っています。


無意識、潜在意識というのは、目に見えない部分なので、触れているか触れていないかは非常にわかりにくいです。


普段、私たちの意識できる部分は、意識全体の4~5%と言われています。まさに氷山の一角ですね。


無意識、潜在意識の部分が触れ合うということは、相手の思考や感情、スピリット(魂)に触れることでもあります。


体は触れなくとも、目の前に悲しそうに泣いている人がいれば、その悲しい感情を感じることはできませんか?


遠く離れた場所で起こっている出来事にも、自分の感情が動くことを感じることがあるのではないでしょうか。


インターネットの普及により、遠く離れた人の情報が届きやすくなりましたね。


何年も音信が不通だった同級生とつながった!


なんていうのも、よくあるお話でしょう。


人の思考や感情、スピリット(魂)の状態は、電波に乗っかります。


遠く離れた人の日常が流れてくるフェイスブックのタイムラインには、様々な感情が飛び交っています。


フェイスブックのチェックを日課にしている人も少なくない中、私たちは日ごろから、たくさんの他者の思考や感情、スピリット(魂)に触れています。


私は家で引きこもりだから、他者に触れていないわ、


という方でも、SNSなどを通じて様々な人間に触れています。


スッーと流れていくタイムラインの中に、私たちは大なり小なり共感をおぼえます。


ソレいいね!
と思えばいいねボタンを押します。


それは、スマホの画面に映し出された単なる文字、ではなく、人の思考や感情です。


エンパシー能力が強いと、離れた相手の思考や感情に強く共感します。


強い共感は、同時に相手の思考や感情を自分の中にインストールしてしまうことがあります。


例えば、相手の悲しい感情をインストールしてしまえば、その感情をあたかも自分の感情かのように感じてしまいます。


人混みにいけば、すれ違う人の感情をインストールしてしまうこともあります。


自分のものではない感情がインストールされた状態が続くと…


疲れます(´Д` )


憑かれる


と表現すると、怖いでしょうか?


ですが、同じことです。


これを防ぐには、アンイストールの方法を覚えるか、もしくは、エンパシー能力を一時的に閉じ、必要な時に開くようにしなければなりません。


これが、自分を守る力です。


たくさんお話したいことがあるので、また続きを書きますね。


最後まで読んでくれて
ありがとう♪

{34DCF9D2-422B-4CF9-BF4A-B160CA9B3218}