少年A

高山 文彦
「少年A」14歳の肖像

やっと読み終えました。

(千羽鶴を折ってると本を読む時間が無くなるねぇ~)



この事件「酒鬼薔薇聖斗」に関する本は、これ一冊しか読んで無いので、事件に関してのコメントは出来ないけど、本の感想は書けるかな


でも、事件の感想にもなっちゃうんだろうけど。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



もう8年前になるけど、当時は甥っ子もまだ幼くてどう考えても被害者にしかならない年齢だったけど、今は体も大きくなって加害者になってしまう可能性も有る!って思って心配していた。


でも、本を読んだら大丈夫だと思った。




この事件は「普通の家庭の普通の男の子が犯した犯罪」だと報道されていたけど、本を読む限りでは違うものを感じたからだ。







とっても神格的な犯罪。




そんな感じに仕上げてある作品。


被害者の家族にはどう取られるのか解らない。

そして「少年A」の家族。


少年Aが「愛されてない!」と感じてしまった家族。


土師淳君が居なくなった時も一緒に心配して探したそうです。

少年Aの弟(三男)にしか懐かず、呼んでも寄って来なかった。

でも、亀が大好きで。少年Aのエサ(亀が見れるよ)について行ってしまった。



少年Aは、亀と淳君を尊いものだと思っていた。

自分は汚く。淳君は美しい。と・・・


作者は、最後に「ある種の同性愛だ」とも書かれていた。



横溝正史 の世界だなぁ~。って思った。

昔の日本の混沌とした村社会を舞台にした。

神社仏閣への人身御供 を思い出してしまった。




少年Aの神聖な場所は、タンク山と沼。

亀は、シンボル。

淳君は、巫女。




この作品を読んだ感じは、こんなイメージ。

他の本も読んでないので、あくまでこの本を読んで持ったイメージ。


あんまり好きな世界ではないけど、思春期につい読んでしまった倒錯作品たち。耽美作品たち。




不謹慎だけど、少女達大好きな耽美作品への要素が強すぎて、実際の事件だと思えなくなってる。

8年と言う年月が風化させたのか?それとも普通の少年では有り得ない犯罪だったからか



どちらにしても、美しい数の(藤原先生の本を読む)世界へ戻る前に、もう少し混沌とした社会に居ようかな?と、考え中!


他の本。特に「淳」を読んでも耽美だ!とか言ってられるかは解らないけど。。。




土師 守

個人的には、写真は無理!

生々しくって。

そこから目を背けて語るな!って言われたとしてもしょうがないけど。レベルが着いていけない。


だから、故人の家族の身になって考えるところまでは行ってないんだと思う。

自分が 母 なら、感想をのべるどころか、何も考えられない。




あと。

山下彩花ちゃん。


少年Aが、通り魔としておこした犯罪の被害者。

彼女の命の方が「少年A」から軽く取られてるように書いてある・・・。


色々と考えてしまう事件では有るけど。

今の自分じゃないと読めないと思う。


母になった自分では、絶対に読めない。



だから、このタイミングなんです。



~~~~~~~~~~~~~~~

事件に関する事柄が載ってるURL

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/koube.htm

http://www.geocities.jp/survivor0014/murder/syounena.html



AD

好み♪音声あつし(爆)




昨晩の「あいのり

音声さんに恋しちゃった女の子。ゴキ。



そのゴキに恋をした男。アウトロー。


二人がリタイヤしてしまいました。



4




斜に構えた性格のアウトローが、スーザンに会ってゴキに恋をして変っていった。

その変り方の凄さ。純粋なゆえの頑なになっていた性格が変っていったのに・・・



う~ん。

残念は終り方。

ゴキは子供過ぎたんだろうなぁ~。

見た目が大人っぽいので、25歳の女性メンバー位に大人な気になってましたが、まだ20歳だし。純粋で居られる生活を送っているようだし。。。


まぁ、上のリンクからあいのりサイトへ飛んで、流れを読んでみてください(笑)





で、音声の「宮本あつし」

泣いてましたねぇ~。


好みです(笑)


スーザンも好きですが、あつしの方が好み(笑)




私が、ゴキの立場だったら~。



日記にも書かずに、しばらくじっとしてるだろうなぁ。

好きな人を前に観察観察。


そうすると、アウトローが鬱陶しくなる(笑)


でも、告白されて断れば帰ってくれるので、その後もじっと考える。



で、どうしても耐えられなくなったら。他のスタッフに言わずにあつしに言う!




って、今なら、そう思うし、こんな感じで行動にも出られる。だろう(たぶん)が、20歳の時だったら、無理だろうな(笑)


そして、30位の方がもっと駄目(爆)


ストレート直球ど真ん中!



音声スタッフが交代したらリタイヤ。




どうやら、もっと不細工な男にしろ。とか既婚者にしろ。とか言われてますが

マイクとかを担いで山登りは若い男じゃないと無理ですよね。



まぁ、来週からのあいのりも楽しみです(笑)

AD

パートから女社長へ

テーマ:

本真由美さん=パート勤めから始め、「ブックオフ」トップに




全国に約860店舗を展開する中古書籍販売大手、ブックオフコーポレーション(神奈川県相模原市)の新社長に6月、就任する。41歳でパート勤務から始めた「現場体験」が財産だ。

 同市内で専業主婦をしていた16年前、近所の古本屋のパート募集広告を目にした。「高校生の娘の学費の足しに」と応募した。時給600円。同社の直営1号店だった。

 紙やすりで古本の端を磨き上げるのが初仕事。ほこりだらけになっても夢中だった。職場では、「奥さん」「おばちゃん」ではなく、「橋本さん」「真由美さん」と呼ばれた。「個人として認められ、働く意欲が高まった」。古本屋はいかに本を集めるかが勝負。店の明るいカウンターで買い取れば、売りに来やすいはず。本は重いから、客の玄関先まで出向いて買い取る。そんな手法を次々と考え、業績を上げた。その手腕が買われ、パートのまま同市内の2号店店長に抜てきされた。

 「人材を大切に育てたい。従業員が幸せなら、最高のサービスができる」。従業員がやりがいをもってこそ会社も成長できる、と自分の経験から思う。だから、パートにも店の売り上げ計画作りにかかわらせるなど、権限を与えるつもりだ。

 同社のテレビCMに出演するタレントの清水国明さんは実弟。「『しっかりやりなよ』と言われたけど、私の方こそ弟が心配です」

 社長就任後もレジに立つという。「現場感覚を失いたくないからです」<文・宇田川恵/写真・平田明浩>




フジテレビの「トレビアの泉 」でもネタでやってたし、日曜の「噂の東京マガジン 」でも清水国明がネタにしていたので、知ってる人も多いと思いますが、すごいですねぇ。

千代田店で働いていたそうですね。

そして、これが投げ込み記事(プレスリリース)です。

http://www.bookoff.co.jp/ir/pdf/060516_1.pdf


AD

千羽鶴

テーマ:

親戚のおばあちゃん(89)の為に、千羽鶴を折り始めました。



き




R25千羽鶴990羽パック 」を読んで

(TB:http://r25.jp/tb.php/id/200605110105



買おうかなぁ~。って思って相談したところ。



やっぱり「地道に折るべきだ!」と、ジジイが(怒)



って訳で200枚入りの千羽鶴用の千代紙を購入!

地道に折ってますよ。



はぁ。



黙って、990羽パックを買っちゃおうかなぁ~(爆)



でも、高い(泣)




千羽鶴パック
「千羽鶴パックMサイズ」
(20色7cm角おりがみ使用)

  WEB販売特価12,600円(送料別・税込み)

商売繁盛、病気回復、長寿、合格、当選、平和への祈りを込めて・・・。7cm角折り紙20色を使用しています。長さ約75cmになります。

990羽の折り鶴(首は折れていません)と、折り紙10枚+糸通しキットのセットです。
糸を通すだけで誰でもすぐに「千羽鶴」ができます。
最後の10枚は、気持ちを込めて「あなた」が折ってください。

パックの内容:
折り鶴×990羽(20色)/折り紙×10枚/ 木綿糸×25本 / 針×1本 / ビーズ玉×25個 /ループエンド×1個/ 束ね用リング×1個 / 説明書

製作所要時間(1人で製作する場合):
折り鶴10羽30分程度+糸通し6~8時間程度
(個人差があります)
製作例




折り鶴1030分程度+糸通し68時間程度

10=30:1000=3000 +糸通し68時間程度

50時間+糸通し68時間程度


寝ないで2日と10時間(笑)



博士の愛した数式

テーマ:

職場を午後から休んで、2本立ての映画を観に行く事にした。




私 「(係長へ)あの~。来週○曜日の午後、休ませてください」


係長「あ・・・はい・・・」




 「(隣の女性へ)あの~。来週○曜日の午後、休みます」


女性「はい」




二人とも何となく「どうしたの?」って言葉を飲み込んでる(笑)


そして、私はその言葉を待ちつつ。席に戻る。


聞かれないなぁ(笑)とか思ってる。ハードな理由で休むと思われたカナ?(笑)



~~~~~~~~~~



昨夜、映画を誘って断られた友人からメールが来た


実は、既に映画を見てしまった事。

小説を読むなら貸してくれるとの事。


ニコニコ 小説を買わなくって良かった♪



「デスノート」のL

ジアに出回る「デスノート」…8か国・地域で公開決定

 1400万部突破の超人気コミックを実写化した6月17日公開の「デスノート」(金子修介監督)が、アジア8つの国・地域でも劇場公開されることが確実になった。カンヌのマーケットでは欧米を含む50社以上からオファーが殺到。うち香港の大手配給・製作会社「ゴールデン・ハーベスト」社などと交渉がまとまった。

 「デスノート」に世界のバイヤーが飛びついた。香港、台湾、韓国、タイの4か国・地域からは計約40社が製作元の日テレのブースに連日のように足を運んだ。完成前で、試写も行っていない日本映画に、ここまで買い付けが殺到するのは異例のことだ。

 「デスノート」のコミックはアジア各国で翻訳され人気を集めている。映画版は俳優・藤原竜也(24)が、名前を書かれた人間は死ぬというノートを手にした主人公「夜神月(やがみライト)」を、夜神を追う天才捜査官「L」役を松山ケンイチ(21)が演じ、6月、10月と前後編にわたって公開される。

 5分のプロモ映像を見た各国のバイヤーは「原作の雰囲気が損なわれてない」「『L』が似ていてよかった」と口をそろえており、原作のイメージ通りの映像が買い付けを後押ししたようだ。

 交渉がまとまった「ゴールデン・ハーベスト」社はジャッキー・チェンの作品を手掛ける一方で、台湾にも配給している香港の大手製作配給会社。金額は公表されていないが、日テレ側が当初提示した2倍近い額で「デスノート」前後編を獲得した。このほか、タイとの交渉がまとまり、韓国は2社まで絞られている。この4つの国・地域を含め、フィリピン、マレーシア、インドネシア、シンガポールでも劇場公開される予定。早ければ夏にもアジア8か国・地域で前編が上映される。ドイツ、フランス、イタリアなど欧州各国のバイヤーからも問い合わせが相次いでおり、最終的には世界15か国程度で劇場公開されることになりそうだ。
(スポーツ報知) - 5月25日8時0分更新



「L」 役の松山ケンイチ って誰? って訳で画像を取得


y



そうかなぁ~。



ジャニーズの 風間俊介 の方が良いと思うんだけどなぁ~。演技力も有るし(笑)

でも、松山ケンイチが動いてるところを見ないと解らないか。楽しみですね。



しゅ  右

清水洋介の本

実は 藤原正彦氏の本にハマった時に、ちょっと心に決めた事が有って、実践していたのですが、昨日ついに破ってしまった!


「一冊、読み終わるまで 次は買わない!」です。

これをしないと、ツンドクちゃんのままになってる本が、数冊出てくるので(泣)



しかし、とうとう 複数買いをしてしまいました!




悪魔的な魅力の数冊(笑)

① 「世にも美しい数学入門」も読み終わったし。やっぱり気になる!

安野 光雅, 藤原 正彦
世にも美しい日本語入門


② やっぱり占いすき!


黒川 兼弘
恐ろしいほど当たる四柱推命―恋愛・仕事・結婚・お金から人間関係まで


③ 本間家の関係書なら買うでしょう(笑)

清水 洋介
ローソク足と酒田五法


④ このタイミングですか?

小説「博士の愛した数式」を手に。映画が先かなぁ~。。。とか考えていましたら

目の端に入って、立ち読みをしてしまった。


一昨日も、立読みをしてて、買おうかどうしようか、迷った本。


高山 文彦
「少年A」14歳の肖像




以上、昨日の購入図書です。



で、ここでの感想は、③「ローソク足と酒田五法」



④は今朝から読み始めたけど。とりあえずは③の「ローソク足と酒田五法」に関して。

清水氏のセミナーをまとめた本で、DVD付。

だから、2980円とちょっとお高め。


でも、株をやってる人には、普通のお値段か?




昨夜の帰りの電車で読みました。


内容はローソク足の説明と酒田五法の説明(そのまんま)


でも、初歩の初歩。ローソク足でグラフを作る方法から教えてくれるので、入りやすいと思います。

(通常は、エクセルで簡単にグラフが作れますので、どんな風に成り立ってるのか?とかから始まります)



簡単なのですが、実践してないとどうしても「???」って事になると思います。そんな時は附属のDVDを見てください。セミナー内容の抜粋が見れます(笑)



たんに宣伝の本!って思っちゃうんですけど(笑)まぁ、いい勉強になると思います。





そして、酒田五法。


酒田五法と言えば、本間宗久。江戸時代の米投資で巨万の富を築いた人です。

本間家二代目代理(笑)に当たります。



「本間様には及びもせぬがせめてなりたや殿様に」って歌われた程の栄華を誇った本間家は、宗久の投資能力で大金持ちになったような書き方が気に喰わないですが(笑)


所詮、何万もするセミナーDVDを売るための宣伝本なので、この書き方が一番ひきつけられる事でしょう!



ちなみに、本間家が戦前に日本一の大地主(GHQの農地開放で開放しちゃったけど)になるための礎になったのは、宗久の甥(三代目)の本間光丘!


光丘のちょっと感動物な行動に、商売をする人なら見習って欲しい!と思わずには居られません。

でも、士農工商制度から、時代物としては取り上げられない訳です。


お金とどう付き合うか?


最初は、株(酒田五法)からで良いので、是非とも地方での地道な人徳者達の物語へも目をやってください。



ちなみに、イギリス人山田太郎に、以前

「本間宗久を知ってるか?」とメールしたところ

下記のような返事が来ました。削除前に乗っけておこう(笑)



まずは「キャンドルスティック」(笑)

『 Candlestick charts measure market emotions towards a stock.
The technique dates back to the 1700s and a Japanese man named
Homma.

He was a trader in the rice futures market and found that
markets were strongly influenced by the emotions of traders.
When emotions were strong it caused a huge difference between
the value and the price.
This difference between value and the price can be applied to
stocks today.
This charting technique is very popular among traders, one
reason being that the charts reflect only short-term outlooks,
sometimes less than 10 trading sessions. 』
次の日のメール
 I've been reading about this brilliant rice trader, Homma san.
If he were around today he would no doubt be operating some internet giant like Softbank or Google, or maybe taking over NTT DoCoMo or Sony. He would certainly have ideas on how to beat Japan's deflation.
I think he would also be far too smart to make the kind of mistakes that ruined Horie.
As you may know, Reuters screens show technical analysis including candlestick charts, which our reporters use to describe market movements. It seems that all this goes back to Homma san.
Here's a little more I found out about him.
Have a great day.』


心が自由に!

ドキドキ 今、藤原正彦LOVE!


こんな事を書いたら、教授によく説教さられた経験を持つ(このBlogにもよく出てくる)知人に叱られそうですが。



しかし、藤原てい「流れる星は生きている 」から、ご本人の「国家の品格」、そして「世にも美しい数学入門」へと推移するにつれ



自分が、算数と美術が好きな少女だった事を思い出しました!






はぁ~。数学がこんなに美しいものだったなんて!そしてロマンチック!






「世にも美しい数学入門」は、藤原正彦氏と「博士が愛した数式」の作者、小川洋子さんとの対話形式の本。


この作品を書くにあたって、本物の数学者を紹介してもらった縁だそうです。

映画化されたけど観てない。本も読んでない。


でも、是非とも観たい!そして、読みたい!


公式HPを見て、涙しちゃいました。

今、三軒茶屋で「県庁の星 」と二本立て上映中!

観に行きたいけど、今月中だったら無理かなぁ~。週末は法事旅行だし。


しかし、三軒茶屋。・・・元カレの事を思い出してしまいました。

(まぁ、殆ど家になんて帰れてないだろうけど)



~~~~~~~~~~~~~~~


「世にも美しい数学入門」では、小川さんが数学談義についていけてるところがスゴイ!




サインコサインタンジェントで挫折した私としては、尊敬で来ちゃいますね。



荒れた教室だったので、理解できない生徒が暴走(笑)しちゃって、ろくすっぽ授業にならなかったんだよね。


数学者の人生や背景が、こんなにも物語的だったなら、もっと早く知りたかったなぁ~。



スキスキ数学者!



「世にも美しい日本語入門」も読むのが楽しみ♪




藤原 正彦, 小川 洋子
世にも美しい数学入門

安野 光雅, 藤原 正彦
世にも美しい日本語入門



小川 洋子
博士の愛した数式
角川エンタテインメント
博士の愛した数式
藤原 てい
流れる星は生きている

桂 望実
県庁の星