DARASINAI 日  記

先のことナンモ考えてまちぇン!


テーマ:

今朝、いつものように6時15分に目覚ましで起きる直前、6時11分頃(ホントか?)、喫茶店でぼったくられそうになる夢を見ました。

サンドウイッチ・コーヒー・クッキー・ビールで一人10000円だと言うのです。

しかもぼったくるのは店側じゃなく、連れの年下らしき知らない小顔の女で(私を含み3人連れだった)、「私はプロだから計算するわ」とか意味不明の事を言い、「ハイ!10000円!」と。

 

で、目が覚めて、純も隣で起きてたので早速怒り心頭で報告したら、

私がその後トイレに入り、出るまでの間に自分も一瞬夢を見たらしい。

私と電車を待っていて、電車が来た。

電車の各車両の上の方の小窓に、電光字で「急行 ●○行」とか「特急 ●○行」などとありますよね、あの部分が何故か、

弁当 ●○行」

と、なっていたそうだ。

 

 

 

良かったらclickお願いします^^
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

このマンションに越して来て4年。

161208_132334_ed.jpg

 

郵政民営化はもっと前なので、単に我がマンションだけの、いや、我が家だけの強烈な不運なのだろうか。

正月、賀状の誤配が二度あ・・・・・…、、る。。(むかつき過ぎて普通に「ある」と書けない)

越して来た2年目、元旦の賀状が、他のお宅のポストへ。

実際賀状が元旦に一枚も来ないことは、落ち込むも誰も恨む気は無いが、念の為、いつも元旦にくれる義妹に確認したらクリスマス前に出しますた♪と言うので、郵便局に連絡した。

来てくれて、隣上下ポストのお宅に、ピンポンする局員、全て不在。

4日も過ぎた頃、郵便局からの元旦メッセカードと共に、他のお部屋の人がポストに入れてくりた。

誤配でした。

 

そこまでならまだ、いくらこの私でも、「郵政民営化」とかで記事書かない。

 

本年元旦は有るも、2日休んだ3日、一枚も無い。

「嫌われ者なのだ」

と言う旦那を無視し、夜9時ごろまた見に行ったら、管理人室の落とし物置きコーナーに輪ゴムでとめられた我が家の年賀状があった。(又他の方に入れられてその方が置いてくださったのだろう)

4年の間に、二度・・・・

人生キレたくはないのに、キレなくてはいけないよね??

 

さっそくその夜日本郵便に激おこメールしましたら、基本返答は5日以内との事なのにさっそく次の日電話あり。

姑宅予定なので携帯指定しましたが、メールしたらスッキリしてもう話したくも無いので、

「ここは世帯主の貴方に是非」

と、純に電話代わり(←振る女)対処してもらう次第でありましゅた。

 

ここの配達担当の「契約社員」(純が聞き出した)からお詫びの言葉。

契約社員とか、年賀状の配送に使わないでと、思ってしまう。

雇うほうが悪いのか、雇われるほうが悪いからなのか。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

よく、神様は、その人に耐えられない試練は与えない、などと聞きやす。

私も、そうであるに違いないと思いたいと思ってる。

姑の入院する病院と、姑宅と、我が家とを頻繁に行ったり来たりをする日々は、続いてる。

もう先は、「明日かもう少し」と、救急で搬送された時点で医師に言われたが、まだ息は続いている。

 

ところで姑は、今までの姑と真逆な性格になり、我儘放題&看護師に対し(陰で)悪口言い放題人間と化しておる。

病気が、病気から来る今の状態がそうさせていると思っている。

 

7年前からこの病院で罹っているのにも関わらず、看護師達が今回何故か超冷たい。

確かに、今の姑は、私達身内からしてもふとキレそうになるが、

まあ、せっかく看護師という生まれながらに決めた聖職のようにも思える、私から見たら崇高で誰にでも出来ない仕事に就いていながら、そんな態度で後々後悔しないようにね、と思うだけだ。

姑はもう全く身体が自力では動かせず、ここを退院したら次にホスピスを予定してる。

 

身体が思う様に動けない地獄は、私が大腸ガンでの腹腔鏡術での腸管切除時の縫合不全で、開腹手術をした後、経験した。

ベッドに仰向けになったまま、そのまま動けない。その他諸々の不快感、もうこの世のものとは思えなかった。体がだるい、足がだるい、ベッドや足先に置かれた枕のほんの少しの角度の違いが死ぬほどのストレス。

このままの状態で一生を終えるとしか思えなかった、のに、治ると言われた。にも関わらず、

マジで窓から飛び降り死のうと思ったくらいだ。(動けないのだがてへぺろうさぎ

 

だから、足がだるいと訴える姑の、足をずっと揉んでいる。

有難う、助かるよ、とそんな状態の中でも言ってくれる姑。

辛いだろう、私もそうだった、でももし、あの自分の経験が無かったら、今回の看護師達のように、我儘な患者だと、心だけじゃなく言葉でも本人に言っちゃってただろう(思ったことを直接言うタイプ・汗)。

姑の妹、その息子、私達、義妹家族と、続々長い時間見舞客が訪れるこの個室。

姑がオカシイのではなく、貴方たちが足りないのだと、本気で言いたい。。

でも、、、、、

 

それも意味があるとも思ったりする。

神様は、耐えられない経験は与えないと聞く。

姑は、それを単に粛々と実行してるだけなのかもしれない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は純が仕事だったので、本日午前中より正月祝い。

170102_100659.jpg

 

170102_095524.jpg

(下方あたちの足付き 足

里芋煮・購入品魚の酢漬け・キノコのバルサミコ酢炒め。マイバスで598円のお節てへぺろうさぎ

170102_100515.jpg

 

170102_100622.jpg

姑の妹作、カブ甘酢漬け。カッティングby純(笑)。

170102_100505.jpg

唯一の奮発、カッティング&ゆず乗せ技by純(大笑)。

170102_104300.jpg

毎年恒例、キッシュ。

 

純は今日が仕事納め(?)で4日から最長2カ月の介護休職に入ります。

さて、どうなることやら…

ハッキリしてるのは、今、ただひたすら酒が美味く、ツマミがこの上なく最高な事だけです。

170102_135421.jpg

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年30日深夜に、救急車で(シヌシヌ詐欺の)姑をかかりつけ病院に運んだ。何故かというと、急に茶色い液体を吐き始めたからである。

タクシーで運びたかったが、正直姑は動くのは無理…(ムリムリ詐欺の噂もあるが)。

ていうか激痩せてるのに、男(旦那純)一人でも1メートルも、ましてやタクシー扉元までさえ運べないのだ。

こりは、姑本人の身体&、次第なんだろうか。

 

純が休職を思い切って決めた後の、この1週間から10日の間の短い間に、立てなくなり歩けなくなり、座れなくなり、食べれなくなった。

ただ、だけは健康に頻繁に出ていた。が出るたび、

「生存確認カナヘイうさぎ

と、

私・旦那・義妹の3人の安心の元であった。皆でそんな状況の中でも、大笑い、出来た。

そして、

 

屁が出なくなった。  (ウンコもだ)

病院に着いたら、腸閉塞の疑いと言われた。

でも、

一口も食べ物を受け付けなくなり(私&純の人生初のオムツ下手人替えの被害から逃れ)、イレウス用に管を入れ、点滴を受けれた姑は、楽になったように見えた。しかし、

そして次は、認知が進んだそうだ。(by義妹)

「家族の誰も皆私を見てくれない」「家に帰りたい、先生は明日退院と言った(※言ってない)」「純一にすぐ来てくれと言ってくれ」

 

心をコントロール出来ないわ…

在宅で最後は看取りたいと思い皆それぞれの決断と覚悟だったのに、たった1週間もしないうちに病院入院への運びとなった。

 

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。