おでんでんでん

テーマ:
間引いたホウレンソウやコマツナなんかは

おいしくいただいてますけど







ダイコンは太ってきません

なぜだか

蒔くのがいかにも遅かったしなショボーン

この調子だと今年はおでんにダイコンがない


おでん 出んでん
AD

まるできぞくのおあそび

テーマ:
離れてる家族間の会話

LINEを使うのも面白い




パッと見て、直ぐに分かるはずなんだろうけど

考え込んじゃうと、もう一生わからない ガーン

ところで
TBSのプレバト俳句がとても素晴らしい

添削するのは元中学校の国語の先生だった夏井いつき先生

例えば10点評価の劣等ランクとなった作品

「 空見上げ まだこないかな 虹の道 」

夏井先生の講評は

虹は空にあるのが当たり前で「空見上げ」は全くの無駄!
「まだこないかな」は、文字数を無駄に使うだけなので「待つ」の2文字だけで十分!
最後の「虹の道」は、比喩としてごくありきたりなので道を使わず、単に「虹」だけにする!

こうして添削の結果が

「 虹を待つ 」


えーんガーン

これでは俳句になりませぬ びっくり笑い泣き
なのだそうな





我が家一家でLINEを使った俳句会をしました





庭に咲いてる桜と菊と千両を小さな筒型花瓶に生けて一句

条件は
さくら、きく、せんりょうの全てを登場させなさい。

参考作品として
「 千両も 万両もある 古刹(こさつ)かな 」

古刹は古い寺。


すると間もなくLINE投稿があり

「 千両や 庭の桜の 声を聴く 」

「 千両と 桜のこすれる 音をきく 」

「 声を聴く 千両が咲く 爛漫と 」

しかしながら、いずれの作品も条件の3つの花が登場されていません



と思ってたら、三句とも3つの花が入れてあるびっくり

なかなかやるなあ



夏井先生だったら

「 化けさくら 遅れてきくに 千両が 」

今の季節は冬なんだから
桜は春の季語、菊は秋の季語でしょ!
だったら、さっさと今の季節の季語、千両を生けなきゃ!
そりゃあ千両が怒るわよ!


ところで
投稿の優秀作品は

「 桜断つ 菊は彩る 染料や 」というのがあったけど

ちょっとだけ添削すると

千両が主役なんだから


「 さくら断ち きくはいろどり 千両に 」

講評
全くの季節違いな桜さんは場を外してもらって

本来は秋の季節に彩りを見せてくれる菊の花は

目立たない程度に主役の千両さんをホローしているのだな。

爆笑ニコニコニヤリウインクおねがいラブ照れチュー口笛

因みに

お店のメニュー、書き間違えてるのは

鉄火丼


でも、これにも訳があって

鉄の字をそのまま書くと金を失うとなるのを

回避したってことでしょう爆笑

AD

えいえんにみたかった

テーマ:
鬼平犯科帳が終わってしまう。

12月2日(金)の前編と12月3日の後編が最終会となった。

実に悲しい(ノ_・。)





いい時代劇、もっとずっとみたいな。

AD