きょうは、あるアトピーに関する本を読んでいたら、
食品添加物などでアレルギーなどの要因を体に抱え込んでいると、
外的な花粉による反応も過剰になるという趣旨のことが書かれていました。

もちろん、外部環境の変化、食生活の変化などによって
アレルゲンが増加したことが一因にあげられます。

しかし、最近の研究によるとリノール酸とよばれるオメガ6系脂肪酸の摂り過ぎが
アレルギーの主要危険因子となっていることが明らかになってきました。

オメガ6系脂肪酸だけではないかもしれません。
他の食品添加物も関与している可能性も否定できません。

しかし、まずは可能性の高いものを排除していくことが重要ですから、
オメガ6系脂肪酸もしっかしとその排除を心がけておく必要があります。

・ベニバナ油(サフラワー油)
・コーン油
・サラダ油(混合油)
・大豆油など

リノール酸(n6系脂肪酸)の摂り過ぎると、ARA(アラキドン酸)が増加します。
すると、活性化生理活性物質であるプロスタグランジンE2に変換され、
血小板の粘性を高める作用や自己免疫疾患(アレルギー)が起こります。

今日では、先に記したオイルをあちこちで使用しています。
コンビニ、ファミレス、ファーストフード、お惣菜、弁当など自然と口にしてしまうのが、
リノール酸、つまりオメガ6系脂肪酸です。

この花粉症をはじめとしたアレルギー体質を改善するためには、
オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸であるαリノレン酸豊富なオイルに転換して、
オメガ6とオメガ3の摂取バランスを正常に保つことが必要になります。

つまり、乱れたバランスを正常に戻すわけです。
その比率は、厚生労働省の示した値では4対1です。

既にアメリカでは、20対1にも大きく崩れているといわれます。
日本もかなりこれに近いといわれます。

どんなこともそうですが、要は「バランス」これが大事です。

αリノレン酸はエゴマ油アマニ油に豊富に含まれています。
また、青魚に多いといわれるDHAやEPAもαリノレン酸が豊富です。

αリノレン酸にはリノール酸に対して競合性があり、それを抑える働きがあると言われます。

乱れたバランスを元に戻すには、時間がかかりますが、
エゴマ油やアマニ油などを一度にたくさん摂取したからといって、
すぐに効果があるものではないようです。

やはり、適量を少しずつ、継続することが大切だといわれています。
今からでも、私自身も花粉症対策の為に、
またひょっとするとへバーデン結節に効果があると考えています。
少しづつ摂っていきたいと思います。

AD
花粉症というのは、花粉そのものが原因であるかのように言われていますが、
実は、それを誘引する物質があるようです。

食品添加物にも原因があるようで、中でも安息香酸 とタール色素です。
アレルギー のある人は、特に食べるもの自体を気をつけた方がよさそうです。

イギリスの病院の調査によるとこの2つをなど、
悪い影響がると共割れる物質を抜いた食事療法を試みたところ、
8割以上の子どもに、喘息、花粉症、偏頭痛などの症状に一転して改善したといいます。

私自身も体の不調自分を振り返ると、過剰にコンビニに食品が偏っていました。

コンビニは、その食材をあちこちに求めていて、
日本と言わず、世界規模で安いということが前提で原材料を仕入れます。

そして、その原材料には過剰な農薬の反応が見られたものもあるようです。
それらの食品と、尚且つ添加物による影響で体への負担が高まっているのでしょうか?

少なくとも花粉症を発症した時は、確かにその年は例年にない異常な花粉の量でした。
しかし、まだまだ花粉症が知られておらず、当初は風邪なのかという程度の頃でした…

ところで、一昨年5月下旬からダイエットを始め、20kgほど痩せました。

この過程で、80kg弱の体重が、70kgで停滞、更に66kgでも一時期停滞しましたが、
66kgからリバウンドして69kgに戻った頃、ごぼう茶やごぼうレシピ なども試みて、
それまでダイエット停滞期だってことがうそのようにすんなりと体重減に向かいました。

そして始めたのが、野菜や果物、あるいはそれをミックスした酵素ジュースです。
朝はいつも酵素ドリンクk1杯だけです。

途中でお腹がすいたら、何かしらつまめばいいや、という軽い気持ちが重要です。
そうしたら既に1年以上続いていて、体もすこぶる快調です。

そのせいか、今年の春の花粉症はやや花粉が多かったにもかかわらず軽く済みました。
その後も食事を改善していますから、来年はもっと成果が上がるのでしょうか?

先の事例に従うと、改善していそうですが。。。

とにかくこうした事実があることを、正しく認識するだけでもかなり食事に気をつけるようになりますね。

AD

美顔器に思う

テーマ:
最近肌の衰えなどを感じることが少なくありません。

同時に、体もです(^^;

加齢とともに衰えることは分かっていても、何となく何をするわけでもありませんでした。

しかし、これでは困るなと思い直して、
まずは美顔器 を利用し始めました。

高いと思っていたのですが、意外に安かったです。

ランニングの諸費用は気になるところですが、初期の費用が
思ったより安かったです。

私が購入した美顔器 はこちら!

花粉症の時期などはこれまでも些か肌荒れも伴って
いやな季節といえば「春」と思いこんでしまっていたのですが、
こういう感覚からすると何だか来年の私にとっての花粉シーズンは
あまり不快な時期にはならなさそうです。

この数年、数値的にも改善していることに加えて、
いってみれば外科的にも改善されれば気分も健やかというものですよね。

いまは、単に新しもの好きという時期かもしれませんが、
しっかり使い込んで満足できるといいのですが。。。(^^
AD

花粉症は怖くない?

テーマ:
私の花粉症のアレルゲンといえば、スギ花粉。

血液検査の結果も 平成19年2月06日 2.34
             平成20年2月15日 2.15
             平成21年2月12日 1.24

正直、この数値の推移を見て驚いています。
毎年改善しているという証拠ですからね。

何と私の住んでいる地域の周辺のスギの飛散状況は平年に一年で飛散する量が1500というのでが、
21年の今年はそれの3年分以上の数値がたって一日で飛んだ日がありました。

どうやら花粉症で目のかゆみが激しくなってきたなと思い、早速一昨年来訪れている病院を
尋ねました。今年も、2月には血液検査をしていたので、その結果も聞きながら薬をもらおうと訪れました。

すると院長からこうした数字が示されたわけです。
もちろん薬は飲みますが、確かに数字を見たから余計に身体が楽になっているような気がします。

アレルギーが激しくなると体の中までムズムズするような事もありましたが、
どうやらそれが殆どなくなりました。

来年が楽しみです。

??何をやったかって。。。
肝心なことですよね。

アレルギーの注射を一昨年から打っています。今年で3年目。
友人から進められて打ち始めたのですが、こんなに早く結果が数字に表れるとは思っていなかったので
自分でも驚いています。

まあ、あなたも一度騙されたと思って注射に頼ってみてはいかがですか。
この数値を見るとアレルギーで苦しんでいるあなたにも、花粉症って怖くないんだな~ということになるかも。

かくいう私もこのシーズンになると目の回りもアレルギー症状で掻きまくり、
毎年目の回りに黒ずみ が出来ていました。

その黒ずみ解消 までは、以外に日にちがかかるので、今年はそれほど目を掻きまくることもなく
大変に助かっています。まだまだ、症状がないとまではいきませんが、
数字を力に来年を楽しく迎えたいと思います。

またまた花粉の季節

テーマ:
今年は暖冬のせいか杉花粉の飛散が早いのでしょうか。
なんとなくむずむず・・。

慌ててアレルギーの注射を打つに行きました。

今年で3年目ですが、初年度は初めてということもあって様子見。
昨年は花粉の影響が少ない年で、注射の効果がよく分からず。

今年は、さてどうなんでしょうか。
友人の結婚披露宴に出席することもあり、目のまわりに隈が出来ているのでは何ともいただけない話し。
贈り物 も考えなきゃいけないけど、その前にやることやって笑顔で出席したいんです。

それにしても、今年はどうしたんでしょう。

北海道の網走の流氷もまだ漂着したばかりで、例年よりも相当遅れたんだといいます。
温暖化が進んではいますが、何年か前にも流氷を見に行ったんですが、その時には時期が遅くて見れずじまい。

確か伺ったのは数年前の3月30日頃。
自然に併せて日程とるのはなかなか出来ないよね。
ここ数年はいけそうにないけど、今度でかけるときはもう流氷は来ない、なんていわないで欲しいね。

ところで、網走なんかは花粉症で悩む人はいないのでしょうか?
杉自体があまりないかしらね。な~んて。

また、海や山に近いから水も豊富でミネラルウォーターとか、ウォーターサーバー なども特に
必要なさそうにも思いますね。

いつもこの時期になると流氷を思い出すのは一度も見たことがないからですね。