映画☆ 「さとにきたらええやん」

テーマ:

ボランティア団体からの案内で映画を観てきました。

 

映画 「さとにきたらええやん」 区民ホールにて鑑賞

 

「日雇い労働者の街」と呼ばれてきた大阪市西成区で38年にわたり、子どもたちの憩いの場として活動を続ける「こどもの里」に密着したドキュメンタリー映画。

子どもたちを、障がいの有無や国籍の区別なく無料で受け入れている「こどもの里」は、学校帰りに児童館として遊びに来る子どもや、さまざまな事情から親元を離れて一時的に宿泊する子供やその親たちも休息できる貴重な地域の集いの場として活動をしている。

この様子を飾らず、映画化されている。

 

ボランティア講座の中でこのような施設があることを聞いてはいたのですが、実際映画で観て、とてもショックを受けた私。こんな世界が未だにあるのかと。

 

 

今の自分に何ができるのか、いろいろな意味で考えさせられる映画でした。

AD

映画☆ ピートと秘密の友達

テーマ:

ずっと観たかったディズニー映画を鑑賞してきました。

 

あべのアポロシネマ スクリーン2

「ピートと秘密の友達」 平日 朝9時半の上映回 10名弱ほどの客入り

 

私の感想→★★★★★

 

ある日、6年間誰とも関わらず森の奥深くで生活していた少年ピートを発見する。

彼はひとりぼっちで暮らしていたわけはなく、秘密の友達“エリオット”と共に縦横無尽に森の中を駆け回っていた。この人間との出会いがきっかけで、エリオットの存在が知れ渡り・・・

 

ネバーエンディングストーリーと ジュラシック・ワールド を観てるかのような映画で

子供の頃に戻った気分で、ワクワクしながら鑑賞してきました。

 

さすがディズニー映画は違うね。迫力あり、映画の世界にぐいぐい惹き込まれました。

 

 

 

AD

地下鉄 今里筋線で絵画入選

大阪に来てから知った黄色い路線「今里筋線」。

市内から外れたところの南北を走る線なので、大阪府民でも乗ったことが無いという人が多いのでは?私はすべての路線の中で今里筋線が一番好きs

どの駅も、駅員さんがとても親切←落とし物をした時、とても親身になって対応してくれた。改札に通過する度に、挨拶される。

そしてキレイなホームと車両。

4両編成ですが、大体座れる。

外国の方が少ない路線なので、落ち着ける。

 

そんな今里筋線は開業10周年だそうです。

夏に10周年を記念して、10歳の子供から今里筋線にまつわる絵画を募集していたので、夏休みに暇そうにしていた次女が絵を描き、提出してきました。

夏は大阪市から小学生に対し地下鉄とバスの無料パスが配布されていたので、公共交通機関が好きな私と次女は、結構乗ったからね。

 

そして年末、こちらの郵便物が届きました。

 

今里筋線の全駅に絵画が貼られていました。(恥ずかしいので掲示が終わったことを確認してからブログアップしました爆 笑

賞品までいただき、喜んでいる次女。

 

10周年といえば、秋にイオン大日で10歳のお子様レストラン無料というイベントもあり、今年度は10歳がお得な大阪でしたs

 

 

AD