自閉症スペクトラム家族 ~みみりん家の場合~

私は、自閉症スペクトラムです。
私の子供も、自閉症スペクトラムです。
主に私の幼少期から現在までと、子供のことを書いています。

コメントは、承認後に表示される設定にしてあります。
NEW !
テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私が初めて夫に子供の診察に同伴して貰った時、
主治医は、こう仰いました。

「奥さんとお子さんは自閉症スペクトラムです。
これは、育て方によるものではなく、先天的な遺伝子異常です。
遺伝子異常には、様々な原因があります。」

明らかに遺伝なのですが、主治医は絶対に「遺伝」とは仰いません。

また、主治医に、例えば、
「私の親も自閉傾向があると思うのですが?」
と言うと、
「自閉傾向の全く無い人はいません。」
と言われます。

それも事実です。

そう言われてしまったら、
「遺伝」を否定されたことになります。



もし、医師に
「奥さんとお子さんは自閉症スペクトラムです。これは遺伝です。」
と断言されたら、夫は、
「自閉の妻と結婚したから、自閉の子供が産まれたんだー。( ̄_ ̄ i)ガーン」
と思うのではないでしょうか?


うちの家族に限らず、
「お子さんは、自閉症スペクトラムです。これは遺伝することが多いです。」
と言われたら、
父、母のどちらかに、自閉傾向があるのではないか、
祖父母や親戚に、それらしい人がいないか、
と、誰のせいで自閉の子供が産まれたのか
犯人探しが始まりそうです。

こんな風に、「遺伝」と言ってしまうと、
家族にとってよくないので
言わないのではないかと思います。

あくまでも、私の推測ですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

この本は、場面緘黙の少女のストーリーなんですが、
場面緘黙よりも、
家庭不和、虐待、毒親、いじめ(担任の先生も加担)
の方が強烈でした。
読み進めると、セクハラも出てきました。

 

著者のモリナガアメさんは、この本で、

「やっぱり、場面緘黙の原因は、家庭環境だ!」

と思われるのを危惧されていますが、

それは大丈夫だと思います。

 

なぜかというと、

同じ環境で育ったお姉さんが、

場面緘黙になっていないからです。

 

この本には、モリナガアメさんが、

どうやって、場面緘黙を克服したのか、

どうやって、場面緘黙の後遺症や、虐待後遺症、いじめ後遺症等と戦ってきたのか、

毒親から、どうやって逃げ出したのか、

という所まで描かれています。

 

モリナガアメさんのブログです。

http://amemorinaga.wixsite.com/amemuchi

こちらにも漫画が載っています。

モリナガアメさん以外の、

元場面緘黙当事者のことも描かれています。

 

モリナガアメさんは、

この本を多くの人に読んでもらえるように

図書館にリクエストして欲しいそうです。

(勿論、買う方が、もっと喜んで頂けます。(^_^;))

 

そういえば、

 

この本も、多くの人に広めたいので、

図書館にリクエストして欲しいと、

かんもくネットのホームページだったか?に

書かれていました。

 

モリナガアメさんも、かんもくネットの方々も、

場面緘黙を沢山の人に知ってもらって、

場面緘黙でも、生きやすい世の中になって欲しいと

願っていると思います。

 

それは、勿論、そうなのですが、

私は、日本も、外国と同じように

学校に、場面緘黙児がいたら、

プロジェクトを組んで、

学校で、場面緘黙を治す取組を

当然のように行うようになって欲しいです。

 

学校を卒業してしまった場面緘黙当事者や、

元当事者のためにも、

場面緘黙を治したり、

後遺症のカウンセリングを行ったりする機関を

全国的に作って欲しいです。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。