ジフンさん、インスタ更新~~

 

更新するときは続きますね(笑)

 

 

動画もありますので、ジフンさんのインスタご覧になって下さいね~ウインク

 

バスケにグルメに堪能し、リフレッシュしたかな??

お仕事かもしれませんが(笑)

 

 

AD

 

カン・ドンウォン、ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン主演、キム・ジウン監督「人狼」8月に撮影開始!

キム・ジウン監督の新作「人狼>(仮題)がカン・ドンウォン、

ハン・ヒョジュ、チョン・ウソン、ギムムヨル、ハンイェリ、

ホ・ジュノ、チェ・ミンホのキャスティングを確定して、

8月、本格的な撮影に入る。

<人狼>は、近い将来、南北が7年の準備期間を経る統一を

宣言した中で反統一武装テロ組織「インセクト」とこれに

対応するための新たな警察組織トゥクギデが、統一政策に

反対する強力な権力機関である公安部の間で広がる息をのむ

激突を描くSFアクション物である。

演出は「静かな家族」(1998)、「反則王」(2000)、「長靴、紅蓮」(2003年)、

「甘い人生」(2005)、「良い奴、悪い奴、変な奴」(2008)、

「悪魔を見た」(2010)、「密偵」(2016)のキム・ジウン監督が引き受けた。

押井守の小説を原作に置いた沖浦啓之のアニメーション<人狼>を基に製作される。
 

<イン・ラン>の人物は誰も信じることができなくて一寸の前の

生死を分からない黙示録的な未来を広げてみせる予定だ。

 カン・ドンウォンは‘ゼクト’少女の死をすぐに目の前で目撃した後、

獣になることを強要する組織の任務と人間の心の間で葛藤する

最精鋭特技隊員‘イム・チュンギョン’を引き受けた。 

ハン・ヒョジュは死んだ‘ゼクト’少女の姉さんで‘イム・チュンギョン’の心に

動揺を呼び起こす‘イ・ユンヒ’を演技する。 

「良い奴、悪い奴、変な奴」以後10年ぶりにキム・ジウン監督と

再会するチョン・ウソンは特技対の買った歴史であり、

‘イム・チュンギョン’を最精鋭隊員で育てた特技対訓練所長‘チャン・ジンテ’を

演じる。

この他に一時‘イム・チュンギョン’と特技対訓練所同期であり

友達だったが公安部所属で特技対を圧迫することになる

‘ハン・サンウ’はキムムヨルが消化して緊張感を吹き込む。 

‘ゼクト’の核心組織員であり、‘イ・ユンヒ’の友達で彼女に

接近してまた他の危険を呼ぶ「グミギョン」はハンイェリが引き受けた。


大統領の統一プランに反対する権力闘争の当事者でトゥクギデ解体を

祈っている公安部長「イギソク」役にはホ・ジュノが、‘イム・チュンギョン’の

後から彼を援護する若い精鋭特技隊員‘キム・チョルジン’役には

チェ・ミンホがキャスティングされた。 

●一言
統一素材のSFアクション、期待しなければならないでしょうね。 

New York Asian Film Festival (NYAFF)

 

カン・ドンウォン「2017 NYAFFアジアスター賞」を受賞 "幸せと感謝して"

俳優カン・ドンウォンが第16回ニューヨーク、アジア映画祭

(New York Asian Film Festival、NYAFF)のアジアスター賞を受賞した。

韓国俳優ではソル・ギョング(2014年)イ・ビョンホン(2016年)に続く第三の快挙だ。

カン・ドンウォンは13日(現地時間)、米ニューヨークで開催された

NYAFF授賞式で映画「隠された時間」で賞を受けて、

「良い映画祭に招待してくださって、大きな賞をいただき、

本当に幸せだ」と英語で語った。

続いて「韓国でもなじみのないジャンルだったが、

多くの人が力を合わせて新しい映画に挑戦したが、

ニューヨークで観客を会ってみることができて感謝している」

付け加えた。

また、次期作についての質問に「映画「1987(仮題)」を撮っている」とし

「韓国の民主抗争を描いた内容で、この作品は実話だ。

また、日本のアニメーションを原作にした「人狼」(監督キム・ジウン)を

準備中だ。たくさん期待してくれ」と説明したりした。

 「1987」は「ファイア:モンスターを飲み込んだ子供」チョン・ジュナン監督の

5年ぶりの新作で、1987年の民主化抗争の起爆剤となった

パク・ジョンチョル拷問致死事件を描いた作品。

カン・ドンウォンは民主化運動に巻き込まれる大学生の役割を

担って特別出演する。

映画祭は、カン・ドンウォンの代表作に「刑事」(イ・ミョンセ監督、2005年)、

「あいつの声」(パク・ジンピョ監督、2007)、「義兄弟」(チャン・フン監督、2010年)などを

挙げてカン・ドンウォンのカリスマと感性演技が彼の映画に唯一無二の

独特のプレゼントと賞賛した。

また、昨年のこの映画祭を通じてカン・ドンウォン主演の映画「黒い司祭たち」

(ジャンジェヒョン監督、2015)と「検査外伝」(監督イイルヒョン、2016)が

上映され、今年は「隠された時間」(監督オム・テファ、2016)が披露した。

映画祭側はこの日、公式SNSを介してカン・ドンウォンの受賞を祝い、

「韓国のトップ俳優カン・ドンウォンが映画祭を輝かせてくれて感謝する」とし

挨拶を残した。

授賞式の現場には、カン・ドンウォンを見るために長い時間待って、

観客の歓声が続いた。

2002年を皮切りに、今年16回目を迎えるニューヨークのアジア映画祭は、

サブウェイシネマとリンカーンセンターのフィルム・ソサエティーが

パートナーシップを結び、毎年夏、米ニューヨークで毎年開催される

アジア映画フェスティバルだ。

アジアスター賞をはじめ浮かぶアジアスター賞、アジア功労スター賞などを授賞し、

韓国、日本、中国、香港、インドネシア、タイ、台湾などのアジア諸国の作品を上映する。
 

「米国新人監督作品も参加したい」

ニューヨーク訪問カン・ドンウォン、

NYAFF「アジアスター」賞を受賞

「観客に会うのはいつも楽しい経験であり、その喜びのために映画を撮るんです。」

俳優カン・ドンウォン(写真)が13日、NYAFFでアジアスター賞を

受賞した。

カン・ドンウォンはファンタジーのジャンル「隠された時間」で、

今回の映画祭を訪れた。

この日、マンハッタンウォルターリード劇場での授賞式と上映に

先立ってエルリノオボニンシアターで行われたインタビューで

カン・ドンウォンは、自分が演じた少年ソンミンの姿のように率直が

真剣に映画を紹介した。

 受賞の喜びを伝えてカン・ドンウォンは 「少年で消えた大人になって

帰ってきたソンミンが小年の姿だけで観客に近づかないように

多くの神経を使った」とし「ソンミンの時間は止まらず、

大人になったものだからでもあるが特に男性観客が容認するのは

難しいようだった」と笑った。

時空が止まった、隠された時間の中に閉じ込めてしまった少年と、

その少年を信じてくれる唯一の少女の物語を描いたファンタジー

ドラマ「隠された時間」は厳太和監督の第二長編で、

昨年の秋に韓国で公開当時不十分興行とは別に、

熱い好評を受けた作品である。

韓国映画素材の地平を広げたという点と質の構成で秀作として

評価された。先ベルギーのブリュッセルで開かれた上迎会も呼応を得た。

前作に続き、新人監督たちと作業をしてきているカン・ドンウォンは、

米国進出の可能性も開けておいた。

最近、海外のインタビューを流暢に英語で終えるたカン・ドンウォンは

「海外の友人との会話のために、英語をどんどん話しているだけ

また、米国内の新人監督が撮影の提案をしてきたならば、

積極的に検討する」と述べた。

一方、先月30日に開始したニューヨークアジアンフィルムフェスティバルは

16日まで続く。

今年で16回目を迎える今回の映画祭では、13本の韓国映画を含む、

香港、中国、日本など、最新の映画57本が上映される。 

13日までのリンカーンセンターウォルターリード劇場では、

14〜16日はマンハッタンチェルシーにあるSVA劇場で上映される。

ニューヨークアジアン映画祭アジアスター賞 カン・ドンウォン

「2017ニューヨークアジアン映画祭」が開かれている

マンハッタンウォルターリード・シアターで

13日カン・ドンウォンが、今年の

アジアスター賞を受賞した。

 

授賞式前リンカーンセンターのフィルム・ソサエティーで

開かれた記者懇談会でカン・ドンウォンが質問に答えている。

 

カン・ドンウォン、イ・チャンドン監督「バーニング」出演不発

俳優カン・ドンウォンの映画「バーニング」(イ・チャンドン監督)の

出演が不発になった。

7日のニュース1取材の結果、カン・ドンウォンの「バーニング」出演が

最終不発になった。
 

日本の有名な小説家村上春樹の「喪失の時代」を原作に

「ペパーミント・キャンディー」「オアシス」「時」などを演出した

イ・チャンドン監督が演出を念頭に置いてシナリオを執筆してきた。

当初この映画は、俳優のカン・ドンウォンとユ・アインが主人公で

有力な候補に上がって話題を集めた。

しかし、最近カン・ドンウォンが合流していない側に最終的な決定を下した。

一方、昨年末にクランクイン予定だった「バーニング」は村上春樹と

原作の映画化関連の議論が長くなり、一回の製作が遅れている。

製作会社側は最近、村上春樹との議論を終え、下半期クランクインを

準備していることが分かった。

ニューヨークアジアン映画祭30日開幕

30日に開幕する2017ニューヨークアジアン映画祭

(NYAFF.New York Asian Film Festival)に韓国人俳優たちが大挙参加する。

NYAFFによると、昨年俳優イ・ビョンホンが受賞した今年のアジアスター賞は

「隠された時間」で映画祭を探す俳優カン・ドンウォン(写真)が受賞する。

この賞は、アジア映画の発展に功労を認められた俳優たちに与えられる賞で、

香港の俳優アーロン・クオック、ソル・ギョングも受けている。

来る7月16日まで開かれる今回の映画祭で韓国ではハンイェリ、イミンジ、

チョン・ビョンギル監督(悪女)、ジャンリュル監督(春夢)、

ジョヒョンフン監督(夢のジェーン)などが参加する予定だ。

17日間の合計57本の映画が毎日他の時間帯に上映され、

30日から7月13日までのリンカーンセンターのフィルム・ソサエティーで

7月14日から16日までSVA劇場で行われる。

この期間韓国作品「悪女」「隠された時間」「春夢」「シングルライダー」

「秘密はない」「石の大邸宅殺人事件」などが上映される。

開幕作は、タイ映画「バッドジーニアス(Bad Genius)」。

毎年夏にニューヨークで開催されるNYAFFは2002年に初めて開始された。

アジアスター賞をはじめ浮かぶアジアスター賞、アジア功労スター賞などを

学びに授与している。

韓国、日本、中国、香港、インドネシア、タイ、台湾などアジア諸国が

主に参加国である。

ウェブサイト(www.filmlinc.org/festivals/new-york-asian-film-festival/)で

映画の上映スケジュールとイベントなどの詳細な情報を見つけることができる。
 

第16回ニューヨーク、アジア映画祭のゲスト公開...カン・ドンウォン・ハンイェリ・イミンジ参加確定

来る30日に開幕する第16回ニューヨーク、アジア映画祭

(New York Asian Film Festival、NYAFF)に参加する韓国の

ゲストのリストが公開された。

ニューヨークのアジア映画祭側によると、アジアスター賞受賞者に

選ばれた俳優カン・ドンウォンをはじめハンイェリ、イミンジ、閉幕作「悪女」を

演出したチョン・ビョンギル監督、「春夢」のジャンリュル監督、

「夢のジェーン」のジョヒョンフン監督などが参加を確定した。

ニューヨークのアジア映画祭は、2002年に初めて始め、

今年で16回目を迎えた。毎年夏、米国ニューヨークで

毎年開催されるアジア映画祭であるニューヨークの

アジア映画祭は、アジアスター賞をはじめ浮かぶ

アジアスター賞、アジア功労スター賞などを授賞し、

韓国、日本、中国、香港、インドネシア、タイ、台湾などの

アジア諸国の作品を上映する。


先立ってカン・ドンウォンは「隠された時間」でアジアスター賞受賞者に

名前を連ねた。

アジアスター賞アジア映画の発展に功績を立てたスターたちが

受賞する上で、香港の俳優アーロン・クオックなどをはじめ、

国内では2014年ソル・ギョング、2016年イ・ビョンホンが受賞している。

6月30日から7月16日まで開かれる今年のニューヨークのアジア映画祭は

17日の間に57本の映画が上映される。

 6月30日から7月13日までのリンカーンセンターの

フィルム・ソサエティーでは、7月14日から16日までSVA劇場で行われる。

開幕作、タイ映画「バッドジーニアス(Bad Genius)」がはじめと

「悪女」がドアを閉める。 

「悪女」は、アクション映画賞(Excellence in Action Cinema Award)を

受賞することになった。

代表的な賞の分野の一つである功労賞には、香港の

俳優レオン・カーフェイが選ばれた。

韓国作品では、「悪女」をはじめ、「隠された時間」(監督オム・テファ)、

「操作された都市」(監督パク・クァンヒョン)、「普通の人」(監督金鳳漢)、

「スプリット」(監督チェグクフイ)、「夢のジェーン「(監督ジョヒョンフン)、

「少女の世界」(監督アンジョンミン)、「春夢」(監督ジャンリュル)、

「シングルライダー」(監督イ・ジュヨン)、「石の大邸宅殺人事件」

(監督キム・フィ、正式)、「秘密はない「(監督イ・ギョンミ)などが

観客に会う予定だ。