第16回ニューヨーク、アジア映画祭のゲスト公開...カン・ドンウォン・ハンイェリ・イミンジ参加確定

来る30日に開幕する第16回ニューヨーク、アジア映画祭

(New York Asian Film Festival、NYAFF)に参加する韓国の

ゲストのリストが公開された。

ニューヨークのアジア映画祭側によると、アジアスター賞受賞者に

選ばれた俳優カン・ドンウォンをはじめハンイェリ、イミンジ、閉幕作「悪女」を

演出したチョン・ビョンギル監督、「春夢」のジャンリュル監督、

「夢のジェーン」のジョヒョンフン監督などが参加を確定した。

ニューヨークのアジア映画祭は、2002年に初めて始め、

今年で16回目を迎えた。毎年夏、米国ニューヨークで

毎年開催されるアジア映画祭であるニューヨークの

アジア映画祭は、アジアスター賞をはじめ浮かぶ

アジアスター賞、アジア功労スター賞などを授賞し、

韓国、日本、中国、香港、インドネシア、タイ、台湾などの

アジア諸国の作品を上映する。


先立ってカン・ドンウォンは「隠された時間」でアジアスター賞受賞者に

名前を連ねた。

アジアスター賞アジア映画の発展に功績を立てたスターたちが

受賞する上で、香港の俳優アーロン・クオックなどをはじめ、

国内では2014年ソル・ギョング、2016年イ・ビョンホンが受賞している。

6月30日から7月16日まで開かれる今年のニューヨークのアジア映画祭は

17日の間に57本の映画が上映される。

 6月30日から7月13日までのリンカーンセンターの

フィルム・ソサエティーでは、7月14日から16日までSVA劇場で行われる。

開幕作、タイ映画「バッドジーニアス(Bad Genius)」がはじめと

「悪女」がドアを閉める。 

「悪女」は、アクション映画賞(Excellence in Action Cinema Award)を

受賞することになった。

代表的な賞の分野の一つである功労賞には、香港の

俳優レオン・カーフェイが選ばれた。

韓国作品では、「悪女」をはじめ、「隠された時間」(監督オム・テファ)、

「操作された都市」(監督パク・クァンヒョン)、「普通の人」(監督金鳳漢)、

「スプリット」(監督チェグクフイ)、「夢のジェーン「(監督ジョヒョンフン)、

「少女の世界」(監督アンジョンミン)、「春夢」(監督ジャンリュル)、

「シングルライダー」(監督イ・ジュヨン)、「石の大邸宅殺人事件」

(監督キム・フィ、正式)、「秘密はない「(監督イ・ギョンミ)などが

観客に会う予定だ。

AD

「スーパーマンが帰ってきた」ソウルXダウン、グッバイありがとう

 

今日(14日)に放送されるKBS 2TV「ハッピーサンデー - スーパーマンが帰ってきた」

182回は「大切なことは、近くにある」と飾られている。

ソウル - ダウン兄妹は約1年3ヶ月間一緒にした「スーパーマンが帰ってきた」を

仕上げる時間を持ち、お別れをする予定である。
 

兄妹はお父さんイ・ボムスを応援するために、映画の撮影現場を訪れた。

ソウル - ダウンをお母さんと一緒に直接スタッフのための食糧を作り、

プレゼントも配り、意味深い時間を過ごした。

撮影現場内ビタミンをプレゼントしていた兄妹はワールドスターピと

びっくり出会いが行われた。

照れるソウルとは異なり、ダウンをこのは「おじさんの家に行きたい」と

レインに向け、特別な愛情を表わしたという裏話だ。

お父さんのための特急応援を終えた兄妹は「視聴者に最後の挨拶を伝えた。

弟をダウンがをガッチリ取りまとめる姿で大きな愛を受けた国民の

姉ソウルが、愛着の人形エペを増やし持ち歩いて可愛さを誇っており

視聴者に初めての挨拶をした姿のまま椅子に座って自己紹介をした。

ダウンをこのは遊び心がいっぱいの姿はそのままだが、1年余り前とは

違って姉の紹介までてきぱきこなす本当の姉」になったと。

視聴者に物足りなさと感謝の気持ちでいっぱい心から最後の

挨拶を伝えるお父さんイ・ボムス。

その一方でダウンは最後までダウンをこの面貌を失わず、

別れの挨拶を伝え、誰もが笑うしかなかった。

愛らしい兄妹の最後の話は、今日放送される(14日)182回で

確認することができる。

一方、KBS 2TV「ハッピーサンデー - スーパーマンが帰ってきた」

182回は今日(14日)午後4時50分放送される。
 

AD

「男は黒」...カン・ドンウォン 日本のデザイナー、特急友情

俳優カン・ドンウォンが親しい日本のデザイナーと撮った写真が公開された。

 

最近、日本メンズ「SISE」のデザイナー松井セイジン自身の

インスタグラムに「always」という文と共に写真を掲載した。

 

写真は並んでオールブラックファッションを誇った

親しいカン・ドンウォンと松井セイジの姿が収められている。

温かいビジュアルを誇る二人は双子のように衣装から

ポーズまで同じように披露視線をひきつけた。

 

普段カン・ドンウォンは、松井セイジのブランド「SISE」の

衣装を好んで着ることが分かった。

 

一方、カン・ドンウォンは映画「ゴールデンスランバー」(仮題)の

撮影に真っ最中だ。

 「ゴールデンスランバー」は、伊坂幸太郎の小説を原作にした、

2010年の日本の同名映画のリメイク作で、首相暗殺犯という

濡れ衣を着せられ追われた宅配便の記事の話を盛り込んだ

アクションスリラーでカン・ドンウォンのほかハン・ヒョジュ、

ギムウイソン、キム・ソンギュン、ギムデミョンなどが出演する。

AD

ユニクロ、ダメージが素敵なカン・ドンウォン (JEANS)コレクション発売

 

ユニクロが24日、優れた素材にダメージ加工を加え、

さらに自然な趣を生かした「2017 S / Sジン(JEANS)コレクション」を発売した。

 

ジンコレクションは、世界的なファッショントレンドを反映した

デザインと進化した素材が特徴である。

デニムメーカーカイハラ(kaihara)の高品質の生地を使用して

新素材繊維であるリヨセルを混紡し、優れたフィット感を提供するということが

関係者の説明だ。

 

男性用「スリムフィットダメージた」は、ストレッチ素材で動きが

楽ながらもスリムなラインと繊細なダメージ加工が素敵な商品である。

女性用「スリムボーイフレンドフィットアンクルた」も、今シーズンの

トレンドである裾が解かれたようなカットオフディテールとゆったりとした

シルエットに、様々な色とダメージ加工で選択の幅を広げた。

 

ユニクロの関係者は、「今回のシーズンは、男女ともに自然な

ヴィンテージウォッシュに足首を露出スタイルがトレンドであるだけに、

カットオフまたはダメージ加工が加味されたアンクル丈の商品を選択するか、

裾を折るスタイリングを演出すると、より洗練された印象を表現することが

できている」と伝えた

 

一方、ユニクロは素材でも差別化されている写真を提供するために、

継続的に、R&Dに投資しており、昨年11月には、米国ロサンゼルスに

初のデニムプロのR&Dセンターである「デニムイノベーションセンター」を設立した。

カン・ドンウォン、身長は186cm普段の体重は64kg?

 

最近あるオンラインコミュニティに上がってきた

カン・ドンウォンのスレッドが話題だ。

 

そのスレッドは、カン・ドンウォンの普段の体重が64kgと主張した。

 

カン・ドンウォンは、ある媒体とのインタビューを通じて作品に臨むときは、

「役に合わせて体型に変化は与えた」と明らかにした。

続いて「普段の体重は64〜65kg」と語った。

 

これにネチズンたちは、彼の体重に驚いて話題を集めた。

 

ユニクロ、2017年のブランドアンバサダーに俳優カン・ドンウォン選定
 
ユニクロ(UNIQLO)が「ライフウェア(LifeWear)」を伝える韓国の
ブランドアンバサダーで俳優カン・ドンウォンを選定した。

ユニクロは、俳優カン・ドンウォンが作品ごとに様々なキャラクターを消化して、
俳優としての領域を広げていく姿と、普段にも自分だけの個性がはっきりし
洗練されたスタイルを常に追求する点がライフウェアの哲学と一致して
韓国のアンバサダーに推進することになったと明らかにした。


ユニクロは、快適ながらも素敵な2017 S / Sの新しいジン(JEANS)の
コレクションをはじめと2017年、新たに進化する「ライフウェア」の
コンセプトをカン・ドンウォンのスタイルと感覚的に表現する予定である。

一方、ユニクロと新しいブランドアンバサダーであるカン・ドンウォンが
一緒に作り上げる2017年S / Sシーズンの新しいジン(JEANS)広告映像は、
2月17日からTVCと公式ホームページ、SNSなどを通じて公開される 予定である。
潭陽文化会館で、イ・ビョンホン、カン・ドンウォン主演「マスター」無料上映
 
潭陽郡は俳優イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンの
熱演が光った最新の封切り映画「マスター」を来る15日夜7時文化会館で
無料上映すると伝えた。

「マスター」は、ジョーユニット詐欺事件をめぐり、これを追跡する
知能犯罪捜査隊と希代の詐欺師の間で騙されだます追撃戦を
描いた犯罪娯楽アクション映画だ。

特に、イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビン、オム・ジウォン、
オ・ダルスなど顕著な出演俳優たちの保身を図らないアクション演技と
「モニター」のジョウイソク監督の繊細な演出が調和した作品で、
累積観客700万という興行成績を記録した。

軍関係者は、「毎月第二水曜日潭陽文化会館では軍民、
観光客を対象に、さまざまなジャンルの映画を上映している」とし
「今後も質の高い作品を準備して、住民の文化享有の機会を拡大するだろう」と
語った。
 
ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2017年 03月号
 
 
発売中の「ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2017年 03月号」
 
カン・ドンウォン君、掲載されておりますー!!
 
管理人、知ったのつい最近で急いでぽちりました(笑)
 
東村アキコ先生との対談が掲載されておりました
東村先生、ドンウォン君の大ファンでらっしゃるんですよね!
ドンウォン君とのお見合い(笑)もされたことがあり、
その際は、先生のテンションマックスでしたが、何度か
ドンウォン君にお会いされているようで、落ち着いた感じで
トークが進んでいるように思いました♪♪
 
まあ、実際、あんなイケメンすぎる人が隣にいたら
内心動揺しまくりかもしれませんが(笑)
 
ドンウォン君もすっかり東村先生に、心を開いている感じ^^
 
ドンウォン君のお話も、東村先生のお話もとっても
興味深く面白かったです^^
 
まだご覧になってない方は、ぜひご覧になって下さいね~
 
東村先生の作品を手に持つ、ドンウォン君の手が
あまりにも美しく神っておりました・・・・(*^^*)
 
 
キム・テリ「1987」に参加...カン・ドンウォンと6月抗争飛び込む
俳優キム・テリは映画「1987」(チョン・ジュナン監督、友情フィルム制作)に
合流する。
 
複数の映画関係者によると、キム・テリは最近、「1987」の主人公の
提案を受けての詳細を調整中だ。 
「1987」は、1987年6月を背景にパク・ジョンチョル拷問致死事件を
隠蔽しようとする公安当局と民主化に引かれてた大学生、自由化を
叫ぶメディアを描く。

キム・テリは「1987」で主人公ヨンフィ役を務める。
ヨンフィはカン・ドンウォンが演じるハンサムな男子学生と一緒に
事件の中心を導くキャラクター。
キム・テリは民主化抗争の真ん中でカン・ドンウォンと一緒に
切なくながらすさまじい感情演技を交わす。

6月抗争はパク・ジョンチョル拷問致死事件の隠蔽を糾弾し、
全斗煥の4.13護憲措置撤廃を要求した運動で韓国現代史に
民主主義を根付かせきっかけと評価される。
 「1987」は、パク・ジョンチョル烈士をはじめ、東亜日報の記者など
実在の人物が大挙登場する。


今回の映画は、ホット素材だけでなく、キム・ユンソクと
ハ・ジョンウ、カン・ドンウォンという映画界を信じて見て
俳優たちが合流して話題を集めた。
ここでデビュー作「娘」(パク・チャヌク監督)で映画界はもちろん、
世界の映画人を驚かたキム・テリまで加勢して期待感にさらに
火を燃やしている。

キム・テリは「1987」に先立って同名の日本の小説や映画を原作にした
「リトル・フォレスト」(イム・スンレ監督)を「女性」の後、次期作で
選んだことがある。
キム・テリは四季の景色を盛る1年のプロジェクト「リトル・フォレスト」と
「1987」の撮影で忙しい一年を送る見込みである。
 
「1987」は「地球を守れ!」(03)、「ファイア:モンスターを飲み込んだ子供」(13)の
チョン・ジュナン監督がメガホンを取る。
 CJエンターテイメントが投資と配給を務める。
 
今年上半期クランクインする。