「ジェウク久しぶり」ピXキム・ジェウク、温かい二人の男

 

歌手ピ俳優キム・ジェウクと会った。

 

レインは6日、自身のインスタグラムに「#ジェウク#久しぶり」という文と

一緒に一枚の写真を掲載した。

 

公開された写真の中にあるレストランに並んで座ってご飯を食べている

レインとキム・ジェウクの姿が収められている。

二人は軍生活を共にして厚い親交を続けている。

記事になっておりましたウインク

 

AD

どっ・・・どうした??

 

インスタ更新(笑)

頻度が上がっておりますね~~

嬉しいことですがウインク

 

最新のものは、キム・ジェウクさんとの2ショットでドキドキ

 

2016年5月31日にはジェウクさんのインスタ

ジフンさん登場したんですよね~

この日はお寿司を食べに行っておりました!!

ジェウクさんはジフンさんのVアプリ生中継に登場されたりもしますし

転役後も友情が続いているのは嬉しい限りですドキドキ

 

昨日UPした記事に、お姿見れるかな~なんて書きましたが

全然記事とか上がってないということは取りやめになったのでしょうかねぐすん

それともこれから???

はっきりしないことあげちゃってすみませんでしたぐすん

AD
RAIN(ピ)日本ファンミーティング開催...3年ぶりにカムバック
 
14日レインは自分のインスタグラムに「2017レイン日本ファンミーティング」と
書かれた一枚の写真と彼のファンミーティング情報が書かれたアドレスを公開した。

公開たアドレスをよると、レインは来る4月27日、名古屋愛知県芸術劇場大ホールで
公演を皮切りに29、30日大阪オリックス劇場、5月5日埼玉大宮ソニックシティ
大ホール公演まで全国3都市、全6回開催する予定である。

これ以外にはレインが3年ぶりにカムバックの便りを伝えてファンたちの
期待感を高めている。
image
 

AD
RAIN JAPAN FANMEETING2017 開催決定!
 
カフェの日本語部屋にもお知らせが出ていましたね~~
 
このJAPAN FANMEETING2017に申し込みにあたって
注意が日本語部屋に出ていましたよ!!
 
ご確認くださいねーービックリマーク
 
抽選とのことで、あのよーいどんの申し込みじゃないようなので(笑)
良かったかも。。。照れ
 
カン・ドンウォン、コンユ、ヒョンビン、チョ・インソン「黄金世代」復活
ヒョンビン(34)、チョ・インソン(35)まで炸裂した。
 20代の頃のビジュアルで世代を代表して、ドラマで牛耳った兄が
映画界に足を伸ばした。
早目に位置する最古参カン・ドンウォンに続き、昨年はコンユ、
今年はヒョンビン・チョ・インソンが加勢し、多少の不良だった
「忠武路ウエストライン」が硬く構築された。
 
ドラマではいいがスクリーンでは、「弱体」に選ばれた
ヒョン・ビンとチョ・インソンは2017年1月を起点に
忠武路立地が180度変わった。
それぞれデビュー14年目、19年目になったヒョンビン・チョ・インソンは、
自分のフィルモグラフィー歴代最高興行スコアを塗り替え、最終的に
「スクリーン代表作」を誕生させた。 
 
「回し蹴り(2004・4万人)」「百万長者の初恋(2006・56万人)」
「私は幸せです(2008・7000人)」「愛して、愛していない(2011・6万人)」
「晩秋(2011・84万人)」「ラッフル(2014・384万人)」などあふれる作品に
比べて所得が少なかったヒョンビンは、「共助」一方で、すべての悲しみを
振り払った。
 
9年ぶりにスクリーンに復帰したチョ・インソンは「霜花店」の札を完全に切り離した。
 「クラシック(2002・154万人)」「マドレーヌ(2002・36万人)」
「南男北女(2003・22万人)」「卑劣な通り(2006・204万人)」
「霜花店(2008・377万人) 」を越えて「ザ・キング」を代表フィルモグラフィーに
位置づけた。 
 
これらの成功がさらに目立つ理由は、断然イメージ変身。
 「共助」と「ザ・キング」は、ヒョンビンとチョ・インソンに忠武路地位を
固めることができる非常に重要な作品だったが、二人の俳優は
決して安全な道を選ばなかった。
ヒョンビンは北朝鮮刑事キャラクターにアクションで、チョ・インソンは
政治映画でワンマンショーで存在感を表わして興行を導いた。
 
映画界の反応も鼓舞的だ。
 「共助」を配給したオ・ジウンCJ E&M、映画広報チーム課長は
「ヒョンビンは「共助」を介して商業映画のチケットパワーを立証した。
多くのキャラクターを演じましたが、注目されたのは、メロと
ロマンチックコメディに限られていた。
しかし、「共助」は、キャラクターの雰囲気が全く違っていた。
映画だけうまくいったのではなく、俳優の好感度と眺める視線自体が
変わったのも大きな成果だと思う。
これは、次の映画に対する期待感で広がっている。
おそらく「共助」の後ヒョンビンが受けるようになるシナリオも変わって
いくのではないかと予測する」と伝えた。

 ヤンジヒェ「ザ・キング」配給会社NEW映画広報チーム長は
「「ザ・キング」は、チケットパワー・演技力・スター性の両方を兼ね備えた
チョ・インソンの存在感が確実に発揮された作品である。
ジャンルとキャラクターの限界がない、スペクトルが広い俳優であることを
自ら証明した」とし「9年ぶりに復帰したが「ザ・キング」一方で忠武路市場での
彼の存在感は大きく変わった。
これからチョ・インソンを見つける製作者がより増えるかと思う」と明らかにした。
 
特にヒョンビン・チョ・インソンの成果は、今後の映画界に肯定的な
反応を引き起こすと予測される。
秀麗な容貌に、画面掌握力まで備えた30代の後半俳優の需要が
著しく少なかった状況にやや不良たウエストラインを強化するという評価だ。
 
 作品の投資を左右することができる上位1%の俳優たちは、
大きくソン・ガンホ・キム・ユンソク・ファン・ジョンミン、イ・ビョンホンが
先輩演技派ライン、ソン・ジュンギ・アイン・キム・スヒョンが後輩ラインに分類される。
中間を埋めることができる俳優たちは手に挙げられたという話。
ハ・ジョンウが演技派俳優として独歩的な存在感を発揮すれば、
二大山脈で正反対でトップの位置にあるカン・ドンウォンが唯一無二だ。
ここで、昨年「釜山行き」「密偵」で連打席ホームランを打ったコンユが浮上、
今ヒョンビン・チョ・インソンも名前を上げることになった。
 
カン・ドンウォン・コンユ・ヒョンビン・チョ・インソンは基本180cmを超える
身長で芸能人をするしかない外見で黄金世代を一群主役だ。
ヒョンビンは熱愛中だが、別名「公共財」として結ばれる俳優でもある。
トップスターとして常に人気が多かったが代表作、代表キャラクターで
大衆に認められるのは、別の意味である。
 
製作会社代表は「投資家は当然安定した投資をしたがる。
俳優がいくら有名である作品の主演を任せることは別の問題だ」とし
「ヒョンビン・チョ・インソンのような場合には良いシナリオを
たくさん受けたはずだが、本人の目の高さも高くなかっただろうと思う。
忠武路で「ストリング」する俳優らはなかった」とし「しかし、検討の末、
選択した映画が、最終的に成功したと同時に良い結果を得た」と説明した。
 
また、「20代の時に黄金世代を構築したこれら年輪と経験が
存在感と掌握力に続き、奥行き感まで加わり、俳優として真価を発揮した。
先輩と後輩たちと別の価値がある俳優だ。
挑戦に成功しただけの再挑戦することに対する恐怖は少し消えたのだろうと思う。
「見る味」のある忠武路になるようだ」と分析した。

image

 

あけましておめでとうございます~

 

2017年もどうぞよろしくお願いします^^

 

ジフンさんはもちろん、SMAPやドンウォン君などなど

自分の興味のあることにはゆる~~くかかわりながら(笑)

幸せな1年にしたいと思っております。

 

皆様におかれましても幸多い1年になりますように!

 

12月30日から1月2日まで、旅に出ておりまして(汗)

ご挨拶遅くなってしまいましたー

久しぶりに書きたいこと満載の旅だったので(笑)

久方ぶりにがっつり旅行記なんぞ書いていきたいなと

思っておりますので、のぞいて貰えると嬉しいです♪

 

ジフンさん、シンガポール、台北を経由し・・・

今はソウルですよね?

カムバックにむけて精力的に活動に励んでいることでしょう

全く追えてないので(笑)

これまたゆるりとさかのぼりたいと思います~

さかのぼりきる前にカムバック活動が本格的になりそうな予感(笑)

 

 

 

前の記事で「花団」と書きましたが・・・

「コンノリペ」でいいみたいなので、「コンノリペ」とこれからは

書くようにします カナヘイピスケ

 

1月8日に韓国で放送されるってことは、撮影スタートしてなきゃ

いけな時期ですよね~

年明けに??とか思ってましたが撮影に遭遇した方が

インスタにUPして下さってましたカナヘイびっくり

 

https://www.instagram.com/p/BOgreovhAEN/

 

https://www.instagram.com/p/BOgkMoThwMz/

 

しっかりあの帽子かぶってますね~~!!