RAIN(ピ)、イ・ボムス、カン・ソラ、ミン・ヒョリン「自転車王オム・ボクドン」にキャスティング完了

 

全国民に希望をプレゼントした伝説的な人物オム・ボクドンの

実話で面白味と感動をプレゼントする

映画‘自転車王オム・ボクドン’が主なキャスティングを

確定して18日南揚州(ナムヤンジュ)でクランクインした。 

‘自転車王オム・ボクドン’は日帝強制占領期間に日本が

朝鮮を支配するために施行した自転車競走で日本選手たちを抜いて

優勝を握った自転車英雄オム・ボクドンの実話を土台にした作品だ。

‘忍者アサシン’、‘R2B:リターントゥベース’等

国内外を問わない多様なジャンルの映画で観客に会った

チョン・ジフンが自転車英雄‘オム・ボクドン’役でスクリーンに復帰する。 

彼が演技する‘オム・ボクドン’は偶然な機会に自転車に接した後

持って生まれた才能と終わりない努力で日本人たちを押して

最高の席に上がる人物で、チョン・ジフンはコミックと

感動を合わせる多彩な姿で劇全般を導いていくことになる。  

また、カリスマと演技力を兼備、信じて見る俳優で登板した

イ・ボムスが奪われた民の心を取り戻すために朝鮮人自転車選手を

育成する愛国団の後援者‘ファン・ジェホ’役を担って劇の重量感と

重心を取る予定だ。 

ここに軍人だったお父さんを戦争に失って愛国団の隊員になった

女性‘キム・ヒョンシン’役にはドラマ‘未生’などを通して

硬い演技力を認められた俳優カン・ソラが、朝鮮人自転車選手団の

やりくり上手でありマネジャー役はませてちゃっかりしている魅力で

愛されている俳優ミニョリンが引き受けて独歩的な魅力を発散する展望だ。 

‘自転車王オム・ボクドン’に合流したことに対して

チョン・ジフンは“実存人物‘オム・ボクドン’は日帝時代自転車一つで

全国民に希望と勇気を与えられた方だ。 

その間扱われたことない実存人物をどのように演技するのか

終わりなしに苦悩中だ。 

新しく演技に対する情熱を持って臨む”と所感を伝えた。 

‘自転車王オム・ボクドン’を通じて初めて製作者にも

参加するイ・ボムスは“最高の俳優、最高のスタッフらと

共にすることになって感謝して興味深い。 

製作者として初めての作品であるだけに、映画が

与えることができる面白味と意味を全部プレゼントする

最高の期待作を作るように心血を注ぐ。”と明らかにしたし、

演出を引き受けたキム・ユソン監督は“最高の俳優らと

共にすることになって非常にうれしくて、映画化されるまで

助けになられた多くの方々に深く感謝申し上げる。 

素敵な作品が誕生することができるように最善の努力をつくす”と

意思を確かめ合うこともした。 2018年封切り予定.  

AD