「転役D-1」ユンホ、ソロか演技か...幸せな悩み

 

東方神起のメンバーユノ・ユンホが幸せな悩みに陥った。 

20日転役をするだけに、今後の活動へのロードマップを

組まなければならに選択肢が多い。

何を選択するのか肯定的な結果が予想される。

 

ユンホが転役後広げる活動は大きく2種類だ。

ソロ歌手としてデビューしたり、演技者として活動するものである。

前者は新たな挑戦であるわけであり、後者も俳優としてのスペクトルを

広げるという利点がある。

 

所属事務所SMエンターテイメントは19日イーデイリーに

「現時点で決定されたことがありませんが、さまざまな可能性を残して

議論中である」と述べた。

 

ユンホは入隊前の2015年に日本でのソロミニアルバムを発売したことがある。

しかし、これはファンサービスの性格が強かったし、国内では紹介されなかった。

歌手としての彼の真価を確認する機会だ。 

 

8月に予定されるチャンミンが戻ってくる前にソロ活動をたくましくすることで、

東方神起の健在を事前に知らせるという効果もある。

 

ユノ・ユンホは服務当時単独で舞台を整えてソロ活動の可能性を

リリースしたことがある。 

去る1日、京畿道楊州市で開かれた公演が代表的である。

当時彼はキレのあるダンスの動きと舞台マナーを披露した。

当時、現場を収めた映像が話題になった。

 

俳優活動も考慮の対象である。

ユンホは、2009年に放送されたMBC「地面にヘディング」を皮切りに、

SBS「夜王」などに出演した。

序盤は期待に及ばないという評価が多かったが、最後の作品である

MBC「夜警日誌」ではいい反応が出た。

映画「国際市場」にびっくり登場したりした。

 

芸能番組出演もつながると思われる。

軍服務を通じて「カバングォン」を得たうえ特級戦士に選ばれるなど、

過程も模範的であるという事実が伝わって予備視聴者の好感をかった。

すでに主要芸能番組の交渉リストに上がったことが分かった。

 

ユンホは20日午前9時30分、京畿道楊州市の第26機械化師団正門前

転役式を行ってファンの前で「カムバック」をお届けする。

場所が狭くて短い挨拶だけする予定である。
 

 

 

とうとう・・・

4月20日、ユノ君が転役しますね!!

 

無事にこの日を迎えることを、本人はもちろんご家族の方たちも

心から喜んでいるでしょうね。

そして待っていたファンもドキドキドキドキドキドキ

 

明日の笑顔を見るのが今から楽しみですラブ

 

 

AD