「2017PSYびっしょりショーSUMMER SWAG」

(_82_good instagram)

AD

PSY5年ぶりに帰ってきた「びっしょりショー」... 2万5千釜山ファンびっしょり濡れた

歌手PSYが5年ぶりに準備した「びっしょりショー」の砲門を

華やかに開いた。

PSYは29日、釜山アシアード補助競技場で夏のコンサート

「2017サイびっしょりショーSUMMER SWAG」を開催、2万5千人の

観客を浸し濡らし真夏の夜の暑さを涼しく飛ばした。

開始時間が近づくと、現場一帯は、今回の公演のドレスコードである

「ブルー」色の服、「びっしょりショー」の必須アイテムである青色の

雨具を着た人たちでいっぱいになった。

PSYの登場を知らせるカウンター映像が出るファンは熱い歓呼を送ったし、

PSYは去る5月に公開した新曲「I LUV IT」にエキサイティングな

オープニング舞台を飾った。

続いてPSYは「チャンピオン」「芸能人」「新しい」「RIGHT NOW」「父」

「芸術だよ」など多数のヒット曲でエネルギーあふれる舞台を披露し、

会場の熱気を熱くした。

先に予告したとおり、歴代級物量攻勢」も雰囲気を精一杯盛り上げた。 

5年ぶりに開催される夏のコンサートらしく、今回の公演には150トンの水を使用し、

ファンは水があふれたときに歓声で応えた。

PSYコンサートらしくゲストも豪華だった。 

1次のゲストには、「I REMEMBER YOU」で縁を結んだジャイアントティーが

代表曲「洋画大橋」と「取り出し食べ」の舞台をプレゼントした。

ここで、PSYの常連ゲストである歌手レインが今回も力を加えた。

 「太陽を避ける方法」、「レイニズム」などの代表ヒット曲の舞台と素晴らしい

パフォーマンスを披露した雰囲気を最高潮に引き上げた。

次々PSYは新曲「NEW FACE」をはじめ、「DADDY」、「楽園」、

「江南スタイル」とダンス、ロックメドレーなど、最後のアンコール舞台まで、

観客を沸かせた。

PSYは、8月4〜5日の両日、ソウル蚕室(チャムシル)の補助競技場、

11日、大田ワールドカップ競技場、19日大邱三星ライオンズパーク、

26日、光州ワールドカップ補助競技場で「2017サイびっしょりショー

SUMMER SWAG」の全国ツアーを続けていく。

 

インスタにもたくさん上がっているようです^^

 

 

記事は見かけないな~~(^^〝

今回はあせるあせる

私が探せてないだけかもしれませんがショボーン

AD

「知っているお兄さん」キム・ジョングク、ピ・秋山に続く「ビッグ対決」実現

 

「知っているお兄さん」に歌手キム・ジョングクが出演して、

レイン・秋山に続くカン・ホドンとの対決に関心が集中している。

今日(29日)放送される「知っているお兄さん」は転校生で

キム・ジョングクが出演する。

長期間の運動で鍛えられたキム・ジョングクと天下壮士カン・ホドンの

出会いに関心が傾く。

芸人が呼ばれるほど多様な放送番組で気の利いた姿を披露した

キム・ジョングクはカン・ホドンと縁が深い。

キム・ジョングクはカン・ホドンの結婚式で祝歌を歌ったりもした。

以前、ファイター秋山が出演してカン・ホドンと腕相撲で対戦している。

当時秋山は「私との戦いに勝つと?今日もふざけているのか」と挑発し、

カン・ホドンは「ここどこだと思っているのだ」と緊張感をかもし出した。

また、歌手ピ出演した当時、カン・ホドンと正式ルールに基づいて行われた

相撲対決が話題になった。

キム・ジョングクが出演するJTBC「知っている兄」は、午後8時50分放送される。

 

ホドンさんとの対決懐かしいですね笑い泣き

AD

 

seoulite_ro#세트 #자전차왕엄복동 #전주영화종합촬영소 #sleepy #filmshooting#roinjeonju #korean #selfie #selstagram#memyselfandi 

#damnhot 

더워도 너무 덥다... 근데 왜 일어대사중 어떤한줄은 죽어도 안외워지는가...

 

 

#セット#オートバイ王オムボクドン#全州映画総合撮影所#sleepy#filmshooting#roinjeonju#korean#selfie#selstagram#memyselfandi

#damnhot

暑くてとても暑い...ところで、なぜ日本語のいくつかの行は、死んでも

覚えられないのか・・・

 

(seoulite_ro)

 

出演者の方がインスタにUPして下さってました~

ジフンさんは映ってないんですが(^^〝

この暑い中での撮影お疲れ様ですあせるあせるあせる

全州シネインセンティブ最初支援作映画「オートバイ王:オムボクドン」選定

全州市と全州映像委員会が「2017全州シネインセンティブ事業」の

最初の支援作に映画「オートバイ王:オムボクドン」を選定した。

映画「オートバイ王:オムボクドン」は、植民地時代、

民族の誇りを高めたサイクリストの物語。

チョン・ジフン(ピ)、カン・ソラ、イ・ボムスなどが出演する。

全州シネインセンティブ事業は製作規模(純制作費基準)10億ウォン以上の

国内外の映画・映像の中で前週と完走で10回以上撮影する製作会社を

対象とする。

撮影日数と製作予算などを審査して、コストの一部を支援する。

映画「オートバイ王:オムボクドン」は、6200万ウォンを支援される。