RAIN(ピ)応じて着たい日常のファッション「オールブラック」

歌手ピの日常のファッションが目を引く。

 

レインは2月28日、自分のインスタグラムに立っている姿を

写した写真一枚を掲載した。

 

写真の中でレインはオールブラック姿で楽に見えますが、

洗練された印象をかもし出した。

 

一方、レインとf(x)ビクトリアが出演した中国ドラマ「八月未央」は、

今年放送される 予定である。

AD

 

2017最初の#ラウンド#ジェントル男性たちと#愉快な一日
#golf#ゴルフ#ゴールスターグラム
#友情ヒルズ#iwckorea#iwcwatches

 

AD

「エキサイティングなラウンド」...チュ・ヨンフン・チュ・ジンモ・ピ、ゴルフ場の出会い

作曲家チュ・ヨンフンが俳優チュ・ジンモ、歌手ピとゴルフ場で会った。

 

チュ・ヨンフンは27日、自身のインスタグラムを使用して、

二人と親しいポーズを撮った写真を公開した。

 

公開された写真には、チュ・ジンモとチュ・ヨンフン、レインが

明るい笑顔を浮かべていて目を引く。

 

カン・ドンウォン「ゴールデンスランバー」光化門の大規模な撮影中

 

カン・ドンウォン主演の映画「ゴールデンスランバー」(仮題、ノ・ドンソク監督、

映画会社家制作)が光化門の屋外撮影に出た。


「ゴールデンスランバー」側26日昼、ソウル光化門通りで大規模な

撮影に突入した。

製作陣は往復10車線のうち、光化門方面の3つの車線、市庁方面の3つの

車線を制御している。

この日の撮影では、映画の中の重要なシーンである大統領候補の

車両火災のシーンが進行される。


「ゴールデンスランバー」は、大統領候補暗殺の濡れ衣を書いた

宅配便のキム・ゴヌと彼を信じ助ける人々の話を描いた映画だ。

伊坂幸太郎の小説を原作にした、2010年の日本の同名映画のリメイク作で

ある。


カン・ドンウォンは、劇中濡れ衣を着せられ追われた宅配便のキム・ゴヌ役を

引き受けた。

カン・ドンウォンはこの日、宅配便の記事の衣装を着て登場し、

激しいアクション演技をして、市民の目を引いた。


一方、「ゴールデンスランバー」は、カン・ドンウォンをはじめ、

ギムウイソン、キム・ソンギュン、ギムデミョン、ハン・ヒョジュが出演した。

 「マイジェネレーション」(03)、「私​​たちに明日はない」(06)などを

演出した韓国映画アカデミー出身のノ・ドンソク監督がメガホンを取った。

カン・ドンウォンXキム・ジウンXワーナー一つになった「人狼」、今年の夏の撮影突入

 

キム・ジウン監督の新作ファンタジーアクションブロックバスター

「人狼」(ルイス・ピクチャーズ製作)が、長い待ちの末、ついに今年の夏

撮影に入る。

 

最近、複数の映画関係者は、スポーツ朝鮮で「キム・ジウン監督の

新作「人狼」が今年の夏初めての撮影を開始する計画である」と伝えた。

 

ある関係者は、「過去2013年製作開始を見せていた「人狼」は、

いくつかの内部事情に一回ひっくり返したし、最近「スパイ」(16)を終えた

キム・ジウン監督が再び「人狼」の制作準備に突入し始めた。

過去CJエンターテイメント、ショーボックスと投資・配給を議論したが、

最終的にワーナー・ブラザーズと手を握って本格的に始動を

かけるようになった」と耳打ちした。

 

別の関係者は「カン・ドンウォンが男主人公で内定された「人狼」は、

今年の夏の7月初めての撮影を目指し助演キャスティングを進行中だ。

特にカン・ドンウォンの相手役であるヒロインの関心が熱い。

現在トップ女優Aが有力な候補に上がったがキャスティングが不発になった場合は

他の代替手段として新人オーディションを通じて新しい顔を発掘する計画も

持っている」と伝えた。

 

1999年に製作された沖浦啓之監督の同名アニメを原作にした「人狼」。

第二次世界大戦以降の日本を背景にした「人狼」は、敗戦後の混乱政局の中で

反政府勢力を制圧するために作られた技術隊員の人間の苦悩を描いた

作品である。キム・ジウン監督は、日本原作の国内情緒に合わせて

脚色されている状況。

 

製作費100億ウォン以上が投入されるブロックバスター「人狼」。

キム・ジウン監督は「人狼」を準備する過程で早目にカン・ドンウォンを

男主人公である布施一樹の役割に指名した状態。

原作で後世一樹は、最精鋭隊員に「人狼」の前半を率いる主人公である。

現在カン・ドンウォンの相手役を務めるヒロインはトップ女優Aが

検討されている段階だ。

 

「人狼」の作者ルイス・ピクチャーズキム・テワン代表は、「今まさに「人狼」が

プリプロダクションを開始し、これに合わせて製作PDが予算と

スケジュールを整理するところだ。「人狼」は、キム・ジウン監督が

直接脚色を進めている。キム・ジウン監督だけの色を塗られた

作品になる見通しである」とし「今年の夏初めての撮影を計画しているが、

いくつかの変数が起こることがある。カン・ドンウォンのキャスティングは、

内部で積極的に推進しており、まだ出演契約をまとめた状況ではないが

互いに肯定的に検討している。カン・ドンウォンのキャスティングが確定した後、

他の助演キャスティングも行われることがあるようだ」と説明した。